IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年代別の将来の夢|小学生/中学生/高校生

更新日:2022年08月03日

就活事情

具体的な将来の夢の見つけ方、夢の決め方をアドバイスします。あわせて、就活生にの職業やこどもにの職業について、選ばれた理由や魅力を紹介します。具体的な将来の夢や職業を決めるとき、何をしたいか、どんな自分になりたいかを考えるときの参考にしてください。

将来の夢が決められない人は理由をさぐろう

ポジティブな理由として、将来の夢がいくつかあって、あれもこれもと決められない場合が考えられます。まずは実現に向けて試行錯誤してみましょう。試してみるなかで、向き不向きがわかります。好きなことを将来の夢・なりたい職業に考えているならば、本当に仕事にしたいか、趣味のほうがいいのかの見極めができます。 ネガティブな理由として、周囲の否定的な声で決められない、自分に自信がないなどがあげられます。親の強い希望、それは無理なのではという声に惑わされず、将来の夢と向き合いましょう。

診断サイトを上手に活用しよう

強みや可能性を客観的に知るために、適職診断サイトを利用しましょう。自己分析をするのに役立ちます。高校生、大学生、社会人とそれぞれに向けた診断サイトがあります。診断を受けて、どんな仕事が向いているのかチェックしてみましょう。

将来の夢の決め方

将来の夢はいくつあってもよいでしょう。好きなことや得意なことから決めるのも良いですし、お金持ちになりたい、安定した生活がしたいなど、なりたい自分から決めるのも良いでしょう。一つにしぼっても構いませんが、いくつか将来の夢を持つことは、可能性を広げることにつながります。一度決めた将来の夢の中に、どんな未来があるかを探ることが大切です。

いくつになっても将来の夢は見つけられる

小さい頃に考えていた将来の夢と、今はどれだけ差がありますか。夢に向かって邁進中という人、夢を実現した人、こんなはずじゃなかった人さまざまでしょう。いずれの場合であっても「なりたい自分」「やってみたいこと」をいつでも思い描きましょう。夢のリストや適職診断などをフル活用して、将来の夢と向き合うことは、「今」をより豊かなものに変えていく原動力となるでしょう。

初回公開日:2017年10月13日

記載されている内容は2017年10月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング