IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車のローンの審査の流れ・金利・何年で組むべきか・デメリット

車&バイク

車を一括で購入することが難しくなってきた昨今ではローンを組む方が多いです。しかし、そのローンの組み方で損になるか得になるかを知ってほしいと思い記事を書きました。物の売買でローンを使うのはいいですが、人生にローンはありません毎日一括で勝負していきましょう。

更新日時:

車のローンの審査の手続きと流れ

車のローンの審査の手続きと流れ

車の購入費用を一括で払える場合は特に問題ありませんが、多くの方は車を購入する場合、ローンを組んで払う方が多いでしょう。ローンを組むためには審査が必要です。この審査を通過できなければローンを組むことができません。 ローンを組むときに車屋の言われるがままになっていませんか。消費者にとってローンを組んで購入する経験は少ないです。そのためローンに関する知識が少なく、高い金利でローンを組んでいる場合もあったりします。ここではローンに関する疑問や得する情報をお届けしていきます。

ディーラーローンには注意

車を売っているお店はたくさんあります。町の車屋から大手民間販売店、ディーラーなどいろんな場所で車を扱っています。ディーラーで購入する場合は車にあまり知識がない方や新車、オプションをつけたいというお客さんには便利なお店です。しかし、ディーラーでローンを組む場合は金利が高かったりします。 また、金額が大きい場合どこにどんな費用がかかっているか分かりにくくなってくることでしょう。ローンにかかってくる金利も思っていたより高くなって総額が膨らんでいたりする場合もあるので契約する前に契約書をしっかり確認することが大切です。 ディーラーローンは高くなりますが、その分審査が通りやすいなど面倒な手続きもなく早く契約できることが特徴です。

車屋によって変わる

ローンにかかってくる金利は車を購入するお店によって変わってきます。これは車を販売しているお店とローン会社がそれぞれ違うからです。このことにより自動車販売店Aより自動車販売店Bの方が金利が安くなったりします。つまり購入者→販売店→ローン会社という流れになっており、金利が高くなる場合ローン会社の利益+販売店のマージン発生分が加わってくるからです。 金利が高い分自動車販売店の利益にもつながってくるため、その分サービスが充実していたりもするかもしれませんが、総合的に損していることもあるので注意しましょう。

とりあえずのローン審査には注意

ディーラーや販売店に関係なく車の購入を迷っていると、「とりあえずローン審査通してみませんか」となる場合があります。めぼしい車を選択してローン審査を進めてくること時にはすでに相手に上手く丸め込まれていることが多いです。 ローン審査を通すということは購入の意思があることになります。相手側はローンの審査を通すだけといいつつも、いつのまにか購入の流れになり、断れない状態に持っていこうとしています。購入者側も、ローン審査した=購入という心理が働いているからです。 相手側も利益を追求していることもあり、あたかも正論のような意見をいってきますが、よく考えれば疑問点が多くあります。こういったお店には即決させてくることが多いので注意しましょう。

自分に合ったローン会社をみつける

自分に合ったローン会社をみつける

ディーラーローンは金利が高いけど手続きが簡単。だけど、手続きはちょっと面倒だけどやっぱり金利を低くしたいという方は自分でローン会社を選ぶことができます。販売店と提携してないローン会社や銀行からのローンなどといったところからローンが組めます。 ただし、ディーラーと提携していないところでローンを組む場合、ローンでは組めない費用があったりもするので注意です。また、販売店の利益が減ることもあるので担当者は反対の意見を述べたりと交渉が面倒になってくるので、初心者の方には難しいかもしれません。

車のローン会社は自分で選べる

ローンを組めるところをはいろいろあり、銀行(メガバンク、地方銀行)、ネット銀行、JA、損保会社、信用金庫、信販会社などなどがあります。どのローンも特徴があり本人にあったローンを選択しなければいけません。 今ではネットで簡単に調べることができ、購入はわからないけどやってみたい方には仮審査として気軽にできます。興味がある方は一度調べてみてはいかがでしょうか。

車のローンを比較してみよう

ローンを選ぶときには本人に合ったローン選びが大切です。返済期日を早くしたい、金利を安く抑えたい、利便性などいろんな選択肢があります。一番簡単なのは車を販売しているところと提携しているローン会社にローンを組んでもらうことですが、損をすることも多々あるので損をしたくないという方はローンを比較してみましょう。 数あるローンの中で一つのローンに絞るのは難しいこともあります。そこでネットを使うことでいろんなローンを比較して決めることができます。ただし、ローンを比較した場合に比較したサイト先からメールやら電話やらかかってくる場合もあったりします。

ローンの総額以外でのポイント

ローンを組むときには返済総額以外に気にしておきたいポイントがあります。誰もが組める訳ではないローンには利用条件があります。ローンを組む場合には利用条件に合っているか確認する必要があります。また、車を購入したけどローンで組んだ以外に費用が発生することもあるので注意しましょう。 他のポイントとしては口座の開設が必要か、来店の要否、返済方法や期日なども重要なポイントです。ローンによっては付帯サービスもあり、Tポイントが貯めれたり、傷害保険付きのローンもあったりします。

銀行系系ローン

自動車ローンを組む時に、ディーラーローンと比較するのが銀行系ローンです。銀行、信用金庫、JAなどの金融機関が対象です。 銀行ローンはディーラーローンよりも金利が低くなっていますが、その分審査が厳しくなったり審査時間も多めにかかってきます。年収の証明には源泉徴収票や確定申告書が必要なってきます。銀行ローンの金利も銀行独自のプランがあります。銀行ローンの多くは2~6%ぐらいです。まれに、2%以下の所もあります。また、都市銀行よりも地方銀行や信用金庫の方が金利が安いこともあります。 銀行ローンを組む場合は、使用目的である車のローンであることを証明するために、見積書など金額のわかる書類が必要になり、借入限度額は300万円や500万円になっている所が多いようです。

金利

金利

車を購入する場合なかなか一括で購入できない昨今では、ローンを組むことが一般的です。むしろ車販売している側も一括で買おうとしていてもローンを組むことを進めてきます。これは販売店側にもローンを組むことでマージンが利益になってくるからです。また、購入者との値引き交渉で後からローンを組んでから車の総額+金利といった手段をとってくることもあるのでしかっかりローンの金利を確認しましょう。 ディーラーローンの平均金利は4%です。ただし、キャンペーンなど特にやってない場合は10%くらいのところもあります。また、金利は車の販売店の担当と提携しているローン会社の担当間で多少変えることもできるため購入者はローンを組む前に金利はいくらか確認することが重要です。

金利を払うのはもったいないのか

ローンを組むときに悩むのが金利です。一括で払った場合とローンを組んだ場合で金利の差で総支払額が数十万変わってくきます。このことから車程度でローンを組むのは金利で勿体ないという意見の方も多いです。金利分とられるなら何年か我慢して一括で払うといった方も多いです。 しかし、みんながみんな我慢して貯金をできるわけではありませんし、そのうち違うことにお金を使ってしまったりするでしょう。意思が弱い方はやはりローンに頼った方がいいかもしれません。

車の総額について

この記事で何度も言ってきていますが、金利が車の総額に含まれているか確認することは購入者が知らない間に総額が変わってくることがあるからです。契約前に気が付いていれば気が強い方は反論できるかもしれませんが、ほぼ商談決まっているからいいやとなってしまうことが大半です。 契約後に総額が違うからと文句を言っても上手く丸め込まれて、しっかり取り扱ってはくれないでしょう。そうなる前に購入者は立場が強いと思いつつ車選びをしなければいけません。 契約書にサインするまでが勝負です。サインする前ならば選ぶ権利は消費者側にあります。少しでもおかしいと感じたら担当者に強く言えることが大切です。

車を安く値切れたと思ったら

車を高く売ることは企業の利益をもたらすために必要なことです。しかし、購入者が知らないまま金額が上がることがあります。明細書を見たらよくわからない費用もあったりします。ここでの大きなポイントはローンの金利が明細書に記入してあるかです。 明細書の書き方は車の販売店によって違ってきます。販売店Aには金利含んでの車の総額だったが、販売店Bでは金利含まずの車の総額といった違いもあります。また、車を安く値切れたと思っていたら金利が高く設定されていて結局損をしてしまったということもあるようです。 こういった話は車の購入に慣れていない消費者が多いため、車の販売店の担当者が上手く設定しています。そのため適当に話を受け流しているとカモにされてしまいます。

