2015年度ゴールドマン・サックスのインターン内容:「倍率」「選考方法」「採用日程」など

今回は2015年度の「ゴールドマン・サックス」のインターンシップ内容をご紹介します。これから公開される2016年度の採用に備え、この記事を参考に今から情報収集をしてみてください。

「ゴールドマン・サックス」インターン

実施期間・募集人数は次の様になっています。情報としては2015年度のものですが、2016年の参考になるでしょう。

・アセット・マネジメント・インターンシップ:2015年12月、25名程度
・投資調査部門インターンシップ:2016年1月、30名程度
・テクノロジー部ワークショップ:2016年1月、詳細未定
・証券部門インターンシップ:2016年2月、25名程度
・ファイナンス部門インターンシップ:2016年2月、20名程度
・オペレーションズ・ワークショップ:2016年2月、40名程度

部門ごとに日程が設けられており、その形式にはワークショップ・インターンシップと2種類あります。

・「ワークショップ形式」は1日間で、企業説明・ディベート・社内見学等を行います。
・「インターンシップ形式」は3日間で、プロジェクトやプレゼンテーションを行います。

予定の調整の前に、ゴールドマン・サックスの多岐に渡る事業についての業界研究を早めに行う必要がありますね。

「ゴールドマン・サックス」インターン:採用方法

インターンシップに参加するための流れは以下の通りです。

1.エントリーシートを提出
2.通過者のみテスト受検


2015年度の一次応募締め切りは11月8日でした。興味のある部門を併願することも可能ですが、一人一度の応募になりますので、早い方の締め切りに合わせます。採用情報は、会社のHPに記載されますので、見逃さないようこまめにチェックしましょう!

「ゴールドマン・サックス」インターン:採用倍率

現在のところ公開されていませんが、実際に経験された方のお話には奮闘の様子がうかがえます。優秀な学生が多く集う企業ですので、まずはエントリーシートに力を入れることが重要となります。

「ゴールドマン・サックス」インターンに参加しよう!

同じ志を持つ学生同士の切磋琢磨のインターンシップ、胸が熱くなりますね。インターンに参加することだけが目的ではありませんが、ここでの経験はあなたの就職活動において輝かしい自信となるでしょう。是非チャレンジしてみてください!

また、今回ご紹介した「ゴールドマン・サックス」以外でも、インターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、なかなか時間を作れなかったり、そもそもインターンシップを募集していない企業があったりなど、様々な理由で希望企業のインターンシップに参加できない方も多いと思います。

そんな時に便利なのが、「ニクリーチ」。人事担当者や社員の方々と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子も知ることができますので、ぜひ活用してみましょう!