IT系インターンを探すときにおすすめの10のサイト「JEEK」「理系インターンナビ」など

今回は、IT系インターンを探すときにオススメの10サイトを紹介していきます。インターン情報を探すのに困っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

IT系インターン紹介サイト10選

JEEK(ジーク)

登録者の多くが、早慶東大であるJEEK。ベンチャーに特化したハイレベルな求人情報を提供しています。インターンに採用されると、Amazonギフト券がもらえるといった嬉しい特典もあります。裁量権を持って主体的に動ける仕事がしたい方にはオススメです。

ベンチャーインターン

主に長期、有給でのインターン情報を提供しているベンチャーインターン。100社以上のベンチャー企業が登録しているため、社員数1名の会社から、マザーズ上場クラスの有名なべんちゃ企業まで幅広い選択をすることが可能です。

EngineerIntern(エンジニアインターン)

EngineerInternは、エンジニアの方向けの情報のみを紹介するサイトです。自分の作ったサービスなどを見てもらうことで、企業側からオファーが届きます。自分の技術力に自信のある方や本格的なエンジニア志望の方にオススメです。

wantedly(ウォンテドリー)

wantedlyは、ベンチャー企業、特にスタートアップ系の企業は使用していないところがないくらいベンチャー界隈で有名なサービスです。主に、ベンチャー系のインターン求人などが載っています。登録者が企業に対して「興味あるボタン」を押すことで、連絡を取り合うことができます。求人の数が多いため、一度登録してみて、どんな募集があるのか確かめてみるのもいいかもしれません。

PASONAキャリアインターン

大手人材会社パソナが運営する就活情報サイトです。未経験、学生、分離不問といった形で、幅広い分野のインターン情報を掲載しています。IT企業に関してもしっかりと求人が集まっていますので、検索機能を使って絞り込んで使いましょう。

Job Chan!(ジョブチャン)

リクルートが運営するJobChan!。その特徴は、まず何と言っても大学1、2年生向けのインターンの紹介が多いことです。早期から、何かアクションを起こしたい学生の方にオススメです。ただ、まだ始まったばかりのサービスですので、やや掲載情報の量が少ないのです。もし気になった募集があれば応募してみるといいかもしれません。

外資就活ドットコム

外資就活ドットコムは、主に外資系企業への就活を考えている方向けのサイトです。このサイトのいいところは、サマーインターンの情報が見やすくまとまったページがあることです。企業情報や属性などを調べることもでき、使いかってはかなり良いです。また、コラム記事にて、先輩方の「参加してよかったサマーインターン」と言った生の声を見ることができるのも特徴です。外資系IT企業をはじめ、メガベンチャーなど情報も載っています。

理系インターンナビ

理系インターンシップでは、理系学生を対象とした長期インターンシップの情報が多く掲載されています。キャリア相談や就活ガイドといった機能も充実しています。情報系の学生や電気電子系、機械工学系の学生など、様々な分野の方が登録しています。

INTERNGATE(インターンゲート)

インターンゲートでは、まず1次選考として、説明会&選考会に参加します。インターンゲート側で認められた学生のみ、各企業とマッチングできる仕組みです。入り口は狭いですが、その後は、企業との細かなスケジュールまでをしっかりとフォローしてくれるなど、サポートが充実しています。

キャリアバイト

長期インターンシップ情報を豊富に揃えるキャリアバイト。「成長できるインターン」をテーマに求人情報を掲載しています。エンジニアやデザイナー、営業、ライターまで幅広い職種での募集があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。サイトによって様々な特徴があるので、自分に目的に適したサービスを選んで使うことをお勧めします。インターンは、就活の合否に関わる重要な機会です。よく吟味して、行き先を決めましょう。

情報収集は念入りに行うことをお勧めします。この記事で紹介したサイトもぜひ活用してみてくださいね。

関連する記事

この記事に関する記事

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気の記事