IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

ユリの花言葉|怖い花言葉/色別花言葉/カサブランカの花言葉

更新日:2020年11月11日

コミュニケーション

可憐で豪華なユリの花。その花言葉には、一つで相反する意味を持つユリの花も多くあります。そんなユリの色別の花言葉やちょっと怖い花言葉やその由来、また、ユリを贈る時の注意点などユリの花を花言葉を中心に紹介します。ユリを贈る時の参考にして頂けたら幸いです。

ユリの語源・どうしてユリと言うのでしょうか?

その毅然とした美しさで、冠婚葬祭や行事ごとなど様々なステージで活躍するのが「ユリ」です。大変のある花だけに、現在は品種改良も盛んで様々な花色や花姿のユリが流通しています。そんな「ユリ」の花ですが、どうして「ユリ」と呼ばれるようになったのでしょうか? 「ユリ」の語源は多くの説があります。細い茎に対して大きな花を咲かせ、その大きな花が風にゆらゆらと揺れる姿から「揺すり」と呼ばれ、揺すりが変化して「ユリ」なったとの説や、「ヤヘククリネ」(八重括り根)の意味や、開花した花の重みで茎が傾く事から「ユルミ」(緩み)の意味、また、食用のユリ根として広く知られているユリの鱗茎が幾重にもより重なっている事から、「ヨリ」(寄り)が語源になったのではないかなど様々です。 一般的には「揺すり」から「ユリ」になったとされる説が有力なようです。

ユリが楽しめる季節は?

ユリはその原種の種類や、その交配種が大変多く、品種が栽培方法により開花時期は異なります。 ですが大体は春4月頃~夏8月頃に開花時期を迎える品種が大半です。 ユリ根として食用にもなっている「オニユリ」や「コオニユリ」・「カノコユリ」・「ヤマユリ」・「カサブランカ」・「ルレーブ」などが7月~8月頃。 「ササユリ」などは6月~7月頃。 「スカシユリ」は5月~8月頃。 となります。この開花期は、自生地での開花期や、通常栽培での開花期ですのでその年の気候や栽培方法で違いが出てくることもあります。今では一年を通じて花屋で購入する事の出来るユリですが、やはり夏に店頭に並ぶユリは品種も多く価格的にも安価です。

ユリの花言葉とは?

ユリ全般的には「純潔」「無垢」「威厳」などとなります。が、ユリの品種はとても多く、その花色も単色ではありません、品種や色などでも花言葉は変わって来ます。

色別のユリの花言葉

多様な彩りを持つユリの花ですが、そのユリの花の色別に花言葉がそれぞれ存在します。色別の花言葉は次の通りです。

オレンジ

オレンジ色のユリの花言葉は「華麗」「愉快」

ピンク・赤

初回公開日:2017年08月27日

記載されている内容は2017年08月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング