【2016年】コロプラのインターン対策|倍率、選考方法、採用の日程など

今回は、スマートフォンゲームの中でも、「コロニーな生活」「魔法使いと黒猫のウィズ」「白猫プロジェクト」などの人気タイトルを多数開発している大手ゲーム企業コロプラの、インターンについてご紹介していきます。

コロプラのインターンシップ対策:企業研究

まずは、コロプラという企業がどのような会社なのか、インターンシップに関する情報の前に改めて見ていきましょう。

企業概要

以下は、コロプラの公式ホームページ(※1)にて、2016年7月7日現在掲載されている情報です。

企業名:株式会社コロプラ
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3恵比寿ガーデンプレイスタワー11階
代表者:代表取締役社長 馬場 功淳
設立日:2008年10月1日
資本金:63億8,251万円(2016年3月末日時点)
社員数:コロプラ本体:670名(グループ全体:826名) (2016年3月末時点)
事業内容:
スマートフォンアプリを中心とした、国内外へのサービスの提供
VRデバイス向けサービスの提供
位置情報分析コンサルティング
スマートフォン特化型リサーチ

企業の特徴

「どの時代においても、沢山のユーザーに受け入れられる、新しいエンターテインメントをつくり続ける」というテーマで、スマートフォンゲームなどを中心にさまざまなサービスを手掛けているコロプラ。そのような企業理念のもとに開発されたスマートフォンゲーム「魔法使いと黒猫のウィズ」は、提供開始から約3カ月で200万ダウンロードを記録する人気タイトルとなりました。また、「秘法探偵」や「プロ野球PRIDE」は、GooglePlayにおけるゲームの売上ランキングで、1位・2位を独占するなど、人気タイトルを多数生み出している大手ゲーム会社です。

以下は、そんなコロプラが開発したゲームタイトルの一例です。

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ
白猫プロジェクト
ドラゴンプロジェクト
激突!!Jリーグプニコンサッカー
ほしの島のにゃんこ
また、スマートフォンゲーム事業以外にも、VRアプリの開発や、スマートフォン特化型リサーチサービス「スマートアンサー」の提供なども行っており、スマートフォンを中心に次世代型のビジネスを多数展開しています。

参考資料:※1

コロプラのインターンシップ対策:実施内容を知る

それでは、コロプラが2016年7月7日現在募集しているインターンシップについて、ご紹介していきます。コロプラでは、役職や職種ごとにインターンシップを実施する予定となっており、4種類の分野に分かれています。また、各職種ごとに短期や長期といった複数のコースが存在します。どのコースも、かなり密度の濃い内容となっているので、自分が目指す方向性や希望の役職種がはっきり決まっている方にとっては、とても充実した時間になるでしょう。今回は、以下の3種類のコースについて、詳細をご紹介していきます。

インターン1:ENGINEER NEXT TECH PROJECT(5days Real Work -GAME-)
インターン2:DESIGNER NEXT DESIGN PROJECT(REAL WORK)
インターン3:総合職 NEXT STARTEGY PROJECT(Business Hackathon)

コロプラのインターン1:ENGINEER NEXT TECH PROJECT(5days Real Work-GAME-)の実施内容


応募対象者:2018年以降に卒業・修了予定の学生
応募方法:webサイトからエントリー
2016年7月7日現在コロプラが募集をしている、エンジニア職の長期インターンシップです。応募対象者の他に参加条件があり、プログラミングができることが条件となっています。特に、Unityには触れておいた方が良さそうです。インターンでは、単にプログラミングについて学ぶのではなく、「どうすればより面白いゲームが作成できるか」という課題と向き合いながら、コロプラのゲーム制作を学ぶことができます。(※2)

インターン採用日程

ホームページ上には、公式な採用日程や選考方法は掲載されていませんでした。インターンシップの大まかな流れは、以下のようになっています。

エントリー
キックオフ、ゲーム企画
ゲーム企画
ゲーム開発
ゲームレビュー、懇親会
参考資料:※2

インターン勤務情報

こちらのコースは、5日間の日程で全部で2回開催されます。定員は、各回24名です。

勤務期間:
第1回:2016年8月8日~12日
第2回:2016年9月5日~9日
勤務時間:記載なし
給与情報:記載なし
勤務地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11階(コロプラ本社)
参考資料:※2

コロプラのインターン2:DESIGNER NEXT DESIGN PROJECT(REAL WORK)の実施内容


応募対象者:2018年以降に卒業・修了予定の学生
応募方法:webサイトからエントリー
2016年7月7日現在、コロプラが募集しているデザイナー職の長期インターンシップです。人気ゲーム「白猫プロジェクト」などのさまざまなデザインを、チームの一員として作成することができます。現場で活躍するデザイナーの仕事を見て、直接学べるので、ゲームのデザインやユーザーの心に響くデザインを生み出せるようになりたいと考えている方におすすめです。

参考資料:※3

インターン採用日程

公式な情報としては採用日程や選考方法に記載はありませんでした。しかし、作品提出などはあるようです。エントリーをした後に、インターン採用日程や選考方法の詳細が送られてくるようになっています。(※3)

