IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

岩盤浴の効果|入り方と効果を高める方法|効果ないは本当か

更新日:2022年09月18日

自己啓発

岩盤浴はデトックス効果があると女性に大ですよね。でも本当に効果があるのか、そもそも岩盤浴ってどんなものなのか、女性の気になる効果や入浴方法など徹底的にリサーチしてみました。岩盤浴を利用する人は再認識のために、初めての人はどんな効果があるのか見てみましょう。

岩盤浴って何?

岩盤浴は、ダイエットやデトックス効果などさまざまな効果がありなので、聞いたことのある人も多いでしょう。また最近では一人や友達同士で通う人や夫婦・カップルで通う人も増えており、男女一緒に入ることができるお店もです。 岩盤浴を経験したことのない人はどんなものなのか、どんな効果があるのか、サウナと違うのかなど気になることがたくさんありますよね。そこで岩盤浴について徹底的にリサーチしてみました。これを読めば一度は入りたくなることでしょう。

天然石や岩石を温めている

岩盤浴は天然石や岩石を温めていて、その石の上に寝て汗をかく仕組みになっています。やけどしそうなイメージだと思いますが、岩盤浴は40°~45°前後に温めているので直接岩盤を触ると熱い!と感じる程度の温度です。この岩盤は遠赤外線やマイナスイオンが出ていてリラックスしながらじんわりと汗をかいていくので眠くなってしまうなんて人もいるくらいです。 入浴方法は、岩盤の上にタオルなどを敷いて、用意してある衣服を着用して入るので、一人でも、友達同士でも、お店によってはカップルでも入ることができます。

岩盤浴とサウナの違いは?

暑い空間で汗をかくと言えばサウナと同じではないのか、サウナより温度が低いだけなのかと疑問に思いますよね。サウナは「蒸し風呂」と言われていて、熱く熱した石に水をかけて蒸気を出して室内の温度を70~100°前後くらいに保っています。蒸気と熱気で汗をかく仕組みですね。岩盤浴との違いは、室内の温度・湿度を上げて蒸し風呂に入るのがサウナ、温めた岩盤の上に寝て汗をかくのが岩盤浴です。 効果の違いは、サウナは体の表面から温めて岩盤浴は体の内部から温めるので、岩盤浴のほうが体の中の不要な毒素を排出することができます。サウナはダイエットや健康に良いが、熱くて苦手な人もいます。いっぽう岩盤浴は暖かい、心地よいと感じる人も多く、サウナが苦手な人も気軽に入ることができます。

どこにあるの?

岩盤浴はサウナと同じで、銭湯や温泉などの施設などにあります。また岩盤浴だけの店舗もあります。また女性専用の店舗や、カップルで入ることのできる男女兼用の岩盤浴もあります。 自分の住んでいる地域や通勤、通学エリアでネット検索し、通いやすい場所を探してみましょう。 料金は比較的リーズナブルで1,000円以内で利用できるところが多いですが、スパや女性専用の施設だと少し高いお店もあるので確認が必要です。ほどんどの店舗にはホームページがあるので、事前に料金や自由に使えるもの(タオル、水分補給用の水、ドライヤー」の確認などをしておくと何を持参すれば良いのか分かるので確認しておきましょう。

岩盤浴の効果はあるか

サウナは確かに高温の部屋で蒸し風呂なのであまり汗をかかない人も大量に汗をかくので効果が出るのは分かりますが、温めた岩盤の上に寝るだけの岩盤浴は本当に効果があるのか、気になるところですよね。岩盤浴には、即効性の効果はないものの、素晴らしい嬉しい効果がたくさんあります。さっそくどんな効果があるのか見ていきましょう。

美肌効果

岩盤浴は遠赤外線があり、体の内部から温めてくれます。そのため、普段汗をかかない皮脂腺からどんどん汗が出るので体内に溜まった毒素や老廃物が排出されますのでプルプルの美肌効果が期待できるのです。 まず私たちが普段汗をかいたときに出る汗は「汗線」から出ており、ベタベタして時間がたつと臭いが気になりますよね。いっぽう岩盤浴では「皮脂線」から汗が出ます。皮脂腺から出た汗は、さらさらした汗で、酸化した古い油や老廃物などの毒素が排出されています。このことから吹き出物や肌荒れが改善されて美肌効果が出るのです。 毒素や老廃物が溜まってしまうと臭いの原因になったりすることもありますので、溜め込みたくない成分ですよね。皮脂腺からどんどん老廃物を排出させることで美肌効果を実感することができるので、特に肌荒れしていた人は効果が出やすいかもしれませんね。この皮脂腺からたくさん汗をかくことは、サウナでは難しく、岩盤浴の方が効率的なんです。

デトックス効果

次のページ:疲労回復
初回公開日:2017年09月13日

記載されている内容は2017年09月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング