IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

ライフスタイル

スピーカーでよい音を楽しむには、ノイズの少なさを考慮した回路構成が必要になってくるのも現実です。これらはパソコンでは確保することが難しいです。そこで登場するのが、PCスピーカーです。今回はそんなPCスピーカーの選び方、おすすめについて紹介していきます。

更新日時:

スピーカーの選び方

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

PCの内蔵スピーカーでyoutubeの動画を見てもいまいち迫力に欠けると思ったことはありませんか。そこでおすすめするのが、PC用スピーカーの設置です。スピーカーからの音は音楽やゲームも臨場感溢れる響きを持って聞く人を楽しませてくれます。 PCスピーカーはもちろんボリュームを絞ることもでき、小さく響きながらもはっきりとした広がりのある音色なので、小さくとも良く耳に届くという利点があります。ボリュームを大きくした時は、驚くほどの迫力が耳に届きます。映画などを見るときにはより引き込まれるほどの空気感を持って楽しませてくれるでしょう。 そんなPCギフトのようなPCスピーカーをまだお持ちでない方は、自分のライフスタイルに合った機能を兼ね備えたPCスピーカーを上手に選び、趣味を楽しむために試してみるのはいかがでしょうか。PCがもっと好きになる、PC用スピーカーをぜひ設置してみてください。

iBUFFALO PC用スピーカー

癖がなくシンプルなデザインがおすすめのPCスピーカーをご紹介します。雑音も気にならない程度であり、場所を取らずコンパクトなうえに飽きのこない、まるいフォルムが癒されるおすすめ商品です。 また便利な手元のボリュームコントロール付きですので気軽に音楽を楽しみたい方に最適な便利なPCスピーカーといえるでしょう。コンパクトなのに低音もしっかり再生しますし、音割れも気にならない程度との評価があり、臨場感あふれる音色を楽しめる、リーズナブルな価格のおすすめPCスピーカーです。

安いから、ちょっと悩んでたけど、スペックをよく考えた上で、購入する事にした。届いて繋げて試聴してみたら、こんな値段でこんなに高音質かと驚いた!ベースやトレブルのバランスが良い。ベースは前のスピーカーよりずっと感じれて範囲が広くてキレイな音だ。人の喋り声を聴くと、一言ずつを区別しやすくなった。 形はおしゃれでコンパクトなので、気に入ってる。線はもう少し長かったら良いな、と思ったところもあったけど、こんなに良い音だと、あまり気にしない贅沢だとも思った。全体的にとてもコスパが良いとも言えるけど、本当にこの値段でこの質はお得だと思う。

PCスピーカーのおすすめな選び方

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

PCスピーカーは種類が多いので、どれに使用できるものかはわかっても、全ての理解はなかなか分かりづらく難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。しかし専門的な言葉などがある程度わかっていれば、PCスピーカーも選びやすくなります。そこで今回はPCスピーカーの商品説明の内容にも良く出てくる用語をご紹介します。 ぜひ参考にしてください。

サブウーファー

サブウーファーで低音重視したい人におすすめの商品は、低音再生用のサブウーファーつきの商品です。2.0chにサプウーファーを加えた2.1chが立体感のある音を望む方におすすめです。一人暮らしやワンルームなどの部屋にはコンパクトで場所をとらないこちらのPCスピーカーが最適です。

5.1ch

映画やゲームでサウンドを楽しみたい人におすすめの商品は、よりサウンドを楽しみたい人向けの5.1chです。サウンド再生に対応したスピーカーの数が、中央、前方、後方、左右と 5基備えた5.1chがおすすめです。ホームシアターも楽しめます。

サブウーファーなし

重低音が近隣に漏れないサブウーファーなしが良い人におすすめです。騒音にならないように近隣に音を気づかれずに楽しみたいときもあります。特に深夜などに急に音楽が聴きたくなってもヘッドフォンを使用するしかありません。そんな時にも音が漏れずに楽しめるスピーカーがないかとお探しの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2.1ch

2.1chスピーカーはサテライトといって基本構成のスピーカーです。サブウーファーが含まれてないので低音には適していませんが、対応するパソコンが多く、また取り付けもしやすいため、初心者にも選びやすいおすすめのPCスピーカーです。 2.1chスピーカーはサブウーファーが加わりオーディオに臨場感を感じさせるサウンドシステムです。 設置も簡単でおすすめの商品です。サブウーファーの設置する場所が必要となってきます。

USB接続

USBスピーカーは比較的安めの商品です。USBで簡単取り付けできわかりやすいセットでおすすめです。USB接続はコンパクトPCスピーカーでも比較的音の質が良い特徴があります。

ウーファー・サブウーファー・トゥイーター

低音に定評のあるウーファー、サブウーファーのご説明をします。また高音に強いPCスピーカーの機能でのおすすめをあわせてご紹介します。 ・ウーファーとは、200Hzまでの低い周波数のスピーカーです。これを用いることで重低音が響きます。 ・ウーファーとは、低音域に強いスピーカーに表示されています。低音がある程度は響いてほしい方におすすめします。 ・サブウーファーとは、重低音再生専用のスピーカーになります。とにかく重低音が気持ちよく表現された音質をお求めの方に最適なPCスピーカーはサブウーファーが採用されたタイプがおすすめです。 ・トゥイーター(ツイーター)と表示があると高音域に強いPCスピーカーです。

ツイーター

ツイーターは高温に優れたフルレンジと比べると、ネットワーク環境によっては劣化があるため、高音が最も重要に感じる高音域再生を望む場合には、フルレンジがおすすめです。 10khz以上再生のツイーターもあれば、1khz再生のツイーターもあり、どこから高音とするのかは明確な定義は存在していないといいます。どこからを高音とするかは好みにもよるため、高音域にこだわりがある場合には視聴してから選ぶのが一番良い方法でしょう。

スーパーツイーター

スーパーツイーターは超高音域のみ再生のツイーターです。

フルレンジスピーカー

フルレンジスピーカーは全てを一つのスピーカーでまかなった広域再生スピーカーです。

スコーカー(ミッドレンジ)

スコーカーは、カラスやリスなどの鳴き声の音域に近いことから名づけられたといわれています。3way以上のスピーカーでの中音域用の再生です。だいたいで500Hz~5000Hzとされています。主にボーカルなどが良く響きます。

ミッドバス

ミッドバスは、中低音用再生に適したスピーカーを指しています。

1way(フルレンジ)スピーカー

音域は広くないのですがフルレンジなので、ボーカルなどの声がよく聴こえます。

2wayスピーカー

2wayスピーカーは、低音(ウーファー)と高音(トゥイーター)の二つのユニットで構成されているため、中音域は、2000Hz程度をウーファーか中音域に近い部分でカバーしているとされています。

ハイレゾ

より立体感のある高音質な音色を楽しみたい方は、今まで聴いていた一つのまとまりとしての音色が、繊細に分離し音が重なって聴こえるハイレゾ音源を試されてみてはいかがでしょうか。 立体的な奥行きのある音を再現する機能を備えています。それにより高音質が実現し、表現力豊かな音楽を楽しめるとされています。音源をデジタル化したハイレゾ音源は、実際の演奏のようなクリオティを忠実に再現する事が目指された素晴らしい特徴があります。

パッシブラジエータ

パッシブラジエーターを搭載することにより豊かな低音域再生を可能にします。

おすすめスピーカー・特徴別紹介

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

PCスピーカーの機能について特徴別に分けると、PCスピーカーにどのような機能があるのかがより分かりやすいのではないでしょうか。こちらではポイントとなるPCスピーカーの特徴についてを簡単に分かりやすく、おすすめの商品紹介をふまえてお伝えします。

おすすめのハイレゾ対応・アンプ内蔵スピーカー・ウーファー搭載・ノイズ除去

ハイレゾ対応なので、CDでは伝わらないライブの臨場感や空気感、アーティストの息遣いまでも含めてスピーカーを通して伝わります。

ONKYO GX-D90 アンプ内蔵スピーカー

アナログ接続でも素晴らしい音質と評判のPCスピーカーをご紹介します。こちらの音響に優れたPCスピーカーは、音のバランスが良いグレードの高いおすすめ商品です。低音がはずむ9cmウーファー搭載、ノイズ低減を図る独自形状のマルチアームダンパーやSラインエッジを採用しています。 デジタル入力端子を装備した本格オーディオ仕様、高音域に優れた新開発バランスドーム型ツィーターを採用し、本格的なオーディオが楽しめます。 音が柔らかでも低音もこもらず響くため、低音高音共にクリアサウンドなのでおすすめです。PCスピーカーの中でも満足できる商品でしょう。デジタル入力や光ケーブルでのご使用の方におすすめです。 ロックなどを楽しみたい方には特におすすめしています。スタジアム好き、低音好きにはたまらないスピーカーですが、近隣に響いてしまう可能性も否めません。購入の際には室内環境も整えることがおすすめです。

永きに渡り販売されている商品ですが、古さを感じさせない落ち着いた飽きのこないデザインで和室・洋室どちらにもマッチします。バスレフ2WAYで構成された小型エンクロージャーからは全く想像できなかった、豊かな低音に驚きました。光や同軸のデジタル入力(光と同軸はどちらかの切り替えになります、デジタルの同時2系統入力はできません)に対応するので、大型のCDプレーヤーと光ケーブルと繋いで聴くと、スカッとした透明感や、トライアングルの響きを美しく再現するあたりに、まさに音域幅の広い「デジタル」らしい再現力ををしっかりと堪能できます。この価格でこの音質は「買い」でしょう!アナログRCA(赤白)とステレオミニケーブルとRCAステレオバラスピーカーケーブル(本機専用品)が付属します。光ケーブルや同軸ケーブルは付属しませんので、お好みのグレードのケーブルを用意してください。あなたのプレーヤーに光や同軸があったら、たった一本で繋げて、デジタルを楽しむことができますよ。旧式のCDプレーヤーだったら、DACを通して本機に接続するのもおすすめ。ちょっと背伸びしていい音で楽しみましょう。普段ヘッドホンで聴いていたナンバーも、左右のスピーカーの音に囲まれたなかに居るという、開放感が病みつきになりますよ。■注意点ですが、今回、購入に至るまで、中古品もふくめていくつか見てきましたが、ツイーター(上側の小さい側のユニット)が、物理的な攻撃で傷みやすいようで・・・ここは「Don't Touch!」です!なので、ネットをはめてお使いになることを強くオススメします。ちなみに梱包でもツイーター保護用の型紙がつけてあります。

おすすめ防水・重低音・高音質・Bluetooth・ワイヤレススピーカー

マイクも内蔵なので野外でハンズフリー通話が楽しめるおすすめのワイヤレススピーカーをご紹介します。

Bluetoothスピーカー EIVOTOR 24W

こちらの商品の上記のレビューのhttps://をクリックしますと動画があります。とても参考になりおすすめです。ぜひご覧ください。 屋外か屋内での演奏モードに切り替えできる、こちらのステレオスピーカーは、長時間のプレイが楽しめるブルートゥース4.1を搭載しています。3.5mmAUXポートを備えた、ほとんどのモバイル機器に対応しているPCスピーカーですのでおすすめです。 一年間保証がついているこちらのPCスピーカーは、耐水性がありおすすめです。お風呂での使用や外出先での突然の雨にも故障の心配がないのであわてることなく楽しめます。 ステレオ出力は、カーステレオやヘッドフォンなど、ほとんどの携帯機器に対応する、おすすめな優れた機能を持つ商品です。

入浴時間の快適性を上げるために、風呂場で使える防水スピーカーを探していました。どうしても特に低音が効く防水スピーカーが無い中でこちらの製品は、すごいですね。正直、驚きました。底面に配したBassは非常によく効いており、風呂場では効きすぎるほどでした。音質セレクトが付いており「OUTDOOR」と「INDOOR」を選べますが、個人で聞いた印象では単純にOUTDOORモードはBassの効きを抑える仕様のようで、風呂場のような環境で聞くにはこちらの方が向いていると思いました。部屋で聞くにはINDOORモードが低音域が増幅されて良いと思います。少し、お値段高めですがそれに見合うスペックだと思います。10日ほど風呂場で使用しましたが、問題無く使用できました。防水性も良いと思います。お勧めです。×悪い点 ・低音がやや弱め 素晴らしいです。この価格でこのクオリティは素晴らしい。

おすすめデザイン・LED・3Dサラウンド・コンパクト・Bluetoothスピーカー

LEDライトがキラキラしているデザイン性抜群の可愛いスピーカーをご紹介します。3dサラウンドの高音質で迫力のサウンドが響きます。

【金属強化版】ポータブル Bluetooth スピーカー

上記のレビューのhttps://をクリックしますと動画があります。とても参考になりおすすめです。ぜひご覧ください。 音質に高い評価を受けたベストセラー製品、udisonの次に発売のudison2は音楽が鳴るとブルーライトが妖精のように光り、踊っているような演出にときめくおすすめのPCスピーカーです。リラックスしたいとき光を眺めるのにおすすめです。 小型スピーカーなのに低音が凄いと評判の低音不足を補う技術、無源辐射増強型サブウーファーを採用しているおすすめのPCスピーカーです。そのためポップ、ジャズ、ロックとお楽しみいただけると好評です。バッテリーの充電不足も提示音が鳴り、分かりやすいでしょう。 Bluetoothの接続も最初にするだけで後は自動接続してくれるため、毎回接続する煩わしさもありません。FMラジオも聴けて充電時間も短く再生は長くて良いと評判のおすすめのPCスピーカーです。

サイズは手のひらに収まるくらいのサイズ。 サイズの割には音量もなかなか出ますし、低音がドンドン出ていて臨場感があります。 ラジオも聴けるので家で家事や勉強する時にはとても活躍しますね。 外観はメタリックで落ち着いた色合いなのでとてもオシャレ!!底面の青LEDのイルミネーションもとてもオシャレ!! USB充電式なのでコンセントの他、パソコンやカーチャージャー、ポータブルバッテリーなど色んな所から充電出来るのでとても便利です。 USBから曲を再生することも出来るのはとても良いと思います。 この価格でこのクオリティのモノが手に入るとは驚きです!

マンションにおすすめスピーカー/ボリュームを絞ってもくっきり響く

小音量でオーディオが楽しめる魅力もあり、コンパクトでお部屋のスペースを取らないPCスピーカーを希望する方にもおすすめにおすすめです。

オーディオスピーカー/FOSTEX かんすぴ スピーカーシステム ハイレゾ対応 P802-S

インテリアに合うことが多い木目のPCスピーカーをご紹介します。音質は低音が控えめですが、ツイーター使用なので、高音共に伸びが良く、メリハリがあるサウンドがおすすめPCスピーカーです。 高音に強いPCスピーカーなため、高音域に満足したい方には特におすすめのPCスピーカーです。ボリュームを絞っても気持ちの良い音楽視聴が可能です。クリアサウンドがお好みの人におすすめのPCスピーカーです。 アンプやUSBを変更するなど、周辺機器の変更で音が変わると定評があるため、長くお使いの方も音色に変化を望む楽しみ方ができる、音質にこだわりのない方にもおすすめなPCスピーカーです。 音質に関して高音域の表現に満足できると好評です。スピーカーはコンセントとジャックで使えます。

本日、TOPPINGデジタルアンプTP23とともに購入し、PCをオーディオ化しました。 FOSTEXかんすぴシステム(完成品)です。注文してからヤマトで翌日に配送されてきました。早っ! アンプもスピーカーもいろいろ時間をかけて見て悩んで、サイズ等考慮して決めましたので、 PCの横のデスクスペースにぴったり収まり、PCの横にあるCDトレイの開閉も問題なく、満足です。 同シリーズでは先日、小型バックロードホーンスピーカーのBK40Hが発売されましたが やはりサイズ、それとデザイン上、こちらに軍配があがりました。 音は、とくに高音がとてもきれいで目立つようなノイズはありません。 PC用としてはコスパ最高かもしれませんね。ただあくまでPC用ですね。 スピーカーの底部には、振動・滑り防止の丸フェルトがすでに貼ってあります。 個人的には今まで使っていたPC内臓スピーカーと比べると雲泥の差なので満足ですし、音楽が心地いい~。 ホントはヤマハNS-BP200かキュリアCS-102が欲しかったのだけど、サイズがあわないのと 価格に手がでなかったのでこちらを選んだのですが、これで大満足です。 ちなみにスピーカー付属のケーブルが長すぎるので、一本を半分に切って使用。一本余りました。 材質はMDFかと思ってたのですが、パーティクルボードにツキ板を貼り付けたもののようです。 (表面に木特有の細い溝があるので。) 現在、他のスピーカーを新たに購入し、気分で換えて使っていますが、 バナナプラグを外さずにプッシュ式端子につけるために、オヤイデ電気のライトアングルチップを使用しています。

集合住宅におすすめ・ウーファーなし・コンパクトPCスピーカー

ウーファーなしなので重低音が床に響かない集合住宅でも音を気にせず楽しめるPCスピーカーをご紹介します。

安い/ LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

ベストセラー1位を記録した、こちらのコンパクトPCスピーカーは、ウーファーなしのため音楽再生の際の低音が集合住宅でも気になりません。サウンドも雑音があるわけではなく聴きやすいと評判です。映画も程よく楽しめる品質の高さやコストパフォーマンスに驚く人続出の、お得感満載な商品でおすすめです。 ステレオスピーカー Z120BWは、ACコンセントだけでなくUSBポートの電源のあるものなら何でもご利用いただけるとのことです。iTunes、Windows、Mac、3.5mmステレオミニジャックを備えた携帯音楽プレーヤーなどにご使用いただけます。 ボリュームコントロールが正面に搭載されており操作もしやすくなっていておすすめPCスピーカーです。

PC用に今までウーハー付きのスピーカーを使っていたのですが、集合住宅へ引越したため低音が隣人の迷惑になるかなぁ。。。とウーハー無しのスピーカーにすることに。こちらはコンパクトなのでデスクに置いても邪魔にならず、USB給電なのでコンセントも不要。それなのに出力も十分です。 音楽や映画も見ますが音質も気になるほど悪くないです。 ノートPCなどにも良さそうですね!

おすすめ高解像度再生・DAC内蔵PCスピーカー

音にパワーが欲しい方に大変おすすめのPCスピーカーです。

高音質/JBL Pebbles バスパワードスピーカー USB/DAC内蔵

高音質、高解像度再生のこちらの商品は、音量コントロール機能を装備しており、低音の切り替えができるのでマンションなどにもおすすめです。音のバランスも整っていて、ボリュームを上げても音色がうるさく感じないと好評ですので低音好きだけれども、重低音のバランスを満足できるギリギリまで整えたい方に最適です。 素晴らしい音質にうなるファンも多いこちらの商品は、USB接続するだけで簡単に取り付けられる3.5mmステレオミニ端子付きでおすすめです。スマートホンまたはオーディオプレイヤーなどへの接続も可能です。USBは短めとの声もありますのでご確認ください。 イヤフォンやヘッドフォンには対応していません。ヘッドフォンへの切り替えはPC本体のイヤホンジャックに接続となります。

音を鳴らして感動。今まで色んなPCスピーカーを試してきましたが、こんなの初めてです。この大きさでは考えられない迫力の良い音が出ます。低音から高音まで文句なしです。USBバスパワー+USBによる入力。もちろんケーブルでipod等に繋ぐ事もできます。通常は端子にケーブルを挿し込み電源は別に取る物が多いと思います。このスピーカーはケーブル類が少なくて済みます(PCに繋いだ場合) 上を見ればきりがありませんが、この価格でこの音。良い物を見つけました。おススメですよ。

おすすめデザイン・最大6w・音割れなし・豊かな高音質PCスピーカー

特に中低音域が優れた癒される、長時間聞いても疲れない音質をお探しの方に最適な商品をご紹介します。

USB接続/ELEGIANT 高音質 サウンドバースピーカー

上記のレビューに音楽再生動画がありますので、ぜひ参考にしてください。 TVにイヤホンジャックとUSB給電があればテレビにも使えます。Bluetoothには対応していませんが、テレビの前に設置できるPCスピーカーです。 大きめのテレビに合う、テレビと一体感のあるデザインで目立だたないので、スッキリ収納したい方にもおすすめです。お部屋のインテリアに合わせたクールでシンプルな使用がおすすめです。 また、高音が素晴らしい音色だと評判です。癒されるサウンドと低音とのバランスの良いこちらのPCスピーカーは、映画鑑賞やゲームの際にも、臨場感のあるサウンドまでも楽しめるのでおすすめです。 中低音域まで優れた音質で奏でます。パッケージには、サウンドスピーカー、USB電源ケーブル、オーディオ入力ケーブル、マイクケーブルがそろっています。

動画と写真を添付しました。 SONYのデスクトップの下に丁度よく見栄えもよく収まっています。 私は、小型プロジェクターを所持しているのですが、スピーカーがいまいちなので、こちらであれば軽量なので一緒に持ち運べそうです。 一番利便が良いと思ったのはUSBで電源をとれること。  音質は、デジタル音っぽい感じですね。 あまり高音質を期待しない方がよいですが、細かい音を拾っています。 動画では、最初はSONY VAIOのスピーカーから、こちらのスピーカーへ切り替えたものです。 高い音が特にひろっているのがわかります。

おすすめ2ch・重低音・ミニプラグ・USB電源・ステレオPCスピーカー

ホームシアターとまではいかなくても場所を選ばずコンパクトなスピーカーで大音量を楽しむこともできるおすすめのPCスピーカーです。

低音が綺麗/FANTECH PC スピーカー

コストパフォーマンスは最高だと評判です。インターネットラジオを聴く機会が増えた、テレビよりもPCスピーカーに最適との声が非常に多いため、PCスピーカーとしてのご使用をおすすめします。コンパクトなのに重低音も机に振動が伝わる響きがある好評です。小さくて場所をとらないスピーカーが欲しい方も満足できるでしょう。 最大限の音量をご希望の方には物足りなくとも、低音が思ったよりも大きかったと驚きの声が続出のおすすめPCスピーカーです。

ハードオフで買ってきた中古ディスプレイのスピーカーが鳴らなかった(本当はデバイス認識の問題だった)ので、安価なものでいいやと買ってみたところ「なんだコイツは!」良い意味で驚かされました^^ 説明どおりデスクにバシバシ伝わるほどの低音と、メイン音域も大音量で、ボリュームを半分以下に絞らないと近所迷惑になるほどです。マイナス☆1は、クリア感がやや足りない感じがするため。しかしこの値段なら驚きの仕事をしてくれます、あっぱれといいたくなる商品ですね。

おすすめ安い・USB・フレンジドライバ・ステレオPCスピーカー

フレンジドライバを採用している、バランスの良いサウンドが心地く響くpcスピーカーをご紹介します。実効最大出力4.0Wもあり、一般的なノートPCから聴く約4倍の音量が出ます。

小型/エレコム PCスピーカー

最大出力4.0wの2.0chスピーカーです。2.0chですので低音が程よく聴けて、外に漏れる音が心配な方にもお勧めできます。ステレオサウンドがUSB電源で簡単に聴ける優れた製品です。 クリアな音質なだけでなく、小型でコストパフォーマンスが魅力な、おすすめPCスピーカーです。ボリューム調節は手元のコントローラーで簡単操作と便利な、おすすめコンパクトPCスピーカーがお得です。

一人暮らしのワンルームで、ipodに接続し音楽を聴く用に購入しました。 まず驚いたのが音のボリューム。コンパクトにもかかわらず、ワンルームでは持て余すほどのボリュームが出て驚きました。 ボリューム調節が可能なので最大出力大きい分には問題はなく、大満足です。 音質もクリアで、使い方もシンプル。置き場所も困らないので今ではTVやPCでも使用しています。 コストパフォーマンス抜群です。買いです。

おすすめ小型・安い・ステレオ・ミニプラグ・LED・大音量PCスピーカー

小型なのに気持ちのよいほど大音量がでる、頼もしいPCスピーカーをご紹介します。

【ARVICKA】PCスピーカー USB

音の大きさにこだわる人も満足するPCスピーカーになるでしょう。最大出力は6W、USB給電で、ケーブルの長さは100cmあるため、TVへの接続もできます。 低音、中低音、高音が聴きやすくて重低音が出ないため、マンションなどの集合住宅にお住まいの方には程よいこちらのPCスピーカーの音色がおすすめです。 外付けタイプのスピーカーは3.5mのステレオミニプラグの接続に対応しています。青く光るLEDライトが可愛いと評判のおすすめ小型PCスピーカーはいかがでしょうか。PC、ノートブック、スマホ、ゲーム機、タブレット、mp3プレイヤー、などに対応可能です。

スピーカー本体は、正方形で手の平にのるコンパクトサイズ。外観は、ブラックを主体とし、ライトカラーがブルーで コンパクトながらなかなかの存在感を出してくれます。肝心の音質は、低音はほぼ出ませんが中高音あたりは クリアに心地よく鳴らしてくれます。音量も格段にアップするので広いイベントやキャンプにも十分使えるとおもいます。 動画は、iPadでマリオの音楽をピアノで弾いてみた動画です。是非ご覧ください。 良かった点について。 ・コンパクトで持ち運びやすい。 ・本体スピーカーで音量調整ができる。 ・ブルーライトがかっこいい。 ・ステレオでなかなかの迫力を楽しめる。 全体的に、この価格でとても良い仕事をしてくれているかとおもいます。場所もとらず、迫力を楽しむ、という メリットの多いスピーカーでした。現在20日ほど使っていますが問題なく使えております。コード部の断線や 音が鳴らなくなったこともなく耐久性についても一定の期間は大丈夫そうです。 何かあれば再度レビューを追記していきます。

おすすめ目覚まし時計・LED表示・クラウド音楽・高音質・Bluetooth・Wi-Fiスピーカー

目覚まし時計が欲しい、朝は音楽で目覚めたい方におすすめのスピーカーです。

GGMM ブルートゥーススピーカーE3

時計、アラーム機能が付いて楽しいと評判のおすすめブルートゥーススピーカーです。充電式ではなく据え置き型としての使用が一般的とのことです。目覚ましなどが可能で便利な商品です。高品質なスピーカーであり、高性能サウンドが心地よい商品ですのでおすすめです。 iPhoneX/iPhone8Plus、iPhone8、iPhone7sPlus、iPhone7、SonyのスマホにペアリングするPCスピーカーです。ポータブルDVDプレーヤーにも対応しており、二年間保証です。

自分は今までヘッドホンにこだわってきたのですが、解放感のある重低音とクリアな高音を求めて Bluetoothだけでなく、 Wifi接続でもスマホの音楽を再生できる中型スピーカーです。 AUX経由でも再生できます。 大きさは中型クラスですが重低音もよく出て迫力のある音質です。 Bluetooth接続時よりもWifi接続時のほうが音が良い気がしますね。 どちらの時でも重低音がしっかり出るので聴いていて気持ちいいです。 右上にあるLED液晶時計が便利です。 色は写真よりもっと爽やかでキレイな色です。

おすすめ大音量・重低音強化・デュアルドライバー・内蔵マイク搭載スピーカー

メインボーカルの歌声やラジオでのアナウンスの声がとてもきれいに聞こえてくるワイヤレスPCスピーカーをご紹介します。FMラジオの視聴を楽しみたい方や、ボーカル曲がお好みの方に適したおすすめPCスピーカーです。

ZoeeTree S1 ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー

micro SDカード、FMラジオ対応 、iPhone 、iPad 、 Sony 、 Samsung、HTCの機能を取り入れたおすすめスピーカーです。その他、全てのAndroid設備に対応できる「ZoeeTree S1 ポータブル Bluetooth4.2 スピーカー」です。 また、サイクリングやキャンプと、野外でも楽しめるPCスピーカーです。24ヶ月保証がついた安心の商品となっています。1800mAhリチウムイオンバッテリーが内蔵の充電式で、全てのBluetooth機器に対応で、一度接続すると次回からは自動で接続できる便利で嬉しいおすすめ商品です。

スマホの音量をMAX、こちらのスピーカーの音量もMAXにするとかなりの音量がでます 可愛いし、音も良いし 起動音かっこいい! サイズ感と色もいい感じです。 音も迫力あるし しっかり出来ている。 これまで買ったコンパクトタイプのスピーカーとは一線を画したクオリティーの高さです。音もデザインも機能性も文句なし! 大好きなスピーカーです。大きさ、重さも。 この値段でこの音でとても満足しています。 豊かな低音と明瞭なボーカルが音楽の世界をもっと楽しいものにしてくれることでしょう。それぐらい、高い出資のし甲斐があると思います。

おすすめ約20時間再生・高音質ハンズフリー通話・Bluetooth・防水スピーカー

連続約20時間再生可能でハンズフリー通話ができるこちらのJBL CHARGE3 BluetoothスピーカーIPX7をご紹介します。低音が心地よい響きと評判の、ビジュアルグランプリ2016 SUMMER 受賞であり、ビジュアルグランプリ2017受賞製品の評価の高いスピーカーです。

JBL CHARGE3 Bluetoothスピーカー IPX7防水

本格的な迫力サウンドが気持ちいい、こちらのスピーカーは、Bluetooth接続でデバイスを3台ペアリングとお得感満載です。 防水性能がパワーアップしたこちらの商品は、万が一の水没に備えて防水機能を研究して性能をアップしました。突然の雨だけでなくお風呂で音楽を聴くのにも安心してご使用になれます。充電時間は4.5時間と短いのに充電回数も少なくてもOKで便利です。 また、こちらの商品はカバー付きなので持ち運びもしやすくなっています。なんといっても最大20時間のワイヤレス連続再生ができるのは、時間を気にすることなくサウンド再生ができるのではないでしょうか。 低音を豊かに再生するパッシブラジエーター搭載と床面からの反射音低減対策で、クリアなサウンドになりました。外出先の景色を眺めながらサウンドが思う存分楽しめる事でしょう。

なかなかいい音ですね。ポカリスえっとの900mlとほぼほぼ同じサイズなのに、音がきらきら輝きます。JBLの小さなスピーカーは初めて購入しました。JBLのスタジオ用スピーカーを家に2セット構えています。自分の寝室用にこの商品を購入しました。iPhoneにアプリをインストールして設定変更したら、ド派手なオープニング音は無事に消すこともできました。皆さんの口コミを参考にさせて頂き、とても良い買い物ができたと感謝しております。文句なしの星5つの評価の理由は、音とデザインとiPadで映画を観るのにジャストフィットなことです。音質は重低音から超高音まできちんと再生してくれます。JBLじゃないと聞き取れない音があります。iPhone Xでジャン・ミッシェル・ジャールを聴く時も、雑味のない美味しい音で感激。大事に使いたいと思います。

USB DAC内蔵・デジタルアンプ・シルバー(台数限定カラー)

フルレンジドライバーとデジタルアンプ搭載のpcスピーカーをご紹介します。DAC内蔵による高音質再生が実現した、サイズを超えた重低音が迫力あるスピーカーです。

JBL Pebbles バスパワードスピーカー

ナチュラルなサウンドがお好みの方におすすめのPCスピーカーです。USBに接続するだけと操作も簡単なので、初心者にも分かりやすいでしょう。スマートフォンやオーディオプレーヤーへの接続も可能で、すぐに音量調節ができます。 ACコンセント不要でUSB接続時にパソコンが自動認識するため、専用ドライバーソフトなどのインストールの必要もありません。デザインも上品なグレーで、電源を入れるとブルーの表示がポイントになりおしゃれです。驚くほどの音質の良さと重低音が迫力のあるおすすめ商品です。

設置はUSB接続で、即完了。 接続すると右側スピーカーに青いランプが灯って、その色味がまた白いメッシュに良く映えます。 シンプルなのにカッコイイ。 音量調整は右側スピーカー内側のダイヤルを回して使うのですが、これもシンプルで感覚的に使いやすい。 そして肝心の音質ですが、オーディオに関して「全くのド素人」である私にもハッキリ分かる、立体的な音の広がりにドキドキ! 音の粒々が団子にならず、本当に細やかなミストのように、綺麗にナチュラルに広がってゆくんです♪ 変な気負いやポリシーの押付けが無く、ゲーム音楽を聴いても、映画を鑑賞しても、リラックスした心地よい時間を愉しむことが出来ます。 オーディオ関連は、デザイン音質共に好みの問題が大きいと思いますが、私は買換えて大大大成功でした✧◝(⁰▿⁰)◜✧ 価格帯、コードの取り回し、音質、どれも文句のつけようがありません。 全力でお勧めします!!

おすすめのPC用スピーカーのランキングトップ3

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

おすすめPC用スピーカーのご紹介をします。PCスピーカーを選ぶときに、皆さんはなにを基準に選びますか。PCのスピーカーを初めて購入される方は、まずは安くて音の良い商品を望まれる方が多いのではないでしょうか。 または、壊れてしまったPCスピーカーを超える音質を求めている方や、静かな音楽に合った音質を求めている方、とにかく低音にパワーがあり元気な音をお望みの方、インテリアに合うデザイン重視の方と、PCスピーカーは好みも分かれていることでしょう。 今回はデザインがスタイリッシュで小型で高音質なPCスピーカーをおすすめTOP3にしました。ぜひ参考にしてください。

おすすめランキングトップ3位は「Olasonic USBパワードスピーカー 」

おすすめランキングトップ3位は「Olasonic USBパワードスピーカー」です。ハイレゾ対応USBパワードスピーカーは、アクティブスピーカー形式のおすすめPC用スピーカーです。 音楽を聴きながら寛ぎたいという方よりも、とにかくポップで元気が出るサウンドがお好みの方におすすめのPCスピーカーです。オーディオ入力はUSB(Type B)、AUDIO IN 、最大出力が12.5w+12.5wもあり強力なパワーがあることを示しています。 電源がUSBバスパワーで、推奨 USB3.0規格以上を使用することでさらなる高音質が望めるとされています。付属はUSBケーブル、ステレオミニケーブルです。

電源ではなく、PCに接続するだけのスピーカーでこんな凄いスピーカーが開発されるなんて、正直、驚きました。ネット・オーディオ時代の革新的な高性能スピーカーです B&Wのスピーカー(ノーチラス)にDENONのアンプや昔の伝説の山水のアンプに繋げたり、ケンウッドの K‘s series を使っておりましたが、これからはPCにこのスピーカー直繋ぎでPCからコンテンツを引き出して聴きまくります。 購入後に、早速、ロック、ジャズ、クラッシックといろいろ試してみました、あらゆる音にきちんと対応します。設置場所などのシステム環境を工夫すればさらに良い音が出るでしょう。 これまでは、日本の某一流メーカーのPC接続用スピーカー(5〜6千円程度)を使用していましたが、音色が桁違いに違います。特に、重底音のずっしりとした音は、これまでのPC接続スピーカには無いものです。スピーカー本体の風格もずっしりとしており、市販の1万円未満で出回っている他のPC接続用スピーカーとは雲泥の差です。 これから徐々に慣らしていき、音色がエージングされていくのが楽しみです。 Olasonic (東和電子)は、元SONYの技術陣の方々などが中心となって退職後に会社を設立し、製品開発を続ける中で、このTW-S9も開発されたと聞きましたが、TW-S9に搭載された技術は世界に誇れる優秀なものだと思います。今後のさらなる製品開発が楽しみないぶし銀のような会社でその秘めたる技術面でのポテンシャルを非常に感じました。 この製品の開発に関わった多くの方々に感謝します。有り難うございました。世界にはばたけOlasonic !!

おすすめランキングトップ2位は「Ewin Bluetoothスピーカー 」

おすすめランキングトップ2位は、最大約10時間連続再生可能な「Ewin Bluetoothスピーカー 」です。タッチボタンが鋭敏で面白い、アルミニウム合金素材のオシャレな商品です。見た目もシンプルでかっこいいと評判のデザインが楽しいひとときを演出してくれそうです。 ブルートゥースが接続完了したことを音声で通知と分かりやすく、iphone、Android、スマホ、Mac、PC、タブレットにとBluetooth対応のおすすめ商品です。コンパクトサイズで持ち運びも便利なため、気軽にお好きな音楽をキッチンでも耳元で観賞可能です。 デザイン、価格、音質、音量、存在感とどれをとっても申し分ないPCスピーカーだと評判です。また、音色は設置場所によって変化を楽しめるので持ち運びが楽しめるでしょう。長く愛用できる愛着のあるPCスピーカーは飽きの来ないLEDタッチ操作での音量調節が楽しめます。

見た目がかっこよくて、レビューの評価もよかったのでこちらを購入してみました!! 小さいのにパワフルです∩^ω^∩ スマホで繋いで音楽流してますが、本体からとスマホからとで音量調整できるので、かなり音量の調整幅が広いです∩^ω^∩ 小さい音から超大音量まで!! 音質も良くて、こんな小さいのにすごいなーと思いました!!

おすすめランキングトップ1位は「Youkiking スピーカー防水 Bluetooth4.3 吸盤式お風呂」

おすすめランキング第1位はお風呂でピカピカ輝く「Youkiking スピーカー防水 Bluetooth4.3 吸盤式お風呂」です。こんな嬉しい機能の付いたお風呂スピーカーはいかがでしょうか。 お風呂で音楽が聴けたら生活がより楽しくなるのではないでしょうか。お風呂嫌いな子供にもおすすめですし、一人で退屈なお風呂も時間をかけてじっくり身体を温めることができます。 Bluetooth4.3なため安定した音色で、見た目も華やかでカラフルな光が夢のあるバスタイムを演出してくれそうです。また充電してもすぐに使えます。 置き場所に困る心配もなく吸盤式なので安心してお風呂に入れます。また、吸盤は取り外しが可能ですので、野外や、キッチン、車でのもち運びにも便利でおすすめです。 上記のレビューのhttps://をクリックしますと動画があります。とても参考になりおすすめです。ぜひご覧ください。

こちらの防水スピーカー購入しました! お風呂でも音楽が聴きたくて購入しました!音もすごくキレイですし、音も大きいのでシャワーの音で全然聞こえなくなる事はないのでかなり満足しています!一つあれば無音の入浴だったのが気分よく入れます(^^) 充電式なので電池を買う必要がないのでこれも便利です!ありがとうございます☆

スピーカーの設置とスピーカーの向きの重要

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

5.1chでの再生機能のないPCでは、5.1chが2.1chスピーカーとして再生されるでしょう。そのため5.1chを使用の際には5.1ch対応のものなのかを確認をしましょう。 PCとスピーカーの接続に関しては、2.1chは3.5mmステレオミニプラグの接続、重低音が追加されていないウーファーなしの2.0chは、主にUSBでの接続になります。 2.1chPCスピーカー音質での臨場感は、スピーカーを同じ高さの位置に離して設置した際、内側に向きあわせて設置することで、PCスピーカーの高音質効果が増すような期待ができます。音の違いを試してみてください。自分好みの音質になる位置に、PCスピーカーを設置することをおすすめします。

ホームシアターにしたい

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

ホームシアターにするのは難しいと諦めた事はありませんか。ホームシアターにするときに必要な物は案外シンプルです。AVアンプ、プレイヤー、スピーカー、テレビと、大きく分けるとたったこれだけです。 ホームシアターの醍醐味は自分好みの音質や映像をリラックスしながら楽しめることにあるといえるでしょう。映画好きでなくても楽しめて、さらに満足できる休日を手に入れることができると、ホームエンターテイメント効果でホームシアターが趣味の一つになるのではないでしょうか。 そんな新鮮でリフレッシュできる音楽と映像を極めた空間をつくってみませんか。今回はそんな夢あふれるホームシアターの作り方を簡単にご紹介します。ぜひ参考にしてください。

ヤマハ AVアンプ RX-V583

こちらのアンプはWi-Fi内蔵型で、ご家庭での無線LAN経由でWi-Fiに接続が可能ですのでおすすめします。Dolby Atoms」、「DTS:X」に対応するデコーダーを搭載しています。音質を重視したDSP技術を採用しており高音質が楽しめます。設置後、高音質に変わったとの声が大変多くおすすめです。

実売50000円を切る価格で、7.1chとatmos5.1.2対応。 4K、Wi-Fi、Bluetoothなど一通りの最新機のを網羅し、シネマDSPもある。 ONKYOやDENONも同価格帯がありますが、シネマDSPではYAMAHAに軍配が上がります。 しかし、加工音が嫌いな方、ピュア音源にこだわる方にはONKYOやDENONがいいかもしれません。こればかりは実際に聴いて好みを見つけるのが大事。実際ONKYOの方がピュア音源は良いと感じましたが、私は映画鑑賞のためシネマDSPのYAMAHAにしました。 入力端子はHDMIがメインのためd端子やフォノはありません、その代わりサイズがコンパクト。

ホームシアター/シネマパッケージ

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

ホームシアターで楽しみたい方に最適な、ONKYOのホームシアターBASE-V50をご紹介します。ぜひ参考にしてください。DVD鑑賞やゲームをする人に最適で、なおかつインテリアに最適との声がありました。ホームシアターで素敵な休日をお楽しみください。

ONKYO シネマパッケージ 2.1ch ハイレゾ音源対応 ブラック BASE-V50(B)

ブルーレイ、DVDの再生すると最大限の音色を引き出すと好評なこちらのPCスピーカーをご紹介します。 HDMIの入力端子も4つあり活用が幅広く便利です。ゲームをご使用の際は爆発音なども良く響いて最適です。重低音が響くので購入の際にはご注意願います。ゲーム好きの方には、キャラクターの声がききとりやすくなるセンタースピーカーを合わせてご購入がおすすめです。 AndroidスマートフォンやiPod touch/iPhoneをリモコンとして使える専用アプリOnkyo Remote対応していますので、リモコンを紛失の際にも安心です。

FR-7GXDV+WUA-7からの買い替えです。 ※5ヶ月ほど使用していましたが、どうもHDMI基盤が不調になってきたようです。 PC>NR-365>モニターと繋いでいますが、そこそこ頻繁にPCの映像、音が共にとまってしまいます。 こうなると一旦電源コードを抜かないと復旧せず困っているのでサポートに連絡予定です。 よって☆ー3 ※再評価 グラボを新調して繋いだらなんと上記の不良が全く起こらなくなりました。 よって、こちらの評価を☆5へ戻し、ZOTAC GeForce GTX 750 Ti 2GBこちらの評価の耐久性という意味で下げさせていただきます。 D-309MとD-309Cを追加しての5.1ch構成にして使用していますが、FPSの定位、ブルーレイを見ているときの迫力は疑似サラウンドでは味わえないと思いました。 今は値段がだいぶ上がってしまいましたが、自分が買った時の値段でエントリークラスとはいえ、 クラシックを大音量で聞きたいとかではない限り必要十分な音質と機能性を持っていると思います。

ホームシアターとは

ホームシアターは、主にテレビは大画面にし、迫力ある音を体験するスピーカーを前方左右後方に揃えて映像や音響観賞楽しむことです。楽しむ際に重要なのはスピーカーの種類でしょう。アンプもホームシアターになくてはならないスピーカー同士の音の調節に深くかかわっています。

AVアンプとは

AVアンプを使用することで、テレビ、PS3、Wiiなどが楽しめます。また、HDMI付きプロジェクター再生やHDMI付きパソコンでの再生ができます。スピーカーをとりつけてのホームシアターを構築する事ができます。 AVアンプはホームシアターを構築する際に中心的な役割を持ち、ホームシアターになくてはならない重要な物だといえます。スピーカーと繋げばお部屋の空間の音のバランスを整える音響効果を生み出し、映像では出力を切り替えるセレクター機能を働かせます。 DVDの音声データをスピーカーに割り振り、前方左右のフロントスピーカーから聞こえる音、前方片側の重低音ウーファースピーカーからの爆発音というように音の割り振り、調整、補正をします。

スピーカーの種類での効果

スピーカーの種類によっては、低音が響いたり、高温が良く聞こえたり、音の移動が感じられたり、爆発音などの低音が響いたり、ゲームのキャラクターの声やボーカルの声が良く聞こえたりとさまざまです。それぞれの音色が違うため、音の好みを把握しておくとよいでしょう。 5.1chスピーカーと、重低音のサブウーファーを加えた計6本のスピーカーにすると、より音質が立体的になり、ホームシアターが実現できます。

サラウンドとは

サラウンドバックスピーカーを置くことで、音がまとまり音の移動がわかるようになります。サラウンドバックスピーカーにより高い臨場感を作り音に包み込まれるような凄みを発揮できます。

2.1chでのサラウンド

立体音響が期待できる2.1chは、音楽再生に最適です。両耳イヤ―フォンやヘッドフォンなどでも再生できます。 2.1chでのサラウンド方式は、2.1chの前面左右のフロントスピーカーにプラスして、重低音のサブウーファーを設置することで、前面から音を響かせる計三つのスピーカーからなっています。

5.1chでのサラウンド

5.1chとは、後方の左右にスピーカーを加えた5.1ch以上がホームシアターの一般的目標だといえます。5.1chのサラウンド再生方式は、テレビの下正面のセンタースピーカー、前面左右のフロントスピーカーとバック左右のサラウンドスピーカー、サブウーファーを置くといわれています。

6.1chでのサラウンド

6.1chは、テレビの下正面のセンタースピーカー、前面左右のフロントスピーカーとバック左右のサラウンドスピーカー、体の後方真ん中に設置するサラウンドバックスピーカー、前面の左右どちらかに設置するサブウーファー置きます。

おすすめのPC日本のスピーカー

日本製のPCスピーカーは癖がなく聴きやすく耳が疲れないといわれています。毎日視聴したい方におすすめします。

ヤマハ フロア型スピーカー

インテリアに最適な形が好評のヤマハのスピーカーです。テレビ台のあいた隙間などに設置出来て、場所をとらないのでおすすめです。ヤマハアンプとの接続が好相性との評価があります。

梱包も良くとても良かったです!! 音質もよく、低音がきいていていいですね笑 使用する際にはアンプが必要になります。 いい買い物をしました!!

JVCケンウッド

音質がクリアに聞き取りやすいと評判です。テレビの音がよりくっきり聴こえるのではないでしょうか。 約20時間の連続再生ができる充電式なのもおすすめです。耳の遠いお年寄りにも大音量で聴かずにボリュームを下げても聴こえやすいと好評です。

これは、素晴らしいです。ハッキリと聞こえるモードがあります。ヘッドホンは、ボリュームが抑えられるのも、便利でした。充電も、便利です。よく考えられていました。おすすめできます。

おすすめのPC用スピーカーメーカーの紹介

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

PCスピーカーは音にこだわりたいけれど、近所に音が漏れて騒音になるのではないかと心配されている方が多いことでしょう。そこで今回は低音の音質も満足できるのに、近所の目が気にならない音質の優れた製品、Bose製のPCメーカーをご紹介します。一軒家にもマンションにも満足できる低音をお届けできるPC用スピーカーですので、ぜひ参考にしてください。

おすすめはBose製PCスピーカー

おすすめPCスピーカのメーカーは、低音が最高と評判で一軒家での視聴にも適したBose製です。また、サブウーファーがないのに2つのスピーカーだけで迫力のサウンドを実現します。 Companion20などは、低音が床に地響きするようにドンドン鳴らずに、低音の迫力はそのままに、迫ってくるような響きで低音好きにも満足できる音質です。マンションなどでも安心して使用できるでしょう。 Bose製の中でもサウンド聴く室内環境を選ばないCompanion20は、新開発の70mmの「ハイエクスカーション・ワイドレンジトランスデューサー」を取り入れているのがおすすめの理由です。ノイズも低減した中音域の再生も美しいと絶賛されています。

Bose Companion 20

音響バランスにも優れていて、ボリュームを絞っても耳に届く調和のとれた音色が楽しめます。また「TrueSpaceステレオデジタルプロセッシング回路」を採用したことで、音圧差や時間差をかんじさせず立体感のある再生が可能になりました。 目の前でライブを楽しんでいるかのような臨場感あふれる、表情豊かなサウンドを実現します。ボリュームを下げても、音の響きが変わらずに良く聞こえるようにと、「アクティブ・エレクトロニック・イコライゼーション」をさいようしているため、音響バランスを自動的に補正する機能が、耳に届く最小のボリュームでも自然に聴こえて音楽を楽しめることでしょう。 手元のコントロールポットもデザインに優れ、軽くタッチするだけでボリュームの調節が可能です。センサー機能も付いているため、2時間でスタンバイ状態になり、電源の消し忘れも防げます。ヘッドホンをつないでの利用も可能です。

店頭にてcompanion5,companion2等と比較して、一番汎用性とパフォーマンスが期待できそうで購入しました。 PCスピーカーという触れ込みですが、主にテレビに接続しています。 つなげて音を出した瞬間、奥さんと一緒に感心感激しました。 シンプルな佇まいからは想像できないしっかりとしたパワーがあり、 リビング全体に伸びやかに音が響き、映画やゲームなどの臨場感も格段にアップしました。 BOSEの特徴の低音が強調されすぎという方もいるかと思いますが、私は元々気にならないので大満足です。 装着も簡単なのでPCやipodに付け替えて使用する際も手間がかからず、 丸型リモコンによる音量調節が軽やかで気持ち良いです。 オススメする人として、 オーディオマニアでなく、 大掛かりな配線作業等が面倒で、 手っ取り早く快適なリビング/PC空間が欲しい、 BOSEが嫌いじゃない。 そんな人には是非オススメです。

Bose Companion 3 Series II system PCスピーカー

アンプ内蔵・スピーカーシステムのスピーカーです。重低音がライブ感あふれると好評です。クラッシックを聞くよりもアップテンポな曲におすすめです。ウーファーのボリュームを絞れば、低音を抑えられて自然な音色が楽しめます。

音には詳しくないですが、感想を書きます。 まず低音。量感たっぷりで迫力があります!どこに置いてもしっかり響かせてくれます。低音の音量を調整できるところもポイントです! 高音の抜けがよく、気持ちよく聴くことができます。コンパニオン5ほどではないですが、広がりのある音も楽しめます。 コントロール・ポッドの使い心地が最高ですね!音量調節、ミュートのオン・オフがスムーズに行えます。入力も2系統あり、PCとDMP、PCとテレビなど、用途に合わせて常時接続できます。 WAVE MUSIC SYSTEMも所有しています。これはもちろんすばらしいのですが、小音量では持ち前の鬼のようなクリアで自然な中高音と上質な低音を発揮していないように思います。コンパニオン3は、小音量でも特性を殺すことなく聴かせてくれます。アパートに住んでいる僕としては、大事なポイントなので、うまく使い分けています。 欲を言えば、配線が多いことでしょうか。そんなに複雑ではありませんが、WAVE MUSICのような配線のシンプルさのコンセプトを是非活かしてほしいと思います。 ちょっと高いですが、音には多少こだわりたいと言う人にはお勧めですよ!思います。少し高いのが難点ですね。

Bose M3 (Micro MusicMonitor) マルチメディアスピーカー

低音よりもクラッシックを聴きたい方は特におすすめしたいスピーカーです。極上のクラッシック音楽を楽しめることでしょう。

先日、M3を購入しました。私も購入するにあたり、M2 とM3を比較しました。やはり気になるのは音質の違い。記事やレビューを参考にすると、「違いはほとんどない」「大きな差がある」など、様々な意見が見られたため、お店に試聴しに行きました。    最初にM2を聞き、「うん、この音は凄い!さすがBOSE!」という率直な感想。次にM3を聞いてみると、「おぉ!?何か違う!」と、聴いた瞬間に感じました。何が違うのかよく聴き比べてみると、M3は低音が、M2は高音が強調されている感じでした。音の勢い・元気良さではM2の方が上であり、音の深み・立体感ではM3の方が上だと思いました。    「クラシックの方がさらに違いが分かる」と店員さんに言われ、ヴァイオリンのCDを聴き比べしましたが・・・・・はっきり言って、かなり違います!M3はその場で生演奏しているかのような音質。M2は薄っぺらい印象があり、クラシックを聞くには少し不向きだと思いました。    店員さんいわく、「ロックや高音重視の音楽なら、M2の方が爽快に聴けることもあります。しかし、クラシックや低音重視の音楽なら、今聴いていただいた通り、M3の方が上です。M3は幅広い音に対応できるので、いろいろな音楽を聴くのであれば、一万円多く出してもM3を買った方が良いかもしれません。」とのこと。私もいろいろなジャンルの音楽を聴いているので、クラシックの音質の違いを知ったことがM3購入の決め手になりました。    両者とも凄く良いスピーカーで、違う強みを持っています。音の感じ方は人それぞれ違うので、どちらが自分の耳に合うかも人それぞれです。それだけに、試聴しないまま、もしくは、どちらか一方だけを聴いて購入するのは大変危険です。ネット上での情報収集も大切ですが、高価な買い物になるので、後悔しないよう試聴してから決めることを強くお勧めします!  最初は値段でM2にしようと思っていたけど、試聴によってM3に変更した者の意見です。

用途に合ったスピーカーを選ぼう

スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方

「スピーカーおすすめランキング・口コミ・特徴別紹介・選び方」をご紹介しました。せっかくスピーカーを購入するのなら、用途に合ったスピーカーを選ぶことをおすすめします。 音の特徴や機能性を重視して自分のライフスタイルに合ったスピーカーを選ぶことで、テレビやパソコンを楽しめて、満足のいく音楽生活を楽しめることでしょう。

アクセスランキング