瞬時に回答できないとヤバイ、面接でよく聞かれる質問例10コ

あなたがどんな人間であるかを評価する就活での「面接」。面接の場面では緊張してしまいがちですが、あらかじめどんな質問が多くされるものなのか検討・対策しておけば、落ち着いた回答ができるはずです。この記事では面接でよく聞かれる質問を10個ご紹介いたします。即座にきちんと答えられるか、確かめてみましょう。

面接でよく聞かれる質問例10コ

面接質問例1:学生時代にがんばったことは?

サークル、アルバイト、学業など、学生時代で努力した経験を問われる質問です。実際に何か成功したり、努力の成果があらわれたりした体験を話すと説得力が増し、評価が高まる傾向にあるようです。

面接質問例2:あなたの長所・短所を教えてください。

自分の良いところ、悪いところをしっかりと分析した上で回答しましょう。また、短所はそのまま言ってしまうと自己PRになりません。必ず長所と絡めて話す事が重要です。

面接質問例3:志望動機を教えてください。

面接の中ではかなり重要な項目となってきます。誰でも言えるようなことを言ってはマイナス評価です。企業や業界をしっかりと研究したうえで、その会社に感じた魅力を誠実に伝えましょう。

面接質問例4:10年後はどうなっていたいですか?

これからの人生をどう考えるか、向上心はあるか、どんなことを目標としているかを問われています。「この会社で〜がしたい」というように、志望する企業と絡めて答えるのもよいかもしれません。

面接質問例5:尊敬する人は?

どんな人を尊敬するかを通して、あなたの価値観を知ろうとしています。偉人でも、家族でも、教師でも、「なぜ尊敬しているのか」を明確にして答えることが大切です。

面接質問例6:友人からどのように思われていますか?

自分を客観視できているかがこの質問のポイントです。周りからどう思われているか、他人から見た自分うぃ意識して、具体的なエピソードを交えて説得力のある回答にしておきましょう。

面接質問例7:最近のニュースで気になっていることを教えてください。

社会人として、世間で起きていることにきちんと目を向けているかを見る質問です。もちろんですが芸能ネタは避け、その業界と関連のあるものを答えれば評価があがるでしょう。

面接質問例8:社会人と学生の違いは何だと思いますか?

社会人になると、責任感や求められるものすべてが変わってきます。この質問では、あなたが働くということに対してどのような意識を持っているかが問われてきます。アルバイトやインターンで得た経験、今後の抱負などを話しましょう。

面接質問例9:アルバイトはどんなことをしていましたか?

あなたがどんな「働くという経験」をしてきたかを見る質問です。素直に自分が経験したアルバイトの話をしましょう。学んだことを添えておくと、面接官の印象に残りやすいです。

面接質問例10:当社に必ず入社したいと考えていますか?

最終面接で行われる意思確認です。ここでは、必ず「はい」と答えましょう。その企業に入社し、がんばっていきたいという意思を伝えることが大切です。

事前に用意できる回答は磨いておこう

面接でよくされる質問を紹介しました。返答に困ってしまう質問もあるかもしれませんが、その会社に入社したいという思いを伝えることが重要です。思う存分自分をアピールできるように、しっかりと事前対策を練っておきましょう。

最終面接では、他にも熱意を聞くような質問が飛び交います。同じく質問例で、即答できるか確認してみてくださいね。

また、質問されるだけでなく、「何か質問はありますか?」と聞かれた時に、的を得た質問ができるようにしておきましょう。

面接対策に困った際には、新卒向けのエージェント利用もおすすめですよ!気軽に相談にもいけるので、ぜひ有効に活用していきましょう。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事