IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

手取り20万の生活|節約のコツ6つ・収入を増やす方法

年収・給与

手取り20万のお給料は少ないですか、多いですか。この額では少なくて結婚が出来ないんじゃないかと不安という人も中にいるようです。では実際に手取り20万の生活はどんなものなのでしょうか?具体的な支出なども例に挙げ紹介していきます。

更新日時:

手取り20万の計算方法

手取り20万の計算方法

待ちに待った給料日に給料明細を手渡され見てみると、額面と実際の振込み額が違う。そうです、みなさんすでにご存知でしょうが、給与明細書の額面どおりの金額が手取り給与を指すわけではありません。 職業や業種にもよりますが、一般的に大卒初任給の平均額が20万円代といわれていま。この金額は実際には多いのか少ないのか疑問が残ります。手取り20万円で1人暮らしできるのか、貯金はできるのか。その暮らしぶりを見ていきましょう。

給料から引かれるもの

毎月会社から支払われるお給料から、所得税や雇用保険料や健康保険料、厚生年金保険料などが差し引かれます。その残った金額が手取りの金額になります。手取りの金額が実際に自分に振り込まれるお金です。つまりが毎月の生活費ということです。 所得税や保険料は計算方法が決められていますが、住んでいる地域や社会保険の種類などによって金額が違ってきます。

額面はいくらか

手取り20万円=額面は23万から24万円ほどとなります。住んでる地域や所属している健康保険組合などにもよりますが、税金や保険料、合わせて3~4万円引かれています。

手取り20万の平均的一人暮らし

手取り20万の平均的一人暮らし

では次に手取り20万で1人暮らしをした場合は、どんなものにどれだけかかるのでしょうか。実家暮らしの時には気づかなかったところに費用がかかっていることもあります。 ここからは項目ごとに詳細にみていきましょう。手取り20万円だと生活費にどのくらいかけられて、どのぐら趣味にお金をかけられるのでしょうか。

家計内訳は

「家賃」「食費」「通信費」「光熱費」「保険料」「趣味娯楽費」「貯蓄」などが主な出費です。この中で家賃などの毎月同じ額を支払う費用を「固定費」、通信費などの月によって変わる費用を「変動費」といいます。節約するにはこの変動費を見直せばOKです。 手取り20万円だと、どの項目にどれだけのお金をかけることができるのでしょうか。項目ごとに見ていきましょう。

内訳1「家賃」

一般的に家賃は給料の1/3程度が目安と言われています。手取り20万ですと約7万円ほどです。 固定支出になる家賃は安いに越したことはありません。同じ物件に長期間住むことになると、少しの金額の差が大きな差になってきますので、物件選びは時間をかけて慎重にしましょう。 都内では「石神井公園」「本所吾妻橋」「三鷹」「大山」あたりに希望額の物件が多い感があります。

内訳2「食費」

家計調査報告によると一ヶ月の食費の平均は39,510円です。一日にすると約1,300円です。手取り20万円の約2割です。 仕事をしていると、つい外食で済ませてしまうことも多いでしょう。また、仕事の後にお誘いがあると、家に帰っても一人なので断らずに行くことも増えてしまいます。 夜の外食が多い場合は、お昼をお弁当にしてやりくりしましょう。お弁当が難しい場合にはおにぎりだけでも作ると節約につながります。

内訳3「通信費」

手取り20万円のうち通信費に使用する金額は安く抑えたいところです。最近は格安携帯なども普及し、以前と比べ安く携帯を持つことができます。大手携帯会社からも次々と新しい料金プランが発表されています。 今契約している料金プランが自分に合っているのか、年に1度は見直しをしましょう。

内訳4「光熱費」

生活するうえで光熱費は必要不可欠です。家計調査報告書の35歳以下のデータでは月平均は約6,959円でした。 住んでいる地域によっては、季節に影響され光熱費はかなり変動します。しかし光熱費は節約しやすい項目です。マメに電気を消したり、水を出しっぱなしにしないなど簡単にできることが多くあります。 ネットにも情報がたくさん出ているので節約方法を調べてみるといいでしょう。

内訳5「保険料」

手取り20万円の無理のない範囲で保険に入っておくと後々安心です。勤めている会社によっては、社内へ保険外交員がくることもあるでしょう。面倒だし、相場がわからないので勧められるがままに契約していませんか。 今は無料の相談所もありますので、今入っている保険に過不足はないか、セカンドオピニオン的に別の専門家に相談してみるのもいいでしょう。

内訳6「趣味娯楽費」

家計調査報告書の35歳以下のデータによると月平均17,155円です。これには被服代や外食費、交際費は含まれていません。主にはレジャーや本、習い事です。旅行へ行きたいときは事前に計画して貯蓄する必要があります。 この項目は完全に贅沢費になりますので、手取り20万円では節約のしどころとも言えるでしょう。

内訳7「貯蓄」

定年後に余裕を持って暮らすために、貯蓄は必要不可欠です。平均寿命も年々上がってきているので、貯蓄は多ければ多いほど安心になります。 若い時にしかできないこともありますが、老後などのことを考えると働き始めた時から、毎月少しずつでもこつこつ貯めていくことが大切です。手取り20万円で節約し貯蓄しているブログなどがありますので、参考にするといいでしょう。

ひとり暮らしの節約本

ひとり暮らしの節約本

主婦向けの節約術はテレビや雑誌でたくさん紹介されていますが、それらは家族向けの節約方法なので一人暮らしには向かない場合もあります。 そんな時には一人暮らし用の節約本もありますので、一人暮らしを始める時に、または既に一人暮らしをしている方も一度目を通してみてはいかがですか。一人暮らしのお金のことが詳しく書かれていますので、手取り20万円で充実した生活を送ることができるよう、参考にしてみてください。

ひとり暮らしの賢い節約BOOK (ひとり暮らしNAVIシリーズ)
ひとり暮らしの賢い節約BOOK (ひとり暮らしNAVIシリーズ)

手取り20万の節約のコツ

手取り20万の節約のコツ

ここまでは平均的な一人暮らしの内訳をみてきましたが、ここからは節約方法をご紹介します。多くも少なすぎるわけでもない手取り20万円の生活ですが貯金はできるのでしょうか。 生活費の内訳を見直すことにより、手取り20万円でも貯金ができる可能性は十分にあります。そのためにはいくつか我慢をしなくてはいけません。その見極めとなるのが、自分にとって何が大切かです。

コツ1「固定費を減らす」

固定費の大きい部分は「家賃」です。上記に家賃は給料の1/3、手取り20万円だと7万円と説明しました。しかし、友人や職場の人との付き合いを大事にし、家にあまりいない人は、家賃を低めに設定するといいでしょう。しかし、逆に比較的家にいる時間を大切にするならば、交際費や食費を削って家賃に回してもいいでしょう。

コツ2「格安スマホに切り替え」

現在大手キャリアの携帯電話をしようしているなら、格安スマホに切り替えると通信費を抑えることができます。月々の利用料が半額以下になる人もいるでしょう。 今使用しているスマホ本体はそのままで、格安SIMへ乗り換えるという方法もあります。手取り20万円の一人暮らしの中で、通信費は大幅なコストダウンが期待できます。

コツ3「銀行手数料は支払わない」

銀行によっては一定の条件を満たしていると手数料がかからずお金を引き出す事ができます。 一人暮らしで仕事をしていると銀行やATMへ行く時間が限られているので、自分のお金を引き出すのに手数料を支払っている人も多いでしょう。年間の利息でもらえる金額より1回のATM手数料の方が高いという人もいるのではないでしょうか。 手取り20万円の限られた金額の中で、無駄なお金は1円たりとも支払わないようにしましょう。

コツ4「高還元ポイントの利用」

高還元率のクレジットカードを利用して、ポイントをザクザク貯めましょう。毎月手取り20万円と決まっている収入に、プラスαの臨時お小遣いとして利用できます。カードによってはマイルも貯まりますので旅行費用の足しになります。 自分の生活に合った高還元率のクレジットカードを作成して、賢く利用しましょう。

コツ5「保険の見直し」

一般的には10%以内に収めるよう推奨されていますので、手取り20万円だと2万円以下になります。それ以上になっている人は保険会社やファイナンシャルプランナーに相談して保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。 保険も常に新しい商品がでていますので、2万円以下でも生活スタイルが変わる場合は適宜見直す癖をつけておくと安心でしょう。

コツ6「車は持たない」

車は本体の購入費はもちろん、その他に維持費用がかかります。 維持費用は月々の駐車場代、自動車税、車検代、保険代などがあります。手取り20万円でこれらを支払うとなると、他のところでかなり節約しないと難しいでしょう。 電車やバス、タクシーを利用し、どうしても車が必要な時はレンタカーを利用する。車がないと生活できないのか、もう一度考えてみましょう。車がなければ、そこにかかっていたお金を他の事に使えます。

収入を増やす方法

収入を増やす方法

手取り20万での生活はシングルで暮らす分にはわりと有意義に過ごせそうですが、結婚や家族を持つとなるとなかなか厳しいものがありそうです。 将来的に収入を増やすには、どのような方法があるでしょうか。収入を増やす3つの方法をご紹介します。

方法1「資格とスキルアップ」

資格を取ったり、スキルアップすると収入が増える会社が多いです。 手取り20万円の中から資格取得のための勉強代を捻出するのは大変ですが、ここで頑張ることによって、将来収入アップが見込め、さらに豊かな生活ができる可能性があるでしょう。 この方法はすぐに収入アップすることはできませんが、先を見据えて自分に投資すると考えてみてください。

方法2「転職」

今の自分の資格やスキルでも、会社が違えば収入が変わることもあります。自分の良いところをアピールして転職が成功すれば、収入アップが見込めます。 仕事をしながらの転職活動は体力的にも精神的にも大変です。しかし、転職することは視野が広がり、自分の経験値にもなります。 手取り20万円から少しでも多い収入になるために、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

方法3「副業」

現在勤めている会社がOKならば、副業という手があります。 副業ができるならば、3つの方法の中で一番早く収入を増やすことができます。しかし、今の仕事をしながらなので、体力的には厳しいでしょう。 飲食業や在宅など多種多様な仕事があり、副業もバラエティに富んでいます。自分の生活スタイルに合った副業を見つけることができれば、手取り20万円に副業代がプラスされ、今より余裕のある生活ができるでしょう。

収入の中から貯蓄を心がけよう

収入の中から貯蓄を心がけよう

手取り20万円の中で、少額でも毎月貯蓄をする癖をつけましょう。コツコツと貯めていけば、数十年後まとまった金額になっています。 年金の額や定年後の景気を今から予測するのは難しいので、貯蓄があるに越したことはありません。将来家族を持った場合にも、お金はかかるでしょう。 未来の自分のために、今できる範囲で貯蓄していきましょう。

先取り貯蓄がおすすめ

余ったお金を貯蓄しようとすると、なかなかできません。最初からなかったものとして、先取りして貯蓄しましょう。 生活費にかかるお金を先に計算し、無理のない貯蓄額を決めて、お給料が入ったらすぐに貯蓄します。簡単に引き出せない貯蓄用の口座を作り、そこに移動すると良いでしょう。 普段から無駄遣いに気を付け、貯蓄癖がつくよう心がけておくと、いざという時に安心です。

関連タグ

アクセスランキング