IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

間違いも多い「謹啓」の意味と敬語表現・使い方と例文

ビジネスマナー

「謹啓や謹白って一体何?どうやって使うの?」「謹啓や謹白の意味は?」ビジネス文書などで見かけるこれら謹啓や謹白などの言葉見かける事はあっても詳しくはよくわからないですよね。今回はそんな謹啓や謹白などの言葉の意味や使い方について解説していきます。

更新日時:

ビジネス文書やメールでは頭語や結語を使う機会がある

トピック1003306/要素1153002

ビジネス文書やメールを受け取った時に敬具や謹啓や謹白のような単語を見かけたことはないでしょうか。ビジネス文書やメールなどではこうした単語は必ず見かけますし、自分でも使用する事があります。まだ使った事のない人はこれからのためにも頭語や結語について理解を深めておくといずれ役に立つ機会が訪れます。頭語や結語について学んでいきましょう。

頭語や結語って?頭語と結語の意味

トピック1003306/要素1153006

頭語と結語とは一体どういったものなのでしょうか。頭語や結語について考えていきましょう。

頭語とは文章の始めに付ける挨拶の様な物

頭語とは文章の始めに付ける挨拶の様な物を頭語と言います。つまり文章の冒頭に着けておく事で挨拶をしているわけです。謹啓や敬具のような物の事を頭語といいます。

結語とは文章の終わりに付けるさようならの挨拶の様な物

結語とは文書の終わりに付けるさようならの挨拶の様な物です。手紙やビジネス文書で見かける謹白や敬白の様な物を結語と言います。

謹啓・謹白の意味と読み方

トピック1003306/要素1153010

先ほどから出てきている謹啓や謹白といった単語の頭語や結語にはどのような意味があるのでしょうか。

謹啓と謹白の読み方

トピック1003306/要素1153011

まず謹啓と謹白という単語ですが、どう読んだらよいのか悩みどころです。一体何と読むのでしょうか。謹啓と謹白の読み方について解説していきます。

謹啓と書いて「きんけい」と読む

謹啓と書いて「きんけい」と読みます。漢字の謹啓の謹は気をひきしめる事や念には念を入れるのような意味がある言葉です。啓には教え導くや閉じた物を開ける等の意味のある漢字です。

謹白と書いて「きんはく」と読む

謹白と書いて「きんはく」と読みます。謹啓の項目で謹啓の謹については説明しているので省略します。白は色の一種の白い事や色のついてない事を示す言葉です。

謹啓の意味

トピック1003306/要素1153012

謹啓とは「つつしんで申し上げます」の意味の言葉

謹啓とは「つつしんで申し上げます」という意味の言葉です。

謹白の意味

トピック1003306/要素1153013

謹白も謹啓と同じで「つつしんで申し上げます」の意味のある言葉

謹白も謹啓と同じで「つつしんで申し上げます」の意味のある言葉です。

謹啓と謹白の違いと使い分け方

トピック1003306/要素1153014

謹啓と謹白が同じ意味の言葉であることは先ほど説明しました。では何が違うのでしょうか。ここでは謹啓と謹白の違いと使い分け方について解説していきます。

謹啓と謹白の違い

トピック1003306/要素1153017

まずは謹啓と謹白の違いから解説していきます。

①謹啓は頭語で使用する

謹啓と謹白の違い1つ目「謹啓は頭語で使用する」です。謹啓は頭語にのみ付ける事が可能な言葉です。結語としては使用できないので間違わないようにしましょう。

②謹白は頭語でも結語でも使える

謹啓と謹白の違い2つ目「謹白は頭語でも結語でも使える」です。謹啓は頭語でのみ使える言葉でしたが、謹白は頭語でも結語でも使用する事ができます。ここが謹啓と謹白の大きな違いです。

拝啓との違いは?拝啓と謹啓と謹白の違い

トピック1003306/要素1153019

拝啓と謹啓と謹白の違いについても解説しておきます。

①同じ意味だけど敬意の位が謹啓と謹白が上位にある

拝啓と謹啓と謹白の違い1つ目「同じ意味だけど敬意の位が謹啓と謹白が上位にある」です。言葉の意味は拝啓も謹啓も同じです。謹白も同じ意味を持っています。意味は同じなのですが、違うのは敬意の位が違います。敬意の位で言えば謹啓や謹白は上位です。拝啓はそれよりも下に位置します。

②拝啓は一般的なシーンで使う

拝啓と謹啓と謹白の違い2つ目「拝啓は一般的なシーンで使う」です。拝啓は謹啓や謹白と比べて一般的なシーンで使う言葉です。そのため改まったビジネス文書を送るシーンで使う言葉では無い事は頭に入れておくと良いでしょう。

謹啓と謹白の頭語と結語の組み合わせ方

トピック1003306/要素1153021

頭語にはそれぞれ適した結語の組み合わせがあります。ここではビジネスシーンで使いことが多い謹啓と謹白の頭語と結語の組み合わせについて解説していきます。

謹啓を頭語にした場合の結語の組み合わせ

トピック1003306/要素1153023

謹啓を頭語にした場合の結語の組み合わせは以下の3つがあります。いずれも謹啓との組み合わせが可能な結語なので覚えておきましょう。

①謹言

謹啓を頭語にした場合の結語の組み合わせ1つ目「謹言」です。謹言と書いて「きんげん」と読みます。謹言の意味は謹啓や謹白と同じで「つつしむ」の意味のある言葉です。つまり「つつしんで言う」の意味のある言葉です。

