IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車の懸賞をしているサイト・当たった後の流れ・本当に当たる?

更新日:2020年08月28日

車&バイク

車を買うときにはいろいろ迷うものです。購入を考えて懸賞サイトなどを当たると思わぬ買い方ができるかも知れません。車を入手したいときには、購入以外の方法での取得の仕方があるものです。どのようにして車と出会えるか考えてみたいです。

車の懸賞とは

車の懸賞とは、中でも取り分けの高いジャンルの一つが車ということです。車種にもよりますが、一台100万円以上する代物があります。当たった人は、超幸運の持ち主と呼べるでしょう。 しかし、その賞品の魅力も相まって応募数2~3万はくだらないです。なので、当たる確率も物凄く低いと考えられます。高額賞品ですから当選数も1名と狭き門です。多くても一桁という超難関倍率になります。懸賞マニアの方でも、さすがに車を当てたことはないという方が殆どです。

車の懸賞をよくしているサイトの紹介

車の懸賞プレゼントや情報懸賞生活、懸賞天国がよく車の懸賞をしているサイトになります。その他にも、期間限定で、車の懸賞をしているサイトは多くあります。懸賞で大事なのは何よりも情報を得ることです。検索サイトで調べるのもいいですし、車ほどの豪華賞品になれば大抵の懸賞サイトに情報が掲載されているので、そちらをチェックするといいでしょう。 また、なのは車メーカーのメールマガジン登録することです。車メーカーだけでなく、ありとあらゆるメーカーのメールマガジンに登録することをします。メールマガジンには思わぬ懸賞情報が隠れているので、懸賞サイトでも紹介されない隠れ懸賞情報をいち早くゲットすることができます。 しかし、大量にメールが送られてくるので、専用のファルダを作っておくことをします。また、専用フリーメールアドレスも作っておくと、大切なメールと一緒にならなくて済むのでです。

車の懸賞が当たった後の流れとしておくべきこと

車の懸賞が当たった後の流れとしておくべきことは、主催の会社から当選の連絡が送られて来て、その際に今後の流れが説明されるという流れになります。また、応募画面での当選後の流れは大体書いてあります。注意事項をよく確認しておきましょう。 そして、車の納車は当選者の近くの車メーカーの店舗に直接行って納車されるのが一般的になります。そんな日がいつか来ると良いですが、中々来ないのが現状でしょう。

諸費用について

諸費用については、懸賞で当選した車はその人の所得として所得税がかかります。当選したのに、なぜ税金を払わないとならないといけないのでしょう。懸賞で得た賞金や賞品は一時所得という扱いになります。そして、50万円の特別控除を引いた額が課税の対象になります。ちなみに、50万円以下の場合は確定申告の必要はないです。 一時所得とは一時的な収入で労働の対価でなく、資産の譲渡でもないものを指します。ギャンブルの払戻金や満期保険金や入院などでおりた一時金、会社からの贈与で受ける金品や立退料、違約金など、非課税扱いとなります。

自己負担について

自己負担については、自動車取得税が取得価格が50万円を超えたときにのみ取得価格の3%で、自動車重量税が新車の取得時に3年分をまとめて納付する自賠責保険、対人保険に支払う費用になります。 1台ごとに加入が義務付けられている車庫証明手数料や車の保管場所の証明を申請するために、警察署に支払う費用検査登録料、ディーラーに、ナンバーの取得をしてもらったり、検査登録をしてもらったりするための費用なども負担することになります。 リサイクル料金や廃車にする際のシュレッダーダストにかかる費用これらの費用は、たとえ懸賞で当たった車でも当選者が支払う義務があります。車種によって違いますが、約20万円~30万円、軽自動車の場合は、費用は少し安くなり10万円くらいの諸経費がかかることになります。

車の懸賞への応募方法

車の懸賞への応募の方法はいくつかあります。1つは、車のメーカーのサイトにアクセスするとキャンペーンを行っている事があります。そちらの懸賞の応募画面に個人情報を載せるだけで応募ができるので楽です。また、その際に注意事項はよく読んでから応募することを心がけましょう。 2つめは、はがきやメールでの応募です。懸賞サイトの応募事項を記入して送るだけの簡単な作業です。そして、その際にも、注意事項等をよく読んでから送くることが大切になります。 インターネット懸賞が主流になった今、ハガキで応募させる懸賞にはどういう意味があるのかと考えると理解できるでしょうが、はがきの応募はインターネット懸賞ではなく、ハガキ懸賞を選んだ主催者としては応募者の生の声が聞きたい、応募者の実態を知りたくて手間のかかるはがき懸賞を選びます。

当選確率・本当に当たるのか?

当選確率や本当に当たるのかということですが、雑誌のプレゼントやメーカーのクイズ懸賞は、機械やパソコンで自動的に当選者を選んでいるのではと思われがちですが、大規模懸賞でない限り、大抵は人の手で当選者を決めています。なので、アンケート回答の内容や、ハガキの書き方などが当選確率に関わってくる場合もあります。 しかし、厳正なる抽選の結果などと明記している場合は別です。では、ハガキの内容にかかわらず、どんなハガキだと当てたくなるのでしょう。まず、ダメなハガキとして、読めないほど汚い字はアウトになります。厳正なる抽選の場合でも同じです。判読できなければ名前や住所を間違って発送してしまう恐れがあるのではじいてしまいます。 また、住所や年齢など、必須記入事項がヌケていればだいたいアウトになります。ただ、せっかく選んだのでこの人に当てたいと電話番号が分かれば当選者に連絡して、住所を聞くことも可能になります。実際にこうして当たった経験がある方は多くいます。

当たる確率が上がるポイント

当たる確率が上がるポイントは、懸賞には、ただ応募する以外にもアンケートのように意見を書いて応募する懸賞があります。主にアンケート付の懸賞とテーマを主催側が出して、それに答えてもらうコンテスト懸賞に分かれますが、主催者側で懸賞をする際にアンケートを行っていることが多いです。 アンケートで求められる感想を記入する欄がある場合は、チャンスだと思った方が良いでしょう。数を応募する懸賞と異なり、アンケートの感想欄を丁寧に書くことにより他と差を付けることができます。主催者側では、これは今後の参考になると思った意見や感想を記入すると、当たる確率が上がるでしょう。

次のページ:コンテスト形式
初回公開日:2017年10月02日

記載されている内容は2017年10月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング