IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

人間嫌いな人の特徴・性格・心理|仕事の仕方/恋愛

初回公開日:2017年08月08日

更新日:2020年06月19日

記載されている内容は2017年08月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

自己啓発

日常生活において、人間が嫌いになったことはありませんか。世の中には人間嫌いな人は意外といます。人間嫌いの人の特徴や性格・心理をはじめ、人間嫌いを克服する方法などをまとめてみました。人間嫌いに関する本の紹介などもピックアップしてみました。

人間嫌いな人の特徴・性格どんな人か

世の中には人間が苦手、嫌いという人もいます。もちろん、人間が好きだという人もいます。しかし、なぜ人間嫌いな人たちは人間が嫌いになってしまったのでしょうか。また、人間嫌いの人の特徴や性格について調べてみました。

コミュニケーション力が低い

人間嫌いな人の特徴として、コミュニケーション力が低いことが挙げられます。コミュニケーション力が低いと言うことは、人と話す時や行動している時にどうしたら良いのか分からず、うまくコミュニケーションを取ることができないので、人と接することが嫌いになってしまうのです。

他人から嫌われていると感じている

人間嫌いの人は、周りから自分がどう思われているのか気になる人が多いです。中でも、他人から嫌われていると考えてしまうことが多く、ほとんどの人間嫌いの人が考えてしまう気持ちです。 しかし、他人から嫌われていると感じている気持ちは、本当は嫌われていなくても、人間嫌いの人の思い込みであることがほとんどなのです。

他人と自分を比較してしまう

自分と他人を比較してしまうことは、嫉妬や劣等感などを感じれば誰しもが思ってしまうことでしょう。しかし、人間が嫌いな人はどんなことでも自分と他人を比較してしまいます。 通常であれば自分と他人を比較することによって、負けられないという気持ちが高まり、成長することができ、プラスの方向へと向かうことができます。 しかし、人間嫌いの人は、他人と自分を比較しすぎてしまう傾向があります。比較しすぎるあまり、劣等感や嫉妬などの気持ちが大きくなり、プラスの方向へと向かうことができなくなってしまうのです。 その結果、他人との関わりを拒絶し始めるきっかけになり、人間が嫌いという気持ちが生まれてしまうのです。

そもそも他人に興味がない

人間が嫌いなのではなく、そもそも他人に興味がない。他人と関わることが面倒と感じている人は、人間嫌いであることが多い傾向にあります。人間が嫌いじゃないけれども、一人でいたい。一人の時間が欲しいという人に多いタイプでもあります。

自分の世界だけで生きているのが好き

人間が嫌いな人のほとんどは、自分の世界だけで生きていることがほとんどです。自分の世界だけで生きて、他人を寄せ付けなければ、そこにいるのは自分だけなので心身ともに楽になります。 特にこの特徴、性格の人は、一人でいることを好みます。そのため、買い物やカフェなど一人で過ごすのはもちろんのこと、仕事も極力人と関わらないような仕事をしています。工場や自宅でできる内職などが代表的です。 また、他人といること自体が面倒に感じている人が多いため、恋愛なども興味がなく、むしろ恋人、友達がいることがうっとおしいと感じている人もいるのが特徴です。

人間嫌いかどうか診断できる!簡易チェック項目

人間嫌いといっても、自分で人間嫌いを自覚している人もいれば、気づかないうちに人間嫌いになっていたというケースもあります。人間嫌いかどうか簡単に診断できるチェック項目を作成しましたので、自分は人間嫌いになっていないかチェックしてみましょう。

□多数の人の前では緊張してしまい、話せなくなってしまう。 □一人でご飯を食べるほうが気が楽だ。 □自分の弱みやダメなところを人には見せたくない。 □他人から自分は嫌われていると思う。 □人に合わせるのがしんどいと感じる。 □人から何度も裏切られた経験がある。

2~3つ以上当てはまった人は、人間嫌いの可能性が高いでしょう。他にも、細かく人間嫌いをチェックするための診断サイトはたくさんありますので、いくつかご紹介いたしましょう。利用してみて詳細にチェックしてみてはいかがでしょうか。

おすすめの人間嫌い診断サイト

人間嫌いな人の心理って?

では、人間が嫌いと思っている人の心理状態はどのような状態なのでしょうか。なぜ人間嫌いになってしまったのか理由もピックアップしてみました。

人と関わりたくない

人間嫌いの心理の大きな特徴としてあげられるのが、人間と関わることが嫌だということです。この心理に関しては最初の方に述べた通りで、人とのコミュニケーションを取るのが苦手な人もいれば人に興味がなくてうっとおしいと感じている人は、人間と関わることを避けようとします。 理由は人によって様々ですので、一概にはこういう心理であるということをハッキリとさせるのは難しいでしょう。それでも、人間を嫌いと感じている人の心理には多い特徴です。

人間が怖い

小さい頃や過去に人に裏切られた、恐ろしい経験をしている人は人間が怖くなってしまい、最悪の場合は人間嫌いになってしまうケースがほとんどです。人間が怖くて人と関わりたくないというパターンも考えられます。 他人から嫌われていると感じている人の心理も人間が怖いと思っているケースもあります。また、日頃のニュースなどを観ていて、殺人や誘拐などの人間の心の闇が見えるネガティブな話題を気にしてしまうのも、人間を怖いと感じてしまいます。 ネガティブ話題ばかりを気にしてしまう人は、世の中にはそういう人もいれば、良い人もいるという線引ができていないため、偏った心理となります。

自分が嫌い

人間が嫌いな人のほとんどは、自分のことが嫌いである傾向が強いです。自分の容姿や性格にコンプレックスを抱いている場合『こんな自分を好きになってくれる人はいない』と思っていることが多いです。 この心理は、強く持ってしまうと『他人は自分に対して攻撃的で批判をしてくる』という思い込みを持ってしまいます。そのため、自己防衛とともに心のバリアを張るため、他人を寄せ付けないようにしてしまいます。

過去に人から裏切られたことがある

人間を嫌いになるきっかけは、過去にショックな出来事や人間を信じられないような出来事が起こってしまうと人間を嫌いになってしまうケースがほとんどです。確かに人間は絶対に裏切らないとはかぎりません。 人間嫌いな人は一度だけではなく何度も人から裏切られたり、人間嫌いになってしまうような不信感を抱く出来事を経験していることが多いです。このような心理の人は、人間不信であることが考えられます。

自分を否定されるのが怖い

人間が嫌いな人の一部では『自分を否定されるから人間が嫌い』という心理の人もいます。この心理は、小さい頃の親の教育などにも影響されている場合があります。 小さい頃から褒められずにやることなす事全てを否定されてきて育ってきた人は、常に他人は自分を否定しているのではないかと考えるようになってしまいます。そのため、自分を否定されるのが怖い、自分を否定してくる人間は嫌いという思考に至ります。

人間嫌いの克服方法はあるの?

人間嫌いの人が人間を好きになるにはどうしたらいいのでしょうか。人間嫌いを克服するためのヒントをいくつかピックアップしてみました。人間嫌いを改善したいと考えている人は、参考にしてみてはいかがでしょうか。

自分が心を許せる人を見つける

人間嫌いといっても、完全な人間嫌いな人は実はいません。人間嫌いな人でも一人や二人は、気を許せる人というのが存在するでしょう。 それは、自分が心を許せる自分のパーソナルスペースに入ってきても大丈夫だと感じる人を見つけることが、人間嫌いを改善するためのステップです。 人間不信で人間嫌いになってしまった人はこの方法では難しいですが、いつかは自分にとって『この人は大丈夫』だと感じることができる人に出会えるはずです。 まずは、自分と同じ心理状態にある人と話せる機会があれば、一緒に人間嫌いの気持ちを共有してみることも改善策の一つです。

相手に対して過度な期待をしない

人間嫌いの人で多いのが、相手に期待しすぎているため相手から万が一裏切られた時のダメージが大きく、人間不信になり人間嫌いになってしまうケースがほとんどです。人間不信になってしまった場合は、人間に対しての信頼回復よりも、まずは相手に過度な期待をしないことを意識することが重要となってきます。 まずは、相手と話をしてみて相手の情報を知ってから、相手に対して過度な期待を抱かずに、相手を見守ることが過度な期待をしないためのコツとなります。

