IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

虫刺されの症状と虫の種類|蚊/ノミ/ダニ/ブヨ

アウトドア・スポーツ

春から秋にかけてバーベキューやキャンプなど外で活動する機会も増えます。そして自然と触れ合う機会も多くなります。そのため、虫刺されの被害にあってしまう可能性も高くなってしまいます。虫刺されから無邪気な子供たちを守るためにも、虫刺されの種類をご紹介します。

更新日時:

楽しいことばかりじゃない!虫刺されにもご用心

「夏だ!虫取りだ!キャンプだ!海だ!」と夏になると夏特有のアクティビティーが待っています。虫取り網を片手に走り回っている子供達の姿を見るのは、とてもほっこりと温かい気持ちになります。 そんな夏特有のお楽しみですが、夏特有のハプニングもつきものです。そのハプニングとは虫刺されです。虫刺されを侮っていると、痒い思いをしたり跡が残ったりするだけでなく、命取りにもつながりかねないとんでもないことが起こる可能性もあります。 虫刺されによってどのような種類があるのか、対処の仕方はどうしたらいいのか、虫刺されについて1つ1つ考えていきたいと思います。

夏に気をつけたい虫の種類って?

夏になると、虫刺されの虫の種類として代表的なのが蚊です。蚊の「プーン」という高い音がなんとなく耳障りで、寝るのも妨げられてしまうという思いをされたことのある方も多いと思います。 日本に生息しているかの種類はなんと、100種類と言われています。その中で血を吸う種類の蚊はたったの30種類だけ。この30種類の蚊による虫刺されの被害に私たちは苦しめられているのです。

蚊に刺されたらなぜ痒いのか?

蚊は血を吸う時に、血液が凝固しないよう唾液を注入します。この唾液に含まれる成分の影響で人間はヒスタミンを出します。このヒスタミンが末梢神経を刺激し、痒みの原因になりるのです。 実はこの反応は一種のアレルギー反応です。初めて蚊に刺された人は、痒みを感じません。2回以上蚊に刺されたなら体が蚊の唾液を異物と判断します。そして先ほどのメカニズムにより、痒みという症状が起こるのです。

どんな特徴があるの?

蚊による虫刺されの症状は、皮膚の表面がポコっと赤く膨れ上がります。その膨れ方は人それぞれです。普通の人なら、数時間もすると腫れはひき、痒みもなくなります。アレルギー反応が強く出た人は大きく膨れ上がり、なかなか腫れが引きません。 中には数日間痒みや腫れが続く人もいます。このような人を蚊過敏症と言います。この場合、皮膚科に行って薬を処方してもらうことをお勧めします。蚊が血を吸う際に用いる吸血針は1つなので、小さな1つの穴が空いているという特徴があります。

蚊に刺された時どのように対処したらいいの?

蚊による虫刺されの被害にあった場合、ダメだと分かっていながらついついやってしまう種類の対処法。それは、ボリボリと掻いてしまうこと、爪でバッテンの後をつけてしまうこと。一度は経験された人も多いのではないでしょうか? しかし、このような方法を使うと傷跡がついてしまうどころか、そこから菌が入り炎症を起こす原因になることがあります。痒いのは苦しいですが、極力我慢しましょう。ではどうのような対処をするのがいいのでしょうか? 先ほどもお伝えしたように、蚊に刺されるとヒスタミンを出します。それでヒスタミンを抑えるのが効果的です。ヒスタミンを抑える薬の種類として「ムヒ」がお勧めです。

蚊が繁殖しないためには

蚊による虫刺されの被害を抑えるためには、蚊が大量発生しないために生活の中で工夫することができます。それは、汚い水をためておかないことです。蚊は水の中に産卵します。水の中で蚊の幼虫ボウフラが誕生し、成虫蚊になります。 それで、蚊が産卵しにくい環境を作ってあげることが大切です。「植木鉢の鉢受けに、水が溜まったままになっている」「花火をした後の水を張ったバケツが何日も置きっ放しになっている」「いつも同じ場所に水たまりができて、汚れた水が溜まったままになっている」などの環境は蚊が喜びます。気をつけましょう。

毛虫

毛虫も春から夏にかけて出没します。木の下や裏側にいることがあります。毛むくじゃらで黙々と移動している姿が可愛らしいと子供たちの興味を引きそうです。うっかり触ってしまうと大変なことになりかねないので注意しましょう。毛虫にも本当にたくさんの種類があります。種類ごとに活動するする季節が異なります。

毛虫に刺された時の症状って?

毛虫による虫刺されで厄介なことは、触らなくても被害に遭う可能性があるということです。毛虫が針を飛ばし風に乗ってどんでくることあるからです。毛虫の針は「毒針毛」と呼ばれています。毛虫による虫刺されの被害にあうと、皮膚が蕁麻疹のような症状になります。皮膚が躍起した状態になり、プツプツとしたものが出てきます。 そして痒みが伴いますが、だんだんと痛みに変わって行きます。では蕁麻疹と毛虫による虫刺されとの違いはなんでしょうか?それは症状の広がり方です。 蕁麻疹が出た場合は、体全体に症状が広がって行きます。しかし毛虫よる虫刺されの場合、湿疹が出る範囲は、毛虫に刺された場所のみです。

毛虫に刺された時に行う対処法

毛虫による虫刺されの被害にあった時、絶対にやってはいけないことはかきむしることです。痒いのでついつい描きたくなってしまいます。しかし、毛虫の毒針が体内に残っていることがあるのです。体内に残っていた場合、かきむしることによって毒針がどんどんと体の中に入っていく危険があります。 まずは冷静になり、毛虫の毒針が体内に刺さったままになっていないか確認しましょう。そして、見えるものはピンセットで抜きましょう。ガムテープで針を取る方法もお勧めです。その後、患部を流水で洗い流し、氷などで冷やします。 このとき忘れがちになるのが、服です。服の上から毛虫に刺されている場合、服にも毛虫の針が残っている可能性があります。奥に入り込んだ針は取れないことも多く、その服を着るたびに症状が出るという人もいます。残念ですが、服を処分することをお勧めします。

効果的な薬って?

毛虫に刺された時に効果的な塗り薬の種類は、ステロイド系のものか、ヒスタミンのものです。市販のものなら「ムヒアロンアルフEX」がお勧めです。この種類の薬を使う時、説明書をよく読んで使用しましょう。症状がひどい場合や発熱などの症状が出た場合は早めに病院に受診しましょう。

山でのキャンプで注意するべき虫刺されの種類と症状

ブヨ

ブヨの正式名称は、ブユです。ブヨは関東地方の言い方ですが、ブヨという名前も浸透しているようです。名前は違いますが同じ種類の虫です。 コバエとよく似た形をしているので、コバエと間違えてしまう人も多いという点、そして、ブヨに刺された時になんの痛みも感じないことという点から、ブヨによる虫刺されの被害にあった直後は、刺されたことにも気づかないということが特徴です。

ブヨに刺された時の症状って?

ブヨによる虫刺されの被害にあった時、症状が出るのは数時間後です。まず猛烈な痒みに襲われます。ブヨに噛まれた後は小さな血液点が残っています。症状がで始めた頃は小さな晴れだったのが、2〜3倍の大きな晴れに広がっていくというのも、ブヨに刺された時に出る特徴の1つです。 この赤い腫れは10日ほど続きます。ひどい症状になると、晴れの部分が水ぶくれになり、体液が出てくる場合や、頭痛、発熱などの症状が出てきます。そのような状態になった場合、病院に行って適切な処置をしてもらうことをお勧めします。

ブヨに刺された時の対処法

ブヨによる虫刺されの被害にあった場合、症状が出るのは数時間後です。まず猛烈な痒みに襲われます。ブヨに噛まれた後は小さな血液点が残っています。虫刺されの症状がで始めた頃は小さな晴れだったのに2〜3倍の大きな晴れに広がっていくというのも、ブヨによる虫刺されの症状の特徴の1つです。 この赤い腫れは10日ほど続きます。ひどい症状になると、晴れの部分が水ぶくれになり、体液が出てくる場合や、頭痛、発熱などの症状が出てきます。そのような状態になった場合、病院に行って適切な処置をしてもらうことをお勧めします。 ブヨに刺された場合とにかく早く、ブヨの酵素毒を抜きましょう。爪で部位を挟んで酵素毒を絞り出します。 最近はドラックストアでブヨの酵素毒を絞り出すための便利な道具が売られています。「ポイズンリムーバー」という種類の道具です。「ポインズンリムーバー」を使うと、素人でも安全にそして清潔に、毒を絞り出すことができます。値段もそれほど高くなくリーズナブルなので、利用しやすいのが嬉しいポイントです。 さて、無事、ブヨの酵素毒を絞り出したなら、今度は傷口を温めましょう。ブヨに刺された後、傷口を温めると痒みが減ります。反対に、傷口を冷やすと、痒みが一気に倍増します。そうでなくても猛烈な痒みを伴うブヨの虫刺されです。間違って冷やしてしまい、大変なことにならないように、くれぐれも注意しましょう。 ブヨの酵素毒は蚊よる虫刺されの時のものとは種類が違います。ムカデや蜂に刺された時の酵素毒の種類と似ています。それでブヨに刺された時、蚊に刺された時に効果的な塗り薬を使用しても効果がありません。 ブヨの虫刺されに効果的なのが「ステロイド系」の種類塗り薬です。市販のものを使う場合は「ムヒアルファEX」を使うことができます。 ブヨの特徴として集団で襲ってくることです。気がついたら数カ所を刺されていたということもあります。もし30カ所以上もの虫刺されの被害にあっていた場合、ブヨの酵素毒が体内に影響し命に関わることもあります、そのためあまりにも多くの箇所を刺されていた場合、すぐに病院に行きましょう。

ブヨに刺されないための対処法

ブヨは街中にはほとんどいません。山や川、森など自然の多い場所に生息するタイプの虫です。つまりキャンプやバーベキューなどのアクティビティを行なっている時に虫刺されの被害に遭う可能性が高いということです。 いざという時にブヨに向けて噴射することができるように虫除けスプレーや蚊取り線香を持参していくことをお勧めします(蚊取り線香は、パワー森林香というアウトドア向けの強力な種類のものを持って行きましょう) また、ブヨはハッカの香りが嫌いです。それでハッカ水を体につけておくことによって、虫刺されの可能性が低くなります。 服の上からでも刺されてしまう可能性があるブヨ。ブヨが嫌がる香りを漂わせるなどの方法によって、ブヨを近づけないのがいちばんの対処法になりそうです。

ハッカオイルの作り方

ハッカオイルなどどの種類の材料もドラックストアで簡単に購入することができます。作り方も簡単なので手作りのハッカオイルを持参しておくとブヨよけに効果があります。自然のものから作られていますし、香りもいいのでお勧めです。 材料 ハッカオイル(20適ほど) 無水エタノール(10ml) 精製水(90ml) これを全部清潔な容器にいれて、混ぜるだけです。1週間ほど保存することができます。素肌につけても問題ない種類のオイルなので、アウトドアの時に持っていくと便利ですね。

虫刺されの薬の種類の選び方

ドラックストアなどで市販されている薬の種類は大量です。では一体どの種類の薬を選んだらいいのでしょうか?市販で買うことができるオススメの薬の種類はあるのでしょうか?ここでは虫刺されの薬の種類の選び方についてご紹介します。

市販の薬の種類はステロイド系がオススメ?

市販で売られている薬の中で虫刺されに効果的だと言われている種類の薬はステロイド系のものです。ステロイド系の薬の中でも、炎症を抑えるのに効果的なステロイド系の薬の種類と、痒みを抑えるのに効果的な薬の種類の2種類に分かれます。

虫刺されの炎症を抑えるのに効果的なステロイド系の薬の種類

虫刺されによる炎症が悪化した時に効果的な種類が、炎症を抑える効果のあるステロイド系の種類の薬です。このタイプの薬の中に抗生物質が配合されています。市販の薬として有名なのが「ベトネベートN軟膏」そして「フルコートF軟膏」です。 これは病院で処方される塗り薬に近い成分のステロイドが入っているとされています。また抗生物質が配合されていることによって抗炎症作用、殺菌作用もあります。ただこの種類の薬は本当に強い作用があるので心配な方は利用しないことをお勧めします。

痒みを抑えるのに効果的なステロイド系の薬の種類

痒みを抑えるのに効果的な薬の種類は、今までに何度か登場した、「ムヒアルファEX」です。蚊やダニ、ブヨなど色々な種類の虫刺されの症状に効果的な点が人気の理由です。 家の中でも活躍する場は多くありますし、キャンプやバーベキューなどのアウトドアの活動をする時には、虫刺されの対策として常備しておきたい塗り薬の種類です。

ステロイド系の薬を使う時の注意点

虫刺されに効果的なステロイド系の薬ですが、ステロイド系の薬は副作用が出やすい種類の薬でもあります。飲み薬でのステロイド系の薬は飲むことができないという人もいますが、塗り薬でも同じことです。副作用が出やすい薬の種類なので十分に気をつけながら使用方法を守りましょう。

ステロイド系の薬で出やすい副作用

では副作用が起こった時にどのような症状が出るのでしょうか?皮膚が赤くなる、皮膚が薄くなる、毛が薄くなるなどの症状が出ます。また効果が薄くなったように感じることもあります。このような症状が少しでも出た場合、使用をやめて、病院に受診したほうがいいようです。

市販の薬を使う時に

市販の薬を使う時には、どの虫に刺されたのかはっきりと理解しておく必要があります。薬の説明書には、虫刺されの種類がはっきりと表示されていますので、説明書をしっかりと読みましょう。不安な場合、病院に行って薬を処方してもらうという方法を取るほうがいいかもしれません。

子供の虫刺されの症状からわかる種類の見分け方って?

外で元気に遊んできた子供たち、キャンプやバーベキューで思いっきり楽しんでいた子供たちが気がついたら、虫に刺されていた!という経験がある方も多いのではないでしょうか? そんな時はどの虫に刺されてしまったのか分からないので対応に困ります。ここでは子供の虫刺されの症状からわかる、虫刺されの種類の見分け方をご紹介します。

ダニの症状

布団を干したり、絨毯を綺麗に掃除したりとどれだけ清潔に気をつけていても、被害に遭いやすいのがダニです。ダニの種類は20000種類以上あると言われています。それほど多くの種類のダニがいるだけでも驚きです。 家にいるダニの中で最も被害に遭いやすいダニの種類はチリダニだと言われています。アレルギーの原因になりやすいチリダニですが、人を刺すことはありません。家にいるダニの中で人の血を吸うダニの種類は、イエダニかツメダニです。 特に子供は皮膚が柔らかく、刺されやすく、大きく腫れやすいのが特徴です。服を着ていても露出していない柔らかい部分(お腹や脇腹など)をさすのが特徴です。 蚊による刺された時の虫刺されの症状と違うのは、腫れが長く続くこと、一箇所だけでなく数カ所刺されていることです。刺されたあとすぐに症状が出るわけでなく数時間かかります。そして0.5〜1センチの大きさで腫れます。

