IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

【2019年】年賀状はいつまでに投函すれば元旦に届く?

家事

年末が近づいてくると、急に思い出して大慌てするのが年賀状の準備。年賀状はいつまで売られているの?そしていつまでに出せばいいの?そんな疑問が頭の中でグルグルして、気付いたら年賀状を出せなかった。そんな事態を避けるため、年賀状の「いつまで?」を解決します。

更新日時:

年賀状はいつまでに投函すれば元旦に届く?期限は?

年賀状はいつまでに投函すれば元旦に届く?期限は?

年末が近付いてくると、いつまでに何をしないといけないのかという、あなたのやることリストに追加されるのが年賀状です。クリスマスに大掃除、おせち作りなど、慌ただしい年末に年賀状を出すというのは大変な作業です。 いつまでに送る相手をリストアップして、いつまでに相手の住所を確認して、いつまでにハガキを手配してなどの細かいことから始まります。ハガキを書くのも、郵便局に投函するのも、何をいつまでにしなければいけないのかわかりづらい点というもあります。 この記事では、年賀状の準備のために何をいつまでにすれば良いのか、そのやり方などを解説していきます。

年賀状とは?目的と歴史

年賀状とは、日頃お世話になっている方々に感謝の気持ちを込めて、新年をお祝いする目的で始まりました。昨年の感謝と今後の新しい1年も変わらないお付き合いをお願いする挨拶状のことです。古くは奈良時代から始まり、ずっと長く続いている日本の習慣です。 今現在も続けられている「年始の挨拶回り」という習慣があります。これは目上の人の所に行き、新年のお祝いのご挨拶をすることです。 ですが、遠く離れた相手のところにまで行ってご挨拶をするのが難しくなってきました。そこで、挨拶回りの代わりとして、昨年と新年の気持ちを込めて年賀状を書いて送ったのが始まりとされています。 その当時は普通の手紙などでやり取りがされていましたが、明治時代になると郵便制度が整い、郵便ハガキが発行されました。そこから「ハガキで年賀状を送る」という習慣が当たり前になりました。今では遠い人だけでなく、近い人にも送るというのが習慣になっています。 最近では携帯電話の普及により、新年の挨拶をメールで済ませるという人も増えてきましたが、実は年賀状の配達件数は激減していません。1月1日という元旦に届く年賀状は、日本人に広く愛されてきた習慣だというのがわかります。

年賀状を送る相手

年賀状を送る相手

次に、年賀状を送る相手について考えていきます。いつまでに出さないといけないのかを検索するよりも前に、誰に送りたいのかを確認しなければいけません。なぜなら、知り合い全員に出すというのは途方もなく大変なことだからです。その分お金もかかってしまいます。 年賀状を送る相手としてまず押さえておきたいのは、目上の人です。親族の目上にあたる人や、会社の上司、取引先、お世話になった先生などです。こういった人たちにはいつもお世話になっているので、必ず年賀状を送る相手のリストに入れておきましょう。 次に考えるのは友達や同僚、または後輩などですが、これら全員に送る必要はありません。 学生時代からの親友、特に仲が良かった同僚、よく面倒を見ている後輩などに絞っていきましょう。とても仲が良く、大切だと思える人にしましょう。 また、送る相手に同居の家族がいる場合は、その家族全員の宛名で出すようにします。

年賀状の相手別、例文集!

誰に年賀状を送るかを決めたら、次に考えるのはその中身の文章です。全員が全員同じ文章で良いはずがありません。 挨拶文は主に目上の人に対するものと、それ以外の人に対するものがあります。ここでは、友達・親族・会社・恩師などの立場別の例文をご紹介します。

友達への例文

友達相手への年賀状であれば、あまり堅苦しい言い回しは必要ありません。昨年あった思い出などを入れると良いでしょう。 「あけましておめでとうございます。 今年も新しい春を迎えました。 私は家族一同元気に過ごしています。 昨年中は一緒に楽しい時間をありがとうございました。 本年も何とぞよろしくお願い申し上げます。 笑顔いっぱいの一年になりますように。」

会社・ビジネス関係の例文

上司の場合では、会社でご指導を頂いていることに関するお礼や、新年の抱負を述べるようにしましょう。 「謹んで新年のご祝辞を申し上げます ご家族ご一同様には、幸多き新春を迎えられたこととお喜び申し上げます。 旧年中は格別のご厚情を賜り、誠にありがとうございました。 本年も昨年同様、ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い申し上げます。」 取引先の場合は、会社で用意する場合が多いですが、以下のような真摯な態度が伝わる文章にしましょう。 「謹賀新年 旧年中はひとかたならぬご愛顧にあずかり、誠にありがとうございました。 本年も一層のサービス向上を目指し、社員一同誠心誠意努める覚悟でございます。 なにとぞ本年も倍旧のご支援のほどお願い申し上げます。」

親族・恩師への例文

親族に送る場合には、何か結婚や出産のできごとがあればふれるようにします。 「新春のおよろこびを申し上げます 皆様お揃いで、よき新春を迎えられたことと存じます。 昨年、叔父様方にはひとかたならぬご厚情をいただき、深く感謝いたしております。 また、〇〇さんのご結婚、心よりお祝い申し上げます。 本年も、なにとぞよろしくお願い申し上げます。」 恩師に送る場合には、相手はあなたより一回り以上年上の方になりますから、労わる内容にしましょう。 「謹賀新年 よき新春をお迎えのこととお喜び申し上げます。 大変ご無沙汰しておりますが、先生におかれましてはお元気で過ごされていることと存じます。 どうぞご自愛の上、より一層のご活躍のほどを期待しております。 本年もよろしくお願い申し上げます。」

SNSで新年の挨拶はいいの?

SNSで新年の挨拶はいいの?

近年ではスマートフォンの普及に伴い、SNSでの新年の挨拶が当たり前になってきました。 1月1日の0時を過ぎると、一時的に電波状況が悪くなるのをご存知でしょうか。それほど、SNSが利用されているということです。 では、このSNSでの新年の挨拶はしても良いのかというと、悪いことではありません。必ず挨拶回りや年賀状、または電話などで挨拶をしないといけないわけではありません。 先ほどリストアップした、年賀状を送る相手以外の人にSNSを利用するのをおすすめします。よく関わりがあるけど年賀状を送るほどでもないという相手には、SNSで新年の挨拶をしましょう。 または、忙しい年末に「いつまでにハガキを用意して、できなかった部分は申し訳ないけどSNSで挨拶しよう」というルールを決めるという方法もあります。 ただし目上の人に対してはSNSの利用はおすすめしません。失礼にあたる場合がありますし、怠けた人間だと思われる可能性もあります。必ずハガキの年賀状を送りましょう。 SNSでの新年の挨拶は当たり前ですが、年賀状を送るほうが喜ばれるのも事実です。そういうことも頭に入れて、うまくSNSとハガキを使い分けましょう。

年賀状のハガキはいつからいつまで売られている?

年賀状のハガキは主に郵便局で「年賀ハガキ」として売られています。ただし、1年間いつまでも売られているわけではありません。期間が決められているので、忘れないようにメモをしておきましょう。 年賀状の販売開始は、だいたい11月1日などの11月に入ってすぐか、10月の末頃が多いです。ただしネット通販では先行予約が8月31日から始まっています。ここでのポイントは、まだ11月だからと言ってハガキを買うのを先延ばしにしてしまわないことです。 年末はとても忙しいので、いつまでに準備をしておくべきかしっかりとリストアップしておきましょう。元旦に届くようにするのが望ましいので、受付締切の直前になって慌てることのないようにしましょう。 では、年賀ハガキがいつまで売られているかについてです。これはその年の暦になりますが、1月の第2金曜日までになります。だいたい1月9日前後です。 なぜ1月を過ぎても販売されているかと言うと、あなたが年賀状を出してない相手から年賀状が届く場合があるためです。その場合はこちらも年賀状でお返事を出さないといけません。 年賀状を買うときは多めに買っておくことをおすすめします。いつまでに用意しておくか、把握しておきましょう。

いつまでに投函すれば元旦に届く?

次は、もっとも重要ないつまでに投函すれば元旦に届くかについてです。 これは誰もが気になっていることで、インターネットの検索でも「年賀状、いつまで」などよく検索されています。いつまでに出さないといけないのか、これも毎年決まった時期です。 まずは年賀状の受付開始期間ですが、12月15日からになっています。その日が日曜日であっても、12月15日とほぼ決まっています。11月に年賀ハガキを準備したからと言ってすぐに出しても受け付けてもらえません。 そしていつまで受け付けているかと言うと、12月25日までです。この11日間の期間に投函しておくことが理想的ですが、12月25日に間に合わなかったからといって元旦に届かないわけではありません。 予備日として12月28日頃まで受け付けています。ただし28日に出したものが元旦に届く保証はありません。この「いつからいつまでか」をしっかり把握しておいて、慌てることなく準備しておきましょう。

年賀状におすすめのハガキ

年賀状におすすめのハガキ

年賀ハガキを買うときのポイントはやはりデザインです。毎年新しいデザインが販売されています。人気のキャラクターや、その年の干支が毎年人気になっています。 人気の年賀ハガキはすぐに売り切れてしまうため、どうしても欲しいデザインがあるときは早めに買いに行きましょう。欲しいデザインのものはいつまでに買っておいた方が良いかと言うと、11月中です。もっと言えば8月31日の先行予約の時点です。 12月に入るとみんな同じことを考えていますので、あっという間に売り切れてしまいます。 送る相手別にもデザインを考えて選びましょう。会社の取引先に可愛いキャラクターものは相応しくないので注意してください。 ただし、1枚単位よりも10枚単位で売られていることがほとんどですから、これもいつまでに何枚用意するか決めておいた方が良いです。

手作り年賀状に挑戦しよう!

