IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

香水の使用期限はいつまで?劣化を確認する方法

家事

化粧品の一種である香水には、使用期限があります。未開封のものは3年、開封済みのものは1年ほどとされています。また、お気に入りの香水はなるべく長く使いたいもの。正しい保管方法を知って、お気に入りの香りをいつまでも長持ちさせてください。

更新日時:

香水には使用期限がある!

香水には使用期限がある!

香水をお洒落の一環として使用している方は、多いのではないでしょうか。一度購入すると、かなり量があることから長い間使っている方も、いらっしゃるかもしれません。とはいえ、香水もある意味では化粧品の一種で、化粧品には使用期限があります。香水の使用期限がどれくらいか、ご存知ですか?また、正しい保管方法は? 使用期限にかかわりなく、正しく保管しないと香水が劣化してしまうおそれがあります。本記事では、香水の使用期限と正しい保管方法をご紹介します。お気に入りの香りを長く楽しむために、参考にしてみてください。

香水の使用期限はどれくらい?

香水の使用期限はどれくらい?

未開封の香水

香水は、薬事法という法律によって、3年間は品質の劣化がないものとして製造することが義務づけられています。よって、未開封の香水の使用期限は3年ということになります。とはいえ、3年の期限を過ぎてしまったからといって、急激に香水の品質が落ちるというわけではありません。購入してから開封せずに3年以上が経ってしまったものは、香りや色の変化などを確かめてから使用するようにしましょう。

開封後の香水

香水は開封すると、その原料のひとつであるエタノール(アルコール)が蒸発することにより、どんどん香りが変化します。開封した後の香水の使用期限は、保管状況にもよりますが、だいたい1年とされています。エタノールの含有量は、<オーデコロン→オーデトワレ→オーデパルファン→パルファン>の順に多くなります。 エタノール含有量が多いほど香りの変化が起こりやすいので、すこし長めに使うことを考えている場合は、パルファンではなくコロンを購入することをおすすめします。もちろん、適切な環境で保管することも忘れてはいけません。

ブランドによって香水の使用期限は違う?

香水の使用期限は、ブランドによってとくに異なるということはありません。基本的に、製造工程はどこでも同じだからです。ただ、ブランドによっては、お手持ちの香水の使用期限はどれくらいか、期限が切れていても使えるかどうかについて研究所に問い合わせて調べてくれるところがあります。 シャネルなどは、カウンターに香水を持って行って聞いてみると、研究所に送って調べてくれるそうですので、気になる方は試してみてください。また、購入したときに使用期限をどこかにメモしておくと、忘れることがなくて便利かもしれません。

香水が劣化する原因って?

香水を劣化させる主な原因は、激しい温度変化、光(紫外線)、空気(酸素)です。こうした原因は、香水に限らず多くの物質を劣化・変質させるものでもあります。香水の原料である香料は植物由来のものが多いため、食品が傷みやすい環境では香料も痛みやすい環境にあるといえます。 傷みやすい環境で保管していると、使用期限に達していなくても、香水が急速に劣化して短期間で使えなくなってしまうことがあります。以下で、それぞれの原因についてもうすこし詳しく見てみます。

激しい温度変化

物質は、温度変化によって膨張したり収縮したりします。温度変化が頻繁にくり返される環境では、物質の内部が分子レベルでかき混ぜられて化学反応の発生が促進されます。香水の場合、このように化学反応が起きることによって香りのバランスが崩れ、香りが変化する原因になります。そこで、なるべく温度変化の起こらない環境で保管することが望ましいのです。

光(紫外線)

光に含まれる紫外線は、食品や香料の変質・劣化を引き起こす原因のひとつです。紫外線は、太陽の光だけでなく蛍光灯の光にも含まれています。蛍光灯の場合、紫外線のほとんどは除去されて人間には無害ですが、完全に除去されているわけではなく、ごく少量の紫外線は漏れ出ています。こうした紫外線が、食品や香料の劣化を招くのです。よって、光が直接当たるところを避けて香水を保管することが大切です。

空気(酸素)

空気は、窒素(78%)、酸素(21%)、その他アルゴン・二酸化炭素・ヘリウムなどで構成されています。 このうち、酸素は地球上のあらゆる物質を変質させることができ、最も危険な物質のひとつと見なされています。 私たち人間は、酸素なしには生きていけませんが、それは酸素によって、体内に取り込まれた食物を効率的に分解しエネルギーを取り出すことができるからです。酸素は、人間にとって諸刃の剣といえるのです。 香水も、酸素に触れることで酸化し、品質が落ちることがあります。酸素との直接的な接触を避けることが大切です。

香水の正しい保管方法

香水の正しい保管方法

香水を劣化させる原因が分かったところで、香水の正しい保管方法について見てみましょう。正しく保管することで、若干ではありますが、使用できる期限を伸ばすことができます。激しい温度変化・光・空気を避けるために、基本的には「きっちりフタをして」「直射日光の当たらない」「冷暗所」で香水を保管しましょう。 もし、蛍光灯の光が直接当たる洗面所の棚などに香水を保管している場合は、洗面所を使用しないとき蛍光灯はこまめに消すようにしましょう。「すこしお高い香水を買ったのでもっとちゃんと保管したい!」というときは、次のような保管方法も試してみてください。 ・冷蔵庫で保管 冷蔵庫は、光を確実に遮断し、低温が一定に保たれているので、香水の保管には最適です。なかには、化粧水をすでに冷蔵庫で保管していたり、化粧品用の冷蔵庫を持っていたりする方もいらっしゃるかもしれません。 一般の食品用冷蔵庫に香水を保管しても問題ありませんが、お子さんがいる方は、お子さんがデザートなどと間違えて香水を飲んだり食べたりしないように十分に注意してください。また、「冷蔵庫はちょっと」という方には、ワインセラーがおすすめです。ワインセラーは、冷蔵庫に比べると冷えすぎたり乾燥しすぎたりすることがないので、香水の保管にさらに適しています。 ・窒素ガスの充てん 不活性ガスである窒素は、食品の酸化防止に効果があります。人間にとって無害なので、安心して使えます。実際、最近では、飲みかけのワインを新鮮なまま保管するために、ワイン用窒素ボンベが販売されています。それを香水にも使用することで、酸化を抑えることができます。

この香水、期限切れかも…?

この香水、期限切れかも…?

使用期限が近づいてきた香水、あるいは使用期限が切れてしまった香水を使用する際には、必ずその香りと色を確認してから使用してください。極端な変色や腐敗、カビの発生などが見られる場合は、使用できませんので処分してください。しかし、使用期限が過ぎていたとしても、香り自体に大きな変化がなく、カビなどが発生していなければ、安心して使えます。 ただ、若干の変色が見られるものは、白い洋服などに使用するとシミを残すことがあるので、必ずティッシュなどで試してから使用してください。香りに飽きてしまった香水は、もう使わないのなら捨ててしまってもかまいませんが、別の使い道もあります。たとえば、ハンカチにひと吹きするだけで、いい香りをさりげなく楽しめます。 また、トイレや部屋の芳香剤として使ったり、サシェなどに使ったりすることもできます。期限切れの香水を処分する場合には、香水をティッシュや新聞紙などに染み込ませて、さらにジップロックなど密閉できる袋に入れて捨てましょう。燃えるゴミとして処分して問題ありません。香水瓶は、好みのデザインのものなら再利用しても良いでしょう。容器も捨てる場合は、各自治体の分別区分にしたがってください。

香水の使用期限に注意して、良い香りをできるだけ長く

いかがでしたか。香水は、肌にも直接触れるものですから、その使用期限には十分気をつけたいものです。今まで知らなかったという方も、今後は使用期限にも気を配ってみてください。期限までに使い切れそうにない場合は、ミニサイズでの購入をおすすめします。また、せっかく手に入れたお気に入りの香りをできるだけ長持ちさせるために、香水は正しく保管しましょう。

いろいろな種類の香水を試してみよう!

ミニ香水サンプルレディース福袋 運命変えちゃう?!いろいろ試したいアナタに… 送料無料・税込1000円福袋!
ミニ香水サンプルレディース福袋 運命変えちゃう?!いろいろ試したいアナタに… 送料無料・税込1000円福袋!

アクセスランキング