IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デルフィニウムの花言葉・種類別花言葉|傲慢/紫/マリンブルー/ピンク

コミュニケーション

ここでは、デルフィニウムの花言葉をカラー別、種類別に紹介しています。豊富なカラーバリエーションがあり、種類によって花の咲き方も違うデルフィニウムは、その花言葉も実に多彩です。デルフィニウムを大切な人へプレゼントしてみては?

更新日時:

幸せの象徴、デルフィニウムの花言葉とは?

学名である「Delphinium」は、ギリシャ語でイルカを意味する「delphis」が語源とされ蕾の形がイルカに似ていることに由来し、和名である大飛燕草は、花の形がツバメが飛ぶ姿に似ていることに由来します。 デルフィニウムの花は花嫁のブーケに用いられることでよく知られています。サムシングブルーのひとつとしてももちろんですが、幸せの象徴とも言える花言葉もブーケに用いられる理由のようです。贈る相手を選ばないその花言葉から、贈答用としても使いやすい花です。ここでは、いくつかあるデルフィニウムの代表的な花言葉と、カラー、種類別の花言葉をご紹介します。

清明〜清く明らか〜

その花びらが重なり柔らかな質感を十分に表現していること、爽やかな花色から伝わるイメージからつけられたとされています。意味としては、清く明らかであること、またその様と言われています。この花言葉は、花嫁のブーケにぴったりです。

慈悲〜情け〜

女性らしさを表すこの花言葉は、主にピンクのデルフィニウムの花言葉とされています。ピンクという女性的な色に合わせた花言葉のようです。また、ギリシャ神話に登場する青年とイルカのお話も、その花言葉の由来と言われています。主にお祝い事によく使われるデルフィニウムですが、この花言葉を持っていることでお葬式における花祭壇でも使われています。

高貴〜立派で貴い〜

鮮やかな紫色が与えるゴージャスな印象と、エラータム系デルフィニウムの立派な穂状花序からつけられたとされる花言葉です。

バリエーション豊富なデルフィニウム、カラーで花言葉も変わる?

デルフィニウムはカラーバリエーションが豊富なことでも知られています。種類も様々あり花の咲き方も違うので、多彩な中から選べるのも魅力のひとつです。そして、カラー別で花言葉も少しずつ変わってきます。 ここでは、カラー別で変わるそれぞれの花言葉をご紹介します。

青色の花言葉

青色のデルフィニウムは、花嫁のブーケとして用いられることで知られています。ヨーロッパに伝わるサムシングブルーのひとつとして使われ、清々しく明るいスカイブルーやコバルトブルーの花色から「清明」という花言葉が付けられています。デルフィニウムは青い花の代表花でもあり、デルフィニウムの花言葉の中で最もよく知られている花言葉でしょう。爽やかなイメージもあり、花嫁のブーケにぴったりです。

紫色の花言葉

紫色の花言葉は「高貴」です。紫色が与えるゴージャスで高貴的なイメージからつけられたとされ、青色や紫色などの寒色系の花は「傲慢」という花言葉も持つと言われます。しかし、紫色の中でも色が薄く白がかったようなパールがかった紫色のクリアラベンダーは、マリンブルーと同じく「壮大な心」という花言葉がつけられています。

マリンブルーの花言葉

マリンブルーの花言葉はいくつかあり、「壮大な心」「幸運を振りまく」「誰もがあなたを慰める」などがあります。海のように鮮やかな青色の壮大なイメージから「壮大な心」という花言葉がつき、ブーケによく使われることから「幸運を振りまく」という花言葉がついたとされています。

ピンクの花言葉

ピンクの花言葉もいくつかあり、「慈悲」「気まぐれ」などです。ピンクという女性的な色からくる母性本能のような愛らしいイメージや小悪魔的なイメージから、この花言葉がついたとされています。また、ローズピンクは「ありふれた愛」という花言葉がついており、色が綺麗でもプレゼントには向いていません。

パールブルーの花言葉

パールブルーという綺麗なカラーからなぞらえてつけられた花言葉は「澄んだ瞳」です。綺麗なカラーである上に素敵な花言葉を持つパールブルーの花は、プレゼントに喜ばれるカラーでもあります。

ラークスパーの花言葉

ラークスパーはデルフィニウムの中でも切花によく使われます。花言葉は「陽気」「軽やかさ」です。花の咲き方が少し違い、冬を越えられないため一年草という種類になります。

トゥインクルホワイトの花言葉

トゥインクルホワイトの花言葉は「可憐な瞳」です。パールブルーと同様に爽やかな色と素敵な花言葉を併せ持つため、プレゼントに最適でしょう。

種類で変わる花言葉とは?

