IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

相続放棄したいときの期限|手続き期限が過ぎた時の対処・決算日

家事

相続放棄には話し合いによるものと家庭裁判所に期限内に手続きを取り認めてもらう方法があります。相続放棄には期限が過ぎてからでも手続きが取れることがありまのでトラブルにならないように、遺産相続の可能性のある人には是非読んで参考にしてもらいたい内容にまとめました。

更新日時:

相続放棄とは

相続放棄とは受け継ぐ遺産の相続を期限内に放棄することです。 受け継ぐ遺産の相続とは亡くなった人の遺産を、残された家族が受け継ぐことをいい、亡くなった人の遺産を受け継ぐ権利のある人を相続人といい、 すべて法律で定められています。 亡くなった人の遺産にはプラスの遺産とマイナスの遺産があり、プラスの遺産には現金や預貯金、家財道具や車などがあり、マイナスの遺産は借金や連帯保証債務、未納税、未払医療費などがあります。 これらの遺産を誰がどのような割合で受け継ぐかについては、 法律の定めとは別に話し合いで決め遺産分割協議書を作成し決めることができ、受け取らない場合に遺産の相続放棄となり相続放棄したことが決まると撤回することができません。

良くある相続放棄の勘違い

話し合いにより遺産分割協議書も作成し、遺産相続を放棄したと考え借金の支払い義務は無いというように勘違いすることがあります。 遺産分割協議書を作成し、その通りに進めば良いのですが遺産分割協議書により遺産を受け継いだ人がその後予想を超える借金や連帯保証債務があることを知り返済できなくなることもあります、債権者は借金や連帯保証債務を受け継いだ人から債権を回収しますが、回収できなくなったときは遺産相続放棄をした相続人にも支払いを請求することができます。 話し合いにより合意した遺産分割協議書であっても法律上の債権放棄とは認められず、相続人はその法定相続分に応じて債務の支払い義務を引き継がなければなりません。 遺産相続のトラブルで良くあるのは話し合いで決めたことがすべてに適用できると勘違いから発生することが多く、トラブルを防ぐためには法律上の効力がある家庭裁判所で相続放棄の手続きを期限内に行うことが必要です。

相続放棄の期限とは

相続放棄のトラブルを防ぐためには法律上の効力がある家庭裁判所で期限内に相続放棄の手続きが必要です。相続放棄の手続きは被相続人が亡くなってから3ヶ月以内に行わなければなりません。しかし状況によっては手続き期間を延長できる場合や被相続人が亡くなってから数年経過してからでも期限を延長し相続放棄の手続きができることもあります。 期限の手続き延長の場合は相続人が相続財産の状況を調査しても、なお相続財産はプラスなのかマイナスなのか分からず判断できない場合は、家庭裁判所へ申立てをすることで3ヶ月以内の期限を延長することができます。 また被相続人が死亡したことを知らなかった時には、死亡したことを知った時から3か月以内であれば相続放棄はできます。さらに死亡は知っていても相続権の順位が優位な人が相続放棄をしたために自分に相続権が回ってきたことを知った場合には、その相続権を知った日から3か月以内であれば期限を延長して相続放棄を行うことができます。

相続放棄の手続き期限が過ぎたときの対処

相続放棄の手続き期限が過ぎたときの対処

相続放棄の手続き期限が過ぎたときでも、家庭裁判所が調査した上で相続放棄が認められることがあります。 例えば死亡時に財産調査をしたが借金があるとはわかず、借金の督促状などの通知が来て初めて借金の存在を知り、借金の存在を知ってから3ヶ月以内である。 また死亡後に相続財産を処分していないなどで、相続放棄の手続き期限内に間に合わなかったかった場合に理由を明確にし、通常の相続放棄の際に提出する相続放棄申述書に上申書を添付し家庭裁判所に提出し納得認めてもらえることで相続放棄の手続き期限が過ぎても認められることがあります。 裁判所の判断材料の決め手となる上申書は大変重要な書類であり、作成には法律事務所などプロの力を借りることなどを検討することも大事です。

相続放棄の期限の起算日

相続放棄の手続きは被相続人が亡くなってから3ヶ月以内に行わなければならないと決められており、期限の起算日は一般的に亡くなった日です。また被相続人が死亡したことを知らなかった時には、死亡したことを知った時から3か月以内であれば相続放棄はでき起算日は死亡を知った日となります。 さらに死亡は知っていても相続権の順位が低い人が自分より順位の優位な人が相続放棄をしたために、自分に相続権が回ってきたことを知った場合には、相続権が回ってきたことを分かった日が相続放棄の期限の起算日になります。

相続放棄の照会書の手続き期限

相続放棄の照会書の手続き期限

相続放棄を期限内に家庭裁判所に手続きすると、その後家庭裁判所から相続放棄照会書や相続放棄回答書というものが送られてきます。 いずれも裁判所が相続放棄を認めるかどうかの判断をするために、事前に必要事項を手続き者本人に照会するものです。管轄する家庭裁判所によっては相続放棄照会書、相続放棄回答書が一緒になっている場合や別になっていることもありますが記載されている内容はほぼ同じ内容です。 相続放棄についても手続き方法がいろいろありますが、いずれの場合でも家庭裁判所から送られてきた書面の中に平成○年○月○日までに当裁判所に返送してくださいと記載されていますので、その期日までが手続き期限になります。 この書類は家庭裁判所が相続放棄を認めるかどうかの判断に利用される重要な書類となり、簡単に記入できる書類もあれば複雑でしっかり確認しながら期限に間に合うように作成しなければならない書類もありますので十分に注意して作成する必要があります。

相続放棄の回答書の手続き期限

家庭裁判所から送られてくる書類に相続放棄照会書や相続放棄回答書というものがあります。管轄する家庭裁判所によっては相続放棄照会書、相続放棄回答書が一緒になっている場合や別になっていることもありますが記載されている内容はほぼ同じ内容です。 いずれの場合も書類の中に平成○年○月○日までに当裁判所に返送してくださいと記載されていますので、その期日までが手続き期限になります。回答書も照会書と同様に家庭裁判所が相続放棄を認めるかどうかの判断に利用される重要な書類なので、しっかり確認しながら期限に間に合うように作成する必要があります。

相続放棄の期限は延長できるのか

相続放棄の手続きは被相続人が死亡してから3ヶ月以内に行わなければなりませんが、状況によっては手続き期限を延長できることがあります。 例えば3か月以内に相続財産の内容についての調査が困難な場合や被相続人が死亡したことを知らなかった時などには家庭裁判所に手続きすることで期限の延長を認めてもらえることがあります。 そのためには延長を見てもらうための理由を明確にし、通常の相続放棄の際に提出する相続放棄申述書に上申書を添付し家庭裁判所に提出し、その理由を裁判所が認めた場合、死亡してから3ヶ月以内とは別に相続放棄の期限を延長することができます。

借金で相続放棄したいときの期限

借金で相続放棄したいときの期限

被相続人が借金を抱えて死亡していることが分かり相続放棄をしたいときには家庭裁判所に死亡してから3ヶ月以内に相続放棄の手続きを行わなければなりません。 しかし、死亡時に財産調査をした時に分からなかった借金が督促状などの通知が来て初めて借金があること知った場合には、期限内に相続放棄が間に合わなかったかった理由を明確にし、通常の相続放棄の際に提出する相続放棄申述書に上申書を添付し家庭裁判所に提出し納得してもらえることで相続放棄の手続き期限が過ぎても認められることがあります。

兄弟で相続放棄したいときの期限

被相続人に子どもや父母、祖父母がいない場合には兄弟姉妹が相続人となることがあり、また相続の優先順位繰り上げなどで相続人になることもあります。相続放棄については相続の開始を知ったときから3ヶ月以内に手続きしなければなりません。 また家業の経営を安定させるために後継者以外の兄弟姉妹が相続を辞退するときなどにも相続放棄をすることができます。兄弟で相続放棄をしたいときの期限は優先順位繰り上げのことを知らせてくれていなかった場合の期限は、その事実を知った時から3ヶ月以内が相続放棄をできる期限になります。

相続放棄は家庭裁判所に認めてもらう

遺産相続問題で大きなトラブルに発展することがあります。トラブルになる原因に話し合いにより遺産分割の協議書も作成しており借金などの支払い義務は無いと勘違いしていた時に多く起こります。話し合いによる内容は債権者からの返済請求には何の効力もありません。 債権者に対し効力があるのは家庭裁判所が正式に相続放棄を認めている場合だけです。家族関係や親族関係で遺産相続のトラブルにならないようにするために相続放棄については死亡してから期限の3か月以内に家庭裁判所に相続放棄の手続きをとり、照会書や回答書の書面で家庭裁判所から正式に相続放棄が認められるよう手続きをすることがトラブルをなくすためにも大事です。

関連タグ

アクセスランキング