IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

年末の挨拶メール例文|社外/社内/上司/友達/取引先/お客様

メール

忙しい年の瀬、年末の挨拶をメールで行うことは、もはや常識的になっています。年末の挨拶メールには、取引先や社内の同僚や上司などに、感謝や謝罪の気持ちを伝える力があります。そこで、年末の挨拶メールの書き方や例文を、送る相手別にご紹介します。

更新日時:

年末の挨拶メール例文

年末の挨拶メール例文

年末の挨拶メールにおけるマナーのポイントは?

基本的に年末の挨拶に限らす、挨拶は直接するべきものです。ただ、年末は慌ただしく、全ての人に面会して挨拶するのはなかなか難しいものです。そのため、メールや手紙で挨拶をしても失礼ではないということになっています。 メールを送る時に気を付けたいのは、自分から見て上の立場の人から順番に、挨拶のメールを送ることです。特に社内の場合は、順番が分かってしまう時があります。その時に順番が合っていないと問題になることがあります。複数の送り先がある取引先でも同様です。

上司へのメールの書き方

上司に送る年末の挨拶メールにおすすめの構成から見てみましょう。まずは、何はともあれ、今年一年、指導を頂いた事に関する感謝の言葉を書きます。 その際、単に「ありがとうございました」ではなく、具体的な事例を上げて、上司から学んだことや感じたことを伝えましょう。 次に、もし何か失敗してしまった事があれば、それに対する謝罪の言葉を書きます。これも、すぐに頭に思い浮かばなかったとしても、一年もあれば、上司に迷惑をかけたことや、助けられたことの1つや2つ、あるはずです。そして最後に、来年も今年と同様に指導をお願いする言葉を書くようにします。

上司に送る年末の挨拶メールの例文

○○(さん、役職名など) 今年も一年、大変お世話になりました。 特に○○のプロジェクトでは、資料の作り方や先方との交渉の段取りなどを一から教えて頂き、たいへん勉強になりました。ありがとうございます。 しかし、普段の仕事では単純なミスが多く、振り返れば、やり直しの指示を頂いてばかりの一年でした。その都度、○○(さん、役職名など)に余計なお時間を取らせてしまい、時には作業がやり直しになってしまうなどのご迷惑をおかけしたこと、深く反省をしています。 来年はそうしたミスの回数を減らすため、細心の注意を払って業務を行っていく所存ですので、引き続きご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 それでは良いお年をお迎えください。

社内へのメールの書き方

社内へのメールの書き方

上司に限らず、同僚や部下などの社内に対しても、年末の挨拶をメールで送ることに問題はありません。広く社内に送る場合は上司と違って、それほど文面に神経質にならなくても大丈夫です。 特に自分と年代の近い同僚に送る場合は、全員同じ文面で同報しても問題ありません。人数が多いと時間が掛かりますし、送った人と送らない人に分かれると後で揉める原因にもなります。 ただし部下に送る場合は、指導や激励を兼ねて個別に送る方が良い事もあります。その際は、具体的な出来事を振り返って書いてあげると良いでしょう。

社内に送る年末の挨拶メールの例文

○○部のみなさま 今年も残すところ、あと僅かとなりました。振り返れば様々なことがありましたが、無事に一年を過ごせましたのも、ひとえに職場のみなさまのご支援のおかげです。誠にありがとうございました。 特に○○のプロジェクトでは、各方面に多大なサポートを頂きました。この場を借りて感謝を申し上げます。 来年もまたご迷惑をおかけするかもしれませんが、引き続きご指導ご鞭撻を頂けましたら幸いです。 それでは皆様、よいお年をお過ごしください。

取引先へのメールの書き方

取引先に対しては、年末の休業前に1年間の感謝を伝えるメールを送り、合わせて年末の仕事納めと、年始の仕事始めの自分も知らせておくことがマナーです。 送る時期は、相手企業の最終営業日から数日程度前にします。ギリギリでは相手が見逃す可能性があるのと、最終営業日に向けて業務が繁忙していくので、多少なりとも余裕のあるうちが良いからです。 メールの文面については、取引先との関係性を考え、また1年間を振り返り、具体的な案件への御礼や来年への抱負を簡潔に記すようにすると良いでしょう。

取引先に送る年末の挨拶メールの例文

株式会社○○○○、○○部 ○○(様、役職名など) いつもお世話になっております。 株式会社○○の○○です。 早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。本年は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も更なるサービス向上を目指し、より一層の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 年内営業:12月○○日(○)○○時まで 年始営業:1月○○日(○)○○時より ※休業中の緊急連絡先:○○○-○○○○-○○○○(○○携帯) 期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。どうぞ良いお年をお迎えください。 新年もよろしくお願いいたします。

お客様へのメールの書き方

お客様へのメールの書き方

特定の企業と取引をしている場合は、個々に挨拶のメールを送りますが、母数が大きい一般の顧客に対しては、纏めてメールを送ることが多くなります。 その場合、文面は共通として、お客様へのこの1年のお取り引きやお付き合い、ご利用に関するお礼を述べ、誰にでも通用するようにしておきます。加えて問い合わせの窓口や休み中の緊急連絡先があれば、合わせて明記しておくようにしましょう。

お客様に送る年末の挨拶メールの例文

お客様 各位 いつもお世話になっております。 株式会社○○の○○と申します。 本年は格別のご贔屓を賜わりまして、厚く御礼申し上げます。 来年もスタッフ一同、お客様にご満足いただけるサービスを心がける所存ですので、本年と変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。 なお、年末年始の営業は下記のようになっております。 年内営業:12月○○日(○)○○時まで 年始営業:1月○○日(○)○○時より ※サポートセンター電話受付:12月○○日○○時で終了 期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 ○○様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

社外へのメールの書き方

クライアントや一般の顧客に送る年末の挨拶メールは、ビジネス的にフォーマルな体裁を取ることが求められますが、同じプロジェクトに関わる社外のメンバーや、取引先でも相手が同年代などで親しい関係性が作られている場合、一般的な年末の挨拶よりも砕けた感じでメールを送れることもあります。 そこで個人的な感謝や抱負を伝えれば、よりメンバーシップを強くすることが出来るでしょう。

社外に送る年末の挨拶メールの例文

株式会社○○○○ ○○部 ○○(さん、役職名など) いつもお世話になっております。 株式会社○○の○○です。 本年も大変お世話になりました! 相変わらず何かとバタバタな一年でしたが、○○(さん、役職名など)のおかげで、何とかこの年末も乗り切ることができました。ありがとうございます! 来年も引き続き、よろしくお願い致します。 年始となりましたら、またあらためてご挨拶をさせて頂きますね。 それでは、よいお年をお過ごし下さい! ※年内は12月○○日(○)まで、年始は1月○○日(○)より出社しております。 ※何かありましたら○○○-○○○○-○○○○(○○携帯)まで宜しくお願いいたします。

友達へのメールの書き方

友達へのメールの書き方

友達に対して年末に挨拶のメールを出す機会はあまりないかもしれませんが、例えばどちらかが喪中であると、年賀状が送れません。場合によってはクリスマスカードで代替することもありますが、相手によっては抵抗のあるケースも多いでしょう。手間も掛かってしまいます。 そこでメールで挨拶をしておくと、リーズナブルに気持ちを伝えることが出来るのでおすすめです。年賀状の代わりとするなら、近況報告や来年の抱負を簡潔に書くのが良いでしょう。

友達に送る年末の挨拶メールの例文

○○(さん、君、ちゃんなど) 今年ももうすぐ終わってしまいますが、元気でやってますか? こちらは、今年は春に祖母が他界しましたが、今はすっかり落ち着いてます。年賀状が送れないので、メールで年末の挨拶を送ります。 今年は夏にみんなで会おうと言ってたけど、予定が合わなくて残念でした。来年こそ飲み会しましょう。 そして最近は仕事が忙しくて運動不足のせいか、急に体重が増えてしまったので、来年はダイエットに挑戦したいと思っています。 ○○(さん、君、ちゃんなど)も体には気を付けてね。良いお年を!

先生へのメールの書き方

お世話になった先生に対して年賀状を出すことは多いと思いますが、ハガキの小さな文面では、時候のご挨拶の他にはほんの一言しか各スペースがありません。 そこで、年末にメールで先にある程度まとまった量の感謝を伝えておくという手があります。その上で年賀状も出しておくと完璧です。また友達の時と同様に、どちらかが喪中の時にも使える方法です。

先生に送る年末の挨拶メールの例文

○○先生 大変ご無沙汰しております。 ○○で先生にお世話になりました○○です。その際には何かとお時間を取ってご相談に乗って頂き、誠にありがとうございました。 現在は先生にご指導いただいたことを活かし、日々の業務に向き合っております。特に○○という教えに関しましては、何かで行き詰まった時にそれを突破する考え方として、私の支えになっています。 とは言え、少しは慣れたもののまだまだ社会生活で迷うことや分からないことも多いので、今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 ○○先生のご活躍とご健康を心よりお祈りいたします。 時節柄、ご多忙のことと存じます。お身体にお気をつけ、良き新年をお迎えください。

年末の挨拶メールへの返信

年末の挨拶メールへの返信

挨拶メールへの返信の書き方

さて、ここまで年末の挨拶メールへの送り方を見てきましたが、逆に誰かから年末の挨拶メールを受け取った場合の返信について、取り上げてみましょう。 まず、ビジネスにおけるメールの返信は当日中、遅くとも翌日までが期限です。やむを得ず、メールを見るまでに時間が掛かってしまった場合には、「返信が遅くなってしまいまして、誠に申し訳ございません」など、お詫びのメッセージを入れておくのが基本です。年末の挨拶メールも、たいていは最終営業日の数日前に届きますので、このルールに従って返信すればOKです。 返信内容は、最初に挨拶メールを受け取った事への御礼を述べる以外は、通常の年末のメールと同じで構いません。御礼だけでは片手落ちですから、自社の休業情報などもきちんと伝えるようにしましょう。

年末の挨拶メールへの返信の例文

株式会社○○○○ ○○部 ○○(様、役職名など) いつもお世話になっております。 株式会社○○の○○です。 この度はご丁寧に年末のご挨拶を頂き、ありがとうございました。 本年も○○(様、役職名など)には格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 年内営業:12月○○日(○)○○時まで 年始営業:1月○○日(○)○○時より ※休業中の緊急連絡先:○○○-○○○○-○○○○(○○携帯) 期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 来年も相変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。 どうぞ良いお年をお迎えください。 新年も引き続きよろしくお願いいたします。

年末の挨拶の訪問アポ取りメール

年末の挨拶の訪問アポ取りメール

訪問アポ取りメールの書き方

年末の挨拶メールは、基本的に相手を訪問する手間を避けるために送るので、通常は送った相手をわざわざ訪問することはありません。逆に訪問をするのであれば、そこで直接挨拶をすれば良いわけで、やはりメールを送る必要はなくなります。 しかし、年末は、1年の御礼の挨拶にかこつけて、普段あまり行くキッカケのない取引先に行くチャンスでもあります。もちろん、取引先への挨拶は直接訪問するのが一番ですから、伺うことに問題はありません。 とは言え、普段から顔を出している相手であれば、そのついでに挨拶をすればいいのですが、そうでない場合は、あらかじめアポイントをとってから訪問するのがマナーです。また忙しい年末ですから、長居は先方に対して失礼です。メールで希望する日付と時間帯を複数上げて選んで貰い、所要時間も伝えておくようにしましょう。

年末の挨拶の訪問アポ取りメールの例文

株式会社○○○○、○○部 ○○(様、役職名など) いつもお世話になっております。 株式会社○○の○○です。 本年も○○(様、役職名など)には格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。 来年も更なるサービスの向上を目指して、これまで以上の努力をしてまいりますので、より一層のご支援を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。 尚、当社の年末年始の営業予定は下記の通りとなっております。 年内営業:12月○○日(○)○○時まで 年始営業:1月○○日(○)○○時より ※休業中の緊急連絡先:○○○-○○○○-○○○○(○○携帯) 期間中は何かとご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。 なお、ご繁忙の折に恐縮ではございますが、ご挨拶にお伺いしたく、大変恐縮ではございますが、下記の時間帯の候補から15分程度お時間を頂けませんでしょうか? ・12月○○日(○)午後 ・12月○○日(○)午後 年の瀬のご多忙の折、大変恐縮でございますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

年末の挨拶メールの結び

ビジネスでのメールでは、相手に悪い印象が残らないよう、結びの言葉が大事になります。ビジネスメールの結びでよく使われるのは、「宜しくお願いいたします」などですが、年末に送るメールであれば、時候や健康、来年に向けての言葉を入れて行くのが一般的です。 ここでは、ビジネス的な関係の時に使う、あらたまった結びの言葉と、もう少し親しい関係の時に使える柔らかい結びの言葉をご紹介します。

年末の挨拶メールの結びの例文

あらたまった結びの言葉 ・来年も素晴らしい年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。 ・健やかな新年をお迎えになられますよう、心よりお祈り申し上げます。 ・来年もご指導・ご鞭撻のほど、宜しくお願い申し上げます。 ・本年も御愛顧を頂きましてありがとうございました。来年も宜しくお願い申し上げます。 ・年末ご多忙の折、お身体にはお気をつけて、良き新年をお迎えください。 ・心せわしい年の暮れ、御多用とは存じますが、何卒お気をつけて年末をお過ごしください。

柔らかい結びの言葉 ・来年も素晴らしい1年になりますように! ・どうぞ穏やかな新年をお迎えください。 ・今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。 ・本年もご愛顧ありがとうございました。来年もよろしくお願いします。 ・風邪など引かず、健康には十分にご留意ください。 ・何かと忙しい毎日ですが、元気に年末を乗り切りましょう。

年末の挨拶メールは迅速に

年末の挨拶メールは迅速に

いかがだったでしょうか?ここまで、年末に送る挨拶メールの書き方や例文をまとめてきました。年末の挨拶メールはビジネスマンにとって、大事なものだということが分かったと思います。 挨拶メールは、上手く活用すれば相手との関係をより良好なものにしてくれます。しかし、年末に近づくにつれて、ビジネスマンは次第に忙しい時期へと差し掛かります。 社外や社内に向けた挨拶文は手早く作り、円滑に一年が終われるようにしなくてはなりません。ここで紹介した例文を使って、迅速に年末の挨拶メールを送ってください。

関連タグ

アクセスランキング