インターン勤務情報

このインターンシップの特徴は、参加者の日程に合わせて、期間を調整してもらえる点です。学校の課題などとの両立が可能なので、学業を蔑ろにすることなく、デザイナーとしての経験が積めます。

勤務期間:調整
勤務時間:記載なし
給与情報:時給1000円/交通費・宿泊費全額支給
勤務地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11階(コロプラ本社)
参考資料:※3

コロプラのインターン3:総合職 NEXT STARTEGY PROJECT(BusinessHackathon)の実施内容


応募対象:2018年以降に卒業・修了予定の学生
応募方法:webサイトからエントリー
3日間という短期タイプの総合職インターンシップです。「VR」をテーマに、最先端のビジネスを学ぶことができます。応募対象者としては、上記の条件に加え、VRなどの最先端テクノロジーに興味がある方、次世代のエンターテイメントを自分で生み出し、育てていいたい方などがあります。(※4)

インターン採用日程

公式な情報としては、採用日程や選考方法に関する記載はありませんでした。しかし、インターン全体の流れは掲載されており、下記のようになる予定です。

エントリー
キックオフ、ワーク、レビュー、フィードバック
ワーク、レビュー、フィードバック
ワーク、レビュー、フィードバック
参考資料:※4

インターン勤務情報

定員は20名となっており、実施も1回のみ。非常に狭き門となっていますが、総合職として多くのことを学べるでしょう。

勤務期間:2016年9月18日、19日、20日
勤務時間:記載なし
給与情報:記載なし
勤務地:東京都渋谷区恵比寿4-20-3 恵比寿ガーデンプレイスタワー11階(コロプラ本社)
参考資料:※4

コロプラのインターンシップ対策:採用対策

各分野や職種を目指す人にとって、とても為になりそうなコロプラの各インターンシップですが、採用されるにはどのようにすれば良いのでしょうか?インターン生として採用される為に必要なことや気を付けるべきことなどを考察していきます。

インターンの倍率を知る

公式な倍率は公開されていませんでしたが、昨年のコロプラのインターンシップのwebページには、「例年200倍以上の倍率(※5)」との記載があります。

また、今年のインターンシップの各コースの定員は、「ENGINEER NEXT TECH PROJECT(5days RealWork -GAME-)」が各回24名(2回開催)(※2)、「DESIGNER NEXT DESIGN PROJECT(REALWORK)」が若干名(※3)、「総合職 NEXT STARTEGY PROJECT(BusinessHackathon)」が20名(※4)となっていることから、いずれも倍率は非常に高いと考えられます。

ES対策


実際に昨年、コロプラのインターンシップの選考を受け、参加した方の体験談によると、webサイトや会社説明会などで感銘を受けたことに対して、共感や意見をESに記載したそうです。例えば昨年の場合は、コロプラは会社説明会で、ゲーム業界が旬の市場であることをアピールしていた為、そこをピックアップして記載したところ、次のステップに進めたのだそう。

ちなみに、昨年のESは、インターンへの志望理由・学生時代頑張ったこと・どのような業界を志望しているかの3つの設問から構成されており、各200字程度で回答する形式でした。

参考資料:※6

面接/ディスカッション対策

あくまでも昨年のインターン選考法方法なので、今年も全く同じ日程や選考方法で採用が行われるかは分かりませんが、昨年のインターンシップは下記のような採用日程・選考方法でした。

エントリーシート・会社説明会
人事面談
人事面接
インターン参加
とはいえ、どの職種のインターンか、またどのコースを志望しているのかによっても、選考方法は異なると思われるので、あくまでも参考程度に考えておいて下さいね。

面接・面談の質問の一例は、下記のようになっています。

志望動機
頑張っていることは何か
頑張っていることに対して、苦労した面は何か
なぜコロプラを選んだんのか
お金を稼ぐには何をするべきか
経験者の体験談によると、いずれの面接も志望者の人柄などを判断していると感じたそうです。特に、人事面談はそのような面が大きく、その後の人事面接ではスキルや知識などもチェックしていたそうです。

参考資料:※6

コロプラのインターンシップで重要なのは追究する精神

いかがでしたでしょうか?今回は、大手ゲーム会社コロプラのインターンシップについて、ご紹介しました。コロプラは、「どの時代においても、沢山のユーザーに受け入れられる、新しいエンターテインメントをつくり続ける」を実践することで、次々と人気ゲームやアプリを生み出してきました。そんなコロプラでは、やはり就活生やインターン生にも、新しくてより良いものを生み出そうとする姿勢を求めていると思います。

従来の方法や常識にとらわれずに、新しいアイディアや柔軟な発想と、より品質が高くユーザーの需要に応えられるクオリティのサービスやゲームを生み出そうと追究する精神があれば、きっとその熱意は、面接官や人事の人々に届くでしょう。

また、コロプラ以外でもインターンシップに参加することで得られる経験は、とても貴重です。しかし、なかなか時間を作れなかったり、そもそもインターンシップを募集していない企業があったりなど、様々な理由で希望企業のインターンシップに参加できない方も多いと思います。

そんな時に便利なのが、「ニクリーチ」。人事担当者や社員の方々と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子も知ることができますので、ぜひ活用してみましょう!

[参考資料・引用元]