IT人材のためのキャリアライフスタイルマガジン

選考辞退の電話での伝え方と理由例文・最適なタイミング

初回公開日:2016年12月02日

更新日:2020年11月07日

記載されている内容は2016年12月02日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

転職ノウハウ

より志望度の高い会社に内定が決まったり、条件に不満を感じたり…。就職・転職活動中に選考辞退しなくてはならないケースはいろいろあります。そんな時、選考辞退することを、どのように電話で企業に伝えたらよいのか?知っておきたい選考辞退のマナーと電話連絡の方法をご紹介します。

選考辞退の意志が固まったら即連絡を!

選考辞退の意志が固まったら即連絡を!
※画像はイメージです
出典: https://unsplash.com

選考辞退の連絡はメールではダメ?

選考辞退の連絡はメールではダメ?
※画像はイメージです
出典: https://www.pexels.com

選考辞退の旨だけを連絡するのであれば本来メールでも構いません。しかし、担当者の確認のタイミングが分からないので、欠勤などで確認が遅れると行き違いが生じる恐れがあります。最悪の場合、見落としというリスクもあります。また、メールだと謝意が伝わりにくくそっけない印象も持たれるので、直接伝えられて確実な電話連絡がベストです。

やむをえずメールで選考辞退する場合には

やむをえずメールで選考辞退する場合には
※画像はイメージです
出典: https://www.pakutaso.com

メールでの選考辞退例文

「面接のご連絡をいただき、ありがとうございます。」 「面接の機会を頂戴してありがとうございました。」などの感謝を伝える文面、 「貴重なお時間を割いていただいたのに、申し訳ありませんでした。」 「ご迷惑をおかけすることを深くお詫びします。」などの謝意を伝える文面は忘れずに入れましょう。

確実で、丁寧な印象の電話がベスト

確実で、丁寧な印象の電話がベスト
※画像はイメージです
出典: https://pixabay.com

電話なら行き違いの心配はありませんし、直接お礼とお詫びの気持ちを伝えられるのでより丁寧な印象になります。選考辞退しても、同じ業界であれば一緒に仕事をする機会もあるかもしれないので、より信頼される方法をとるのがベストです。

いきなり電話をするのに抵抗がある方や、担当者になかなか電話がつながらない場合には、取り急ぎメールを送った後に、さらに電話でフォローするとより丁寧です。

選考が進んでしまったときの辞退は

関連タグ

アクセスランキング