カラーバリエーションもさることながら、種類も様々なデルフィニウム。原産地によって様々な種類があり、花の咲き方も変わるためイメージが全く違います。ここでは、デルフィニウムの種類別の花言葉をご紹介します。

エラータム系デルフィニウムの花言葉

ヨーロッパから西アジアの山地に自生する原種「エツラム」を元に作り出された種類です。デルフィニウムといえばこのエラータム系を思い浮かべる人が多いでしょう。デルフィニウムの中でも主流といえます。鮮やかな青色や紫色の優雅で気品溢れる花と花穂が長く華やかな印象から、デルフィニウムの花言葉としてよく知られる「清明」「壮大」などの花言葉がついています。

シネンシス系デルフィニウムの花言葉

シネンシス系デルフィニウムはモンゴルや中国か原産といわれ、デルフィニウムの代表格であるエラータム系とは花の咲き方が異なり、草丈が低く点々と花が咲くので、華奢な風貌です。シネンシスという名前は原産国からきていると言われています。花言葉は「消えぬ想い」です。可憐で華奢な花なので、繊細なイメージがあります。

ベラドンナ系デルフィニウムの花言葉

ベラドンナ系デルフィニウムは、ヨーロッパから西アジアに自生するデルフィニウム・エツラムと中国北部などに自生するオオヒエンソウの交雑によって作られた一重咲きの園芸品種のことを言います。上品でエレガントなデルフィニウムの中でも特に美しく可憐なのが、このベラドンナ系デルフィニウムです。とても優雅なイメージのあるベラドンナ系デルフィニウムの花言葉は「尊大」です。

優雅で繊細なデルフィニウムの花言葉、イメージだけじゃないその由来とは?

デルフィニウムの花言葉にはいろいろありますが、どれも優しく華やかで繊細なイメージの言葉ばかりです。その花言葉の由来は、デルフィニウムの花そのもののイメージからきているものがほとんどですが、それが全てではありません。 200種類以上もの種類があり色も花の咲き方も様々なデルフィニウムですが、エラータム系の青い花が代表的です。そしてその青い花には、デルフィニウムの花言葉の由来にもなっているある言い伝えがあるのです。それは、ギリシャ神話に登場します。 昔、ギリシャに住んでいたオルトニプスという動物好きの青年。彼は海で溺れたとき助けてくれたイルカ達を、彼らを狙う漁師から守るため逃がし、それを恨んだ漁師に海に放り出され命を落とします。それを悲しんだイルカ達は神様に、彼の魂を花に変えるように頼みました。その花こそが、デルフィニウムの青い花なのです。 オルトニプスの優しい性格に由来する花言葉として「慈悲」という花言葉がつけられたと言われています。オルトニプスの優しい心は、「慈悲」という花言葉を持つピンクのデルフィニウムの優しいイメージと重なるところがあります。

デルフィニウムの花言葉を知り、素敵な贈り物に…

花嫁のブーケやプレゼントとしてよく使われるデルフィニウム。ここではデルフィニウムの花言葉をカラー別、種類別でお伝えしました。 デルフィニウムは色や種類も様々なら花言葉も様々です。花嫁のブーケとして用いる場合は青系が主流ですし、ピンクやパール系の淡いパステルカラーの花なら女性へのプレゼントに喜ばれるでしょう。 エラータム系の花はゴージャスで優雅な印象がありますし、シネンシス系の花は可愛らしい印象です。種類によって花の咲き方も変わるので、花自体のイメージもがらりと変わります。 花言葉を知っていれば、シチュエーションに合わせた花を選べて便利です。美しい花と素敵な花言葉を併せ持ち相手を選ばないデルフィニウムは、贈り物に最適な花だと言えるでしょう。デルフィニウムの美しい花を、素敵な花言葉とともにぜひ大切な人へプレゼントしてください。

関連タグ

アクセスランキング