IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「お世話になります」の使い方や正しい返事

初回公開日:2017年08月30日

更新日:2020年06月03日

記載されている内容は2017年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

言葉の使い方

「お世話になります」という言葉は、ビジネス上よく使われる言葉です。「お世話になります」の意味やこの言葉を使う場面はどのような時なのでしょうか。また、同義語として何があるのでしょうか。「お世話になります」についてまとめましたので、参考にしてください。

「お世話になります」の使い方

「お世話になります」という言い方は、ビジネス上ではよく使う言葉です。実際に会う場合はもちろん、電話やメールでも出だしの常套句としても使われることが多いです。この「お世話になります」の表現についての正しい使い方と意味をご紹介します。

「お世話になります」の意味

「お世話になります」の「お世話」とは「お世話をする」などに使われるように「面倒を見る」という意味がありますが、それ以外にも「間に入って関係を取り持つ」とか「手間がかかる」という意味があります。 例えば、「就職先の世話をする」とか「世話が焼ける」のように使います。ビジネス上使う「お世話になります」というフレーズは後者の意味合いが強く、「いつもビジネス上の関係を取り持っていただき有難うございます」という感謝を現した言葉です。そのため、「お世話になります」はビジネスシーンで相手への感謝を表す表現としてよく使用されます。

「お世話になります」を使う場面

ビジネス上で使う「お世話になります」は、「いつもビジネスの間を取り持っていただき、有難うございます」という意味ですので、既にお世話になっている相手に対して使う言葉で、現在取引をしている相手や顧客に対して使います。 そのため、まだやりとりをしたことがない初めて会う相手には「お世話になります」とは言わず、「初めまして」という初対面のときの言葉を使うようにしましょう。 しかし、例えば以前より会社同士の取引関係があり、前担当者から引き継ぎにより取引を行うというような場合は、「お世話になります」は使えます。それは、過去に取引があって今現在も取引を行っているし関係を築いているからです。また、使うシーンとしては、実際に会う時や電話、メール、挨拶状などになります。

「お世話になります」のメールでの使い方

「お世話になります」をメールで使う場合は、どのように使うのでしょうか。以下が例文になります。 (例文1)「いつもお世話になっております。○○工業のAと申します。」 「お世話になります」の変化形で「お世話になっております」という言い方も一般的です。違いについては、後述します。「お世話になっております」のフレーズの前に「いつも」とつけていますが、これは「平素より」や「大変」という表現でも日頃からお世話になっている取引先であれば、どちらもOKです。 (例文2)「お世話になります。△△商事のBと申します。」 これは、Bさんは相手先に対して一番最初のタイミングでメールをした場合の例文になります。また、複数回メールでやり取りを行う場合は、一番最初のメールでは、この「お世話になります」の文は入れると良いですが、二回目以降も毎回使うとちょっとしつこい感じがして却って相手への印象が悪くなるかもしれません。 そういった場合は、二回目以降は、「ご返信ありがとうございます」や「早速の返信、感謝いたします」などその時々によって使い分けていくと、取引先の相手も自分のメールの内容をしっかり見てくれているんだと感じ、好印象となることでしょう。また、複数回メールのやり取りをする場合には、「度々失礼いたします」といった表現もよく使われるフレーズです。

「お世話になります」以外でよく使われるフレーズ

前述しましたように、「お世話になります」「お世話になっております」のフレーズ以外にビジネス上よく使われるフレーズが以下になります。2回目以降のやり取り時などには、こちらのフレーズも使うと一辺倒の挨拶でなくなりますので使い分けていきましょう。 (1)「早速の返信、感謝いたします」 (2)「ご返信ありがとうございます」 (3)「度々失礼いたします」

「お世話になります」と「お世話になってます」の使い分け

「お世話になります」と「お世話になっております」の違いですが、「お世話になっております」は「お世話になります」の語尾を変化させたものです。ビジネスにおいて継続的に関係が続いている場合は、「お世話になってます」と表現しますが、これからお世話になるという場合には「(今後)お世話になります」という言い方をします。 取引を初めて行う場合に「お世話になります」となります。それからは、「お世話になっております」と現在進行形で使用すると良いでしょう。

「お世話になります」と言われたときの正しい返事

では、相手先から「お世話になります」と言われた場合にどのように返事をすれば良いのでしょうか。正しい返事としては以下のようなものがあります。  ・「いつもありがとうございます」 ・「日頃よりご愛顧感謝いたします」 ・「こちらこそ、いつも大変お世話になっております」  普通は、相手がお客様の場合はこちらから「お世話になっております」の言葉を言うのが礼儀ですが、もし客側から言われた場合には、上記のように感謝の意を述べるようにしましょう。 急な電話などでは、すぐに「お世話になっております」とこちらから言うのは難しい場合もあるので、相手から先に「お世話になっております」と言われた場合にきちんと受け答えをできると印象が良くなると思われますので、しっかりと受け答えできるようにしましょう。

「お世話になります」と「よろしくお願いします」は同じ?

アクセスランキング