IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「飽きっぽい」とは|飽きっぽい性格の特徴5つと直し方

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

何を始めても三日坊主で終わってしまう飽きっぽい人について、その特徴や性格、改善方法、飽きっぽい人の心理などをご紹介しています。飽きっぽいと感じている方、飽きっぽさを武器に変えて未来を切り開きたい方は、参考にされてみてください。

飽きっぽいとは

「飽きっぽい」とは、物事に対して、すぐに飽きてしまうさまを言います。ついこの間初めたばかりのことをやめてしまったり、次々と新しいことを初めてしまったりするようなことをいいます。 「飽きっぽい」性格は、悪いことなのでしょうか。この記事では、「飽きっぽい」性格の人の特徴や、「飽きっぽい」性格の長所と短所、「飽きっぽい」性格を治す方法について、紹介していきます。

飽きっぽいと言われる人

「飽きっぽい」と言われる人の特徴としては、なにか新しいことを始めてはすぐに辞めてしまうということを、何度も繰り返している人のことをいいます。この間、新しいことを始めたと思ったら、すでにやめてしまっている人を見たことがある方もいることでしょう。 また、もう一つの特徴としては、すぐに新しいことを始めていることです。やめるのも早いけれど、新しいことへ飛びつくのも早い、そんな人のことを指します。

飽きっぽい性格の特徴

飽きっぽいと感じている人の中には、それを自分の短所として捉えていたり、自分を責めている人もいることでしょう。しかし、人間は、そもそも飽きっぽい生き物なんだという事を頭に入れておいてください。 飽きっぽいというのは言い換えると「慣れ」てしまうことです。また、この「慣れる」というのは人間に備わった能力の一つでもあります。 ここでは、「飽きっぽい」人の具体的な特徴を述べていきます。

特徴1:車をすぐに変える

1つ目の特徴は、「車をすぐに変える」人です。気に入って購入したはずなのに、一定期間が経つと車を変えてしまいます。 特に男性に多いですが、車1台を乗り潰すのではなく、車検の度に買い替えたり、可能であれば何台か所持したいと望みます。車は1台1台デザインや性能が違うため、いろんなものを試してみたいと考えて、実行してしまいがちです。

特徴2:髪形を変える

2つ目の特徴は、すぐに髪型を変える人です。パーマを当てたり、髪色を変えたり、いろんなヘアスタイルにコロコロと変える人は飽きっぽいと言われます。 特に女性に多いです。それは、パーマやカラーだけでなく、女性は長い髪のロングヘアから、短いショートヘアまで、「長さ」でも髪の変化をつけることができるからです。 また、平均としてに2ヶ月に1回美容院に行くことから、髪型を変える機会が多いということも理由に挙げられます。

特徴3:流行を追う

飽きっぽい人の特徴3つ目は、流行を追う人です。ファッションは流行に乗って購入したものは廃れたら着なくなります。流行りで買った化粧品も流行りがすぎると使わなくなります。 これらは女性の本能の一つである、「男性から飽きられずに自分だけを惹き付けておきたい」という願望があるからです。女性は出産、育児をしているときも、家族のために働いてくれる男性が必要です。その男性に、飽きられずにいたいという本能がそうさせています。

特徴4:消耗品を使いきらない

飽きっぽい人の4つ目の特徴は、消耗品を使い切らないところです。1つのものを使っている間に、気になる新しいものを見つけると、もともと使っていたものを使わなくなってしまいます。 そのような人の特徴として、消耗品について詳しいところがあります。複数の消耗品を使ったいるので、それぞれがどんな特徴で、何に特化しているかを把握しています。消耗品を買いたい場合はそのような人にアドバイスをもらってみてはいかがでしょうか。

特徴5:物をたくさん持っている

飽きっぽい人の4つ目の特徴は、物をたくさん持っていることです。消耗品を使い切らないという点とも繋がりますが、次々と物を買ってしまうため、物をたくさん持っています。 また、新発売の商品や限定商品に目がない人は、発売のたびに手を出してしまうため、家にはどんどん物が増えていきます。賞味期限に注意して無駄のないよう、購入するようにしましょう。使わないものは、友人にあげることも1つの手です。

飽きっぽいけれど、恋愛は長続きさせたい、簡単に好みのタイプの人と知り合いたい、もっと出会いが欲しいと感じることはありませんか。社会に出ると異性と出会う機会というのは減少してしまいます。 しかし、このマッチングアプリ(with)を使えば、簡単に意中の人と知り合うことができます。セキュリティが整った、スマホひとつで異性と出会える新しいツールです。「マッチングアプリ(with)」ぜひ一度、お試しください。

初回公開日:2017年08月13日

記載されている内容は2017年08月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング