IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

バラの花言葉|本数や色によって意味が違う薔薇(バラ)の花言葉

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

バラの花言葉をご存じですか?世界中で愛される美しいバラの花は、色や本数、品種によっても異なる花言葉をもっているのです。これまで何気なくバラの花を贈っていた方も、バラと一緒に花言葉を添えてプレゼントすることで、より相手を喜ばせる事ができるのではないでしょうか。

バラの花言葉

バラはその美しいたたずまいと優雅な香りで古くから多くの人に愛されています。昔から想い人へ気持ちを伝える花として贈られていたため、恋愛に関する花言葉が多いのです。 そんなバラの花言葉は「愛」と「美」。実はバラには、「本数」や「色」、「種類」よっても花言葉がつけられています。ここでは、バラにまつわるさまざまな花言葉をご紹介していきます。

本数によって異なるバラの花言葉

バラは本数によって異なる花言葉をもちます。大切な女性にバラを贈るとき、友人や家族にお祝いとしてバラを贈るとき、ただ贈るだけでなくその本数の意味を知っているだけで、プレゼントの価値がさらに増すことでしょう。 ここでは、本数によって異なるバラの花言葉をご紹介します。バラを贈るときの参考として、チェックしてみてはかがでしょうか。

1本

1本のバラの花言葉は「一目惚れ」 一目見た時から恋に落ちてしまった…そんなお相手へ、1本のバラとともに愛を伝えてみましょう。1本のバラにはほかにも、「あなたしかいない」「運命の人」という意味ももっています。ロマンチックなシーンで告白やプロポーズをしたい時にもです。

12本

12本のバラの花言葉は、「私の恋人になってください」「私の奥さんになってください」 108本のバラと似ていますが、こちらはプロポーズだけでなく告白する場面にもぴったりです。12本(1ダース)のバラのことをダーズンローズといい、12本それぞれに、以下のような特別な意味をもっていることが特徴的です。 「愛情・情熱・感謝・希望・幸福・永遠・尊敬・努力・栄光・誠実・信頼・真実」 12の意味をもつダーズンローズを贈られた女性は、どんなプレゼントよりも嬉しいのではないでしょうか。近年では、結婚式でダーズンローズを用いたロマンチックで感動的な演出も流行しているようです。

15本

15本のバラの花言葉は、「ごめんなさい」 ほかの本数とは一味違った、かわいらしい花言葉です。けんかをしてしまったけれど素直に謝れない時、なかなか許してもらえない時…そんな恋愛の場面で15本のバラに花言葉を添えてプレゼントしてみましょう。なんだか可愛らしくて、許してしまうのではないでしょうか。

24本

24本のバラの花言葉は、「一日中思っています」 24時間あなたのことを思っていますという実に分かりやすい意味が込められています。1本や12本も素敵ですが、花束が大きくなることで豪華さも増し特別感が出るのではないでしょうか。お相手の誕生日にさりげなくプレゼントするのにちょうどよい本数でしょう。

108本

108本のバラの花言葉は、「結婚してください」 非常にストレートな花言葉なので、プロポーズの時にのみ贈れるといえます。思い出に残るロマンチックなプロポーズにしたいなら、108本のバラを贈りましょう。余談ですが、私たちに馴染みのあるのは108本よりも「100本のバラ」ではないでしょうか? 100本のバラの花言葉は、「100%の愛」です。こちらもストレートで素敵です。何れにしても大きなバラの花束をもらった女性は喜んでくれるでしょう。 ただし、ひとつ気を付けたいのは花束の重さです。なんと100本で約10kg前後あるのです。お相手だけでなく、花束も家まで送り届けることをお忘れなきようお願いいたします。

999本

999本のバラの花言葉は、「何度生まれ変わってもあなたを愛する」 愛する相手に贈られたらこの上ない幸せを感じられるような、素敵な花言葉です。とはいえ999本ものバラの入手経路や贈る方法など、いろいろと考えてしまう本数です。それでも999本のバラに花言葉が存在するということは、過去に999本バラを贈った方もいるのでしょう。なんともロマンチックです。

初回公開日:2017年08月28日

記載されている内容は2017年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング