就活の面接で「好印象の髪色」と「悪印象の髪色」

ここでは就活の面接では何色の髪がいいのか、ふだん明るい髪色の人はどんな染め直しをすればいいか、解説してみようと思います。面接のため「就活カット」をしようとしている学生はぜひ参考にしてください。

就活で面接に出かけるようになると、髪型に気を使いますね。カットと同時に、面接にふさわしい髪色にしようとしている学生も多いでしょう。

ここでは就活の面接では何色の髪がいいのか、ふだん明るい髪色の人はどんな染め直しをすればいいか、解説してみようと思います。面接のため「就活カット」をしようとしている学生はぜひ参考にしてください。

就活で許される髪色と、ダメな髪色

面接官と就活生はまだ人間関係を作っていませんから、「第一印象」が非常に大切になってきます。入室して就活生を見た途端におよそ7秒で、見た目、話し方、しぐさなどから、その人がどういう人間なのか膨大な情報を得てしまいます。そして「軽そうだ」「真面目そうだ」「優しそうだ」などをまず判断します。この時に「髪の色」は大きく影響してきます。

無難な髪色は「基本は黒」

就活面接で心がける容姿としては、「清潔感」+「健康的」に見え、新卒の場合はフレッシュさを感じられることがベストだと思います。

例えば、面接で顔を合わす企業の採用担当者の年代を想像してみましょう。20代~60代を中心とした幅広い世代が想定できませんか?

大切なのは、企業の採用担当者であるそういった世代に、社会人としての「きちんと感」が伝わるかどうか。髪を明るく染めていると印象として「きちんと仕事をする」イメージから離れてしまうことがほとんどです。

銀行・医療・福祉は髪色に厳しい社風が多め

髪色に関する社風で、真っ先に挙がるのが銀行です。金融業界は堅いイメージがあると思いますが、髪色については銀行が特に厳しいようです。就活で銀行を受けるさいは、黒髪が基本ということを覚えておきましょう。

また、医療や福祉関係の仕事も、髪色の規則が厳しいところが多いようです。こちらは銀行ほど堅いイメージはなく、企業によって差はありますが、やはり黒髪の方が好まれる傾向にあるようです。

ノンカラー(染めない黒髪)

髪色が明るい人は3~5レベルのブラックで

黒髪でもトーンで変化を

3~5トーンのアッシュブラック

彼女の場合は、前髪を流して後ろに髪を結び、額と耳を見せるスタイルにすると良いでしょう。

問題ないのは「ダークブラウン」

8トーン以下のアッシュ

5トーンパールアッシュ

彼女も顔に髪がかかるので、後ろに結び、前髪はふんわりと上げて、額と耳を見せるスタイルが良いですね。

ほぼ黒くらいの髪色であれば、それは黒とみなされることが多く、就活の際にも問題ないヘアカラーになります。

ほぼ黒の暗いブラウンくらいのヘアカラーなら、地毛でそれくらいの人もいますから、まず問題となることはないでしょう。

7トーン以下のダークブラウン

アパレル・美容・ITは茶髪可能な社風が多め

銀行業界のように、基本的に黒髪でなければいけない業界がある一方で、茶髪でも大丈夫と言われている業界もあります。代表的なのが、アパレル・美容・IT関係の仕事です。アパレル・美容に関しては「おしゃれ」が商品になるため、従業員自身もおしゃれでいる必要があるという意見もあります。IT関係の業界では風通しが良く、自由な社風が多いとのことでした。

しかし、たとえその会社が髪色の制約がなく、社員の方がすごく明るい髪色だったとしても、就活をしている身でその社員さんたちのように明るい髪色にすることは失礼になります。

こちらはまだその会社の一員ではないのですから、あくまでも「新人らしいフレッシュさ!」これがポイントです。

NGは明るい髪色!

金色に染めているのはもってのほかですよ。

茶色系で分かりやすくレベルスケールで説明すると、レベル7までのブラウンであれば、ほぼほぼ黒のような暗いブラウンなのでセーフ。8より上は、染めているということが分かってしまうレベルで、8でギリギリアウト、それ以上は大体アウトとなるでしょう。

NG例:明るいブラウン

NG例:メッシュ

フレッシュで清潔感のある印象は、黒髪

就活で許される髪色と許されない髪色について、お話ししました。いかがでしたか?髪のカラーリングでは、以前に比べて寛容な面接官も、近頃では多いようですが、やはり清潔感のあるイメージで面接に臨みたいですよね。

こちらの解説を参考にして髪をセットし、面接では爽やかなあなたを演出してください。応援しています!

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