IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車のステッカーの貼り方・作り方・ステッカー

更新日:2020年08月28日

車&バイク

自分の愛車にステッカーを貼りたいと思うことはありませんか?愛車にステッカーを貼るだけで、自分だけの車に仕上がります。ステッカーの貼り方や、おしゃれ・かっこいい・かわいいステッカーのご紹介、手軽に購入できる通販サイトなどについてご紹介しています。

車にはどのようにステッカーを貼るの?

自慢の愛車には、色々と手を加えたくなってしまうものですが、その中でも簡単にイメージチェンジできる方法があります。費用がかかる壮大なカスタムも良いですが、費用を抑えたプチカスタムとして「スッテカー装飾」があります。さまざまなデザインのステッカーがありますので、どういったものを愛車に貼ろうかと悩むことも楽しい時間です。 一度貼ってしまうと剥がすのが難しそうなので、どうせ貼るなら気に入ったステッカーを貼りたくなります。それには、バランス・デザイン・カラーリングといった選び方があります。愛車へ最適なステッカーを貼り、プチカスタムができるようにご紹介して参ります。 これから車の購入を検討していたり、永年乗って来た車のイメージチェンジをしたい場合には参考となりますので、最後までご覧ください。スッテカー1枚であなたの愛車の印象がガラッと変わります。

バランスが大事なの?

愛車へステッカーを貼る場合、大切なことはバランスです。たとえば、アメ車のように大きな車体であれば、大きいサイズのステッカーを貼ることでバランスがとれます。軽自動車には似つかない、大き過ぎるステッカーではアンバランスです。各車両の大きさや製造された国に合ったステッカーがとてもバランスよく映えます。 どういった車種にステッカーを貼るのかは、センスの有無を感じさせる重要なポイントです。「国産車に英字」や「外車に日本語」のステッカーなど、使い方次第ではアンバランスな感じがとても魅力的な場合もあります。 基本的には、車のサイズや産地に合ったものを貼っていれば違和感なくバランスがとれます。上級者になれば「アンバランスを意識」したステッカーで楽しむことも面白いです。また、貼る際の注意点として、油分や汚れを取ってから貼ることをいたします。

デザインが大事なの?

ステッカーのデザインは無数にあります。日本製以外でもさまざまありますが、車種にマッチしているステッカーは格別な魅力がありますので、各ディーラーやメーカーから販売されている製品はとてもマッチします。車のエンブレムと同じデザインのものもあり、そうした製品を車両の箇所へ貼ることもカスタムの1つです。 車の場合、ステッカーが貼りやすい箇所は外面のほとんどです。 ・金属 ・ガラス ・FRP こうしたパーツが中心ですので、ステッカーが貼りやすいです。国産車と外国車では、それぞれ車のデザインが異なり、ステッカーも各車両メーカーが製造していますので、同じデザインのものを各所に貼って楽しむことも有意義です。サイズ感を統一したり、あえてバラバラのサイズをランダムに貼るのもワイルドでかっこいいす。

カラーリングが大事なの?

他に重要なことはカラーリングです。色もバランスによって魅力が異なり、これが合っていないとどうしても違和感が出てしまいます。たとえば、赤い車に茶色のステッカーでは同化してしまい、メリハリが出せません。赤には白やオレンジ、黄色といったカラーリングがです。 一番無難なカラーリングであれば白と黒です。こちらのカラーは、どういった車でもマッチしますので、もし迷った際にはです。カラーリングのバランスというのは、簡単なようで難しいため、貼る前に両面テープなどを小さく千切って仮付けしてから「全体バランスを検討」してみることが最善です。 一度貼ってしまい、再度位置を修正しようと無理やり剥がすと破れてしまったり、粘着力がなくなり、再度貼ることはできなくなってしまいます。ですので、まずはどういったカラーが良いのかをイメージしておくことが大切です。

どうやって作るの?

市販されているもので、気に入った製品が無いこともあります。こうした時はDIYで作るという方法があります。お気に入りの市販のステッカーも量販されていますので、入手することは簡単ですが、自分だけのデザインでオリジナルの制作をしてみることで、マイカーをさらに引き立てることができます。 デザインすることが得意な方は、市販の製品よりも自分好みのオリジナルを制作したい衝動に駆られることもあるでしょう。 <オリジナルステッカーの作り方とは> ・デザインを制作する ・各道具を揃える 基本的には、以上の工程で制作できます。やはりオリジナルを制作しますので、他にないデザインを考えましょう。デザインが決まれば、実際に制作しますので道具を用意します。ホームセンターや文具店へ行けば各種道具が購入できますが、どういった道具が必要となるのかご紹介して参ります。

どんな道具が必要なの?

オリジナルステッカーを作るために必要な道具は、 ・シール板 ・カッター ・定規 ・コンパス 主に以上の道具が必要です。この時、無地のシールを購入しておくと制作しやすいです。事前にデザインを考えておくことで、使う色のシールを購入して、下絵を作ります。下絵をシールに書き込んだら、次はコンパスや定規を使い、カッターで切ることでデザインしたとおりのステッカーができ上がります。 複数の色を使ったデザインであれば、その色の数だけシールを用意しておきましょう。カットした後は重ねて貼っていくことで、デザインと同じものができ上ります。DIYで作るには、こうした内容で簡単にオリジナルステッカーが完成します。市販のものよりもオリジナルにこだわる方へは方法です。

自作で作るコツとは?

自分で作るには先のような用意があればできますが、はじめて制作する場合、やはり不安があることでしょう。オリジナルを作る場合、一番大切なことはデザイン力です。これがしっかりとでき上れば、あとはそれを工作していくのみです。デザインが思い浮かばない場合、デザインを集めた資料集が販売されていますので、そうした書籍から学ぶことも楽しい時間となります。 デザインが決まれば、あとはカラーリングです。車とバランスのとれたカラーリングを考えましょう。色数を多くすると完成させるのが大変になりますので、シンプルなデザインにしておくこともコツです。 2~3色を使ってデザインすれば、とても落ち着いたステッカーとなります。気に入ったデザインができた場合、同じものを複数制作することはとても簡単です。1枚の形を同じようにカットしておけば、いくらでもお気に入りのデザインを作ることができます。

曲線の描き方が重要なの?

デザインする中で、曲線を描く場合は手で書くことが難しいです。そのため、コンパスを用意しておくことで色々な曲線が描けます。手書きでのデザインとマッチするような曲線を作ることも、とてもセンスの良いデザインに仕上がります。 または、円形を描ける定規もありますので、コンパスと併せて使用することがです。これにより、描けない曲線はなくなりますので、無数のデザインを制作することが可能となります。 さまざまな図形を取り入れることで、デザインの幅が広がり、とても素敵なオリジナル作品ができます。市販されているものでは満足できない場合、DIYでオリジナルを作ってみるのも楽しいひと時となるでしょう。

初回公開日:2018年02月13日

記載されている内容は2018年02月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング