IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

SEの業種・職種一覧|個人事業主SEの業種と確定申告時の業種欄

更新日:2022年09月15日

ビジネスマナー

SEとはシステム・エンジニアの略称です。ソフトウェア業やIT業界で就業する業種を指します。SEの職種は幅広くコンピュータ機器を搭載する機械(パソコンやスマートフォン)を設計する業種、機器上で稼働するアプリを開発する職種、機器とアプリを連結される業種があります。

 SE業種の中で、情報処理サービス業は、システムを導入しようとしているお客様の面倒を最初から最後までお世話する業界で、システムインテグレーター(SI)と称します。情報処理サービス業界は、ハードウェア業界知識とソフトウェア業界知識の両方を持ち備えています。ハードウェア選定やデータベース構築、ソフトウェア開発・管理・保守・運用支援などの全ての業務を担います。  また、企業の業務内容や現在問題視されている課題を分析して業務効率化を図る、課題の解決、競合企業に対する戦略を視野に含有した提案するケースもあります。SE業種では豊富な経験とスキルを要します。

ITコンサルタントのSE業種とは?

 SE業種の中で、お客様である企業から経営や業務上の問題点を聞き取り、問題の解決策を提案する業務を担う職種がITコンサルタントです。SE業種の中でも高い経験が必要な職種で、SEの頂点とも称されます。経験も大切な業務ですが、お客様と設計・開発する技術者との調整を円滑に進める必要があるので、コミュニケーション能力が重要視される職種です。

セールスエンジニアのSE業種とは?

 SE業種の中で、経験を積んだ技術者が得意分野の知識を活用し、営業面で活躍する職種がセールスエンジニア(SS)です。お客様に自社製品のサービスを提案する、お客様が悩んでいる問題点を効果的な提案をします。新規のお客様やシステムを更新するお客様へ提案する業務も多く担当します。  ITコンサルタントと同様、高いコミュニケーション能力が必要とされる職種です。SE業種で設計・開発マネージメントを経験し、営業能力を求められる職種です。

ソフトウエア業界のSE業種とは?

ソフトウエア業界のSE業種の役割分担は?

 SE業種の中で、コンピューター機器のハードウェアを動作させる制御する手順や指令の集合体をソフトウエアと称します。ソフトウエアは、システム管理するソフトウエア(OS/オペレーティングシステム)と企業の業務を実行するソフトウエア(アプリケーションソフト)との分類が出来ます。  現在は、スマートフォンやタブレット端末の普及によりAndroidやiOSなどのオペレーティングシステムが誕生し、パソコンで処理する業務が多様化しています。SE業種の技術者は、導入した機器のOS配下で動作するソフトウエア系列の開発業種に乗り換えています。

プログラマーのSE業種とは?

 SE業種の中で、プログラマーはソフトウエア開発の基本となる職種です。プログラム言語は数多くあり、専門に取扱う言語で担当する業務や案件に影響を生じます。プログラム言語は全世界で使用されている様々な外国語である想像するとよくわかります。プログラマーは開発言語を作成して稼動することを確認するまで担当するケースが多いです。  SE職種はプログラマーの役割を担いませんが、プログラム言語の知識を持ち合わせ、プログラムを効率的に稼動させる技術の指導も行います。

システムエンジニアとは?

 システムエンジニアは、システム開発に総合・総括的に関わる職種です。システムエンジニアの頭文字から「SE(エスイー)」と称されます。SEは、ソフトウエア開発以上に開発組織をまとめる役を担うプロジェクト・マネージメントや稼働中システムのコンサルティングや、新規システムを提案するコンサルティングを担う技術者も多くいます。  SEの業務上、システム開発を担当する部門や、システム開発を請け負う企業によって役割は多様になります。また、担当するプロジェクト人員によっても役割が大きく変化します。総合的なプログラミングの知識保有し、プロジェクト全体に関わる業務を取り仕切る高いスキルが必要です。SEは業界の頂点に立つ職種です。

ネットワークエンジニアのSE業種とは?

 企業に出勤して最初にする仕事は、自席に設置されているパソコンの電源を投入する事です。パソコンは便利で業務に不可欠な道具ですが、個別に使用している状態では利便性が限定されます。現在は、企業内で多数のパソコンを使用し、ネットワークで接続して、効率的に運用しています。  このようなネットワークの構築や運用、保守を行う職種が、ネットワークエンジニアの役割です。SE業種の中で、ネットワークエンジニアは、複数のOSやハードウエア、中継装置などに関する幅広い知識を要します。

ハードウエア業界

ハードウエア業界のSE職とは?

 ハードウエアとは、パソコン本体や周辺機器(キーボード、マウス、モニター、プリンター、中継機器など)、それらを構成する電子機器と言います。以前は、ハードウエアといえば、汎用コンピューターや磁気テープ装置、オフコン、パソコン(端末)が中心でした。  現在はインターネットなどのIT関連技術を活用可能な携帯電話やスマートフォン、家電、ゲーム機などもハードウエアの分類に属します。このようなハードウエアを取扱う業界を、ハードウエア業界と称し、ハードウエアSE職種が活躍しています。電子回路や電子機器の企画・設計を担当するSE業界の業種は、理工系大学出身者やベンチャー企業の技術者が多いです。

個人事業主のSEの業種

次のページ:SEの確定申告時に申告する業種欄
初回公開日:2017年07月13日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング