IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

デルフィニウムの花言葉・種類別花言葉|傲慢/紫/マリンブルー/ピンク

初回公開日:2017年10月06日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年10月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

ここでは、デルフィニウムの花言葉をカラー別、種類別に紹介しています。豊富なカラーバリエーションがあり、種類によって花の咲き方も違うデルフィニウムは、その花言葉も実に多彩です。デルフィニウムを大切な人へプレゼントしてみては?

幸せの象徴、デルフィニウムの花言葉とは?

学名である「Delphinium」は、ギリシャ語でイルカを意味する「delphis」が語源とされ蕾の形がイルカに似ていることに由来し、和名である大飛燕草は、花の形がツバメが飛ぶ姿に似ていることに由来します。 デルフィニウムの花は花嫁のブーケに用いられることでよく知られています。サムシングブルーのひとつとしてももちろんですが、幸せの象徴とも言える花言葉もブーケに用いられる理由のようです。贈る相手を選ばないその花言葉から、贈答用としても使いやすい花です。ここでは、いくつかあるデルフィニウムの代表的な花言葉と、カラー、種類別の花言葉をご紹介します。

清明〜清く明らか〜

その花びらが重なり柔らかな質感を十分に表現していること、爽やかな花色から伝わるイメージからつけられたとされています。意味としては、清く明らかであること、またその様と言われています。この花言葉は、花嫁のブーケにぴったりです。

慈悲〜情け〜

女性らしさを表すこの花言葉は、主にピンクのデルフィニウムの花言葉とされています。ピンクという女性的な色に合わせた花言葉のようです。また、ギリシャ神話に登場する青年とイルカのお話も、その花言葉の由来と言われています。主にお祝い事によく使われるデルフィニウムですが、この花言葉を持っていることでお葬式における花祭壇でも使われています。

高貴〜立派で貴い〜

鮮やかな紫色が与えるゴージャスな印象と、エラータム系デルフィニウムの立派な穂状花序からつけられたとされる花言葉です。

バリエーション豊富なデルフィニウム、カラーで花言葉も変わる?

デルフィニウムはカラーバリエーションが豊富なことでも知られています。種類も様々あり花の咲き方も違うので、多彩な中から選べるのも魅力のひとつです。そして、カラー別で花言葉も少しずつ変わってきます。 ここでは、カラー別で変わるそれぞれの花言葉をご紹介します。

青色の花言葉

青色のデルフィニウムは、花嫁のブーケとして用いられることで知られています。ヨーロッパに伝わるサムシングブルーのひとつとして使われ、清々しく明るいスカイブルーやコバルトブルーの花色から「清明」という花言葉が付けられています。デルフィニウムは青い花の代表花でもあり、デルフィニウムの花言葉の中で最もよく知られている花言葉でしょう。爽やかなイメージもあり、花嫁のブーケにぴったりです。

紫色の花言葉

紫色の花言葉は「高貴」です。紫色が与えるゴージャスで高貴的なイメージからつけられたとされ、青色や紫色などの寒色系の花は「傲慢」という花言葉も持つと言われます。しかし、紫色の中でも色が薄く白がかったようなパールがかった紫色のクリアラベンダーは、マリンブルーと同じく「壮大な心」という花言葉がつけられています。

マリンブルーの花言葉

マリンブルーの花言葉はいくつかあり、「壮大な心」「幸運を振りまく」「誰もがあなたを慰める」などがあります。海のように鮮やかな青色の壮大なイメージから「壮大な心」という花言葉がつき、ブーケによく使われることから「幸運を振りまく」という花言葉がついたとされています。

関連タグ

アクセスランキング