IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

好きな子との妄想を思わずしてしまう瞬間・好きな子に送るLINE文

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

人の恋愛感情は一目惚れでもしない限り、すぐには動きません。なので、LINEや電話、デートなどでゆっくりと好きな子との距離を詰めることを意識しましょう。しかし、時間がかかることで焦る気持ちも生まれます。そんなときは意外と妄想なども有効な手段になります。

好きな子との妄想を思わずしてしまう瞬間

恋愛をしていないと生きていけないという人が恋愛をすると、好きな子のことで頭がいっぱいになってしまいます。好きな子と結ばれるまでには、きっと付き合えたら、こんなデートがしたい、こんなことを言ってもらいたいなど妄想も止まらないことでしょう。 好きな子との明るい未来を想像することは悪いことではありません。むしろ、ポジティブな感情は、好きな子に対する行動やLINEのメッセージなどのアプローチに不可欠なものです。

LINEでしてしまう妄想

好きな子が何してるのかふと気になるときについつい妄想してしまいます。LINEで「今何してる?」と質問した後に「ご飯作っている」、「テレビを見てる」などと返信があると、「ご飯は何が好きなのかな?」、「流行りのドラマ見てるのかな?」、「一緒に見たい!」と、どんどん妄想が膨らんでいきます。 その中でも、一番妄想が膨らみやすい好きな子からのLINEの内容は、「彼女いるの?」「好きな人いるの?」という質問です。男性からすると、この子は自分に気があるのかな?、と思ってしまいます。 しかし、残念ながら好きな子にとってはただの雑談の場合もあります。好きな子からの一言に一喜一憂することはよくありますが、妄想は妄想のまま置いておきましょう。

好きな子への第一ステップ

好きな子へのアクションは、どうすれば良いのか困ってしまう人は少なくありません。そんな時の第一ステップは、好きな子に自分の存在を意識してもらうことです。「好き」という感情をいきなりぶつけてはいけません。情熱的な男性を好む女性もいますが、その気持ちを重たく感じる人もいます。 好きな子に重たいと思われないように、まずはあまり深入りしないことが大切です。しかし、何もしないと、もちろん何も起きません。なので、メッセージを送るタイミングと回数を調節しながらゆっくりと距離を詰めていきましょう。はじめの段階では、「朝2回」「昼3回」「夜5回」がリミットです。これで多いくらいです。 人によって感情の持ち方はそれぞれなので、メッセージの反応を見ながら調整しましょう。コツは焦らないことです。ゆっくりと好きな子との距離感を詰めていきましょう。

好きな子にわざと好意を見せる

好きな子との距離が詰まってきたら、好意を見せてみましょう。しかし、焦って自己アピールをし過ぎてはいけません。自己アピールをたくさんしてしまうことによって、相手にまた重たいという印象を与えてしまいます。 ですが、一度「ただのお友達」だと思われてしまうと、恋愛を意識してもう難易度が跳ね上がってしまいます。そうならないために、好きな子にも自分に対して興味を持ってもらうこ必要があります。 好きな子との距離が詰まってきているのであれば、好きな子が関心のあることなどもわかってきているはずです。恋愛では聞き上手になることが重要です。しかし、聞いてばかりでは好印象を得ることはできますが、自分に興味を持ってもらえません。 好きな子の話しを聞きながら、さりげなく自分の話しを少し織り交ぜましょう。このとき、自分のことを話し過ぎないように注意しましょう。あくまでも聞き役という立場を崩してはいけません。

恋愛の駆け引き

恋愛には駆け引きが重要です。残念ながら、この駆け引きに関しては女の子の方が明らかに優れています。若い世代の定番の恋愛駆け引きはLINEのやり取りに表れます。毎日連絡をしていたタイミングで、あえてLINEは未読無視をしてみるなどしてみて、相手の反応を見たりする方法です。 連絡が急に途絶えると、自分が嫌われるようなことを言ったりしなかったか?、などと心配になってきます。すると、好きな子は確認のために今までのLINEを読み返したりして、嫌われたのか、そうではないのかの判断をします。 不安や心配の感情は長くは続きません。なので、あまり時間を空けすぎると逆に好きな子の自分に対する興味が薄れてしまうので注意が必要です。 未読無視している最中にメッセージが来ても返さないようにしましょう。ある程度、時間が経ったときに、何事もなかったように返しましょう。好きな子の気になる人になれる可能性はあります。

恋愛は焦ってはいけない

恋愛をしていると「待つこと」、「耐えること」は苦痛のように感じてしまいます。先に述べたようなLINEの未読無視の作戦中には相手を不安にさせるつもりなのに、気がつくと自分が不安になったりしています。それは、相手のことが「好き」な証拠でもあります。 しかし、自分の方が、不安や心配、焦りの感情に負けてしまっては意味がありません。苦痛に感じるかもしれませんが、作戦なのであれば、好きな子の返事を待ち、すぐに返すことをしないよう計画通りの行動をすることが大事です。 作戦が成功するかどうかはわかりませんが、恋愛感情によって自分の行動がコントロールできなくなっているということが失敗に繋がることは多々あるので注意が必要です。

恋愛には押しも大事

好きなことの距離感も詰まってきて、自分のことも意識してくれるようになれば、次は攻めの行動に出なければなりません。好きな子から好印象を得ているようであれば、「1日中連絡のやりとりをする」、「相手の特徴に合うタイプの話をする」、「デートに誘う」など相手に恋愛感情が伝わるような行動をしましょう。 デートの誘う場合は映画のような会話が極端に減ってしまうような場所は避けましょう。会話のしやすい買い物や、観光、食事程度にしておきましょう。 このタイミングでは行動によって自分の恋愛感情に気付いてもらうことが目的です。焦って言葉で伝えてしまうと告白になってしまいます。まだ、告白の段階ではないので注意しましょう。

好きな子が脈なしの場合

好きな子との距離も詰まって、自分にも興味を持ってもらえたと思って本格的なアプローチを開始すると、好きな子からの脈あり、脈なしの反応がわかりやすくなります。デートに誘っても断られたり、LINEの返事が今までよりも明らかに遅くなったりした場合は、残念ながら脈なしの可能性があります。 そんなときは一度、引いてみましょう。ガツガツとアプローチされることを好まない人もいます。しかし、アプローチしないことには前には進みません。なので、一度、引いて好きな子の気持ちが落ち着くことを待って、次は前回よりも大人し目のアプローチにします。 好きな子とのちょうど良い距離を探りながらアプローチしましょう。基本的に女性は押しに弱いです。適度な力加減で頑張って押していきましょう。

初回公開日:2017年12月27日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

アクセスランキング