悩みなどを相談できる相手を探す

ちょっとでも良いので、相手に心を開く練習をするには、自分が悩みを相談できる人を見つけることが大切です。家族にすら相談することが嫌だと感じている人は、匿名掲示板でも良いですし、悩み事を匿名で相談できる電話もあります。 匿名掲示板は、インターネット上に残るものですので、自分の書き込みを残したくないという人は、電話で相談してみるのもいいでしょう。一番いいのは、家族や友人にちょっとでも心が開けるなら、その人を相談相手にしてみるのが、人間嫌い克服への一歩を踏み出しやすいです。

公園などを散歩する

とにかく人間が嫌いで外に出るのも億劫だと感じている人は、自分のペースで良いので外の世界へ出かけてみましょう。公園でも良いですし、その辺を散歩するのでも大丈夫です。時々、自分に親切にしてくれる人が現れることでしょう。 散歩をすることによって、様々な人と会いますが無理に話をかける必要はありません。ただ人々を観察してみて良いところがないか探してみるのも、人間嫌い克服の大きなヒントとなるでしょう。

人間嫌いな人はどう生きたらいい?

人間嫌いを克服しようとしても、人間嫌いはなかなか改善できるものではありません。では、人間嫌いなままで生きるにはどうしたらいいのでしょうか。生き方のヒントをご紹介いたします。

最低限のコミュニケーションだけは取るようにしよう

人は、人間として生活している以上は誰かしらとコミュニケーションを取らなければ生きてはいけません。そのため、挨拶や仕事、買い物などの最低限のコミュニケーションだけは取れるように努力していかねばなりません。 どんなに人間が嫌いであっても、今日会った人が毎日のように会う確立は、限りになく低いです。日常生活においての最低限のコミュニケーションは取れるようにしておくと、人間嫌いであっても人間社会では生きてはいけるでしょう。

ストレスを極度に溜めすぎないこと

人間嫌いになると、負の感情しか湧いてこないというケースが多いため、自分の趣味すらないという人もいます。しかし、人間を嫌うあまりストレスを極度に溜めてしまい、最悪の場合は自殺に至ってしまう人もいます。 仕事や学校などのコミュニケーションがとれない、日常生活においても人と会話するのがつらいなど、人間が嫌いなのに、毎日コミュニケーションしなければならないシーンが多くあります。

そうしていくうちに、知らず知らずのうちにストレスを溜め込んでしまう場合があります。 この改善策は、一人の時間をつくることによって、軽減されるのであれば一人の時間を大切にしたほうがいいでしょう。 ストレス発散方法は人によって違ってきますので、自分の心が安らぐ、リラックスできるような環境を作ってみると少しは、生き方が楽になるでしょう。

人間が嫌いな人は結婚は?

人間が嫌いな人は、結婚はどうしたらいいのでしょうか。答えは、無理には結婚しなくても大丈夫ということです。人間が嫌いな人の多くは、一人が好きで、一人でも大丈夫な人がほとんどです。 もし、人間嫌いだけれども自分は結婚ぐらいはしたいと思ったら、自分と同じく人間が嫌いだと考えている人と出会うことが、人間嫌いな人が結婚しやすい環境といえるでしょう。

人間嫌いに関する本をご紹介

人間嫌いを克服するためには、様々な意見を聞くことも大切です。その一つが本です。人間嫌いを克服するためのヒントがたくさん詰まっています。誰にも頼ることができなくなった時、本に頼ってみてはいかがでしょうか。

自分に合った生き方をしよう!

いかがでしたでしょうか。今回は、人間嫌いな人についての特徴や性格、克服方法などをピックアップしてきました。 人間関係は難しいもので、人はいつ裏切ってくるかも分かりません。人間を100%好きになれとはいいません。 しかし、人に生まれた以上は人間としての人生を思い切り楽しむことも大切でしょう。人間嫌いな人は、少しずつで良いので人間が好きになれるきっかけをみつけてみましょう。

それが難しい人は、この先の人生をどう一人で生きるのか人生設計をたててみるといいでしょう。『自分が人間と関わるべきでない、やっぱり人間は嫌いだ』と感じる人は、そう感じても良いでしょう。誰もその生き方には反対はできないはずです。自分に素直に明るく前向きに生きていきましょう。

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか? じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。 「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」 そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。 マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。 もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫! まずは無料会員登録してみましょう!

関連タグ

アクセスランキング