IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

蘭の花言葉と意味|白蘭・赤蘭の花言葉

初回公開日:2017年09月30日

更新日:2020年08月14日

記載されている内容は2017年09月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

コミュニケーション

「蘭」と言うと皆さんはどんな映像が浮かびますか?一口に「蘭」と言っても種類の多い花だと言うことはご存じでしょうか?贈答用に頻繁に用いられる「蘭」を選ぶとき、「花言葉」を踏まえて選んでみると、あなたの気持ちとともに選択肢も広がりますよ。

蘭全般の花言葉

誰しもが一度は蘭の花を目にしたことがあるのではないでしょうか。人々の目を魅了するひときわ目立つ蘭の花はお祝い用、また鑑賞用に購入する人が後を絶ちません。しかしながら、花は見たことはあっても「蘭」の花の別の呼ばれ方を知っている人はどれほどいるでしょうか。 今回は『蘭』をテーマに呼ばれ方や花言葉、そしてその花が持つ意味についてご紹介していきましょう。

人を魅了する蘭のまたの名は?

蘭の花は、その香りの高さと美しい咲き姿から「花の女王」という別名を持っています。蘭の花は1年を通して人々を魅了し、様々な場面で多く使われています。お祝い事や鑑賞用に購入する人が多いという蘭の花には一体どのような花言葉がつけられているのでしょうか。ここからは「蘭」全体の花言葉や、色によっても異なる「蘭」の花言葉をこれから紹介していきましょう。

蘭の代表的な花言葉

「蘭」の代表的な花言葉は「勤勉」ですが、英語での花言葉は「love(愛情)」や「beauty(美)」「refinement(上品、優雅)」「beautiful lady(美しい淑女)」と付けられており、言葉としても非常に美しい花言葉がつけられていることが分かります。

蘭の種類

「蘭」と呼ばれる花は本当にたくさんの種類があります。通常「蘭」というと、ラン科の植物の総称を指しています。蘭には「属」だけでも700属以上あり、更に種は15,000種以上あると言われています。これは被子植物の中で一番種類が多く、生息範囲も南極以外の大陸の熱帯~亜寒帯に広く生息しています。 中でもヨーロッパで主に改良されていったものを日本では「洋ラン」と呼バレており、日本や中国に昔からある種は「東洋ラン」と言って区別されています。色の種類は、白・ピンク・紫・赤・青・紫・黄・オレンジ・緑・茶などがあります。

蘭って?

「蘭」は単子葉植物の科のひとつで、鑑賞価値の高いものが多く、栽培や品種改良が進められています。しかし残念ながらの高さにより乱獲が進み、現在は絶滅危惧種になっているものもあります。花の形は、中心から垂れ下がる唇弁(しんべん)が、蘭によく見られる特徴で、花粉を運んでもらうために虫が着地しやすくした花びらが進化ししています。 ブラジル、コロンビア、グアテマラ、コスタリカ、パナマ、フィジーでは国花にもなっています。東洋種の「蘭」は中国の、「四君子(竹、 梅、 菊、 蘭)」の一つでもあり、水墨画の画材によく使われています。 最近は胡蝶蘭などの洋ランが多く出ていますが、日本産のものでは、「日本春蘭」「寒蘭」「富貴蘭」「長生蘭」などがあります。

紫蘭の花言葉・意味

紫蘭はどんな花?

「紫蘭(シラン)」(Bletilla striata)の名前は、その名の通り春〜初夏に咲く紫色の花にちなんでいます。紫蘭は日本関東から沖縄、台湾、中国に自生するラン科の植物で、4月~6月ごろに紫色の花を咲かせます。やや湿った岩の上や林に自生しています。誕生花は5月6日です。 ラン科の植物は、胡蝶蘭をはじめ育てることがむずかしいことでも知られていて、そんな中、紫蘭は準絶滅危惧種となっていますが丈夫で育てやすく、ラン科の植物を初めて育てる人にもピッタリの花です。 草原や畑など様々な場所に生える地生蘭の一つで、土質を選ばずよく育ち、よく増えることから、家庭で楽しめる手軽な蘭として古くから親しまれてきました。そのため、観賞用の花としてとてものある花です。別名、紅蘭(ベニラン)や、白及(ビャクギュウ)と呼ばれます。

紫蘭の花言葉

紫蘭の花言葉は、『美しい姿』『変わらぬ愛』『あなたを忘れない』です。花言葉の「美しい姿」は、うつむき加減につく花の楚々としたかわいらしさを表したものです。「変わらぬ愛」「あなたを忘れない」とい花言葉は、繊細な花姿に一途な想いを託したことから付けられました。

ヒヤシンスとギリシャ神話

関連タグ

アクセスランキング