IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

妊娠したら仕事は辞める?みんなが辞めたいと思う理由

転職の悩み・不安

妊娠をして、お腹の中に新しい命を宿すということは、とても喜ばしいことです。しかし、妊娠をすると、さまざまな問題に直面します。その1つが仕事です。妊娠をしたら、今続けている仕事とどのように付き合っていけば良いのでしょうか。妊娠中の仕事について解説していきます。

更新日時:

妊娠したら仕事は辞める?

妊娠をすると、今働いている仕事を続けるか、はたまた退職をするか、悩む女性は多いです。妊娠をすると、つわりで体調がすぐれなかったり、切迫流産や、切迫早産など、赤ちゃんの健康状態や、母体の健康状態も安定しません。ストレスの多い現代社会では、妊娠中に仕事を続けることで、さまざまな弊害もあります。 妊娠をすると、仕事を辞める女性も多いですが、本人の意思で辞めるだけではなく、辞めなくてはいけない状況になることも多いため、仕事を辞めるという選択を取る人も多いのです。

妊娠で仕事を辞めたいと思う理由は?

妊娠で仕事を辞める理由は、さまざまなものがあります。自分の意思で辞める人や、辞めなくてはいけない状況になる人もいます。妊娠で仕事を辞めたいと思う理由は、いったいどんなものがあるのでしょうか。

つわりが辛いから

妊娠をして、初めての身体の異変は、『つわり』です。つわりは、代表的な症状である『吐き気』だけではなく、日中の強い眠気や、臭いに敏感になるなど、さまざまな症状があります。 また、妊娠によってホルモンのバランスが崩れ、情緒不安定になったり、塞ぎがちになる女性も少なくありません。つわりによって、会社を何日も休んでしまったり、周りの人に迷惑をかけてしまうと、次第に会社に居辛くなり、会社を辞めてしまうという人も多いのです。

切迫流産や切迫早産

切迫流産や、切迫早産という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。切迫流産や、切迫早産とは、流産や早産に『なりそうな状況』のことです。 そのため、何週間も病院のベッドの上で安静にしていないといけないということもあるのです。そうすると、雇用形態によっては、仕事を休み続けることが難しくなり、仕事を辞めざるを得ない状況になってしまうのです。

仕事内容に無理があるから

妊娠をすると、どんどんお腹が大きくなり、それに伴い、腰痛がひどくなったり、長時間立ったり座ったりする姿勢が辛くなります。長時間の立ち仕事や、寒い場所での作業などは、妊婦にとっては辛い仕事になります。現在の仕事の内容によっては、仕事を続けるのが困難になり、仕事を辞めてしまうという人も多いでしょう。

妊娠時の仕事のストレスは?

妊娠をすると、妊娠をしていないときに比べて、仕事に対してさまざまなストレスを抱えることが多くなります。妊娠時の仕事のストレスとは、いったいどういったものがあるのでしょうか。

体調が悪いことのストレス

妊娠中は、妊娠をしていないときの身体とは違い、つわりなどで体調が悪くなりがちです。しかし、妊娠中と言えども仕事は仕事です。給料をもらっている以上、他の人と同じように仕事をこなす必要があります。 妊娠をしているからと言って、頻繁に休む訳にもいかず、また、体調が悪く周りに迷惑をかけることによって、職場に居辛い状況になることも多いのです。体調が悪い中、無理をして仕事をしていると、妊婦にとってはそれが多大なストレスになってしまいます。

人間関係のストレス

妊娠中は、ホルモンのバランスが崩れ、情緒不安定になるなど、精神的にも安定しない時期になります。そのため、普段はなんて事のない上司や同僚の言動などにも過敏になり、人間関係でのストレスを感じやすくなってしまうことも多いのです。妊娠中は、人との関わりがストレスの原因になることもあります。

マタニティハラスメント

最近では、マタニティハラスメントというハラスメントも問題になっています。マタニティハラスメントの事例では、妊娠を報告した直後から、遠い事業所に配属が決まったり、夜勤を要求されたりなど、遠まわしに『会社を辞めろ』と言っているような扱いを受けることなどがあります。 また、つわりで体調が悪くても会社を休ませてもらえないなど、妊婦に対して理解の無い会社は多くあります。そんなマタニティハラスメントは、妊婦のストレスの元凶となっており、少子化が問題視されている現在の日本では、重大な社会問題の1つでもあります。

妊娠した時の職場への報告方法は?

妊娠をすると、否が応でも職場への妊娠報告が必要になります。妊娠を報告しないことによって、職場でトラブルになることも多いので、自分と赤ちゃんの身を守るためにも、妊娠の報告は必要なことです。では、妊娠の報告は、いったいどのようにして行えばよいのでしょうか。妊娠した時の職場への報告方法について解説していきます。

安定期に入ってから報告する

まず、妊娠を報告する時期ですが、大抵の人は妊娠が確定する10週目以降に報告するか、安定期に入ってから妊娠を報告することが多いようです。安定期は、一般的には妊娠16週目以降(妊娠5か月)のことを言います。夜勤がある仕事や、立ち仕事や力仕事の場合などは、妊婦や赤ちゃんにとって危険な状態になることもあるため、早めに職場に妊娠を報告することをおすすめします。

上司に報告する

職場に妊娠を報告するときは、まず直属の上司に報告するようにしましょう。同僚などから妊娠の報告をしてしまうと、人づてに上司に伝わることもあり、上司の気分を害してしまうこともあります。そのため、まずは直属の上司に妊娠を報告するようにしましょう。

今後の仕事をどのように考えているのか伝える

妊娠を報告された上司は、おめでとうという気持ちと同時に、今後の仕事のことを考えます。あなたが今後も仕事を続けたいという気持ちがあるならば、産休や育児休暇について話し合う必要があります。 または、仕事を辞めるつもりならば、引継ぎや、仕事を辞める時期についての話し合いも必要です。いずれにせよ、あなたが居なくなることで仕事に穴を空けるわけですから、おめでたいこととは言え、そういったこともしっかりと考えてから妊娠を報告するようにしましょう。

妊娠してからの仕事を退職するまでの流れは?

妊娠をしてから、仕事を辞めるという判断をする人も多いでしょう。妊娠をしてから退職するまでは、どういった流れなのでしょうか。妊娠をしてから仕事を退職するまでの流れについて解説していきます。

退職までの一連の流れ

妊娠をしてから、仕事を退職するまでの一連の流れは、以下の通りになります。 ①上司へ妊娠の報告をする ②退職の時期を決める ③上司以外の職場の人たちに妊娠を報告する ④業務の引継ぎを行い退職 退職をすると決めた場合には、上司に妊娠を報告する前に、いつ頃退職をしたいのか希望を考えておくとスムーズです。

出産手当金を受け取る場合は辞める時期に注意!

働いている女性で社会保険に加入している人は、出産をすると『出産手当金』という手当をもらうことが出来ます。しかし、この手当金は、会社を退職した場合には、退職後半年以内の場合にしか手当金が給付されません。そのため、出産予定日から逆算して、会社を辞める時期を考える必要があります。もしくは、社会保険の任意継続を利用しましょう。

妊娠と仕事の両立のポイントは?

妊娠をしても、今の仕事を続けたいと思う妊婦も多いでしょう。妊娠出産にはお金もかかりますから、出来れば仕事を続けて、安定した収入が欲しいと思う人は多いです。 しかし、妊娠をすると、どうしても体調が優れなかったり、精神的にも不安定になったりして、仕事との両立が難しくなってしまいます。妊娠と仕事は、どのようにして両立していけば良いのでしょうか。妊娠と仕事の両立のポイントについて解説していきます。

人間関係を円滑に!

妊娠をすると、つわりなどで体調が悪くなるのは、避けては通れないことです。職場の人も、『妊娠中だから仕方ない』と理解してくれるかもしれませんが、寛容に理解を示してくれる人ばかりではありません。 どうしても体調が悪く、仕事を休んだり、早退をしたりするときは、『ご迷惑をおかけします』としっかりと伝え、次回の出社のときには、お菓子などの差し入れを持っていくなど、言葉だけではなく、感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。 そういった少しの気遣いで、職場での人間関係を円滑にすることができます。職場での人間関係は、妊娠と仕事を両立するうえで、最も重要なことと言っても過言ではありません。

身体に異変があったらすぐに病院へ

妊娠中は、思わぬ身体の異変が起こることがあります。突然腹痛がしたり、不正出血が起きたりなど、身体の異変を感じたら、すぐに上司に報告し、病院へ行くようにしましょう。 仕事で無理をしすぎると、ストレスなどから切迫流産や切迫早産、また最悪の場合は流産してしまうこともあります。『仕事をしていたから』と、後に自分を責めることになりかねません。仕事を頑張るのは大切ですが、お腹の赤ちゃんのことを1番に考えるようにしましょう。

妊娠中に仕事をするのは迷惑?

先ほど『マタニティハラスメント』の事例を挙げましたが、妊娠中に仕事をするのは、果たして職場の人たちにとっては迷惑なことなのでしょうか。

頻繁に休まれるのはやっぱり迷惑

あなたも、他の人たちと同じように給料をもらって仕事をしているのなら、やはり頻繁に休まれるのは迷惑と思う人も多いです。妊娠中は体調が悪くなることも多く、仕事を休むことも多くなりますが、職場の人たちがあなたの仕事の穴を埋めているということを忘れないようにしましょう。

妊婦だから当然という態度はNG

妊娠をすると、仕事内容よっては、今までと同じように働くのが難しくなることもあるでしょう。例えば、妊婦だから夜勤が難しくなったり、立ち仕事や力仕事を他の人に頼まなくてはいけなくなるなど、『妊婦だから』人に頼んだり、頼ったりしなくてはいけないことも多いです。 ただし、これらを『妊婦だから当然』と思っていると、周りの人から迷惑に思われてしまいます。妊婦だから当然という態度は、絶対にとらないようにしましょう。

赤ちゃんのことを第一に考えよう!

妊娠をしたら、仕事を続けるか、辞めるか、ご自身の体調や、経済状況などから適切な判断をすることが必要になります。しかし、何よりも、お腹の赤ちゃんのことを第一に考えることが大切です。赤ちゃんと家族にとって、どんな選択をしたら良いのか、しっかりと考えて決断するようにしましょう。

関連タグ

アクセスランキング