車のローンは種類よって払う額が変わる

ディーラーローンは基本的に高いですが手続きが簡単です。ではどのくらい高いかというと、他の所でローンを組んだ場合と比較してだいたい10~20万くらい変わってきます。また、返済期間が長かったり、もともとの購入金額が高かったりした場合さらに変わってくることでしょう。金利で中古車一台分の価格となってくるのです。 ローンを組んでから高いなと感じた方はローンの変更もできます。「借り換え」というこの方法は高いローンから安いローンでの金利で支払うことが可能です。安いローンでの金利では2%~5%といったところもあります。詳しい話は「借り換えの方法とメリット・デメリット」で話していきます。すでにディーラーローンで組んでいる方はローンの借り換えはできません。

固定か変動か

固定か変動か

車のローンには「固定金利型」と「変動金利型」があります。車のローンを組むとき大体の方は固定金利型で設定しています。固定金利型の場合毎月の支払いの金利を一定のままローンの支払いを終わらせます。 変動金利型の場合、その時の情勢によって金利が変更してきます。金利変更は半年ごとに見直しされるのが一般的です。不景気の場合利率が悪く金利も高くなります。景気が良い場合は利率が良くなり金利も安くすることができます。 変動金利型では固定金利型より金利が安くなったりもしますが、逆に高くなったりもするので初心者の方は固定金利型でローンを組ん方がよいでしょう。

シュミレーション方法

シュミレーション方法

車をローンで買うつもりなら、自分の予算や頭金を考えてローンのシュミレーションを簡単でもいいのでシュミレーションをしてみましょう。ネットを使った場合ローンシュミレーションで金利、借入金額、支払い回数、賞与加算額などを入力すれば簡単にできます。例えば、150万の借り入れで金利4%で36回払いにするといったローンでは、月々44,000円の支払いで、金利分が94,000円ということにになります。 こういったシュミレーションをしておくことで、しっかりと予算を決めることができ、販売店で営業の口車に乗せられず慎重に決めれます。また、月々の支払がはっきりすることで生活費などへの影響も考えることができます。

シュミレーションその2

先ほどのシュミレーションを使って36回払いを60回にした場合では、月々の支払が27,000円になります。しかし、金利分が160,000円と増えます。生活や個人の考え方にもよりますが、支払期間を長くするとシュミレーションの結果になります。 買い換えるときにその車を売ってローン残債とで相殺しますが、思いのほか安く売れた場合ではその分の金額を払わなければなりません。

ネットで簡単にシュミレーション

ローンを返済するにはシュミレーションをする必要があります。シュミレーションするためには2通りあります。 1つ目は車の販売店でやるシュミレーションです。車を購入してからローンが払えなくてはお互いがこまります。そのためある程度月にいくらくらい払うことになるかということを調べます。 2つ目はネットでのシュミレーションです。ネットでシュミレーションする場合他のローンとも比較できるので非常に便利です。手続きがすべてネット上で終わることもありますが、中にはローンを組むところに出向いて最終手続きをしなければならないところもあります。

ローンを組んでから一括返済

車をローンで購入すると、毎月一定のお金を返済しなければいけません。しかし、毎月払う金利が勿体ないから、もっと早く払いたいと思っている方も多いでしょう。ローンを予定よりも早く終わらせるためには2種類の方法があります。繰り上げ返済と一括返済です。繰り上げ返済の場合は毎月の返済に加え、残積の一部を返済する方法です。 一括返済では、残っている車のローンの金額分を全額払うことになります。一括返済の場合予定よりも早く返すことによって、金利も変わってきます。ネット上で一括で払ったらどうなるかといったサイトもあるので試しに試算してみてはいかがでしょうか。 車のローンの早期支払いには上記の2種類ありましたが、どちらにせよローンを組んでいるところに連絡をしなければなりません。その時に詳しく相談することがいいかもしれません。

ボーナスで払う場合の注意点

ボーナスで払う場合の注意点

車のローンの支払いは「毎月定額支払い」か「ボーナス支払い」のどちらかになります。ボーナス支払いの場合、毎月の支払いを減らしてボーナス分で元金を減らすことによってローンの支払いをしていくことになります。 一見ボーナス支払いによって毎月の支払いが楽になるように思えますが、ボーナスが予定より少なかったり、ローンの支払いが遅くなってしまう可能性があります。このことから、ボーナス支払いより毎月の支払い額を増やして払っていった方がよいかもしれません。

何年で組むべき?

何年で組むべき?

車のローンの支払いで困るのが何年で払いきるかです。大体ローンの返済期間は2~3年程になってきます。勿論すぐ終わらせることもできますが、すぐに終わらせれる方は一括で払った方がよいでしょう。ローンを長く設定できますが、金利が増えたり急に収入が少なくなったり見通しが悪くなり予定が立てにくくなってきます。

一般的に多いのは何年か

ローンを組んだ場合は早く支払いを終わらせたいものです。特に返済期間を設けていない方にとっては一般的に何年で支払いを終わらせているか気になるものです。しかし、車のローンの返済期間は人によっていろいろあるため、一般的期間はわからないのが現状です。大体2~3年と上記の欄に記載していますが、これは車検によって車を替える方が多いからです。 車検には税金+整備代などが加わってくるため、大きい車や年式が古い車は車検時にかかってくるお金が高いです。新車と中古車で話が変わってきますが、中古車の場合車検でお金がかかるなら車を乗り換えるといった方は多いです。

ローンを長く組ませてくる場合は注意

まれなことですが、ローンを長く組ませてくるところがあります。お店の方が金額が大きくなるからローンを長く設定してくる親切心の場合もありますし、金利のマージンを大きくしたいと思っている方もいます。しっかり自分で設定して払いきる自信があるのならば強気で設定していきましょう。 ローンは返済期間を延ばせないです。そのため車の販売店はローンを少し長めに設定しがちです。もしローンが払えなくなっても方法はいくつかあります。その一つが「借り換えでの自動車ローンの延長」です。現在のローンから違うローンへ変更するために手数料がかかりますが、ローンの延長ができます。ただし借り換えには利用条件もあるので注意が必要です。

車のローンは最大は7年

車のローンの最短は数か月ですが、最長は何年かという言うと自動車ローンによって変わってきます。ディーラーローンの最長7年(84回)で一部のローンでは10年(120回)まで設定できるようになってきているようです。年々車の価値が高くなってきているのでその分車のローンも長くなってきています。ただし、金利もその分高くなってしまいますので車のローンは最長で設定する方は少ないようです。

借り換えの方法とメリット・デメリット

借り換えの方法とメリット・デメリット

今の車のローンが長かったり利率が悪く金利が高いなと感じても、自分が決めて車の購入をしてしまったから仕方ないかと諦めてませんか。ローンを組んでしまってものは仕方ありませんが、ローンを見直すことはできます。それが「借り換え」という方法です。 多くの金融機関が好条件の車のローンを提供しています。ローンの借り換えで安い金利のところを探してお得に払いきりましょう。多少手間や手数料がかかってきますが。長くローンを設定している方には断然お得になってきます。 車のローンの借り換えは、その車の所有権が自分にないとできません。すでにディーラーローンや信販系ローンで車を購入している場合は車の所有権がディーラーや信販会社に属しているためローンの借り換えはできないです。

メリット

車のローンを借り換えるメリットはなんといっても金利が安くなることです。高い金利の車のローンから低い金利の車のローンへ借り換えをすれば、差額分の金利で安くなり総額も抑えることができます。 例えば、金利8%の車のローンから借り換えた場合で、借り換え先の金利は3%と5%とします。利用条件としては:借入残高200万円、返済期間2年(新旧契約共に)、ボーナス払い無しとして計算すると金利8%から金利5%の自動車ローンに借り換えると、支払金利は総額で約65,000円も少なくできます。 また、金利8%から金利3%の車のローンに乗り換えた場合では、支払金利は100,000円以上も少なくなすることができるようです。 このことから、高い金利より低い金利でローンを契約した方が金利に対するメリットが大きいことがわかります。

デメリット

借り換えをする際のデメリットとしては、手間と時間がかかるところです。借り換えとは、新しく車のローンを組みなおさないといけないので、ローンを組んだときと同じような審査や手続きが必要になってきます。審査をするため、一度でも現在の車のローンの返済が滞ってしまうと、審査通過は難しくなるかもしれません。車のローンの返済以外での支払いの滞納も審査通過に考慮されます。 借り換えには手数料がかかります。現在ローンを組んでいるところでは、繰り上げ返済の手数料がかかることがあり、新たにローンを組んだところでは事務手数料や保証料などもかかってきます。このことから、借り換えをしてしまったら逆に手数料などが高くついて借り換え前よりもローンの支払いが高くなってしまうといった可能性もあるので、借り換えをする際には手数料も考えなければなりません。

手続きの流れ

車のローンを借り換えするにあたって次のような手続きがあります。 1.新たに契約するローンへ仮審査の申込(ネットで完結する場合が多い) 2.仮審査の結果の通知(早くて当日、長くて1週間程) 3.ローン契約しているところに「借り換えによる一括返済」の連絡 4.必要書類を集めて、本審査手続きとローン契約の締結 5.借り換えの実行 細かい部分はローンを契約するところで違ってくる部分もあるので、直接連絡して聞いて指示に従いましょう。

必要な書類

借り換えするためにはいろんな書類が必要になってきます。ローンを組むところで必要な書類が異なってきますが、基本必要になってくる書類を紹介していきます。 本人確認書類(運転免許証・パスポート・健康保険証など)、車検証、現在契約している自動車ローンの返済予定表、収入を証明する書類(所得証明書・源泉徴収票など)、新たに契約する金融機関の通帳、銀行印などなどが必要になってきます。

頭金

頭金

車をローンで購入する際には頭金を払うか、払わないかで毎月の支払いが変わってきます。もちろん頭金を多く出した毎月の支払いも安くなり支払いも楽になるでしょう。 車をすでに持っている方は、その車を売って頭金に充てる方もいます。車を高く売るためには車の状態が重要です。走行距離が短く年式が新しいほど高く売れることでしょう。逆に車を売って頭金にしようとしたら思いの他安くなってしまうこともあるので車を売って頭金にする方法はあまり、あてにしない方がよいでしょう。

頭金なしで車購入も可能

頭金で少しでも払いたいけどお金がないという方でも、勿論車をローンで購入することはできます。しかし、ローンを組みたいところでは頭金を購入額の数%出してもらえないと組めないといった場合もあるようです。 常識の範囲内で車の購入をすればいいのですが、中にはどうしても欲しい車があって無茶なローンを組もうとする方もいます。例えば、購入額より年収が低い場合では、本当に払いきれるか心配になってきます。このような場合でローンを組もうとしたら、断られることがあるようです。

車を売るタイミング

車を売るタイミング

できるなら車を高く売りたいものです。車を高く売るためにはいろんなポイントがあります。このポイントを知って高く売って得をしましょう。 車を高く売りたいけどどこにもっていけばいいかわからない方には一括査定を使うのがいいかもしれません。ネットで今乗っている車の情報を入力すれば各盤売店から連絡がきます。しかし、この方法はしつこく連絡を取ってくるお店もあるので面倒なことが嫌な方には向かないかもしれません。

走行距離

新しく車を買時は、車を乗りつぶすよりも途中で買い換える方が多いです。車がつぶれる目安は、走行期間10年以上・距離10万キロ以上になります。そもそも乗りつぶれる前に故障が多くなったり、燃費も悪くなってきますので、乗りつぶすよりも買い替えをすることでしょう。また、乗りつぶすつもりで買っていても結婚や子供が増えるといった変化により車を買い換えたり、手放したりすることも多いです。 売却で1番多いのは、走行距離2万~5万kmの車で、2番目に多いのは5万〜7万5000km、3番目に0〜2万5000kmというデータもあります。意外と早めに乗り換えるケースが多い傾向にあります。 もちろん、乗りつぶしてから売却するのもありですが、乗りつぶれている車はほとんど値段がつかないでしょう。

時期を見極める

車を売る場合は時期によって売った金額が変わってくることがあります。できるだけ高く売りたいと思うのなら決算期を狙った方がよいでしょう。決算期は3月と9月で、この時期に車を売ることができれば通常より高く売れるかもしれません。 なぜかというと、決算期で各企業の業績もが出るためボーナスをどのように使うかといった話になるからです。そのため販売店は少しでも自社で車を確保したいという目的があるからです。 3月売る場合、重量税が発生する可能性がります。重量税の負担を避けるためには、2月末までに売ることによって得をすることがあるようです。また、買取業者によって重量税分を負担してくれるところもあるのでよく確認しましょう。

車検時

車検が切れそうになった場合に車検をしないまま車を売ればいいのか、車検後車を売った方が高くなるのかといった疑問が出てきます。これは車検しないまま売った方がいいでしょう。車検したかろと言って車の価格が変わることはありません。車検後売った場合は車検分損をしてしまいます。さらに車検まで待って売ってからでは車の価値がどんどん落ちて行ってしまいます。このことから早めに手放すのがオススメです。

ローンが終わった時と同時に

ローン中はお金を借りているということもあって車をを売ったりする場合面倒なことが多いです。また利用条件によっては車を手放すこともできないでしょう。ローンを完済した場合借金もなくなり所有者も自分のものとなるので簡単に売れることができます。このことからローンを払い終わってから他の車に替える方はいます。

一括査定は便利か

一括査定は便利か

車を売るためには販売店に連絡して直接もっていったり査定してきてもらったりします。しかし、いちいち販売店に連絡するのが面倒な方には一括査定で複数の買取業者と比較してみたりすることもできます。査定してもらった中から一番いい値段で買い取ってくれるところで売ってみてはいかがでしょうか。 買取業者にもよりますが、査定した車にほとんど値段がつかないときに、一度来店して車を見してほしいといった連絡があったりします。その場合車を買い取るより扱っている車を売ってこようとしてくるので注意が必要です。

一括で払うメリットとデメリット

一括で払うメリットとデメリット

大きな買い物をするときはローンを組むことが多いです。手元にお金がなくてもローンを組むことで購入できるのですが、、その分金利がかかります。 車を買うときは一括で買うのとローンを組むときどちらがよいのでしょうか。 昔は新車を現金一括で購入するとお店側から大きな値引きもしくはいろんなオプションがついたりとメリットがたくさんありました。しかし、最近ではあまり値引きなど大きな割引が少なくなってきています。やはり、 金利などの部分で一括の方が安くなるのが最大のメリットなのでしょうか。

メリット

メリットしてはローンを組まないため金利や手数料その他の手間がないことがあがります。その他では、一括で買っているため車の扱いが自由です。売ってもいいですし、友達に譲渡できたりもします。ローンのことも気にすることもないので気持ちも楽になることでしょう。

デメリット

車は年々価値が高くなっているため一括で払えるような現金を用意することが難しいです。それが若者であれば、さらに難しいことでしょう。また一括で払えるけど貯蓄がなくなるといった方は一括で払うのは辞めた方がよいでしょう。一括で買ったのはいいけど、維持費とかにもお金がかかって結局車を売ってしまったという方は少なからずいます。

車のローンが通らないケース

車のローンが通らないケース

車を購入するにあたってローンが組めないと購入できない方には自分はローンが組める人間かしっかり把握していないと自分も困りますし販売店のスタッフの方にも迷惑がかかってしまいます。商談が進んでローンを組もうとしてできなければお互い時間の無駄だからです。   ローンが組めない方の一番の理由は他のローンでの支払いが遅れたり、支払っていない場合がある方が多いです。またクレジットカードでも同じになってきます。  

自己破産している

自己破産をしている方は基本的にローンが組めません。生活が苦しかった、子供にお金がかかっただから自己破産をしたといったように自己破産の理由は様々ですが、一度自己破産すると自己破産者としてリストに載ってしまいます。自己破産を申告してから7年たてば、またローンが組めるようになるようですが、どちらにしろ自己破産はしたくないものです。

意外な場合

他のローンやクレジットカードでも滞納や未払いはなく、自己破産もしていない方でローンを組めない場合があります。携帯の支払いや水道、電気代の滞納や未払いです。お金がなくて払えない訳ではなくて忘れて支払いをしていなかったりする方がいます。そういった方は購入の直前でローンを組めなかったりすることで発覚します。今では携帯の支払いの関係でローンが組めないといった方は多いそうです

ローンが通らない場合

ローンが通らない場合

自己破産したばかりの方や金融機関のブラックリストに載ってない限りローンを組むことができます。一度ローンを断られた場合、金利が他のところより多少高くなってしまいますが、ローンを組むことができますし、銀行のカードローンでの借り入れもできます。銀行のカードローンは使用目的が自由なこともあるので車のローン以外でも利用ができるようです。

一括購入が攻守最強

一括購入が攻守最強

今までローンのことをできる限り詳しく説明してきましたが、やはりローンを組まずに一括で購入することがコストパフォーマンスが高いです。月々の支払いもなく車以外にどんな風にお金を使おうか考えるのが楽しくなってきます。 なにより一括で買ったことにより自分に自信が付きより車にも愛着をもち生活も充実することでしょう。一括で買えるということはそれだけ自分が努力してきた証しでもあるからです。

関連タグ

アクセスランキング