②謹白

謹啓を頭語にした場合の結語の組み合わせ2つ目「謹白」です。謹白には頭語と結語両方に使う事ができるので、謹啓を頭語にした場合にも謹白を結語として使う事ができます。

③敬白

謹啓を頭語にした場合の結語の組み合わせ3つ目「敬白」です。敬白と書いて「けいはく」と読みます。敬白とは「つつしんで申す」事を意味しています。謹啓を頭語に付けた場合は敬白を結語として使う事ができます。

謹白を頭語にした場合の結語の組み合わせ

トピック1003306/要素1153024

謹白を頭語にした場合の結語の組み合わせについて解説していきます。謹白を頭語にした場合の結語には以下の2つがありますので、覚えておきましょう。

①粛言

謹白を頭語にした場合の結語の組み合わせ1つ目「粛言」です。粛言と書いて「しゅくげん」と読みます。粛言の粛には心を引き締めるやつつしむやうやうやしいの意味があります。つまり粛言で「つつしんで言う」事を意味します。

②頓首

謹白を頭語にした場合の結語の組み合わせ2つ目「頓首」です。頓首と書いて「とんしゅ」と読みます。頓首とは中国礼式の一種頭を地面にこすりつけ拝礼する事や相手に敬意を示す事の意味のある言葉です。つまり相手への敬意をしっかり示す事を意味している結語です。

謹啓・謹白の使い方と例文

トピック1003306/要素1153025

謹啓と謹白の頭語と結語の意味や組み合わせ方などは分かりましたが、謹啓と謹白はビジネスのシーンではどのように使うのが良いのでしょうか。謹啓と謹白の使い方と例文を見て参考にしてみましょう。

謹啓と謹白の使い方

トピック1003306/要素1153026

謹啓と謹白の使い方について解説していきます。

①初めて文書やメールを送る相手の時に使う

謹啓と謹白の使い方1つ目「初めて文書やメールを送る相手の時に使う」です。初めて文書やメールを送る相手や会社の場合は謹啓や謹白を頭語や結語に付けて送りましょう。こうする事で相手へに対しての敬意を伝える事ができます。

②改まったシーンでは謹啓と謹白を使用する

謹啓と謹白の使い方2つ目「改まったシーンでは謹啓と謹白を使用する」です。初めての相手だけではなく改まったシーンで文書やメールを送る事はあるでしょう。そうした時に相手に失礼文章を送りたくないので、そうした場合は謹啓や謹白を頭語や結語に付けて送りましょう。

謹啓と謹白の例文

トピック1003306/要素1153029

謹啓と謹白を頭語に使用した例文をご紹介しておきます。実際に使用する時の参考にしてみるといいでしょう。

例文①

謹啓 新涼の候 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。 さて私こと、 このたび東京での勤務を命ぜられ過日着任致しました。九州熊本南店での在勤中は公私に渡り大変お世話になり厚くお礼申し上げます。新天地におきましても心を新たにして努力する覚悟でおりますので、今後とより一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。 まずは略儀ながら寸書にてお礼かたがたご挨拶申し上げます。 敬白

例文②

謹啓 時下益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。また、日頃より海釣りの会の活動にご理解とご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。 さて、本日は、毎年恒例の山梨県の笛吹川釣り大会のご案内をさせていただきます。 日時は8月3日10時に東京駅集合しバスにて現地に向かいます。皆様ご多忙のこととは存じますが、万障繰り合わせて、ご家族連れでもお一人様でもご参加ください。お申込みをお待ちしています。 敬白

例文③

謹啓 初秋の候 貴社ますますご盛栄の段、大慶に存じます。 平素は格別のお引立てを賜り誠に有り難く厚くお礼申し上げます。 さて この度弊社事務所は 新潟に移転することになりました。 つきましては これを機に作業員一同さらに専心努力いたしご期待にお応えする決意でございます。今後とも皆様のご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げる次第です まずは略儀ながらご挨拶かたがたお願い申し上げます。 謹言

謹啓と謹白を理解しこれからのビジネスシーンで活かしていこう

トピック1003306/要素1153032

今回は頭語や結語の意味や謹啓や謹白の意味や違いや使い方について解説してきました。まず冒頭ではビジネス文書で良く使われている頭語や結語について解説をしてきました。頭語は文章の始めに着ける挨拶の様な物であることが分かりました。結語は文章の最後に付ける文章を占めるための挨拶の役割をしている事がわかるでしょう。 謹啓と謹白の意味では謹啓も謹白のどちらも「つつしんで申し上げます。」の意味の言葉だという事が分かりました。謹啓と謹白の違いと使い分け方では謹啓は頭語でのみ使う事が出来る事と謹白は頭語と結語どちらも使える事が分かりました。謹啓と謹白にはそれぞれ適した組み合わせの結語が複数ある事もわかるでしょう。 謹啓と謹白の使い方では謹啓も謹白も改まったシーンで使う事や初めて文書を送る相手に対して使う事が出来る事が分かりました。使い方例では謹啓と謹白を使った文書の一例をご紹介してきました。これらを参考してこれからのあなたのビジネスで活用していきましょう。

アクセスランキング