IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

車種や特徴別の買取相場一覧(トヨタ/BMW/BB/オデッセイなど

車&バイク

自動車の買取相場は下請けとはいろいろと異なる部分があるということを知っている人は多いですが、具体的にどのように違うのか買取相場はどうなっているのかまで把握できている人は少ないでしょう。今回は車の買取相場について、わかりやすく解説してまいります。

更新日時:

車の買取り相場を知りたいと思ったら

車の買取り相場を知りたいと思ったら

愛車の売却が決まったら、今度はできるだけ高値で売りたいと考えます。ただし、車を売るにはさまざまな方法がありますので、どうすれば一番高く売れるのかと悩んでいる方もいるでしょう。ここでは、愛車を手放す前に知っておきたい、車を売る5つの方法とそれぞれのメリット・デメリット、そして有名な車の相場などを記載してまいります。

車の売却の仕方は5つ

車の売却の仕方は5つ

車を売却するには、「ディーラーの下取り」や「オークションに出品」など、さまざまな方法があります。それぞれの売却方法のメリット・デメリットをまとめると、次のようになります。

1.ディーラーの下取り

ディーラーで新車を購入する際には、現在乗っている車を下取りに出すことができます。手間がかからないため、一昔前ならば最も流行っている方法の一つでした。 メリットは車の購入といっしょに手続きができるので楽、ディーラーが信用できて安心できることでしょう。デメリットは下取り価格が安くなりやすいということです。

2.車買取業者に査定を依頼

車買取業者に依頼をして査定をするという方法も一昔前からありました。これは専門家が現在の相場価格に合わせて判断するのでディーラーに直接売るよりは高い値段が付く傾向にあります。いろいろと査定をするため単純に下取りしてもらうよりはひと手間かかってしまいますが、こちらを選ぶという人は昔から多くいました。

3.複数の車買取業者に一括見積もりを依頼

今の時代ではインターネットを使って一括でいろんな中古車販売メーカーに依頼をすることが可能になっていて、その中から最も高価で買取しているところを簡単に選ぶことができます。ちょっとした入力の手間はありますが、いろんなところに足を運んで見積もりをもらうよりは圧倒的に早いです。 デメリットはあまりなく、せいぜい見積もりを取った複数の業者からの電話に対応する手間がかかることぐらいでしょう。今では多くの方が利用している方法であり、買取相場を把握して立ち回るための必須事項になっています。

4.オークションに出品

インターネットオークションなどへの出品は、売ることに成功してしまえば最も簡単に大金を入手できる手段になっているので、今では車も当たり前のように売られるようになりました。 しかし、車は契約手続きが必要ななのでオークションに出した場合は、名義変更などの事務手続きを全部自分で実行する必要があるので、はっきり言って素人考えではお勧めできない方法となっています。

5.友人や知人に売る

友人や知人に車を売却するメリットは、なんといってもかなり手早く話を進めることができることと、現物をじっくりと見せることができるので納得した状態で渡すことができること、そして買取業者などを一切通さないので、友達価格として非常に安く提供できることでしょう。 デメリットは名義変更などの特殊な手間がかかることと、専門業者を通さないことでメンテナンスの状態も元の持ち主依存になってしまい、購入した友人サイドで購入後すぐに何らかのトラブルが発生する危険性があるということです。車のトラブルにつながるとそこから人間関係のトラブルに発展することもありますので、注意しましょう。

車の買取り相場を正確に知る方法はある?

車の買取り相場を正確に知る方法はある?

一般的に、車の買取り価格を左右する項目は大きく分けて6つあります。これらの要素を総合的に見積もりして、買い取りの相場を試算します。その6つの項目を順番に見ていきましょう。

年式

年式が古い車はどうしても最新型の年式と比べると値段は落ちます。特に非常に人気がある車になればなるほど古いタイプのものは一気に値段が下がります。中古車業界では「新車から3年落ちの車両がお値打ち価格になる」という情報もありますので、覚えておきましょう。

モデル

現行モデルが最も高値で取引されますが、これは人気によって比例している部分なので車によって異なります。フルモデルチェンジで大きく性能が変わってしまうことで不人気車種になってしまった場合は、中古相場でも安くなりますし、前のモデルのほうが高いというケースもあります。

走行距離

走行距離は走れば走るほど値段が安くなるものであり、10万kmを超えたラインで一気に値段が急降下する傾向にあります。しかし、現代の車におけるエンジンは10万km程度では壊れないようにできているのでまだ売ることはできるでしょう。ただし、ほとんど動かしておらず走行距離が少なすぎる車も要注意なので、少なすぎず多すぎないものを選ぶのがコツです。

カラー

たかが色と感じる人も多いですが、色によって人気と不人気が分かれることも多く、国産車でも20~30万円程度の価格差が付くこともあります。海外の高級車になると50~100万円程度の差がついてしまうので、購入するときは人気のカラーを選んだほうが無難でしょう。

状態

基本的に事故車は安くなります。事故ありと事故無しではかなりの価格差ができてしまうので、事故を起こしてしまった車は非常に安値で取引されると考えましょう。逆に、不自然に安い中古車があった場合は、事故を起こしている可能性ありです。フロントの足回りにも影響が出ている車は、まっすぐ走らないことすらありますので、注意しましょう。

オプション

車を購入するときに選ぶオプション装備も、中古車市場に流れた場合には価格差の原因になります。カーナビの有無、シートの違いなどお金がかかっているオプションはそれだけで価格差が生まれますので注意しましょう。

車の買取相場一覧はあるのか

車の買取相場一覧はあるのか

これはなかなかに難しい質問です。車の買取相場は一覧表にして提示するにはあまりにも種類が多いので、インターネットで「車の買取相場一覧」と検索したところで一覧表は出てきません。多くの中古車を扱っている会社がメーカーと車種とグレードに分けて買取相場一覧表を表示するという形になっています。

買取相場一覧だけに頼らないこと

車にはグレードが必ず存在し、それらのグレードや状態によって買取相場も非常に大きく変わりますので、買取相場を一覧表で見たところであんまり参考にできないことが多いです。例えば、トヨタの「ヴェルファイア」の過去の買取相場を見てみると0~580万円という結果が出てしまいますので、幅が580万円もあります。これでは買取相場を見る意味がないです。 要するに、自分が今持っている車の情報をある程度入力した結果得られるような買取相場情報以外は、参考にならないケースもあるということです。買取相場情報をより正確に得たいのならば、多少時間がかかってしまうでしょうが、インターネットで一括見積をして買取相場を把握してください。

車種や特徴およびメーカー別の買取相場一覧

車種や特徴およびメーカー別の買取相場一覧

それでもある程度の参考事例として買取相場は役立つケースも多いので、より具体的にメーカー別で買取相場がどうなっているのか、有名車種を例に出して提示していきましょう。

トヨタ

トヨタ

世界規模で人気があるトヨタ車は中古買取業界でも安定した人気を誇っているので、買取相場も安定していて乱高下は少ないです。特に人気のある「86」は買取相場が156~243万円と高止まりしていますし、「ランドクルーザー」も世界的人気車種なので150~715万円とかなり高い買取相場で安定しています。 逆に大衆車として日本国内でも大量に販売されたコンパクトカーの「イスト」や「ラクティス」や「ヴィッツ」は買取相場の最低価格が0~10万円で最高が130~140万円とある意味安定していますので、こちらも想像がしやすいでしょう。

BMW

BMW

輸入車の中でも特に人気があるBMWは買取相場もかなり高めです。特に近年発売されている車は高値を維持しています。具体的には2016年に発売された1シリーズ「118i」の買取相場は153~180万円となっていますしスポーツタイプならば222~247万円と買取相場も高止まりしています。 多少古くなって2012年発売の「116i」でも買取相場は76~97万円ですし、「120i」の買取相場は125~150万円と安定しています。1シリーズ以外の2シリーズや3シリーズも安定した人気を誇っているので買取相場も高値でキープされています。

bB

サブコンパクトサイズのトールワゴンとして2000年から発売されている人気車種のbBは非常に人気があったので、中古車市場にもかなりの台数が流れていて買取相場も若干抑えられている価格になっています。やはり中古車業界での保有台数が多いのでしょう。 それでも、平成25年式の「bBZ-煌G」は走行距離が2万kmのもので約100万円という価格がついていますし、「bBZ-煌」で走行距離が6万kmのものでも約70万円というかなりの価格がついていたので、新しいbBは買取相場もかなり高止まりしていることがわかります。 ただし、これがだいぶ古いモデルの平成21年式になるとノーマルグレードの買取相場が20万円程度と落ち着いた価格になりますので古いものはかなり下がると考えましょう。

