IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「旅行業界」の志望動機の書き方と例文紹介|ポイントやコツなど

就活

旅行と言えば華やかなイメージがあり、旅行を企画する旅行業界も就活生に人気の就職先の一つ。こちらの記事では、そんな旅行業界への就職活動に役立つ志望動機の書き方や志望動機例をご紹介します。志望動機の書き方に迷った時に、ぜひ参考にしてください。

更新日時:

旅行業界とは?

誰しも一度はしたことがある旅行。旅行と言っても、国内旅行や海外旅行、個人旅行や団体旅行など、行先や形式はバラバラですし、個人で計画を立てるのも楽しい反面、何かと手続きが必要なものです。 そんな時に役立つのが旅行を企画してくれる旅行会社です。そのような旅行会社をはじめとした旅行業界は華やかなイメージで、就活生に人気のある応募先の一つになっています。 そもそも旅行業界とは、ホテルや旅館、ペンションといった宿泊施設、電車やバス、飛行機などの交通機関とお客様との間に入り、各種契約や諸手続きをしたり、ツアーを企画したり、時には添乗員としてツアーに同行したりといった旅行関連の事業を通して収益を得る業界のことを指します。 旅行業界は華やかで、楽しいイメージがありますが、世間一般が休みとなる時期が繁忙期であったり、突然のキャンセルやトラブルが発生したりと、その時々に合わせたスピード感のある対応が求められます。また、変化の激しい業界でもあるので、臨機応変に業務をこなすことが必要です。

旅行業界の職種

旅行業界を志望するにあたり、業界研究は志望動機を書くとしてもとても大切です。旅行業界には想像以上に多くの職種があり、それぞれの役割や業務内容も大きく異なります。こちらでは、そんな旅行業界の職種について紹介していきます。

カウンターセールス

旅行会社の店舗のカウンターでお客様の要望を聞き、ツアーやプランを紹介して提案すること、およびツアーなどに付随する予約や発券作業、パスポートの確認や保険の契約の手続きを担当します。 旅行業界の職種の中でも、個人のお客様に接することが最も多い職種です。お客様の要望を聞き出し、的確なプランやコースを提案する力が求められる仕事となります。

アウトセールス

店舗で主に個人旅行者向けに営業活動をするカウンターセールスとは異なり、会社や学校などの団体にツアー企画を提案する仕事を担当します。 団体旅行は一件であっても何十人ものお客様が旅行するため大きなツアーとなりますし、例えば修学旅行のような団体旅行は、一度受注すれば毎年そのツアーを使ってもらえる可能性が高くなるため、旅行業界の中でもやりがいを感じる仕事です。

メディアセールス

実際に人と対面してツアーを提案していく前者2つのセールスとは異なり、雑誌やウェブサイトの広告やテレビCMでツアーを宣伝して販売する仕事です。どこにどのような旅行をPRするかを、過去の実績などを元に考えて当てはめていきます。

ツアープランナー

パッケージツアーや個別の団体ツアーの企画や提案を行う仕事です。そのための現地視察や宿泊先、交通機関の選定、日程調整を行います。世の中の流行りに合わせた企画力や、旅行者のニーズにマッチするツアーを作る力が大切になります。

ツアーオペレーター

ツアーに不可欠の宿泊先や交通機関、レストランや各種観光施設などと交渉し、部屋や座席、施設の利用時間を確保する仕事を担当します。良い施設をより安く仕入れることができれば、より良いツアーづくりに貢献することができる、やりがいのある仕事です。

チケッティング

旅行やツアーに必要な宿泊先や交通機関、観光施設などのチケットの手配、発券業務を行います。旅程やコースによって金額が変わってくるため、豊富な知識と最新情報をキャッチするアンテナが大切になります。

ツアーコンダクター

お客様の旅行に同行し、道中や観光施設の案内をします。全国各地へ旅行できることはもちろんですが、何より、旅行業界の中で唯一、旅行中のお客様の反応を一番近くで見ることのできる仕事です。

旅行業界の志望動機のポイント

いざ志望動機を書こうと思うと、なかなかペンが進まなかったり、内容がありきたりになってしまったりします。旅行業界の志望動機を書くにあたって、まず大切なポイントをご紹介します。志望動機を書こうと思った時、ぜひ参考になさってみてください。

ポイント①人を喜ばせたい

旅行業界はお客様の旅行を企画する仕事。その旅行がお客様にとってかけがいのないものとなるように、最大限の努力をして結果を出すことが求められます。 職種の性質上、直接お客様の喜ぶ姿を見ることができないケースがほとんどですが、それでもお客様の立場に立って、要望に寄り添った企画や提案をするためには、人を喜ばせたいという気持ちが根本にあってこそです。志望動機でも、お客様の役に立ちたいという点は書きたいところです。

ポイント②自分の旅行の経験

誰しも一度は旅行をしたことがあると思いますが、自分の中で旅行がもたらしてくれるもの、旅行によって得られた経験や価値観から、なぜ旅行業界を志望しようと考えたのか書くこともできます。 ・「海外旅行をきっかけに留学をした」 ・「旅行をしたことで現地の文化に触れて○○を専攻することにした」 ・「旅行で新しい土地を訪れることによるメリット」 など、自分のこれまでの旅行経験を通して得た考えを書きましょう。この時、経験や自分の考えをできるだけ具体的に、要点を絞ることが大切です。今までの経験を洗いだし、最も伝えたいことを選別していくことで、オリジナルの志望動機を作ることができます。

ポイント③なぜその会社なのか

旅行業界の中の数ある会社の中で、どうしてその会社を選んだのか、旅行業界への志望動機はもちろんですが、応募する会社をどうして選んだのかも志望動機に書きましょう。 会社の企業研究はもちろんですが、自分のどのような点とその会社がマッチするのかも合わせて書くことができるとより良いです。その会社のどのような点に魅力を感じ、自分をどのように活かしていきたいのか、志望動機を通じて採用側にアピールしていきましょう。

旅行業界の志望動機の書き方

続いて、旅行業界の志望動機の書き方についてご紹介します。これは他の業界への志望動機にも通じる点ではありますが、採用担当者の目に留まるためには、自分の経験や考えについて「要点を押さえて」「具体的に」書くことが大切になってきます。 自分の考えや、その考えの根拠になっている出来事を書き出し、その中でも一番自分が伝えたいと強く思うエピソードを選んで、初めて読む人でもわかりやすく、具体的に書きましょう。 自分の考えをまとめていく作業を何回も繰り返していくことで、旅行業界で仕事をしたい、旅行業界の中でも貴社で仕事をしたいという強い熱意が感じられるような、納得できる志望動機を書くことができます。 自分一人では考えや経験がまとめられないという場合は、友人や親などの第三者に読んでもらうことも、良い志望動機を書く上で役に立ちます。質問を受けたり答えたりすることで、より志望動機に書きたい内容を深掘りすることができ、面接への対応力もつけることができて一石二鳥です。 志望動機が複数ある場合は、その中の一つを選定して書くと良いです。他のエピソードについては、面接時に余裕があれば話すようにします。 ただし、話が脱線して伝えたいことの主旨がズレないように、志望動機を書く段階で伝えたいことの主軸を決めておくことが重要です。繰り返しとなりますが、志望動機にはメインとなるエピソードを深掘りして、具体的に書きましょう。

旅行業界への志望動機の例文

次に、志望動機の例文をご紹介します。実際に志望動機を書こうとして迷った時の参考になさってみてください。

就職活動での志望動機例文

私の家族は旅行好きで、幼いころから国内外に数多く旅行をした経験があります。大学生になってからは旅行のためにアルバイトでお金を貯めて、時には一人でパック旅行にも参加しました。 パック旅行に参加する中で、参加している方々の年齢層は幅広く、それぞれのニーズも異なり、全員が納得できるツアーを作ることへの大変さを感じると共に、お客様が満足できる旅行づくりに私自身が携わりたいと強く考えるようになりました。 貴社ではベースとなるツアーに様々なオプションを付けることができるようになっており、お客様自身も旅行づくりに参加してカスタマイズできるサービスを提供されています。 多種多様化するお客様のニーズに応えられる貴社のパックづくりに大変魅力を感じ、応募いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

転職活動での志望動機例文

旅行が趣味で、国内外合わせて年に5回ほど旅行をしています。旅行をするたび、同じ日本の中でもその土地、その土地の文化や風習があって歴史があり、それらを知ることで自分の世界が広がって新たな視点が生まれることを経験しました。 特に、同じ日本国内でもその土地の気候に合わせた建物づくり、食文化があって、それらは目を見張るものがあります。そのような旅行の経験を重ねる中で、次は自分がお客様に旅行を企画し、提案する側にまわって、日本の魅力を伝えたいと強く思うようになりました。 貴社は国内ツアーに力を入れられており、貴社にしかない国内ツアーも数多くございます。日本の良さをあらためて発信できる貴社に大変魅力を感じ、このたび応募いたしました。 これまでのイベント企画の業務経験を活かし、お客様目線でお客様のニーズを捉えることはもちろん、新たな発見ができる旅行づくりに貢献したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

インターンでの志望動機例文

私は高校時代に学生20~30人の屋久島の学習旅行を企画し、旅行会社の方と打ち合わせをしながら、立ち寄りたいスポットや日程を元に、飛行機の時間や宿泊先の選定、現地でのバス利用などを決めた経験があります。 その時、旅程を決めるということは、旅行者のニーズを満たしつつも負荷を少なくし、限られた時間や旅費の中でやりくりすることが求められることを実感しました。 その経験がきっかけで旅行業に興味を持ち、大学で観光学を学んでいます。学生の頃に実際の旅行業界での仕事を体感することで、自分に必要な能力や知識を意識して今後の学びに活かし、旅行業界で働く力を培いたいと考えています。 貴社で働くOBの方から仕事の大変さとやりがいを伺って、貴社に大変興味を持ち、短期間でも働いて旅行づくりに貢献したいと強く思い、インターンシップに応募いたしました。どうぞよろしくお願いいたします。

自分らしい志望動機で旅行業界にチャレンジしよう

旅行業界とは何か、どのような職種があるのかをはじめ、旅行業界を目指すときの志望動機についてご紹介して参りましたが、いかがでしたでしょうか。就職活動や転職活動、インターン、いずれのケースであっても、採用担当者の目に留まるような、自分らしい志望動機が大切になってきます。これまでの経験や自分の考えを存分に盛り込んだ志望動機で、旅行業界で働くことを目指しましょう。

関連タグ

アクセスランキング