IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スターチスの花言葉3つ・色別3種|別名・開花時期

初回公開日:2017年08月29日

更新日:2019年04月01日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

ドライフラワーにしても色褪せることなく、鮮やかな色彩を保てるスターチスの花言葉は「変わらぬ心」「永遠に変わらない」です。ドライフラワーになっても色あせず、綺麗な色が残ることからスターチスは「永遠の花」と呼ばれるようになりました。

スターチスとは

スターチスの原産地は、世界中の海岸、砂漠、荒地などで、草丈は10~150センチ程度です。開花時期は5月~7月頃で、花の色は白、赤、黄色、ピンク、青、紫など多くの色彩を楽しむことができます。熱さや寒さに弱い植物ですが、開花期が長いことから観賞用や贈り物としてお花屋さんの店頭にはほぼ一年中出回っています。

別名

スターチスの名で知られていますが、別名を「ハナハマサジ」といいます。これは、和名にあたり、日本には、昭和初期に入ってきました。かつては、イソマツ科スターチス属に分類されていたのでこの名前があります。 現在はスターチス属はアルメリア属とリモニウム属に分割されているので、今の属名からリモニウムと呼ばれることもありますが、園芸関係では、昔からの名残で、旧属名のスターチスと呼ばれています。

開花時期

開花時期は5月~7月です。高温多湿を嫌うので、水はけの良い用土に植え付け、日光にたくさん当てて育てることでより長く楽しむことができます。植え替え時に根を切ってしまうと弱ってしまいますので、植え替えをするときは、根を切らないように慎重に行なうことも大切です。

ドライフラワーアレンジ

ドライフラワーとして利用される花の代表でもあるスターチスは、乾燥に強く、色褪せることがないので、昔から多くの人に親しまれています。ドライフラワーにすればさらに長くたのしむ事ができますし、もともと乾燥した萼なので、初心者でもドライフラワーにするのが簡単です。 スターチスのドライフラワーはハンキング法といって、逆さまに吊るしておくだけで簡単に作ることができますので、ぜひ挑戦してみてください。

スターチスの花言葉

スターチスの花言葉は、「変わらぬ心」「途絶えぬ記憶」「誠実」「変わらぬ誓い」「愛の喜び」など、親愛なる相手への贈り物に最適な花言葉です。 ドライフラワーにも適しているので受け取った相手も長く、永遠のように花を鑑賞することもできます。花言葉のように長い時を感じさせてくれるので、プロポーズや愛の告白など大切な時の贈り物にすればその時の想いも花言葉にのせて永遠に思い出されます。

1:変わらぬ心

まず最初に「変わらぬ心」という花言葉についてみてみましょう。 花の色味に左右されない、スターチス本来の全体の花言葉が「変わらぬ心」という言葉です。 夫婦や恋人同士で、あなたへの思いは変わらないという愛の誓いとして贈り合うとき想いを伝えやすいお花です。いい意味の花言葉を持つスターチスの花は、親しい仲であれば贈る相手を選ばず、お花屋さんでは切花として一年中販売されているので時期を問わず送ることができます。

2:途絶えぬ記憶

変わらぬ心と同じような意味の「途絶えぬ記憶」という花言葉もあります。 もともとドライフラワーに適しているので、贈り物としてもらった後もドライフラワーにしてずっと色味も変わらない花を観賞できます。そういう意味で、途絶えぬ記憶とつけられたのでしょう。永遠に続く思いでとともに色鮮やかな花を観賞してみてはいかがでしょうか。

3:変わらない誓い

実は、スターチスの鮮やかな色の部分は花ではなくて萼です。萼の中心にある白い小花が本当の花になります。この中心の小花は枯れてしましますが、周りの色鮮やかな萼が残り、綺麗な状態が長く続きます。このことから永遠の意味を持つ花言葉です。 「変わらない誓い」は、恋人や夫婦で永遠の愛の証として送り合うのにぴったりの花言葉です。永遠の誓いを立てるとき、相手に送ってはいかがでしょう。

色別花言葉

花の色に左右されない花言葉がありましたが、色別にもそれぞれ花言葉があります。さまざまな色があるスターチスですが、その中でも代表的な色のスターチスの色別の花言葉を見てみましょう。

紫:「しとやか」「上品」

紫色、青色のスターチスの花言葉は「しとやか」「上品」といった意味があります。「上品」という花言葉は、良い意味の花言葉で贈る相手を選ばない優秀な花言葉です。恋愛関係にない相手でも紫色のスターチスならプレゼントすることができます。上品、しとやかといった花言葉は、特に女性へのおくり物にすれば喜ばれること間違いなしです。

