IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方・例文

初回公開日:2017年10月16日

更新日:2020年03月13日

記載されている内容は2017年10月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

書類選考・ES

就活を進めている人の中で、成果が得られない人はいますか。そんな人には、学生時代に最も打ち込んだことと書くポイントをおさらいしましょう。知らず知らずのうちに間違った事を書いているでしょう。そこで今回は、学生時代に最も打ち込んだことについて紹介します。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

「学生時代に最も打ち込んだこと」の書き方

2018年入社の方はそろそろ内定が出始めている時期、2019年入社の方はインターンシップなど調べ始める時期です。内定を獲得する上でもっとも大切なこと、それは「学生時代に最も打ち込んだこと」のアピールではないでしょうか? なかなか決まらなくて悩んでいる方はもしかしたら、ここに問題があるのかも知れません。 就活本を見て、アピールは絶対大丈夫と啖呵切っている方もいるかも知れませんが、意外と文章を客観的に見るのは難しいです。 面接官を経験した多くの人は、学生たちの履歴書を見て「結局何を言いたいのかな?」「就活本そのままだな」と感じることがよくあります。そこで今回は、学生時代に最も打ち込んだことの基本的な事項を説明したあと履歴書を提出する前やチェックするポイントを紹介します。

例文

趣味

学生時代に最も打ち込んだことで一番のおすすめ例文は趣味を書くことです。例えば、ヨガやドライブ・筋トレといったあなたが努力した証を書きます。その中でも自然の景色を見るのが好きで、ドライブしながら趣味の時間を過ごしています。 最近では上高地まで行き、自然を堪能しました。計画を立ててドライブすするのが趣味です。ドライブは、安全かつ若者の楽しみ方をしていると高評価につながります。決して、学生時代に最も打ち込んだことは「車を改造する事」と言ってはいけません。

研究

学生時代に最も打ち込んだことで二番目に多い事項が、大学生活での研究内容についてです。特に、理系出身の学生は研究内容や論文で発表した事柄をよく聞かれます。さらに、理系ですでに研究室に進む方の場合は研究内容についてはかなりの確率で聞かれることでしょう。 聞かれると分かっているのであれば、それについてしっかり対策をして自己分析も行っておきましょう。もちろん、研究内容は専門分野のため面接官に伝わる内容で書き、色んな人に話して書いた文章をチェックしてもらいましょう。 学生時代に最も打ち込んだことを専門用語で纏めたり、ただ単に研究成果の解説することはせずに、あなたが学生時代に最も打ち込んだことを簡潔に伝えてください。

留学

学生時代に最も打ち込んだことで三番目に多いのは、留学についてです。留学は、異国の地での困難は計り知れず、将来のために学生時代から積極的に動いた事は評価されて良いでしょう。勉学も怠惰な学生生活ではなかったことが面接官に伝わりますし、何かに精通していることは大人の方も多いに関心を持ってくれます。 ただし、きちんと卒業論文や卒業研究として形にしていない場合は避けた方がいいでしょう。口で言っているだけではと印象をもたれるからです。さらに、留学と勉学に関しては、確かめたとすればその頑張りの度合いが明らかになってしまうかも知れません。 つまり、留学に行っていたならTOEICの点数を持ち、就活で役立つ知識を得ているとよいです。親や国に費用を負担してもらったのに、遊んでいたと判断されないことが重要です。

アルバイト

アルバイトへの姿勢は仕事への姿勢に直接つながるため、学生時代に最も打ち込んだことでアルバイトを取り上げる事も多いです。しかし、アルバイトは対価をもらえていることなので、必ず工夫した点や企画をしたことでの結果を入れてみましょう。 その工夫や企画の方向性が面接を受ける企業でやることの内容とマッチ度が高いとより面接官に響くものになるでしょう。リーダーや接客など人間関係において必ず使うスキルはどの業界にも向きますが、食品商社に入社するのにアパレルで接客を頑張っていたというアピールは、アパレルにそのまま就職すればいいのではと思われてしまうので注意してください。

インターン

学生時代に最も打ち込んだことはインターンもお勧めします。インターンシップでは、短期の1日〜5日ほど企業の実績や業務内容に携わります。インターンを通して社会の仕組みやあなたの弱みを知り、初めてあなたの足りない点や何の仕事が合っているのか判断できます。 例えば、自己分析が苦手な方もインターンの経験を書きます、「インターンが大変だった。」と感想を伝えていては面接官の評価が上がりません。インターンの中で足りない部分を克服した経験、その会社で求められる能力や必要な人材を理解したことが書いていれば面接官の心に響くでしょう。 つまり、学生時代に最も打ち込んだことは、短期インターンでの経験を全てアピールするのではなく、その会社で求められる人材になるために過ごした大学生活を伝えると良いです。

部活

関連タグ

アクセスランキング