インターンシップに参加する目的・目標設定の仕方と例

最近ではインターンもすっかり就職活動の方法として一般的なものになってきていますね。今回は、インターンという貴重な経験を、自分自身の武器にするために、インターンに参加するにあたっての目的や目標設定の仕方について、例を交えながらお伝えします。

インターンの目的・目標設定の進め方

インターンの目的・目標は、次の順序で考えていくと、綺麗にまとまります。

1、自己分析
2、目的の決定
3、目標の決定

①自己分析

目的や目標を考える際には、まずは自己分析が必要です。インターンに対しての希望や、自分の客観的な状況を冷静に洗い出すわけです。

希望を掘り下げる方法はいろいろありますが、自分自身に対して質問を投げかけてみるといった方法もその一つ。そもそもなぜインターンに興味を持ったのかというところをスタート地点にして、他人からのツッコミに応えるような形で、何度も繰り返すのです。やり方としては、紙に書き出してもいいし、使い慣れているならマインドマップなどのツールを使うのも一案です。

また、志望業界の有無や、今の自分に足りない部分・伸ばすべき部分は何かといったことも併せて考えておきましょう。

②目的の決定

通りまとまったら、それに沿って大まかな目的を決めます。よくある目的としては、

・様々な業界を覗いてみたい
・就活にあたって、実社会での経験を積みたい
・特定の企業の内定を狙いたい

などがあります。応募すべき募集の選択にも影響してきますので、まずはここを外さないようにして下さい。

③目標の設定

実際の応募先が決まったら、いよいよ目標の設定です。実施される内容に沿う形で「期間中に何を達成するか」という観点からより具体的に詰めていきます。一般的な目標の方向性としては、

社会人としてのマナーの習得
志望業界で必要とされるスキルの向上(苦手なスキルの補強なども含む)
志望業界での実績作り
などが挙げられますので、こうした面から自分の状況なども見据えながら掘り下げていくとよいでしょう。

インターンの目標を考える際のポイント

①事前の下調べ

まず、参加を考える企業や業界に関して、事前の下調べを怠らないことです。実際に就労するタイプならもちろんですが、たとえグループワーク形式などの比較的ライトなものであっても、この点は変わりません。

事前知識がないまま目的や目標を設定したところで的外れなものにしかなりませんし、その状態で参加したところで理解することさえできないでしょう。逆に言えば、しっかりと知識を蓄えてから臨めば、得られるものが明らかに違います。

具体的な方法としては、応募先のホームページや業界本のチェックなどが挙げられます。特に企業ページについては、開設されているようであれば必ず目を通すのが基本。また、インターンシップの口コミや、対策情報なども合わせて調べましょう。重要視されている能力を把握し、選考の対策にもなります。

②数値目標を立てる

目標設定の際には、可能であれば数値で明確に達成度が測れる目標を設定するのが望ましいです。イメージが湧かないようでしたら、営業部などに書かれている「目標売上◯◯円」といった張り紙などを思い浮かべてみて下さい。もちろんインターンの内容によっても基準は異なりますが、要は誰が見てもわかるラインを数字で設定しておくということです。

こうした目標設定のメリットは、後にどのくらいまで達成できたかが、主観抜きにわかることです。実際に社会に出たら、こうした目標設定は多くの場面で求められることになりますので、今のうちから慣れておくつもりでチャレンジしてみて下さい。また、企業に自分の目標を提出する必要がある場合も、この点を意識して考えてみるとよいでしょう。

上手く目標が立てなそうであれば、「KPI」や「KGI」といったキーワードで検索してみてください。

③目標のレベルを上げすぎない

特にスキル習得系の目標を立てる場合などに言えることですが、身の丈にあわないような目標は設定しない方がよいでしょう。インターンに限ったことではありませんが、壮大なレベルの目標は、多くの場合挫折の原因になります。もちろんそれでかえって燃えてくるという方もいますけどね。

内容だけでなく数的な面でも、たとえ目標にしたいものがたくさん出てきたとしても、敢えて特定の一つに絞った方が結局はよい成果につながるでしょう。インターンの期間というのは限られているのですから、そこまで多くの目標を達成しようというのは無理があります。

とはいえ、まったく無理なく達成できてしまうような目標を立てても、それはそれであまり意味がありません。成長に繋がらないからです。この辺りはさじ加減の問題になってしまうのですが、少し背伸びすればなんとか行けるかな、くらいの感覚で設定してみてはどうでしょうか。そこそこ歯ごたえがありつつも、決して達成不可能ではないレベルを念頭に置いて、考えてみて下さい。

目的に応じたインターンの目標設定の具体例2つ

それでは、以下で目的に沿った目標設定の考え方について、具体的な例を2つほど挙げておきます。もちろん、これらは例に過ぎませんが、方向性を決める際にぜひ参考にしてみて下さい。

インターンの内容にもよるので、インターン内容が分かり次第、にこのような具体的な目標を設定していきましょう。

内定狙いの人向けの目標例:インターンで実績を作る

特定企業への内定の足掛かりにすることが目的なら、数値的なものや何らかのプロジェクトの完遂など、はっきり「これを成し遂げた」と言える目標を設定するとよいでしょう。就労するタイプのインターンで明確な実績を残せていれば、アピールに有効です。

例えば次のようなものですね。

・プロダクト発表で1位を取る
・電話アポを1日3件取れるようになる

様々な業界を見たい人向けの目標例:インターンを業界研究につなげる

就活で目指すゴールが決まっていない分、目標を設定しづらいパターンですが、ここは業界研究という観点から目標を考えるのが一番適切です。

色々な業界が見たいというのは、言い方を変えればそれぞれの特徴を知り、自分にあったものを導き出したい、ということです。これはまさに業界研究そのもの。インターンの場合、現場の社員に直接話を聞けることがメリットですから、期間中に社員からより多くの現場の生の声を聞きだせるような目標を設定すれば、より情報集めに力が入ることでしょう。

この目標例では具体的な数値に落としこむのであれば、例えば次のようになります。

・20人の社員さんから業界の話を伺う

インターンシップを有意義な経験にしよう!

ここまで挙げてきたように、インターンシップの活かし方は人それぞれです。目的や目標の設定は、その活かし方をあらかじめ決めることで、より的を絞って効果をあげよう、ということなのです。

もちろん、いくら熟考したとしても、目論見通りにいくとは限りません。掲げた目標の達成に失敗することもあるでしょう。また、ベストだと思っていた企業が自分に合わないことが判明するなど、不本意な結果に終わる可能性もあります。ですが、それはそれで悪いことではありません。少なくとも自分の認識とのギャップを埋められたわけですし、そうした経験をしたことにより、今後より深い自己分析や企業選択が可能になるはずです。

インターンシップは就職活動の一手段であるとともに、学生のうちにバイトとは違った形で実社会を知ることができる、またとない機会です。学生の立場からは見えづらい部分に直接触れられるのですから、ぜひ積極的に活用して、有意義な経験にしてください。しっかりと何がしたいのかを考えた上で臨めば、これからの就職活動にきっとプラスの影響をもたらしてくれることでしょう。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