IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バラの花言葉・種類/色/本数別の花言葉|ピンク/白/オレンジ/虹色/赤

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

どんな植物にも花言葉がつけられています。告白やプロポーズなど、熱烈な愛を伝える贈り物としてよく選ばれるバラですが、その花言葉を知っていますか?バラは色だけでなく本数でも意味が変わってきます。花言葉を知って、大切な人にバラを贈りませんか?

バラの花言葉

花言葉とは、花それぞれに込められた意味のことです。バラと言えば、片想いしている相や、恋人など、愛を伝えるために花束を贈るイメージが強く根付いていますが、その花言葉を知っていますか?全般的な花言葉は「愛」や「美」です。しかし、ピンクや白など色によっても違ってきますし、本数によっても花言葉が変わります。花言葉を勉強して、あなたの気持ちを真っすぐ相手に伝えましょう。

花言葉は色によって違います

冒頭でもお話ししたとおり、バラに限らずほとんどの花は色によって花言葉が違います。そのため、伝えたい気持ちによって用意するバラを選ぶ必要があります。バラと言えば赤が定番色ではありますが、敢えて違う色を贈ることによってサプライズを演出してみるのも良いでしょう。

オーソドックスな色である赤いバラの花言葉は「あなたを愛しています」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「すべてをつくす」等です。女性のへの贈り物としても定番かつの色です。赤色ということで女性に贈るだけでなく、還暦のお祝いにもです。また、つぼみであれば「純粋と愛らしさ」「若く美しい」等の意味があります。

ピンク

赤のバラに比べるとかなり落ち着いた色味のピンクのバラがもつ花言葉は「しとやか」「上品」「感謝」「気品」です。かなり落ち着いた色味のため、先輩やお母さん、先生や年配の方など、幅広い年代の方にふさわしい贈り物だと言えます。3月26日の誕生花でもあるので、もし身近に誕生日の人がいたら、ピンクのバラを贈ると良いでしょう。

赤いバラと同じくらいポピュラーになってきた白いバラにはその見た目通り「純潔」「清純」という意味があります。また「私はあなたにふさわしい」や「心からの尊敬」という花言葉も持っています。清純なイメージが強いのでブライダルの場面で良く使われます。年配の方への贈り物としては、仏事のイメージを持たれてしまうこともあるので注意が必要です。

オレンジ

オレンジのバラの花言葉は「絆」「信頼」「愛嬌」「信頼」など、人とのつながりに関する言葉が多いです。そのため、家族への贈り物はもちろん、元気の出るカラーですのでお見舞いにもっていく人も多いです。

初回公開日:2017年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング