IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

フレッシャーズにスーツ・ネクタイ・髪型・メイク・時計

初回公開日:2017年08月28日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

服装・髪型

フレッシャーズという言葉を最近見かけるようになりました。でも、フレッシャーズとはどんな意味なのでしょうか。今回は、フレッシャーズの意味をもとに、フレッシャーズに関連したものをご紹介します。この記事が、フレッシャーズに当てはまる人の参考になれば幸いです。

「履歴書ってどうやって書けばいいの?」 「面接でなんて話せば合格するんだろう」 そんな人におすすめなのが「就活ノート」 無料会員登録をするだけで、面接に通過したエントリーシートや面接の内容が丸わかり! 大手企業はもちろんのこと、有名ではないホワイトな企業の情報もたくさんあるので、登録しないと損です! 登録は1分で完了するので、面倒もありません。ぜひ登録しましょう!

フレッシャーズの意味とは?フレッシャーは1年目

あなたは「フレッシャーズ」という意味をご存知でしょうか。「フレッシャー」は英語で「fresher」、意味は高校や大学の1年生を表しているのですが、同じ1年生として社会人1年目の「新卒」や「新社会人」を示すときに使われています。「ズ」は所有格の「's」なので、「フレッシャーズ=fresher's」となり、「新卒の」や「新社会人の」が、フレッシャーズの意味になります。 また、「フレッシャーズスーツ」という言葉もよく聞きますが、上記のフレッシャーズから考えて、「1年目のスーツ」や「新社会人のスーツ」という意味になります。社会に出て初めてのスーツですから、フレッシャーズスーツはビジネススーツです。リクルートスーツと勘違いされやすいですが、こちらは学生が就職活動のときに着るスーツです。ビジネススーツは仕事をする際に着るスーツになります。

男性にフレッシャーズスーツは?

新社会人としてはじめて出社するときは、フレッシャーズスーツを着てビシッと決めたいところです。あなたがすでに着たいフレッシャーズスーツを決めているのでしたら、それを着るのが一番よいでしょう。ただし、TPOをわきまえたフレッシャーズスーツであることはいうまでもありません。では、どんなフレッシャーズスーツがいいのか、悩み中のあなたには、以下の男性ブランドをご紹介します。どちらでも外れはありませんので、身近にある店舗でフレッシャーズスーツを揃えましょう。 まずは、洋服の青山です。青山は老舗ブラントで、フレッシャーズだけでなくシニアまで幅広い購入層があります。スーツがオーソドックスで汎用性が高いため、フレッシャーズスーツにも向いています。 次は、メンズプラザアオキです。アオキも青山にならぶ老舗ブランドで、家で洗濯できるスーツが豊富です。また、自転車やバイク通勤などで動きやすさを求めるような機能性が高いところが持ち味になっています。

フレッシャーズスーツの色

今度はフレッシャーズスーツの色をみてみましょう。スーツの基本色はネイビー(濃紺)だといわれています。フレッシャーズスーツにも、やはり基本のネイビーがです。地味な印象を与えるネイビーですが、紺色は美しく落ち着いており、また派手すぎず若々しい印象を与えるので、フレッシャーズスーツの色としては最適でしょう。

安いフレッシャーズスーツ

フレッシャーズスーツをいざ買おうとしても、やはり気になってしまうのが値段です。新入社員であるからこそ、経済的にも余裕はありません。そんな人になのが、価格重視の量販スーツ店である西友です。1万円以下で買えるため、最初のビジネススーツであるフレッシャーズスーツは、こちらで購入してみてはいかがでしょうか。

フレッシャーズネクタイのは?

ネクタイはスーツに合わせるとより引き立ちます。ここでは、フレッシャーズスーツのネイビーを合わせる場合でご紹介します。ネイビーのビジネススーツは合わせるネクタイを選ばないといいます。そのため、どんなネクタイでも問題ありませんが、はホワイトとブルーのストライプタイプです。同じ幅ではなく、太目と細めの混合にした方がフレッシャーズスーツに映えます。

フレッシャーズヘアのは?

新社会人として、スーツだけではなく髪型にも注意しておきたいところです。男性なら、フレッシャーズ鉄板とわれる「ショートヘア」です。前は眉毛にかからない程度に切り流し、耳周りと襟足をしっかり切り込むことで、すっきりとしてさわやかな印象の仕上がりになります。 女性なら、前は目にかからないように、もし長ければ横に流します。他には、耳は出すようにしましょう。女性は髪の長さもまちまちなので、肩より長ければ束ねたほうがよいですが、縛る必要はありません。バレッタやクリップでとめてもよいでしょう。注意しなければならないのは、派手すぎず大きすぎないものでまとめることです。

アクセスランキング