ダニに刺された場合

子供に市販で売られている大人向けのステロイド系塗り薬などの種類の薬をを使用するのは危険すぎます。 また初めてダニに刺された場合、「絶対にダニだ」と特定することも難しいので、病院に行ってみてもらうのが一番安全な対応方法です。病院で処方してくれる薬を使用しましょう。 ダニに刺され慣れてきて「絶対にダニだ」と特定できるようになったとしても「ムヒ・ベービー」など、子供用の種類のものを使いましょう。

ノミ

ノミは虫刺されの中でも、にはダニや蚊と間違えやすいのが問題です。服の上からでも刺されることが多いダニに比べ、ノミは皮膚が露出しているところのみ刺されることが大きな違いです。 ダニと同様にノミも残念ながら体温が高く、皮膚が柔らかい子供が刺されることが多いのです。ノミはジャンプをしながら血を吸う傾向があるので、ダニと同様数カ所刺されることが多いのですが、同じ場所にまとまっているわけでなく違う場所をあちこち刺されているといった具合の刺され方をします。 ノミに刺された場合、猛烈な痒みがありますがすぐに痒みが出ないのが特徴です。数時間立って痒みが出始めます。痒みが続く期間は長く最低でも1週間続きます。ひどい人はなんと一ヶ月以上続くこともあります。寝ている間に刺されたのでない限り、足(特に膝から下)を刺されることが多いようです。

ノミに刺されたら?

まず、虫刺されの場所を冷やして痒みを少しでも軽減することを心がけましょう。虫刺されの箇所を水で綺麗に洗いそれから氷で冷やします。 市販の薬「ムヒアルファEX」で痒みを軽減させることもできますが子供に大人の薬(しかもステロイド系の薬)を使うのは危険も伴います。一番効果的なのは病院に行くことです。子供にあった種類の薬を処方してもらいましょう。

秋の虫刺されの種類

夏のピークも終わり秋が近づいてきました!でも、「やったー!これで虫刺されの恐怖ともお別れだ!」と喜ぶにはまだ早いのです。 「虫のこえ」という動揺もあるように秋は虫が活発になる時期でもあります。秋の夜に鳴く虫の声は涼しく爽やかになりますよね。しかし、実は秋にも虫刺されの危険があるのです。

例えば蚊。夏に元気よく活動するイメージが強い蚊なのですが、実は気温が高くなりすぎると蚊は活動しなくなります。 夏の中でも涼しい朝方や夕方に蚊が多くなるのはそのためです。実は秋になると蚊はより活発に活動を始めます。特に温暖化が進み秋にも気温が高くなっている現代は蚊にとって過ごしやすい気候になっていると言えます。秋になっても蚊の対策を怠らないようにしましょう。

ブヨ

ブヨはハチと同様に刺された場合アナフィラキシーショックを起こす可能性があります。ブヨによる虫刺されにもくれぐれも注意し、刺された場合すぐに病院に受診しましょう。

ムカデ

ムカデは、夏に生息しているイメージが多い種類の虫です。実際8月の活動が活発になります。しかし、実際は秋にも活動していることが多いようです。うっかりしていると靴の中に潜んでいるかもしれません。秋になってもムカデの注意を怠らないようにしましょう。そして虫刺されの被害にあった場合、すぐに病院に行きましょう。

春から秋にかけて虫刺されに注意!

例えばクマなどの動物が冬の冬眠を終えて春から秋までの間元気に動き回るように、虫たちも春から秋にかけて活動を開始します。 気温が温かくなると、バーベキューやキャンプなど大自然と触れ合うアクティビティーが増えますが、それは虫の生活の場にお邪魔するということでもあります。その分虫刺されの危険は大きくなります。私たちが、自然界に生活している虫たちの場に行くのですから、虫刺されの被害は仕方のないことといえばそうなってしまうのかもしれません。 しかし、できるだけ虫刺されの被害に遭わないように、しっかりと虫刺され対策をして出かけて行きましょう。また万が一、虫刺されの被害にあった場合、冷やすのか、温めるのかなど正しい対象法を心がけましょう。

アクセスランキング