ピンク:「永久不変」

赤系、ピンクのスターチスの花言葉は「永遠に変わらない」「永久不変」で、スターチス本来の意味に近くなります。永遠、永久といった部分を強調させるならピンクのスターチスです。 ピンクは女性の好きな色でもあるので女性へのプレゼントとしてもとても喜ばれます。愛といえば代表的な赤いバラの「愛してる」といった花言葉にさらにスターチスの花言葉を添えて、「永遠に愛している」といった強い愛情表現にすることもあります。

黄:「愛の喜び」「誠実」

黄色スターチスの花言葉は「愛の喜び」「誠実」です。愛に関する花言葉を持つ花は赤系が多いので、黄色い花で「愛」を表現できる花は珍しいです。花を贈る相手が、黄色の活発なイメージがなら黄色のスターチスで間違いなしでしょう。 花言葉と黄色の明るい雰囲気から、結婚式などに黄色いスターチスを取り入れる人も多いです。また誠実という花言葉もあるのでサプライズプレゼントとして赤いバラと一緒に送られる方もいます。

初心者にも簡単ドライフラワー

スターチスは、ドライフラワー向きの花です。初心者にも簡単に作ることができます。何度かチャレンジしていくうちに、もっといろんなドライフラワーアレンジをしてみたくなるでしょう。 そんなときに役に立つであろうテクニックブックの紹介です。2、3輪の花から、リース、スワッグ、 アレンジメント、花絵、ハーバリウムまで 楽しめてしまう本です。スターチスだけでなくいろんな花でチャレンジしてみてください。

ドライフラワー・テクニックブック 2、3輪の花から、リース、スワッグ、 アレンジメント、花絵、ハーバリウムまで
ドライフラワー・テクニックブック 2、3輪の花から、リース、スワッグ、 アレンジメント、花絵、ハーバリウムまで

スターチスが誕生花の日

花言葉としてスターチスを見てきましたが、それぞれの色によって誕生花となっているものもあります。次はスターチスが誕生花の日についてご紹介していきます。ぜひご覧ください。

4月18日(ピンク)

ピンクの花は4月18日の誕生花のほか、3月22日の誕生花でもあります。この2つの誕生日の人は、もしかしたら同じ誕生花なのでとても気が合う可能性があります。身近にこの誕生日の人がいる方は、声をかけてみてはいかがでしょうか。

4月29日(薄紫)

薄紫のスターチスは、4月29日の誕生花です。紫ではなく薄紫。薄紫は「上品」という花言葉は紫と共通ですが、ほかにも「いたずら心」というスターチスの花言葉の中でも変わっている花言葉があります。こんなにいろいろな花言葉のある花もめずらしいです。

5月7日

5月7日は、特別な誕生花とされるものはなく、スターチス全体の花言葉になります。5月7日が誕生花になっているものは、スターチスのほかには、モクレンが挙げられます。

11月17日

11月17日も同様で、スターチス全体の花言葉になり、スターチスと同様の11月17日が誕生花になっているものはありません。西洋の花言葉は、「remembrance(記憶)」「success(成功)」「sympathy(同情)」です。

花言葉を参考にスターチスを贈ろう

今、花を贈るとすれば、だれに何を贈ったらよいか悩むでしょう。これまでスターチスの花言葉についていろいろ見てきました。まず誰に送るか、恋人や夫婦でもいいですし、親しい友人など決めたら、花言葉から今の送りたい相手との関係性などを考えて、ぴったりの花言葉の花を贈ってみてはいかがでしょうか。 花言葉を知ったうえで花を贈ると、いっそう相手に対して親しみも湧いてきます。

ドライフラワーに使われる花の花言葉

ドライフラワーに適した花は、バラ、ラベンダー、ミモザ、千日紅、ユーカリ、紫陽花などがあり、それぞれの花言葉は以下のとおりです。 バラは、愛、恋、美など ラベンダーは清潔、優美、期待など ミモザは、友情、真実の愛、神秘など 千日紅は、色あせぬ愛、不朽など ユーカリは、新生、再生、追憶、慰めなど 紫陽花は、移り気、高慢、辛抱強い愛情、など これらからぴったりの組み合わせを選んで、アレンジしてみてください。

関連タグ

アクセスランキング