どの年賀ハガキよりもおすすめするのが手作り年賀状です。すでにデザインされている年賀ハガキは宛名と簡単なひと言を入れるだけで終了です。でも、手作り年賀状はあなたがデザインから始める必要があります。 大変だと思われがちですが、これが意外と楽しく、一番喜んでもらえます。今年の干支のイラストを使ったり、あなたの好きな挨拶文を入れたりと自由度が高いのも特徴です。 この方法であれば、1人1人にデザインの違う年賀ハガキを送ることもできます。ビジネス仕様にしたり、一緒に家族の写真を入れたりなど、送る相手別にデザインしてください。 手作り年賀状のためのデザインソフトも販売されていますし、郵便局のホームページからも無料でダウンロードできます。郵便局のものは毎年新しいデザイン用のイラストやアイテムなどが追加されているので、飽きることもありません。 手作り年賀状にする場合はやはりそれなりに時間がかかるので、これもいつまでに作っておくかを決めておきましょう。予定は前倒しにしておく方が安心です。

年賀状のお返しはいつまでに出せばいいの?

年賀状を出さなかった相手から、年賀状が届くことがあります。この場合もいつまでに返事を出さないといけないのかを確認しておきましょう。

年賀状のお返しとは?

あなたが年賀状を送らなかった相手から年賀状が届いた場合、お返しをするのがマナーです。 きちんと年賀状を用意して、新年の挨拶をしましょう。 お返しをしなかったからと言って悪いことはありませんが、やはりお返しを貰えるだけで相手も喜びます。いつまでにお返しをするのが良いか、解説していきます。

お返しはいつまで?期限が決まっている!

お返しはいつまで?期限が決まっている!

年賀状のお返しはいつまでが良いかと言うと、1月3日までに投函しておくことが理想的です。 可能であれば元旦のうちに送っておくなど、なるべく早い方が良いでしょう。 年賀ハガキを買うときはお返し用に多めに用意しておきましょう。また挨拶分にも、年賀状が遅れたことに対する謝罪も入れておきましょう。 年賀ハガキが足りない場合も、1月の第2金曜日までは発売されています。郵便局が閉まっていてもコンビニで買えます。ただし品薄状態になっているので、いくつかハシゴをしないといけない可能性も出てきます。 早めにお返しをしておかないと、年賀状じゃなくて寒中見舞い扱いになることもあります。 寒中見舞いについては後ほど解説します。

どうしてもお返しができないときは

旅行で長期不在などで、どうしてもお返しができないときは、寒中見舞いという形で良いのでなるべくハガキとして送るようにしましょう。 SNSだけで新年の挨拶を済ませては、相手がわざわざ年賀状を送ってくれたことに失礼になってしまいます。ハガキを用意して送ってあげましょう。

いつから寒中見舞い扱いになるの?

いつから寒中見舞い扱いになるの?

年賀状の期間を過ぎると寒中見舞いという形になります。いつまでが年賀状で、いつからが寒中見舞い扱いになるのかも確認しておきましょう。

寒中見舞いとは

寒中見舞いとは、小寒と言われる1月7日頃から、立春の2月4日頃までの寒中に行う挨拶で、相手を気遣う手紙などを出します。また、年賀状の返答や喪中のため年賀状が出せない場合の代用にも使われています。新年の挨拶を目的にしたものではありませんから、年賀状とは別物ということになります。

出す時期がズレると寒中見舞い扱いになる!

年賀状はきちんと年賀ハガキという形で出すべきでしょう。時期がズレてしまうと、寒中見舞い扱いになってしまいます。そしてもちろん、寒中見舞いにもいつまでかの期限は決められています。ではいつまでに出せば年賀ハガキで、いつからいつまでが寒中見舞いか解説をします。 寒中見舞いの時期は、松の内あけから立春までです。松の内は元旦から1月7日なので、1月8日からになります。立春は2月4日頃になります。ただし、これは相手に届く日を基準としています。 なので年賀状として出す場合には1月7日までに届くようにしましょう。それを過ぎる場合、年賀状としても消印が押されてしまいます。年賀状に消印は普通は押されませんから、潔く寒中見舞いにするのが賢明です。そして期限も立春までですから、いつまでに用意しておくか早めに計画を立てておきましょう。

送る相手別、寒中見舞いの内容

送る相手別、寒中見舞いの内容

寒中見舞いの内容もやはり用途が違いますから、年賀状とは変わってきます。基本的には1年の中で最も寒い時期を迎え、相手の体調を気遣うとともにこちらの近況も伝えます。相手別に書き方も変わってきますので、送る相手への書き方を確認しましょう。

