IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

男性・女性別の若く見えるとよく言われる人の特徴|メイク/髪色/髪型・ヘアスタイル

更新日:2020年11月10日

コミュニケーション

なぜあの人は「若く見える」といつも言われるの?と思う人があなたの周りにもいると思います。若く見える人には特徴があります。男性・女性別に若く見える人の特徴をた取り上げてみましたので、その特徴を取り入れて「若く見える人」と言われるように、参考にして下さい。

男性・女性別の若く見えるとよく言われる人の特徴|メイク/髪色/髪型・ヘアスタイル

実年齢を聞いて「えーその年齢には見えない!」と言われる方がいますが、なぜそう見えるのか、その秘訣などを徹底的に解明していますので、是非参考にして下さい。

「若く見える」と「若作り」はどう違うの!?

ある程度の歳を重ねれば、誰しも「若くありたい」と思うことでしょう。だからと言って若い世代の真似をしては、逆効果になってしまいます。若い世代で流行っているからと上から下まで同じようにしてしまうのは「若作り」になってしまいます。 年相応の品の良さが加わってこそ「若く見える」になります。年齢を意識した立ち振る舞いも若く見える秘訣です。 年齢を重ねてからも若い頃にしていたメイクの仕方をそのまましているのも「若作り」の方になってしまいます。同じような色合いの化粧品を使い続けるのではなく、流行も取り入れながら年齢に合った色合いを選ぶようにしましょう。 洋服なども何十年も前に流行った物をまた流行りが来たからと引っ張り出して来てしまう方もいるかもしれません。高価なブランド物などなら別ですが、年代によって微妙にニュアンスが違いますので、注意しないと年代物だと見破られてしまいます。

「老けて見える」になってない?

「歳だから」と言ってメイクや髪型も気にせず地味な服装になってしまっている方もいるかもしれません。下手をすると実年齢より老けて見られてしまいます。反対に若い世代と同じようなメイクや服装をするのも「若作り」になってしまい「老けて見える」になり、「イタイ人」と思われてしまいます。 忙しさにかまけて外見も気にせず人目も気にせずになってしまわぬよう、鏡でチェックすることが、若く見えるに繋がります。アンチエイジングは老化予防になり、若さを保つ秘訣となります。

あなたは大丈夫? 実年齢が出やすい部分

実年齢は顔に出るのは言うまでもありませんが、首筋や手、肘・膝などにも現れます。顔のお手入れをする時は首筋まで、手にはハンドクリーム、肘・膝にはボディ用保湿クリームなどでケアをしてあげましょう。 何気ない会話の中にも実年齢は出ます。無理に若い世代の話し言葉を使う必要もありません。落ち着いた柔らかい口調が「若く見える」要素にもなります。 気付かずに猫背になってしまっていると、実年齢が出やすく、老け見えの原因にもなってしまいます。背筋をピンと伸ばし、後ろ姿も若く見えるように気を付けましょう。

流行は入れ過ぎない

流行はほどよく取り入れることで、「若く見える」になるのです。若い世代に流行っている物だからと躊躇せず、さりげなく取り入れると良いでしょう。 バックや靴、アクセサリーなど小物に取り入れれば、違和感を感じさせません。 メイクもやり過ぎになってしまうと老けて見えるになってしまいます。ほどよく取り入れることで若く見えるのです。 以外によく見られているのが足元です。全身ブランド物にするのではなく、靴にブランドを入れると言った形でも、品が出ておしゃれに見えます。

「若く見える」メイクとは?

細い眉毛が流行った時代もありますが、今の流行りはナチュラルです。20代の若い世代が実年齢を見破ってしまうのは眉毛にあると言われています。 「若く見える人」に見られるのもナチュラルメイクであり、ノーメイクに近いくらいのメイクでファンデーションにチークとリップのみと言う人も多いのです。 厚化粧は老け見えの最大の要因になってしまいますので、パーツごとのメイクの仕方で「若見え」を目指しましょう。

スキンケアで透明感とツヤを出す

色白でキメの整った綺麗な肌ならば申し分なく「若く見える」のですが、年齢と共にお肌も老化してしまいます。しっかりと保湿をしましょう。 マッサージをして血行を良くするのも効果的です。角質のケアは保湿成分の肌の浸透を促し、肌のキメを整えます。マメに角質ケアをして透明感とツヤのある「若く見える肌」を目指しましょう。

ファンデーションはナチュラルに

次のページ:男性・女性別「若く見える」とよく言われる人の特徴とは?
初回公開日:2017年08月24日

記載されている内容は2017年08月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング