IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

新年の挨拶はいつまでにするのか|仕事/ビジネス/メール/営業/訪問

家事

新しい年をめでたく迎えると誰もが新年の挨拶を交わすようになります。しかし、この新年の挨拶は実際のところいつまでに済ませるべきなのでしょうか?実はこの「いつまで」というのをきちんと知っておくことは、自分の家族や知人、取引先との関係を円滑にする上で不可欠です。

更新日時:

新年の挨拶はいつまでのもの?

新年の挨拶はいつまでのもの?

年が明けると、あちこちで新年の挨拶を交わしている様子が見られるようになります。それは何も対面での挨拶に限ったことではなく、年賀状やメール、電話口などでもよくみられる光景です。 さて、この新年の挨拶ですが、1月15日まで使えるといわれています。その理由としては、暦のうえで1月15日は小正月と呼ばれており、一般的に新年が明けてから小正月までの期間の間はどの家庭でも門松を飾って置くためです。 また、より適切な期限として7日まで(正月を祝う松の内の終わりまで)に送るのがビジネス上の慣例とされています。 なお、15日を過ぎてからであっても、その頃に年が明けてから初めて会うという人がいたとしても新年の挨拶を交わしても差し支えありません。

仕事・ビジネスで新年の挨拶はいつまで?

正月の三が日が過ぎればどの企業でも仕事始めを迎えるため、世の中が一斉に動き出します。仕事やビジネスの場面ではいつまでが新年の挨拶をするのに適した時期なのでしょうか? こちらは一般的には仕事始めを迎えた週の週末くらいまでが適切とされています。ただ、こちらも厳密にいつまでと決まっているわけではなく、地域によっては小正月の15日までといったしきたりがある場合もあります。また、スケジュールによってはついつい後回しになる場合もないとも限りません。 しかし、せっかくのビジネスパートナーと新しい1年も、ひいてはいつまでも円満に付き合っていきたいという気持ちも大事ですので、いつまでにという以前になるべく早く新年の挨拶を済ませるようにしましょう。

新年の挨拶メールはいつまでにすればよい?

携帯電話やパソコンメールが普及してからというもの、いつもお世話になっている人への新年の挨拶であってもメールで済ませるという人も少なくありません。それではメールで挨拶する場合はいつまでに済ませるのが適切なのでしょうか? 友人や知人に送るのであれば一般的に小正月の15日まででも大丈夫です。もちろん、毎日の忙しさに合わせてそれ以降でも差支えがありませんが、余裕のあるうちに挨拶メールを送りたいものです。 逆に新年が明けたての元旦の夜明け前というのはなるべく避けたほうがいいでしょう。特に携帯でのメールは多くの携帯会社が通信制限を行うため、なかなか相手に届きにくいということも少なくありません。このため、元旦の日中や2日・3日といった時期に送るのがよいでしょう。

相手が仕事関係の場合は?

これに対し、ビジネスの場合、いつまでに挨拶を済ませるべきかというのは少し事情が変わってきます。まず、早くても1月2日以降が無難です。というのは、元旦は色々な人が挨拶メールをやり取りするため、ウイルスに感染するリスクもいつも以上に高くなっているためです。 また、ビジネス関係の人の多くが5日前後に初出社してくるため、その時になって初めて挨拶メールを見て気を遣うということも少なくありません。このため、このようなケースをなるだけしなくて済むように5日前後に送るのが無難です。 そして、いつまでに送ればよいかについてですが、こちらも遅くとも15日くらいまでに済ませておくと無難といえます。

企業の新年の挨拶はいつまで?

新年の挨拶は個人単位でやる場合もあれば、もちろん企業単位でやる場合もあります。特に企業の場合はホームページなどで「年頭の辞」として新年の挨拶を載せている場合も多いです。このような企業の新年の挨拶はいつまでやればよいのでしょうか? こちらもやはり個人でやる場合と同様に遅くとも15日までに済ませておくとよいでしょう。より理想を追求するのであれば、1月7日(松の内の終わり)までに済ませればより無難です。会社関係では7日を過ぎると正月の飾りを撤去し、本格的に新しい年の業務モードに入るので、なるべく7日までに挨拶をしておくのがベストです。

営業ではいつまでに挨拶するのか?

常に大切な取引先に伺って利益を上げてくる営業にとっても、新年の挨拶をいつまで済ませておくべきかという問題は非常に重要です。なぜならば、新年の始まりに取引先に挨拶を済ませておくことは、今後のその取引先とのつきあいにも影響してくるためです。こちらについてはいつまでに挨拶すればよいのでしょうか?

挨拶回りの場合

まず、直接取引先に挨拶回りをする場合は、厳密にいつまでにやらなければいけないと決まっているわけではありません。が、なるべくならば仕事始めから最初の1週間のうちに新年の挨拶を済ませるのが理想的です。 ただ、営業マンの方も基本的に忙しいスケジュールを組んでいるため、中には1週間のうちに新年の挨拶回りが終わらないという人も少なくないでしょう。 その場合は15日までであれば大丈夫です。ビジネスの慣例でも遅くとも15日までに新年の挨拶をするということになっているため、その頃までに済ませれば無難でしょう。ただ、10日前後を過ぎた場合は「あけましておめでとうございます」ではなく「今年もよろしくお願いいたします」と伝える方がなお無難です。

メールでの挨拶の場合

一方、メールで新年の挨拶をする場合は、いつまでという以前に可能であれば仕事始めの日に直ちに送信するとよいです。メールで新年の挨拶をするのは新しい年もこれまでよりも一層のお付き合いをしていきたいという意思表示であるとともに、年始の営業日や営業時間、緊急時の連絡先を伝えるという目的もあります。 もし仕事始めの日に送信できない場合でも、なるべく早く知らせるようにした方がよいです。遅くとも仕事始めの日の週の終わりまでには連絡しましょう。 なお、メールで新年の挨拶をする際にはBCCによる一斉送信だけは避けましょう。取引先相手への誠意も疑われ、今後の取引にも悪影響を与えかねないためです。このため、メールでの新年の挨拶は1通ずつ気持ちをこめて送るようにするべきです。

年賀状は遅くともいつまでに出す?

新年の挨拶のツールの定番といえば年賀状で、いくらメールなどの普及で年賀状の配達枚数が減ってきているとはいっても、まだまだ多くの人が年賀状で新年の挨拶をしています。 さて、年賀状による新年の挨拶ですが、いったい遅くともいつまでに送るべきなのでしょうか? 一般的には年賀状も松の内が終わる1月7日までに送るものとされています。ここで注意すべきなのが、年賀状を送り忘れていた相手に対していつまでに出せば1月7日に間に合うかという点です。 郵便局の配送状況にもよりますが、最も無難なのは正月三が日(1月3日まで)のうちに送ることです。三が日のうちに送ればギリギリ7日までには相手に届きます。 なお、1月7日に間に合わなさそうであれば、寒中見舞いとして送るとよいです。

相手から7日ギリギリで年賀状が来た場合は?

相手から7日ごろに年賀状が届く場合もあります。この場合もいつまでに、またどのように対処すればよいのでしょうか? こちらについても、なるべく早く寒中見舞いとして返信するとよいでしょう。なお、返信の際には年賀状に対するお礼を一言添えることも忘れないようにしてください。

新年のご挨拶訪問はいつまでにやるもの?

新年の挨拶のための訪問は何もビジネスの場面だけでみられるものではありません。家族や知人などへの挨拶回りをするという人も少なくありません。ここでは、家族や知人への新年の挨拶回りについていつまでにやるべきかをみていきます。 いつまでにやるべきかについては、ビジネスの場合と異なり15日までと比較的期間が長めです。ただ、15日までという理由として15日が小正月に当たり、暦の上では正月がこのころに終わるとされているためです。特に予定を忘れやすい人はこの点にきちんと留意するようにしましょう。 なお、家族の中でも両親や義理の両親に対しては三が日のうちに挨拶を済ませておくのが無難です。生活をするうえで不可欠な相手であるため、あまりにも遅くなると不興を買いかねません。どうしても三が日の挨拶が無理であれば、それ以降でなるべく早く挨拶を済ませましょう。

新年の挨拶はなるべく早くに

新年の挨拶はなるべく早くに

いつまでに新年の挨拶を済ませるべきか、ということについていろいろなケースで見てきましたが、いかがでしたか? 簡単にまとめれば、ビジネスに関しては松の内の終わる1月7日もしくは15日までに、私生活で家族などに挨拶する場合は15日までに挨拶を済ませると無難です。また、ビジネスで取引先にメールで挨拶する場合はなるべく早く送るとよいでしょう。 さらに、新年の挨拶をいつまでにやるべきかというのは地域の慣習によっても異なってくるため、その地域の風習をあらかじめ確認しておくことも大切です。 いずれにせよ、「いつまでに挨拶を済ませるか」というのは、今後の付き合いにも大きく影響してくるため注意すべきところです。

関連タグ

アクセスランキング