IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

「横浜市」のプログラミングスクール|サービス内容/料金/口コミ

ガジェット

今話題のプログラミングスクールは横浜にもあります。IT業界で働いていくには、新しい技術のキャッチアップは欠かせません。また、初級者からのステップアップを目指すにもメンターが必要です。そんな時に頼りになる、横浜のプログラミングスクールを紹介します。

更新日時:

横浜にもあるプログラミングスクールとは?

横浜で働く魅力

IT企業が集まっているのは東京ばかりではありません。横浜にも多くのIT企業があり、そこで多くのエンジニアが働いています。異国情緒と未来都市が同居するみなとみらいや、新幹線の駅を中心に横浜の副都心とも言われる新横浜など、交通の便の良い、新しいビジネス街が横浜の魅力です。 さらに、早くから外国に開かれた横浜らしく、外資系の企業が多いもの特徴の一つです。実力がものを言う外資系企業では、給料が高い反面、新しい技術やスキルの習得は欠かせません。そして、そんな一流のエンジニアを目指す若い人が多いのも、横浜の活気の源と言えます。

プログラミングスクール利用のすすめ

プログラミングは、環境さえ揃えれば独学でも学べます。しかし、理解できないことがあると、無駄に多くの時間を過ごすこともよくあります。そんな時、詳しい人に見てもらい、的確な助言がもらえれば、短い時間で理解できるものです。 身近にそんな詳しい人がいれば、教えてくれるようお願いすればすむことですが、そんな人がいない場合はプログラミングスクールを利用してはいかがでしょうか。忙しいエンジニアでも、その気になれば、短い期間に新しいスキルを身に付けることができます。

スクールのスタイル

プログラミングスクールでは、どういった授業を行っているのでしょうか。ほとんどのスクールでは駅前などの交通の便利な場所に教室を用意しています。そして、受講者はそこに通ってプログラムのカリキュラムに取り組み、解らないことがあれば講師からマンツーマンの指導を受けています。また、大抵はカリキュラムが実際の業務に即しており、さらに、講師も実務に精通したプロのエンジニアが解りやすく指導してくれます。 横浜のプログラミングスクールも、東京都内などで複数のスクールを開いている会社が多いため、都内のスクールと同じスタイルになります。なお、教室を持たず、カフェで派遣された講師と1対1でプログラミングの学習を行うスタイルのスクールもあります。他の人を気にせずに自分のペースで進めたいと考えている方には、おすすめです。

プログラミングスクールの料金

小人数のクラスが基本のプログラミングスクールは、どうしても高額になります。例えば、初心者がひとおおりのカリキュラムを習得して、仕事をできるようになるまでには、40万円以上もかかることになります。 とはいえ、専門学校に1年間通えば150万円以上かかる訳ですから、決して高額とは言えません。専門学校は、IT技術の理解に関連する基礎的な学科がいくつもあります。それに対して、プログラミングスクールでは、プログラミングのスキルに特化して教えてくれるので効率的です。さらに、仕事が終わった後など、時間を利用できるので働きながら通えるのもメリットの1つです。 また、既にIT企業で働いていてステップアップを目指す人なら、気になるスキルだけ受講することもできます。その場合は、1講座は6万円程からあります。ITエンジニアなら、常に新しい技術に興味を持っているはずです。 これくらいなら、明るい未来のために自分に投資できる金額ではないでしょうか。なお、横浜のプログラミングスクールは、東京都内など他の地区のスクールと授業料は変わりません。

プログラミングスクールは横浜駅周辺に

横浜の繁華街は中華街がある関内ですが、ビジネスの中心は、横浜駅からみなみとみらいにかけてのエリアです。この辺りは、東京湾に面した高層ビル群が立ち並び、JRや私鉄の路線が何本も通っています。特に横浜駅周辺は、東京の副都心に負けない都市機能が集中した場所です。そんな、便利な横浜駅周辺にプログラミングスクールが集中しています。

プログラミングスクールで学べるスキル

IT系の専門学校では、過去何年も使われている枯れたプログラム言語や、世の中に広く使われているIT技術を教えています。プログラミングを基礎から学ぶにはそれでもいいかもしれませんが、これでは今の職場の戦力にはなりません。プログラムを仕事にしているのなら、できれば最先端のスキルを学びたいところです。しかし、その最先端の基礎になる技術が無いと、理解するのに苦労します。プロなら意識して、そういったスキルを学ぶべきでしょう。 プログラミングスクールでは、今、Web開発で使われている最新のスキルを学べます。Webサービスに使われ言語は1つではありません。JAVAで組んであるシステムでも、DBを操作するSQやL、動的な画面なら Javascript も使われています。さらに、スマートフォンのアプリの開発で使われるのは Objetive C だったりと多くの技術が使われているのです。もちろん横浜のプログラミングスクールでも、そういったスキルを学ぶことができます。

修了したら資格試験を

プログラミングスクールに通った多くの人が、自分のスキルの証を手に入れるために、資格試験に挑戦しています。また、修了した人の中には、未経験からIT業界への転職を目指す人もいます。プログラミングスクールでは、専門のキャリアカウンセラーが就職先を斡旋してくれたり、履歴書の書き方の指導を行っています。もちろん、実践的なカリキュラムを修了しているので、現場ですぐに戦力として活躍することができます。

横浜のおすすめプログラミングスクール紹介

KENスクール横浜校

IT関係の仕事をしている社会人が新しいスキルを身に着けるのに、おすすめしたいプログラミングスクールがKENスクールです。運営母体がIT企業であり、業務に直結した実践的なカリキュラムに特徴があります。また、少人数クラス制を取っており、経験豊かなエンジニアが講師にマンツーマンの指導を受けられます。そして、東京都内を中心に8つのスクールを開校しており、初心者から上級者までの多くの人が学んでいます。 そんなKENスクールの横浜校は横浜駅から徒歩3分の距離です。 KENスクール横浜校の基本情報 【住所】 〒220-0011 横浜市西区高島2-19-12 横浜スカイビル 20F 【TEL】 045-277-0028 【アクセス】 JR「横浜駅」中央改札口 徒歩3分 【入会金】 30,000円 【費用】 38,000円~924,000円 (コースによります)

実際にエンジニア、プログラマーになってからどのように働くのかという具体的なイメージをしながら受講できて、先生からも働き方について話をされるので勉強になりましたし、受講後の就職・転職にイメージができたのが良かったですよ。

Winスクール横浜校

Winスクールは、各都道府県にプログラミングスクールを展開しており、年間1万人もの人々が受講してるスクールです。なお、それだけ多くの受講者の約4割は企業研修であり、その顧客には東証一部上場企業も含まれています。そのため、カリキュラムは充実しており、講師陣も解りやすく指導してくれます。また、受講できるコースには、初心者でも学びやすいWeb関連のスキルから、JavaやC言語など中上級者向けのスキルまでと幅広く、自分に合ったコースが選べます。 Winスクールは神奈川県では、横浜校を含めて4校を開校しています。そして、横浜校は横浜駅東口から徒歩3分の距離にあり、アクセスにも便利な場所です。 Winスクール横浜校の基本情報 【住所】 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-12-6 ヨコハマ・ジャスト1号館7F 【TEL】 0120-20-9821 【アクセス】 JR「横浜駅」東口 徒歩3分 【入会金】 18,000円 【費用】 76,000円~450,000円 (コースによります)

リナックスアカデミー

リナックスアカデミーは、日本初のオープンソースエンジニア専門校として、5000名を超える修了者がいる、社会人のためのプログラミングスクールです。プログラミングのスキルはもちろん、Linux OSやネットワークなどのスキルも学ぶことができます。ここも少人数のクラス制を採用しており、現役のエンジニアが講師に当たっています。 そんなリナックスアカデミーは、新宿の本校と横浜東校のスクールを開校しており、横浜東校は横浜駅から徒歩4分ほどの場所にあります。 リナックスアカデミー横浜東校の基本情報 【住所】 〒220-0011 神奈川県横浜市西区高島2-6-26 城南予備校横浜校2号館ビル2F 【TEL】 0120-70-3727 (東京本社・総合受付) 【アクセス】 JR「横浜駅」東口より徒歩4分 【入会金】 10,800円〜32,400円 (コースによります) 【費用】 60,000円~880,000円 (コースによります)

プログラミングの参考書は特に、すごく小さな部分が理解できなかったり、打ちミスに気が付かなかったりが多い。 本当は理解する能力があっても、解答を導き出すために時間がかかりすぎて、習得する前に心が折れてしまう。という人が実際に多いと思います。 でも1クラスが徹底した少人数制であるため、リナックスアカデミーの授業はそういう不安が一切ありません。

TENTO横浜

小学生からのプログラミング教育が話題になっていますが、TENTOは、小学生から中校生までを対象としたプログラミングスクールです。少人数クラス制を採用しており、小学生でも操作しやすいビジュアル言語から、本格的なプログラム言語まで教えてくれます。そして、レッスンを通じて、プログラミングの考え方を身に付け、さらに、自分が作ったプログラムを発表する機会もあるなど、大人になっても役立つ経験できるのが魅力です。 TANTOは、東京都や埼玉県など関東を中心にスクールを開校しており、神奈川県では横浜駅の近くにスクールがあります。 TENTO横浜東校の基本情報 【住所】 〒221−0835 横浜市神奈川区鶴屋町3−32−14 新港ビル202号 【TEL】 070-1041-8485 (代表) 【アクセス】 JR「横浜駅」西口より徒歩3分 【入会金】 5,000円 【費用】 12,000円/月

サイタ プログラミングスクール

サイタ プログラミングスクールは、プライベートコーチによる個人レッスンでプログラミングが学べるスクールです。教室はなく、横浜の街にあるカフェでのレッスンを行います。費用も1時間に4,900円からとリーズナブルで、時間や場所もあなたの都合に合わせてもらえます。申し込みは、公式サイトからどうぞ。

横浜のプログラミングスクールに通いましょう!

横浜のプログラミングスクールについての紹介でした。いかがだったでしょうか。IT業界で働き続けるには、最新技術のキャッチアップが欠かせません。また、ステップアップするするには、いろいろなプログラム言語や最新のIT技術を理解している必要があります。とはいえ、忙しいエンジニアには時間をかけて独学で学ぶ時間が取れません。 そんな時に頼りにあるのが、プログラミングスクールの経験豊富なメンターの助言です。横浜で働くエンジニアなら、横浜にあるプログラミングスクールがおすすめです。うまく利用して短い期間でスキルを身に付け、高度な仕事ができるエンジニアにステップアップしていきましょう。

関連タグ

アクセスランキング