IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

不採用の電話での対応方法|面接結果/書類選考/バイト/就職

ビジネスマナー

今まで企業へ面接に行って採用・不採用の連絡をもらうとき、どのような電話の受け答えすればいいのか迷ったことはありませんか?意外と知らない受け答え方法ですよね。人生のうちで何度もあることではないのですが、この記事を読んで機会があれば参考にしてみてください。

更新日時:

不採用の電話での対応方法

不採用の電話での対応方法

不採用の電話が来たとき、どのように対応すればいいのか知っていますか?よくあることではないので、どのような対応が適切なのか知らない人がほとんどですよね。この記事では、そんな不採用の電話がきたときの電話のマナーを紹介していきます。しっかり覚えておきましょう。

バイトや就職先の面接結果の不採用の電話

バイトや就職先の面接結果が不採用だった場合、電話で知らせが来る場合があります。そんなときの対応方法について説明していきます。 不採用と告げられたとき、どの場合もそうですが「はい、そうですか。わかりました。」で電話をきるのではなく、かならず感謝の気持ちを伝えましょう。なぜ不採用になったのに、感謝の気持ちを伝えなければいけないのかと思う人もいるかもしれませんが不採用になったことと、マナーや常識は別です。不採用といわれてすぐに電話を切ったりせず、「わかりました。今回はありがとうございました。」と伝えるようにしましょう。 感情的になって、八つ当たりのような態度をとってしまうことは社会人としていけないことです。面接を受けさせてくれてありがとうくらいの気持ちで電話を受けるようにしましょう。

書類選考での不採用の電話

書類選考で不採用になってしまった場合も、上記のように感謝の気持ちを伝えることが大切です。書類選考の場合、なぜ不採用になってしまったのかという理由を教えてもらえないことがほとんどです。訪ねても、ごまかされてしまうでしょう。それは、不採用にこれといった理由がないことが多いです。 書類選考している人は一人ではないので、不採用の理由をまとめるのも時間がかかることでしょう。また、伝える側としても「ここがダメです。」と伝えるのは心苦しいところです。次の書類選考などに、不採用の理由を聞いて生かしたいという気持ちはわかりますが明確な理由は残念ながら聞くことはできないでしょう。

中途採用での不採用の電話

中途採用の人の場合、早く結果が知りたい人が多いです。不採用通知が早ければ早いほど次の企業をはやく受けることができます。実は、不採用の連絡は、不快に感じる人が多いので少し遅めに連絡しているだけで、すぐに採用・不採用が決まっている企業がほとんどなのです。 なので、早く採用か不採用かを知りたい場合は自分からこの日までに知りたいということを伝えておきましょう。そうすれば、ほとんどの企業が応じてくれることでしょう。電話で不採用と告げられた際も、丁寧に受け答えすることを心がけましょう。自分から期限を提示していた場合は、そのことについてのお礼も忘れずに伝えましょう。 落ちていることはわかっていた、というような態度で電話に出るのは、電話をくれた相手にも失礼になるので止めましょう。電話をくれた人は、面接をした人でも採用・不採用を決めた人でもありません。きちんとした電話対応を心がけましょう。

不採用の連絡は電話でくるの?

不採用の連絡は電話でくるの?

そもそも、不採用の連絡は電話が一般的なのでしょうか。手紙で来るのか、電話で来るのかドキドキしますよね。最近では、メールで知らせてくれる企業も増えているようです。会社によって違いはありますが、採用・不採用の時の連絡方法について説明していきます。

採用・不採用の連絡方法

一般的には、電話かメールで連絡する企業が多いようです。大きな企業の場合はメールが多いようです。しかし、中には採用の場合のみ連絡して不採用の場合は連絡がないという企業もあります。その場合は、不採用の場合は連絡しませんと説明があります。不採用の場合の連絡がないのは、受けた側にしてみれば不安ですよね。なぜ、不採用の場合は連絡がない企業があるのでしょうか。 不採用の場合、連絡がない理由は手間がかかるという理由です。採用者と不採用者の人数を比べてみると不採用者のほうが多くなります。面接をしたひと全員に電話やメールで連絡しなくてはいけなくなり、大手の企業の場合はかなりの人数になります。 採用者への電話連絡だけでも、留守の場合はかけなおしたりと手間がかかるのに、不採用者にまで連絡ができないのです。郵送の場合は、書面制作のあと発送することになり、経費の面でも費用が掛かってきます。そのため、不採用の場合は連絡がない企業があるのです。どうしても気になる場合やすっきりしたい人は、自分から連絡して聞くことをおすすめします。

不採用を電話で伝える方法

不採用を電話で伝える方法

不採用です、と電話で伝えるのは心苦しいです。時間を割いて、面接に来てくれた人をできるかぎり不採用にしたくはないでしょう。しかし、全員を採用にすることはできません。どのような言葉選びをして不採用ということをつたえればいいのか説明していきます。

電話での伝え方

電話で不採用を伝える際は、結果のみをきちんと伝えることが大切です。電話をする前に、台本のようなものを作っておくほうがよいでしょう。最初は、面接に来てくれたことへの感謝の気持ちを伝えます。そのあとで、不採用になったことを伝えます。不採用の連絡だからと言って適当な言葉使いや言い方をするのはやめましょう。これから先、また縁があるかもしれないということを頭に入れてしゃべりましょう。 例文 「この度は、○○会社への応募誠にありがとうございます。厳正な審査をした結果、残念ながらっ今回のご採用は見合わせていただくことになりました。ご希望に沿うことができず申し訳ありません。ご理解いただけれは幸いと存じます。ご応募いただいたことに深く感謝いたします。」 このように、事実を伝えたうえで感謝と申し訳ない気持ちを伝えましょう。できるだけ丁寧に対応するのが基本です。

文章での伝え方

次に、不採用の連絡を電話ではなくメールや手紙で伝える場合の文章の書き方を説明します。不採用の連絡のことを「不採用通知」や「採用の断り状」といいます。不採用の連絡をするとき、不採用になった理由には触れないことが普通です。しかし、文章にした時に不採用の理由なしではすこしあっけないような印象になります。不採用の理由を書いていても書いていなくても、不採用になっている事実は変えられません。なので、少しでもあっけない印象を付けないようにちょっとした不採用の理由を書いて送るのも受けとる側からすれば、気持ちも変わってくるのではないでしょうか。 例文 「この度は、○○会社へのご応募誠にありがとうございます。さて、先日の採用試験の結果につきまして、慎重に審査した結果誠に残念ながら今回は採用を見送らせていただくことになりました。理由として、今回の応募では採用予定人数が若干名の中、多数の応募があったため、ご希望に沿うことができませんでした。何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。」 このように、個人のダメだったところを的確に描くのではなく、不採用の理由をやんわりと伝えたほうが良いでしょう。

不採用でもあきらめない気持ち

不採用でもあきらめない気持ち

いかがだったでしょうか。不採用になってしまったときの電話対応の方法や、不採用の伝え方について説明してきました。機会があれば参考にしてみてください。不採用になったからと言って、電話の相手に八つ当たりしたりせず、「縁がなかった」と思うようにして、次へ進みましょう。 不採用だったからと言ってマナーや常識のない受け答えをしてしまうと、もしこれから先、関わりがあったときに困ります。感情的にならず、相手に「不採用にしなければよかった」と思われるような態度で受け答えしましょう。不採用になったからと言って、実力がなかったというわけではありません。深く考えず、次受ける企業にいい印象を持ってもらえるように、できることからはじめましょう。

自分にあった職場を探すなら!

自分の希望に沿った企業を探すことや、 そんな企業から内定をもらうことって、どのようにすればいいかわからず不安ですよね。 そんな時、就職先を一緒に探してくれたりアドバイスや練習に付き合ってくれるのが、転職エージェントです。 転職エージェントを使うと、就職の成功率もグンと上がりますよ。 どの転職エージェントを使えばわからないという人は、Mayonezが口コミから調べた転職エージェントランキングをチェックしましょう!

短期・単発のアルバイト探し!

短期・単発アルバイトや、日払い・日雇いバイト探しキャストポータルにお任せ! キャストポータルはフルキャストが運営する登録制アルバイトサイトです。

関連タグ

アクセスランキング