IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

看護師の平均初任給|初任給が高い病院特集・大卒と専門卒での違い

年収・給与

看護師の平均初任給や手取りなど気になる情報をピックアップし、まとめてみました。また、大卒と専門卒の初任給の違いもチェックしていきましょう。これから看護師になる方や看護師を目指す方はぜひ、この記事をチェックしてみてください。

更新日時:

看護師の平均初任給(一般平均年収との比較)

看護師は病院に勤務し、人々の生活に寄り添う昔から人気のある職種です。病院などで親切にされたり人を助ける仕事がしたいと考えている人で看護師を目指している方も多いのではないでしょうか。看護師を目指すなら、看護師の初任給を知ることも大切なことです。

看護師の初任給は高卒、大卒の全体平均基本給が26万円~27万円と給料が安い社員と同じくらいの初任給です。平均年収と比較すると、平均年収が519万円ほどで、月収にすると30万円前後が一般的といえるでしょう。初任給と比較しても2万円差は大きいといえるでしょう。しかし、看護師は勤務先によっても給料や初任給は違ってきますので、こちらで紹介しているのはあくまで平均的な数値です。

看護師の初任給の手取り

看護師の1年目、2年目の初任給、手取りについて

続いては、気になる看護師の1年目の初任給、そして2年目の給料についてです。さきほども平均初任給をご紹介しましたが、実際の看護師の初任給と2年目の手取りは、およそ20~23万程度です。 基本給としては、19万が基本でそこに残業代となる夜勤をプラスすると夜勤手当が3~4万もらうことができます。合計で月収が20~23万ほどになります。一見、看護師は給料が高いと思われがちですが、一般的な時給900円~1000円程度のアルバイトをやって稼げるレベルの初任給、給料であるため、生活をしていくには厳しい面もあるでしょう。

看護師の初任給が高い病院ランキング

看護師は職種全てが手取りで20~30万程度というわけではなく、実は勤務先の病院によって貰える初任給が違ってきます。もし務めるなら、初任給が高い病院に就職したいものです。 そこで、看護師の初任給が高い病院ランキングを色々なサイトから調べてランキングにしてみました。初任給が高ければ、給料も多めなので生活には困ることはないでしょう。病院ごとに解説もしていきます。※掲載している初任給・給料は金額が一番高いものを掲載しています。

5位:北海道大学病院 198,300円(看護学校卒)

北海道にある大学病院です。基本給は本学規定(国家公務員給与法に準ずる)給料となっています。初任給は看護系大学卒で、198,300円。助産師学校卒で201,100円。短大(3年)卒で188,900円、専門学校卒で 188,900円となっています。 各種手当は、通勤手当・住居手当・寒冷地手当(北海道ならではの手当です)・超過勤務手当など様々な手当が適用されてるので、実質的な手取りは20~25万ほどでしょう。

4位:京都大学医学部附属病院 218,130円(4年制大学卒業者)

京都にある大学病院の一つです。看護師としての初任給は、4年制大学を卒業している場合は218,130円と高めです。短大3年か高等看護学校を3年卒業している場合は207,790円と短大卒と看護学校卒であっても初任給が20万というのは高めでしょう。さらに手当は、夜間看護手当や超過勤務手当なども付きますので、実質的な手取りは20~30万ほどでしょう。

3位:大阪大学医学部附属病院 222,096円(4年制卒)

大阪の大学病院です。看護師の初任給は4年制卒で222,096円円と看護師の平均初任給を軽く超えています。さらに注目したいのが、通勤手当から夜勤手当まで各種手当が充実しているのと、年2回のボーナスがあるという点です。看護師として働くには十分な生活がおくれる病院ではないでしょうか。

2位: 東京医科歯科大学医学部附属病院 306,786 円(看護大卒)

東京にある歯科の大学病院です。初任給は看護系の大学を卒業するだけで306,786円と看護師の平均初任給では上流階級なクラスです。さらに夜間手当や調整手当、ボーナスが年2回、昇給が年1回と給料アップの多い病院です。

1位: 東京大学医学部附属病院 307,373円(4大卒)

東京の大学病院で堂々の第1位です。看護師の初任給は、4大卒で307,373円ととても高くもらうことができます。ただし、看護師としての実務経験が3年の場合の金額となります。4大卒の初任給も高いですが、3年卒の初任給も301,854円と高めです。 各種手当とボーナスを含めても総額で40万円程度貰えるということになります。東京大学医学部附属病院は有名で大きな大学病院なので、生活を安定させて働きたいという人にはおすすめの大学病院といえるでしょう。

大卒と専門卒の初任給の違い

看護師の初任給には、大学卒と専門卒では大きく金額が違ってきます。では、大卒と専門卒の初任給の違いにはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれの初任給の特徴と注目したいポイントをご紹介しましょう。

大卒の初任給について

看護師の大学卒の初任給は全体的に高めの印象があります。大学卒業といっても、4年制は多いですが、場合によっては3年制の大学卒業者もとっている病院もあります。さらに看護師系の大学だとさらに多く初任給がもらえるという特徴を持ちます。 生活に安定を求めている人、高めに稼ぎたいという人は、看護師系の学校でも構いませんので、大学卒業をしておくといいのではないでしょうか。

専門卒の初任給について

続いて、専門卒の初任給についてですが、看護師の場合、短大卒と専門卒は同じくらいの扱いとして見ているところがほとんどです。すぐに卒業後で働くことができるという点では専門卒、短大卒は4年制大学に勝ってはいますが、初任給、給与面ではどうしても4大卒に負けてしまいます。 高校を卒業後、給料は安くても良いからすぐに働きたいという人は専門学校または短期大学に通うということも選択肢の一つといえるでしょう。ただ、安定感のある生活を求めるなら、看護師にならずに医療事務の資格を取り、給料の良い病院に務めるという道もあります。

病院によって初任給は違ってきます

序盤でも述べました通り、病院によって初任給は大きく違ってきます。Aという病院が手取りで25万だとしたら、Bという病院は手取りが30万という病院もあるのです。こちらで紹介しているのは、あくまで例なので平均的な初任給は20万とアルバイトのような金額ですが、個人病院よりも大学病院のような大きな病院で就職をすると、初任給が高いということが分かります。

また、病院ごとに設けられている各種手当も初任給、給料には大きく関わってきます。夜間手当や超過勤務手当、住居手当などの支給があるため、基本給に加えて2~3万円程度足すことによって、平均で20~30万という数字になるのです。 まずはどういった病院に務めたいのかを決め、たくさんの病院をピックアップして初任給を調べておく必要があります。いくら雰囲気の良い病院であっても初任給や給料が低ければ低いほど生活は困難となってきますので、初任給をしっかりチェックしておく必要があるでしょう。

看護師の初任給の相場(新卒・第二新卒)

初任給の平均的な金額が分かってきたところで、気になってくるのが看護師としての新卒または第二新卒の初任給です。看護師を目指すのであれば、初任給の相場を知ることも看護師になるための知識です。しっかりとチェックしておくことが大切になってきます。

看護師の新卒の初任給の相場

看護師の新卒での初任給の相場は20万くらいが目安だといわれています。2007年から毎年上昇傾向にあり、2013年からの相場としては2%上昇しています。しかし、病院によっては寮費、制服代などから差し引かれる場合も考えられますので、初任給としての実質的な金額は、2~3万引いた額が手取りと考えていいでしょう。

看護師の第二新卒の初任給の相場

看護師の第二新卒は新卒として病院に就職後、1年以内に退職をした人が対象となります。数々の病院を受けてやっとの思いで就職できたけれども、合わなかった。ブラックな病院だったなどの理由から1年以内で辞めている人はそう少なくはありません。 基本的には第二新卒の看護師であっても新卒と同じように扱われる為、実際の第二新卒の初任給はだいたい20万円程度とみていいでしょう。これには理由があり、第二新卒であっても経験があれば不足分の看護師を補えるからです。 しかし、第二新卒で入った看護師の欠点は、1年目のボーナスが少なめだという部分です。そういう意味では第二新卒での看護師への就職はある程度の覚悟は必要だということです。

ベテラン看護師になればなるほど収入は上がる?

看護師は初任給からの給与が固定で20万円ということではありません。看護師も年に1度の昇給制度を設けている病院が多く、年収はアップしていきます。もちろん、各種手当分の金額も視野に入れておけば、かなり稼げることでしょう。 しかし、一見ベテランになればなるほど、看護師の収入は上がっていくと考えている方は多いでしょう。看護師も人間の一人なので、歳を取ります。歳をとるとどうしても夜勤が難しくなったり、手当分の仕事量が減らされることになります。 そういったこともあるので、看護師になってある程度の歳になったら専門看護師、認定看護師などの資格を取得するといいでしょう。これらの資格を取得することによって管理職になり、収入をアップさせているという話も聞きますから、まずは自分が良しとする所まで働くことが大切です。

看護師の初任給は地域差があることも

病院によって看護師の初任給が違うように、実は地域によっても初任給の地域差が出ているのです。一般的に初任給の給料が高いといわれているのが、東京・神奈川・埼玉・大阪などがあげられます。これらの地域は他と比べてしまうと、看護系大学卒だと210,000円以上と多めなのが特徴です。看護学校3年卒の場合は、180,000円と低めです。 対して、看護師の初任給が低い地域では、190,000円とあまり高い印象ではありません。生活をしていけるのかは考え次第の金額ではありますが、看護系大学を卒業しているだけでも1万円のアップで190,000円ほどとなっています。逆に看護学校3年の場合は、約18万円が相場となっています。

看護師の初任給でチェックしておきたいポイント

いかがでしたでしょうか。今回は看護師の初任給について色々と情報をチェックしていきましたが、看護師を目指す上では必ずチェックしなければならない部分でもあります。当然、いくら看護師の仕事が好きであっても、初任給やこれからもらう給料が安いと生活に支障が出てしまいます。 最後に看護師の初任給でチェックしておきたいポイントを3つほどまとめてみました。時間がないという人はこの項目だけ読めば看護師の初任給相場を知るということでは手っ取り早く知ることができるでしょう。

ポイント1:看護師の平均初任給は手取りで20万円ほど

看護師の平均な初任給は20~21万円が相場です。卒業する学校の種類によっては、専門学校卒や短期大学卒だと20万円よりも下の金額となります。19~20万円が基本給として、そこに夜間手当や超過勤務手当などの手当分の給料が上乗せされることになります。実質的な手取りの金額を考えると20~23万円程度が平均的な看護師の初任給といえるでしょう。

ポイント2:病院、地域によって大きく金額が変わってくる

看護師の初任給は平均では20万とはいえ、勤務先の病院や地域によって高い低いがあります。高い地域では、平均の20万円代をクリアすることができますが、低い地域では手取りでも18~19万円ほどと少なくなってしまいます。 病院も個人病院や区で運営している病院ではなく、大学付属の医学病院に就職をしたほうが全体的な収入としては安定することでしょう。また、大学病院に勤務しておけば、歳による退職から他の病院に移る際に、実務経験的な意味と最先端の技術を持つ大学病院にいたという大きなアピールにもなるのです。

ポイント3:ほとんどの看護師は毎年昇給がある

看護師は初任給から給料が固定されてはいません。ほとんどの病院では看護師にも昇給制度を設けている所があります。そのため、看護師の平均的な収入は月収でおよそ30万円ほどだといわれています。 ただ、ベテランになればなるほど歳のせいで夜勤ができなくなってきますし、体力的な面での仕事量も減ってきてしまいます。ある程度の歳になったら結婚をし、夫の収入に任せるということも考える必要があるのです。 もちろん、大学病院だけではなく、退職後は看護師関連の資格を取得し、管理職として働く選択肢もあります。看護師には昇給制度がありますが、その昇給でお金持ちになれるわけでもありませんので、将来のこともよく考えながら看護師を目指すことが大切です。

具体的な目標を持って看護師を目指そう!

看護師は夜勤勤務や超過勤務手当が出るほど、ハードな仕事だといわれています。一般的に看護師の給料が高いのは、看護師の人手不足もありますが、多くは看護師学校を卒業してきた技術的、知識的な面では大いに役立つ仕事です。もちろん、毎日同じことを言っているような患者とも平等に接しなければなりません。 そのハードな仕事を請け負うということは仕事相応の給料ということになりますので、看護師を目指すなら初任給のこともしっかり考えて、勉強をしていかなければならないのです。まずは、看護師を一から目指している方は、給料が良い看護系の大学を目指すことが第一の目標として向かっていくことが大切なのではないでしょうか。

関連タグ

アクセスランキング