会社・ビジネス関係の相手なら

会社の上司や取引先、ビジネス関係の相手へ送る場合は堅いくらいの言葉がぴったりです。 定型文などがあるので、参考にするのもおすすめです。 「寒中お見舞い申し上げます。 貴社の皆様におかれましては お健やかに新年をお迎えのことと何よりに存じます。 旧年中は格別のご愛顧賜り厚く御礼申し上げます。 弊社では本年もより一層の努力をしてまいる所存でございますので 変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。 厳寒のみぎり 貴社の皆様方に於かれましてはご自愛いただきますようお祈り申し上げます。 平成◯◯年 ○月○日」

友達・同僚相手に出す寒中見舞い

友達や同僚など、親しい人に出す寒中見舞いはフランクな文章でもかまいません。あなたの近況などを詳しく書いてみましょう。 「寒中お見舞い申し上げます。 お正月気分も抜け、本格的な寒さが身にしみると思っていた矢先に、あなたからのお見舞い状が届き心がほんわか温まりました。友の有難さが身にしみます。 長男は受験を真近に控えて頑張っているようですが、むしろ親の私の方が緊張しています。 今年はいつもよりも余計に春が待ち遠しく感じられます。桜が咲く頃にはぜひ、お食事でもご一緒しましょう。 今年の寒さはひときわ厳しいようです。◯◯さんもどうか風邪などひかれませんよう、ご自愛下さい。 平成◯◯年 〇月〇日」

親戚・親族相手に出す寒中見舞い

親族などに出す場合には相手を気遣った内容にしましょう。 また、誰かが結婚した、進学した(する)などの嬉しいイベントがあった場合には、それについてもふれるのもおすすめです。   「寒中お見舞い申し上げます。 ご無沙汰ばかりですが、私どもは元気に暮らしております。早いもので長女は、春には中学校へ上がります。   お伺いすることもできず、ご報告が遅れて申し訳ございませんが、昨年新たな住居に引越しをしました。 お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。 今年も何かとお世話になりますが、よろしくお願い申し上げます。 〇〇様のご多幸とご健康を心よりお祈りいたします。 時節柄、寒い日が続きますので〇〇様をはじめご家族の皆様方にはくれぐれもご自愛ください 。 平成◯◯年 〇月〇日」

寒中見舞いが出せるのはいつまで?

では、寒中見舞いはいつまでに出せるのかをもう一度詳しく解説します。 年賀状は1月7日までの松の内に届くようにしなければいけません。1月8日からは寒中見舞いの時期になります。そしていつまでかという最終の期限は2月4日の立春です。 これは相手に届く日時を基準にしているので、実際に投函するのは早くて1月6日頃、遅くても2月2日までです。この立春を過ぎると寒中見舞いではなくなります。 年賀状じゃなくて寒中見舞いを出す場合も、いつまでに用意するか、いつまでに出すかをしっかり予定立てておきましょう。年末ほど忙しいわけではないので、比較的準備の時間は取りやすい時期です。

寒中見舞いにピッタリなハガキの選び方

寒中見舞いにピッタリなハガキの選び方

寒中見舞いのハガキは、年賀状のハガキとはまた違うものを選びましょう。 年賀ハガキにはお祝いの気持ちを書くので、キャラクターものや干支のものなどが喜ばれます。一方で寒中見舞いのハガキはその用途別に変えていくのが望ましいです。年賀状が遅れたときに年賀状代わりに送る場合には、年賀状よりも落ち着いたデザインを選びましょう。 そして喪中などの関係で寒中見舞いを送る場合には、カラフルなデザインや派手なものは控えます。できれば白黒のシンプルなものを選ぶようにしましょう。このハガキも郵便局やコンビニで売っていますので、いつまでかを確認して準備してください。

年賀状はいつまで郵便局で売ってる?

年賀状はいつまで郵便局で売ってる?

次に、年賀状がいつからいつまで郵便局で売られているのかを、もう少し詳しく解説していきます。 年賀状は1年中いつまででも売られているわけではありません。 特に、年賀ハガキには抽選番号が振られているので、毎年の抽選を楽しみにしている人もいます。そんな方をがっかりさせないように、いつまでかを確認して期間中に準備しましょう。 以下の記事を読んだら手帳やカレンダーなどにメモしておくことをおすすめします。

年末年始の前の場合

一般的には年末年始の前に年賀状を買います。販売開始は11月に入る前後の10月31日や11月1日頃からです。予約は8月31日から始まり、予約分の発送は一般販売の開始と同時に発送されます。 ただし年賀状の受付開始は12月15日頃からです。販売開始から1ヵ月半ほど期間が空くので、大切に保管しなければいけません。 また、12月に入ると買う人が増え、受付開始の12月15日を過ぎた頃が一番混み合います。 人気のデザインなどはあっという間に売り切れてしまいます。いつまでに買うかを決めるなど、早めの準備が大切になってきます。 年内ではいつまで販売されているか気になる人もいます。年賀状は年明けでも発売されていますが、郵便局では休日や12月31日~1月1日には閉まっていますので、買うことができません。

元旦を過ぎた場合

年賀ハガキは元旦に届いて終わりではなく、元旦を過ぎても販売されています。 しかし、きちんといつまでかという期間も決まっています。 年明けですと1月9日頃の第2金曜日まで販売されていますが、この頃になるとどの郵便局も品薄状態になります。シーズンオフになるためです。 実際に年明けに年賀状を買うのはいつまでかと言うと、遅くても1月4日頃まででしょう。 年明けに慌てることの無いように、やはり12月のうちから早めの準備が必要です。 年賀状のお返し分もいつまでに購入しておくなど、予定を決めておきましょう。

1月1日に年賀状は買える?

1月1日に年賀状は買える?

ここまで、年賀状の販売期間は11月頃~1月9日頃までと説明しました。 2ヵ月もの期間がありますが、では1月1日の元旦に年賀状が買えるのかどうか気になるところです。 先ほども説明したように、郵便局は配達はされますが、1月1日は開いていません。 ということで、郵便局で買うことはできません。

年賀状を売っているのは郵便局だけじゃない!

年賀状を売っているのは郵便局だけではありません。コンビニでも販売されています。コンビニでの販売期間もいつまでか気になるところですが、後ほど解説します。 しかし、コンビニで販売されている年賀状は、あまり豊富なデザインは無く、ほとんど無地の年賀状です。自分で手作り年賀状を作る人は良いですが、デザインされているものを探している人は郵便局でいつまでに買うかを決めて準備するのをおすすめします。

コンビニではいつまで買えるの?

コンビニでの販売期間も、いつからいつまでなのか気になります。 実はコンビニでは10月初旬から年賀ハガキが売られています。しかし、これは予約の場合で実際に手元に届くのが11月上旬となります。そしていつまでかというと、1月9日頃までと郵便局と同じくらいの期間になっています。 やはり郵便局が基準となっています。予約の時点で考えると郵便局の方が早いです。コンビニでは思い立ったらすぐに年賀状のが手に入るというメリットがありますが、こだわりたい場合などは郵便局で買うことをおすすめします。 また、コンビニ以外でも文房具店やスーパーなどでも販売されています。しかしその店舗によっていつからいつまでかの販売期間も違ってくるので、実際に問い合わせないといけません。 結局どこで買うにしても、いつまでなのかをはっきりさせておかないといけないということです。

書き損じた年賀状はいつまで交換してくれる?

書き損じた年賀状はいつまで交換してくれる?

知らない人もまだまだ多いですが、失敗したハガキや書き損じたハガキ、結局使用しなかったハガキなどは郵便局で交換してもらうことができます。 使わないまま捨ててしまってはもったいないので、ぜひ交換してもらいましょう。書き損じた年賀ハガキと交換できるものは、通常切手やくじのない通常ハガキ、郵便書簡(ミニレター)、特定封筒(レターパックなど)になります。 ただし、書き損じた年賀状ハガキを新しい年賀ハガキに換えてもらうには、その年の年賀状で販売期間中のものに限定されます。交換手数料も5円かかり、現金に交換してもらうことはできません。 交換してもらうにも、基準や方法、いつまでかという期限も気になります。これからの記事を読んでしっかり覚えておきましょう。

知らない人が多い!?年賀状の交換について

この年賀状の交換制度、知らない人がほとんどです。郵便局でもわざわざ「書き損じたら交換します」など言いません。結局捨ててしまうくらいなら、交換手数料が5円かかっても交換してもらい、別のものに利用した方が良いです。 とても嬉しいのが、年賀状の交換に期限は決められていないということです。今年の年賀ハガキでも、数年前でも、10年前の年賀ハガキでも交換に対応してもらえます。 交換してもらうための基準としては、「52」と金額の書かれた左上の部分の上に文字を書いてしまったり、裏表を間違えて印刷して料額印面が隠れてしまったら交換できないので気をつけましょう。つまり、料額印面が見えていれば交換可能です。 でも実際にはプリンターで誤印刷したものなどは、交換を受け付けてくれることもあります。それはプリンターの設定によってうまく印刷できない場合があるからです。心配な場合は郵便局の職員に聞いてみましょう。

いつまでに交換してもらえる?

いつまでに交換してもらえる?

いつまで交換できるのか、もう少し詳しく解説していきます。基本的に期限はありませんが、1つだけ「いつまで」という期限が決まっている交換があります。それは年賀状から年賀状への交換です。 年賀状から通常ハガキへの交換はいつでもできますが、年賀状から年賀状の交換は、同じ年賀状が販売されている期間になります。つまり去年の年賀状を今年の年賀状に交換してもらうことはできません。年賀状の期間である1月9日頃まで販売されているので、その期間に交換しましょう。 年賀状を交換してもらうにも、いつまでに交換してもらうか決めて早めの行動が必要です。 期限のない切手に交換してもらう場合でも、ダラダラ先延ばしにしていつまでも溜め込んでも仕方ありません。いつまでに交換するかを決めて、要らない物を増やさないようにしましょう。 また、近親者の不幸などで年賀状が出せなくなった場合には、交換手数料が無料になります。郵便局でその旨を伝えて、請求者の名前と住所、近親者との続柄などを書きます。ただしその場合も「いつまで」という期限が決まっています。年賀状が販売されている1月9日頃までですので、その期間に交換してもらうようにしましょう。

年賀状を交換してもらう方法

次に、年賀状の交換方法をもう少し詳しく解説していきます。いつまでに交換しておくべきかを確認したら、そのやり方も覚えておきましょう。 まず、郵便局に直接持って行くことが必要になります。年賀状の交換は郵便局でしか受け付けてもらえません。コンビニやスーパーなどで買った年賀状も、郵便局に持って行けば交換を受け付けてくれるので安心してください。 職員に「交換をお願いします」と言って、何に交換してもらいたいのかを伝えます。その年の年賀状に換えてもらいたい場合は、いつまでかを事前に確認しておきましょう。そして手数料の5円を払って交換してもらいます。 金額が半端になる場合は細かい金額を出して82円の切手に交換してもらうこともできます。 52円の年賀状をいくつかまとめて、レターパックなどの封筒に交換してもらうこともできます。しかし現金に換えてもらえないことと、お釣りは返ってこないので、5円以上の金額を払うことになるので注意してください。 どうしても現金に換えたい場合には、郵便局で切手などと交換をしてから、金券ショップなどで現金化するという方法もあります。

子供の写真はいつまで年賀状に入れていい?

子供の写真はいつまで年賀状に入れていい?

家族や子供がいる家庭では、子供の写真を年賀状に入れる人もいます。遠くの親族や知り合いに子供の誕生や子供の成長を伝える手段です。しかし、いつまでも子供の写真を入れた年賀状を送り続けるわけにもいきません。まだ小さい子供であれば、我が子可愛さに写真を入れてもかまいません。 ですが、大きくなって高校生や大学生の子供の写真だけを入れた年賀状だと、子離れできてない印象を持たれてしまいます。子供の写真はいつまで入れても良いのかという世間の常識や、自分はいつまで入れたいと思うのかをよく考えながら、写真を入れていくようにしましょう。 これから子供の写真はいつまで入れるべきか、そしてどんな写真が喜ばれるのかをご紹介します。

送る相手を考えて写真を入れよう

まず、子供の写真を入れるときに、いつまで入れて良いかよりも重要なことがあります。それは送る相手についてしっかり把握しておかないといけないということです。送る相手にも家族や子供がいる場合は問題ありませんが、家族が欲しいのにできない、子供が欲しいのにできないという相手には注意しないといけません。 良かれと思って子供の写真を入れても、相手を嫌な気持ちにさせてしまう場合があるからです。相手を追い詰めてしまうという結果になりかねませんので、注意してください。そういう相手には子供の写真よりも、無難なイラストなどの年賀状がおすすめです。内容も家族のことにふれず、新年のお祝いと相手を気遣う内容にしましょう。 こういった相手の把握も、「いつまでに情報収集をしておこう」決めておくと良いでしょう。相手がどう思うか不安な場合には、子供の写真は一切入れないという選択も必要です。

ぶっちゃけ子供の写真に興味ある?

実際に子供の写真を入れて年賀状を送っているけど喜ばれているのかも気になるところです。 子供の写真に興味あるのか、そしていつまでの子供の写真なら良いのかの世間の意見も参考にしないといけません。 子供の写真に関する意見としては、「赤ちゃんが誕生したという報告は嬉しい」や「小さい頃の写真は成長が感じられる」などの良い意見があります。しかし一方では「いつまでも子供の写真を貰っても仕方ない」や「小さい頃の写真は可愛いけど、最近はろくに写真を見ていない」という意見もあります。 こういった意見を元に考えると、子供が小さい頃や赤ちゃんの写真は喜ばれる傾向にあります。しかしある程度成長してくると可愛さも減っていくため、もう子供の写真には興味ないという人が多いです。 小さい頃の写真はだいたい0~3歳までの写真が一番喜ばれます。遅くても小学生に上がる頃の写真までです。それ以上の年齢になれば、子供の写真は控えるようにしましょう。子供写真をいつまでも送りたい気持ちはわかりますが、あなたの中でルールを決めないといけません。いつまでの写真なら送るけど、それ以降は別の写真に切り替えるなどしましょう。

実は家族写真の方が喜ばれる!

実は家族写真の方が喜ばれる!

実は子供の写真よりも喜ばれるのが家族の写真です。子供単体ではなく、家族全員の顔が見えることで、その家族の様子がわかって安心します。子供が小さいうちの写真は単体で送り、成長と共に家族全員で映るという方法もあります。もちろん、子供が0歳のうちから家族全員の写真を送るのも良いでしょう。 いつまでも子供の写真を送り続けて相手に苦笑いされるよりかは、「家族全員の近況報告」という名目で家族の写真を送りましょう。そうすることで高校生の子供の写真を撮っても「いつまでも子離れできていない」というイメージを払拭することもできます。どうしても子供の写真を送りたい場合は、家族全員で映りましょう。

年賀状はいつまで旧姓で出していいの?

年賀状はいつまで旧姓で出していいの?

結婚すれば女性は名前が変わります。年賀状でも新しい名前で相手に送りますが、中には旧姓で年賀状を送りたい人もいるでしょう。しかしいつまでも旧姓を名乗ることはできません。 それでは、結婚した場合の年賀状の名前をどうするべきなのか、いつまでなら旧姓で年賀状を送っても良いのかを解説していきます。結婚したばかりの人やこれから結婚する人はよく読んでおいてください。

結婚したらすぐに新しい名前に変えよう!

まず、結婚したのであれば新しい名前で年賀状を送るのがマナーです。婚姻届けが受理された日から、あなたはいつまでも旧姓ではなく、新しい姓になっているからです。 結婚式までは旧姓でいたいという場合もありますが、そのときは婚姻届けを出す日と結婚式の日を近く、または同じ日にすれば良いでしょう。婚姻届けが受理されれば、あなたの正式な書類上の名前は新姓です。 また、旧姓で出して相手に届かなかった場合、旧姓のままだとあなたの元に年賀ハガキが「居住者不明」などで戻ってこないこともあり得ます。 そして旧姓で年賀状を受け取った相手があなたの結婚を知っていて、お返しを出す場合も相手を困らせてしまいます。年賀状に限らず、この先の手紙もいつまで旧姓で出して良いのか、新姓で出せば良いのかわからなくなってしまいます。あなたから名乗るようにしてあげると親切です。 こういった点をよく考えると、やはり結婚したら新姓で出すのが良いでしょう。いつまでなら旧姓、それを過ぎたら新姓で名乗るという意識を持ちましょう。

旧姓で出しても良い場合

もちろん旧姓で出しても良い場合があります。それは婚姻届けの提出が年末に近く、周りがあなたの結婚を知らない状態のときです。その状態でいきなり新姓を名乗るのも相手を困惑させてしまいます。 そのときの年賀状の内容には、「いつ結婚しましたので、いつまで旧姓でいつからが新姓です」という内容を書きましょう。そうすれば相手もいつまでもあなたを旧姓で呼ばずに、新姓で呼ぶようにしてもらえます。 つまり、自分で旧姓から新姓を名乗るタイミングを掴むようにしておくということです。また、年賀状に限らず、結婚後に新姓で手紙を出す場合には、念のために旧姓も明記しておきましょう。あなたの名前の横に「(旧姓:〇〇)」と書いておくだけでかまいません。

知ってる?お年玉ハガキの抽選!

知ってる?お年玉ハガキの抽選!

年賀状専用のハガキには、お年玉抽選の番号がそれぞれ割り振られています。これは年明けに抽選が行われ、見事当たれば豪華賞品が貰えるというものです。 郵便局でもポスターなどが張り出されますし、インターネット上でもいつまででも抽選結果を見ることができます。商品は3等が切手シートで100本に2本の確立、2等がふるさと小包で1万本に1本の確立、そして1等がセレクトギフト(12万円相当/1万点以上の商品・旅行・体験プランなどからの選択)または現金10万円で100万本に1本の確立です。 宝くじほど豪華ではないものの、どれも貰ったら嬉しいものばかりです。このお年玉ハガキや抽選のことを知っている人は多いですが、実際に確認する人は7割程度です。せっかく年賀状を貰ったのですから、抽選を確認して年明けの楽しみを増やすのもおすすめです。 その場合、抽選と商品の引換にもいつまでかという期限があります。その期限も結果発表と一緒に確認しておきましょう。

お年玉ハガキの商品引き換えはいつまで?

お年玉年賀ハガキはいつまでに買わないといけないという心配は必要ありません。年賀状であれば抽選番号がすべて付いているからです。コンビニで買うものも例外ではありません。 ですから、「いつまでに買うべきか」という質問に対する答えは、「年賀状と同じ扱い」という認識で大丈夫です。ただ、お年玉ハガキの賞品引き換えはいつまでかという期限は決まっています。 まず、抽選自体は年明けの1月第2日曜日頃に行われます。日付で言うと14日前後です。 そこで初めて当たっているか外れているかの確認をします。当たっていた場合、引換期間が決まっています。その期間はだいたい6ヵ月で、7月の15日前後になります。 半年も余裕があるからとズルズルと先延ばしにすると、景品はもらえません。せっかく当たっていた年賀ハガキをいつまでも交換していないと損することになります。また、書き損じの年賀ハガキや結局使わなかった年賀ハガキにも抽選がついています。これは使えないわけではなく、貰った年賀状と同じように抽選に使えます。 書き損じた年賀ハガキを郵便局で交換してもらう前に、抽選が当たっているか確認しておきましょう。当たっていなければ交換してもらえば良いし、当たっていれば引き換えまましょう。これもいつまでに交換するのか、引き換えるのかを決めて早めに行動しましょう。

お年玉ハガキの交換方法

お年玉年賀ハガキが当たっていた場合、引換方法はとても簡単です。 抽選番号を切り取らず、そのまま郵便局の窓口に持って行きます。そして本人確認のできる書類を提示するので、忘れずに持って行ってください。会社名でのハガキは、会社の確認ができる書類を提示します。 ここで勘違いされやすいのが、郵便局で賞品を受け取れると思われがちです。残念ながら窓口では受け取れません。 必要書類に名前、住所などを書き込み、後から発送してもらう方法です。書類を確認したら「いつまでに発送します」と教えてもらえます。何も言われなかった場合は遠慮せずに「いつまでに届きますか?」と聞いてもかまいません。 また、現金を郵便での発送はできませんので、現金書留で発送されます。

今年こそは年賀状を出そう!

今年こそは年賀状を出そう!

年末の忙しさにかまけていたら、年賀状の準備を忘れていたとうことが無いようにしましょう。 とても忙しい時期だからこそ、いつまでに何をどのように準備するか、しっかり計画を立てないといけません。

意外と「いつまで?」がわからないのが年賀状

12月に入ってカレンダーを見てから、年賀状の準備を思い出す人も多いです。まだ初旬に気付けばいいものの、中旬を過ぎるともう大慌てです。最悪の場合はその年は年賀状が出せず、新年の挨拶ができなかったということにもなりかねません。 年賀状に関しては「いつまで?」が意外とわからないという点があります。いつまでに買わないといけなくて、いつまでに出さないといけないのかの問題です。大掃除はいつまでにどこをするのか、おせちはいつまでに食材を買っておくのかを把握できるのに、年賀状になると話は別になってしまいます。 毎年調べて「いつまでに準備しよう」と決めているにもかかわらず、今年もインターネットで調べるはめになります。

毎年の「いつまで?」を解決しよう!

年賀状は少しの日付けのズレがあるものの、だいたい毎年同じ時期に出回ります。受付期間も12月15日~12月25日までと、ほとんど固定です。ですから、毎年のようにインターネットで調べる必要は無いはずです。 なのに毎年「いつまでだっけ?」と大慌てで調べるということは、忘れているということです。いつまでに何をするべきか、忘れないためにはスケジュール帳やカレンダーに書き込むのが一番確実です。 こうすればいつまでにやれば良いのか一目瞭然です。来年からの準備も、そのスケジュール帳を見ればスムーズにできます。

リストアップ!いつまでに何をするか

リストアップ!いつまでに何をするか

「元旦に年賀状を届けられず、相手をガッカリさせてしまった」という事態にならないように、まずはやることをリストアップしていきましょう。 何を、いつまでに、どのように準備するべきかをここでまとめます。迷ったときにはこのページだけを保存しておけば、いざというときに安心です。 ① 年賀状を送る相手を、11月中にリストアップする ② 年賀状を送る相手に合わせた年賀ハガキを、11月中に決めておく ③ 年賀ハガキを、12月に入ったらすぐに予定より多めの枚数買っておく ④ 年賀状の作成を、12月20日頃までに作っておく ⑤ 年賀状の投函を12月25日頃までに完了させておく ⑥ 年賀状を送ってない相手から貰ったら、そのお返しを1月3日までに準備する ⑦ 年賀状のお返しを、1月4日までに投函する ⑧ 年賀ハガキの抽選結果を確認して、当たっていれば早めに引き換える ⑨ 年賀状を送れなかった相手への寒中見舞いを1月中に準備して送る 以上となります。 こうして見てみるとやるべき事が多く見えますが、1つ1つの手間はかかりません。それに、いつまでにやるべきかのクールタイムもそれなりにあるのがわかります。スケジュール帳のどこかのページにしっかりメモを取って、慌てずに準備できるようにしましょう。

年賀状を出して良い関係を築こう!

年賀状を出して良い関係を築こう!

年賀状を書くという事は、過去にお世話になった人や親しい人のことを想うということでもあります。「この人に年賀状を送りたい」と思ったら、その気持ちを大切にしましょう。 年賀状の準備は取り掛かればあっという間にできますが、忙しい年末にはそういうわけにはいきません。準備が8割というくらい、いつまでに何を準備するのかが大切です。 奈良時代からの歴史がある年賀状という習慣で、人との繋がりをに感謝していきましょう。

アクセスランキング