オデッセイ

日本でも固有の人気を誇るフルサイズミニバンの第一人者がこのオデッセイです。特に2代目と3代目は大人気車種になっているので見たことがあるという人も多いでしょう。オデッセイは今でも安定した人気があるので多少古いものでも買取相場は高めに出ています。 例えば、平成21年式のRB3「Lグレード」は61~75万円という買取相場になっています。10年も経過しているのにこの買取相場はかなり高値です。これが平成25年式のRC1になるとどのグレードも買取相場が150万円をほぼ上回っているので安定していることが良くわかります。

ワゴンR

軽自動車が爆発的に人気車種になったきっかけともいわれているワゴンRは日本国内ですさまじい台数を売り上げているので、回転効率も非常に高く買取相場もある程度安定している車となっています。 具体的な数字は平成29年式のハイブリッドFXで買取相場は129~156万円、ハイブリッドFZで141~168万円、FXリミテッドで128~155万円と軽自動車とは思えない買取相場です。

ステップワゴン

5ナンバーサイズのミニバンの筆頭車種といえばホンダのステップワゴンでしょう。中古車市場でもかなり人気がある車種なので、買取相場も比較的高値になっています。平成29年式RP1の「Gホンダセンシング」グレードは買取相場が204~229万円ですし、平成28年式RP1の「G」グレードでも買取相場は184~211万円と高額です。 多少古くなって平成24年式になっても買取相場は100万円を超えることが基本となっていますので、安心して売りに出せるでしょう。ただし、平成21年式ぐらい古くなると買取相場も40万円程度とだいぶ落ち込みます。

ハリアー

日本よりも海外で圧倒的な人気を誇るSUVは海外に版図を広げることに成功しているところでは買取相場も高止まりしているので、買取業者によって値段に差が出ることもありました。ところが、日本国内でもSUV人気が飛び火している状況に切り替わったため国内販売乗用車の中でもかなりすごい高値相場となっています。 例えば、平成28年式の「エレガンス」グレードで買取相場は239~264万円、「エレガンスG´s」グレードで347~372万円と非常に高値です。多少古くなって平成20年式のモデルでもいまだに買取相場は50万円を超えています。

エクストレイル

海外のSUV人気にうまく乗ることができた日産のSUV車種です。オフロード志向に徹しているという特徴があることからうまく差別化が図られていて、安定した売り上げを誇っている車となっています。ただし、高級車向けに作られている車ではないので買取相場も比較的落ち着いたものになっています。 例えば、平成28年式4WD「20Sハイブリッドエマージェンシーブレーキパック」グレードの買取相場は231~256万円で、2WDでも205~230万円と買取相場はある程度の値段になっています。

マーチ

コンパクトカーの先駆けとなり日本での大ブームを作り出したのが日産のマーチですが、あまりにも人気がありすぎて中古車業界にも多く流通していることから、やはり安値傾向がいまだに続いています。 かなり新しい平成29年式の「Sプラムインテリア」グレードでも83~105万円と買取相場は比較的安価です。これが平成23年までさかのぼると買取相場もガクッと下がって20万円程度になってしまいます。

ホンダライフ

ホンダのライフは軽のトールワゴンタイプなのですが、N-BOXに押されることが多くそのまま販売中止になってしまった車です。それでも低燃費で運転がしやすいということから、中古車市場ではある程度の人気があるので、高値で買い取られることもあります。 販売が終了した最終年モデルの「C」グレードは買取相場が2WDで53~66万、4WDで63~79万円と軽自動車と考えるとかなり高値です。平成25年式のものも似たような価格だったのである程度の金額で取引されていると考えることができます。

下取りと買取の相場比較方法

下取りと買取の相場比較方法

これは下取りと買取の違いを理解することで相場がどれくらい違うのかはすぐに見えてきます。まず、下取りとは「新しい車を購入するにあたって現在の車を引き取ってもらうこと」です。買取とは「今乗っている車を買い取ってもらうこと」になります。これだけ見ると違いはなんとなくしか分かりませんが、お金の話をすると一発でわかります。 この二点のお金に注目した最大の違いは、買取のほうは買取専門店が対応していることが多く、買取った車を現金化するまでのルートが確立されており、下取りをするディーラーよりも1~4割程度高い価格を提示できるということです。

ワゴンRで比較してみる

先ほど記載したワゴンRの買取相場で比較すればよくわかります。「平成29年式のハイブリッドFXで買取相場は129~156万円、ハイブリッドFZで141~168万円、FXリミテッドで128~155万円」と記載しましたが、下取り価格はどうなっているのでしょう。 下取り価格は平成29年式のハイブリッドFXで88~90万円、ハイブリッドFZで98~100万円、FXリミテッドで78万円という数字がでています。これだけで比較すると4割程度の差が出ていることがわかります。もちろん、ここまで極端な差が出るのは少ないですが車や状況次第でここまで差が出ることもあるということは覚えておきましょう。

回答相場とは何か

回答相場とは何か

これはいわゆる「スピード回答相場」といった回答という言葉と相場という言葉がたまたまくっついてしまった言葉なので、車の買取価格や買取相場を調べたいという方はインターネットで「車の買取相場」と検索すれば問題なしです。

走行距離の関係性

走行距離の関係性

一昔前ならば10万km以上走った車は問答無用で安くなってしまう傾向にありましたが、現代の車事情ではこのような考え方は通用しなくなっているので考え方も改めたほうがいいです。

全く動かしていない車も問題

車は全く動かしていないと逆に駄目になります。これはある意味人体と一緒で、全く動かしていない部位は錆付いて筋肉が衰えていきますが、車も同じで全く動かしていないと徐々にコンディションが落ちてしまい故障する確率が上がってしまいます。 10年前の車で走行距離が1万km以下であったとしても、買取価格は予想以上に安いということもあります。放置時間が長い車はゴムも劣化しますし錆が発生することもありますので、「走行距離が短いから高価買取してもらえる」という考え方はしないほうがいいです。

現代車ならば10kmでも高く売れることも

自動車業界では累計走行距離が5万kmを超えた車は「多走行車」、10万kmを超えた車は「過走行車」と呼ばれていますが、一昔前の「過走行車」は故障することが非常に多く、中古車業界でも不人気で安値で取引されているのが実状でした。 しかし、今の時代の車のエンジンはかなり高性能で10万km程度では全く壊れないものも多く、買取価格に影響を与えていない車も多く存在しています。中古車輸入の規制を緩和している外国も増えているので、日本で敬遠されていても「日本車の10万kmはまだまだ余裕で動く」という考え方から次々と購入されるケースもあります。 ただし、タイミングベルトなどの消耗品のメンテナンスを怠った車はさすがに壊れてしまうので、それらのメンテナンスをしっかりしている車ならば走行距離が嵩んでいても高値で取引される可能性が現代では増えているということです。

個人情報なしで査定は可能?

個人情報なしで査定は可能?

車の査定を依頼しようとした際、たいていの場合まず以来の段階で求められるのが「氏名」「住所」「連絡先である電話番号」などの個人情報です。でも、まだ売ると決めたわけではないし、何社かに査定を頼みたいし、買取の金額がわからないうちに個人情報を伝えてしまうのには抵抗がある、と感じる人も少なくないのではないでしょうか。 結論から言うと、「実査定」は不可能になります。個人情報なしで行えるのは「過去の買取相場の実績を元にした予想を含む査定相場」を参考にするくらいでしょう。つまり、実査定よりも精度は落ちるということです。それでもある程度の参考にはなりますので、個人情報を流したくないという方はそちらを利用しましょう。

買取相場はかなり変動する

下請けはそこまで大きく値段の変動はありませんが、買取相場は相場変動に敏感という性質を持ち合わせているため、1ヶ月の違いでかなりの差額を生み出してしまう恐れがあります。つまり、買うタイミングを逸するだけで10万円程度の損益が発生する恐れがあるということです。 それらを理解したうえで、逐一買取相場をチェックすることができれば、その人は損をすることなく最大効率で現金化をして新しい車を入手することもできますので、買取相場チェックは売ると決心をしたのならば怠らずに適時行うようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング