IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「医療機器営業」の仕事内容と役立つ資格|やりがいや平均年収は?

更新日:2022年08月01日

職種研究

営業は営業でも医療機器営業と言われると、専門性が高そうなイメージに敷居が高いと感じる人もいるのではないでしょうか。医療機器営業とは実際、どのような仕事なのか?未経験者でもできるものなのか?年収や仕事の内容まで詳しくご紹介していきます。

(2)繁忙期

①秋~冬。 (体調を崩す人が出やすい。手術が増える) ②2年に1度の保険償還価改定期。 (扱う医療機器全ての見積もりのし直しと、メーカーや病院との交渉。)

(1)仕事の内容や待遇が、給与や賞与に見合っていると思えるか? (2)常に医療機器に対する勉強を深める熱意や意欲があるか? (3)仕事にやりがいを感じられるか?  ①高額な医療機器をも扱う営業。  ②人の命を支え、守る機器を扱う営業。  ③学べば学ぶだけスキルを磨き、頼れる存在になれることへの喜び。 (4)医療機器営業の仕事に就くと決意した場合  ①医療機器営業の平均年収よりも著しく年収が低い企業に就職しようとしていないか?   (賞与も同様。)  ②インセンティブ重視でノルマが過剰に重い企業に就職しようとしていないか?   (ノルマが重くても大丈夫と思えるのであれば別。) 前項にまとめた待遇や繁忙期などの事情と本項の内容を合わせて、医療機器営業は自分にとってベストな職業と言えるかを考えることが大切です。特に転職をして医療機器営業の仕事に就くつもりであれば、実際に就職してからミスマッチングに悩まないよう、慎重に考慮しましょう。考慮した結果、挑戦してみたいと思うのであれば転職活動へ踏み出しても良いのではないでしょうか。

【4】医療機器営業への転職に有利な経験・知識

①必須となるのは普通自動車運転免許のみ ②営業職経験(実績をアピールできるならば有利になる可能性がある) ③臨床工学技士の資格 ④メンテナンスエンジニアの経験、工学系の専門知識    医療機器営業は営業職と言えど、限られた分野の機器を扱うため敷居の高いイメージを持たれやすいのですが、実際には未経験でも転職しやすい職場と言えます。ただ、未経験者にとっては未知の分野に対してどのような就職試験対策をすれば良いか、何をアピールすれば良いか分かりづらいということもあるでしょう。転職エージェントの力を借りて、スムーズな転職を目指す方法もあります。 興味はあるけれど具体的なイメージが膨らまないのであれば、医療機器営業の仕事の実際はどのようなものか、情報収集のために活用するのも一案です。転職エージェントは相談したら必ず、転職しなければならないというものではありません。気軽に相談してみても良いでしょう。 医療職に従事している、または頻繁に病院に行く機会でもない限り、医療機器営業の担当者に接したことのある人は少ないと思われます。しかし医療機器営業の仕事は医療機関にとっても治療を受ける患者にとっても欠かせない、医療機器を扱う仕事です。言い換えれば医療現場になくてはならない職業と言えるのです。 人の命を守る仕事をしたい、営業の経験をより人のために活かせる職業に就きたいなどと考えているのであれば、医療機器営業の仕事に就くことを考えてみてはいかがでしょうか。自らの学びが仕事に直結する、やりがいある仕事を一生の職業にできるかもしれません。

ポイントをしっかりと理解して医療機器営業に転職しましょう!

先述の通りで医療機器営業になろうとする際には必要なものがいくつかあります。 ①必須となるのは普通自動車運転免許のみ ②営業職経験(実績をアピールできるならば有利になる可能性がある) ③臨床工学技士の資格 ④メンテナンスエンジニアの経験、工学系の専門知識 という事でしたが、これらを取得する時期もそうですが、タイミングにも気を付けたいものですね。やはり、一歩早く動いたものが制するのが転職や就活というものでしょうから、可能であれば学生時代や余暇を見つけて励んでみてはいかがでしょうか。

初回公開日:2017年06月16日

記載されている内容は2017年06月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

関連タグ

アクセスランキング