サントリーホールディングスのインターン対策|倍率、選考方法など2015年情報

今回取り上げますのは、アルコール飲料や清涼飲料水で有名なサントリーホールディングスのインターンシップ情報です。2015年度の情報ですが、皆さんのインターンシップ先選びの、またはインターンシップそのものに対して決めかねている方の、少しでも参考になれば幸いです。

サントリーホールディングスのインターンシップ対策:企業研究

早速インターンシップ情報を見ていきたいところですが、まずはサントリーホールディングスという企業についてさらっておきたいと思います。

先程「アルコール飲料で有名」と述べましたが、その中でも特にウィスキーが有名です。公式サイトでも、そのままで飲むストレートから炭酸飲料で割るハイボールまで、ウィスキーのおいしい飲み方についてのページが非常に充実しています。それだけウィスキーに自信を持っているのが分かります。

企業概要

以下に企業の概要をまとめておきました。皆さんの参考になればと思います。

サントリーホールディングス株式会社として設立したのが2009年ですが、それ以前から活動しています。再びウィスキーの話で申し訳ありませんが、こちらは90年も前から作られています。非常に長い歴史を持つ企業だと言えます。

企業名:サントリーホールディングス株式会社
所在地:大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40
代表者:新浪 剛史
設立日:2009年2月16日
資本金:700億円
社員数:42,081人(2015年12月31日現在)
事業内容:グループ全体の経営戦略の策定・推進、およびコーポレート機能

企業の特徴

本社の特徴としては、やはりアルコール飲料、とりわけウィスキーでしょう。90年という歴史を持っていることは上で述べましたが、このウィスキーは日本で最初の本格ウィスキーであるということも特筆すべきポイントでしょう。

またノンアルコール飲料や発泡酒など、研究開発にも力を入れています。今ではウィスキーのメジャーな飲み方であるハイボールですが、こちらも本社が開発したものです。

他にも清涼飲料水やミネラルウォーターの方にも力を入れています。探してみると、身の回りの飲料の多くがサントリーのものであることに気づかされるでしょう。

サービス1:アルコール飲料
サービス2:清涼飲料水
サービス3:研究開発

サントリーホールディングスのインターンシップ対策:実施内容を知る

企業についてざっと見てきたところで、本題であるインターンシップ情報に移っていきたいと思います。本インターンシップの情報は2015年度のものです。そのため最新ではない場合もあります。定期的に公式サイトをチェックして、最新の情報を入手しておくことをオススメします。

サントリーホールディングスのインターン:実施内容

応募対象:電気・電子系、機械系、化学工学系の理系学生(国内または海外の4年制大学以上に在学中の方
応募方法
サントリーホールディングスHPのインターンシップ情報『DISCOVER SUNTORY』に会員登録
エントリーシートをプリントアウト
必要事項記入の上、締切日までに書類郵送
まず最初に、本インターンシップは記述開発に絞ったテーマのため、電気・電子系、機械系、化学工学系の理系学生しか応募することができません。そこは注意しておきましょう。

内容としましては、アルコール飲料や清涼飲料水などを生産している現場へ行き、幅広い生産研究活動の一端に触れる、というものです。またそれに付随して、技術開発実験や工程改善案検討、データ解析など、サントリーホールディングスにて実際に行われている開発の現場を経験することができます。

インターン採用日程

以下に本インターンシップの採用日程についてまとめました。採用に関してはエントリーシートのみで行われますので、応募締め切り日に注意して、それまでにエントリーシートを提出するようにしましょう。

1:公式サイトからエントリー
2:エントリーシート記入
3:締め切り(2015年7月6日)までに郵送
インターン勤務情報

以下には本インターンシップの勤務情報をまとめました。しかし、実習内容や実習先により変化することが多いので、少し余裕を持って日程を組んでおくと良いでしょう。また、遠方から参加する方にはサントリーホールディングスの宿泊施設などを無料で提供してくれるそうです。

勤務期間:8月下旬~9月上旬のうち、5日~10日間
勤務時間:情報なし
給与情報:なし、ただし交通費 昼食代(1000円)は支給
勤務地:実習先により変化

サントリーホールディングスのインターンシップ対策:採用対策

それでは本インターンシップの採用対策について見ていきたいと思います。本インターンシップの選考はエントリーシートのみとなっております。そのため面接やディスカッションの対策は不要です。その分エントリーシートを充実させることに集中できます。

インターンの倍率を知る

ウィスキーと言えばサントリーを思い浮かべる方や、飲料を作っている企業を思い浮かべるとサントリーが最初に出てくる方などが多いかと思われます。それだけ超有名企業なのだと言えます。また募集人数は10~15名と比較的少ないのもポイントです。

前置きが長くなりましたが、これだけの条件が揃うと倍率はとても高くなることは想像に難くありません。しっかりと準備して、早め早めの行動を心がけることが最善策でしょう。

ES対策

本インターンシップ選考の唯一の課題であるエントリーシート対策ですが、「これさえやっておけば大丈夫」という必勝法みたいなものは存在しません。エントリーシートで見るのは、その人の今までの積み重ねです。「こういう問題に当たった」「その時どう対処した」「その結果はどうだった」といったことが見られるのです。ですので、今までの自分をきちんと振り返ることができるか、それがエントリーシート対策と言えるでしょう。

きちんと振り返るためのサポートとして、日々の事柄を日記に記しておくことが効果的だと言えます。ただし主観的にならず客観的に、です。そうすればそれがその人の言わば「エントリーシート答案」になるのです。日記を付ける習慣がある方もない方も、この辺りを意識してやってみてはいかがでしょうか。

面接/ディスカッション対策

本インターンシップ選考において、面接やディスカッションといった類の選考方法はありません。全てはエントリーシートと、それが期日内に提出されているかどうかで判断されます。ですので、その分エントリーシートを充実させることに費やし、また締め切りまでに余裕を持って提出できるように取り組むことをオススメします。

サントリーホールディングスのインターンシップ対策で重要なのは日記

それでは、本記事のおさらいをしておきましょう。

サントリーホールディングスとは、アルコール飲料や清涼飲料水などを開発・生産している企業です。特にウィスキーには長い歴史があり、サントリーホールディングスの代表格とも言える商品となっています。

そのサントリーホールディングスのインターンシップは、理系学生に的を絞ったテーマを扱っています。幅広い生産研究活動の一端に触れ、技術開発実験や工程改善案検討、データ解析など、実際に行われている開発の現場を経験することができるのが特徴です。

このインターンシップの採用選考はエントリーシートでのみ行われます。そのエントリーシート対策に効果を発揮するのが客観的な日記です。「いつどんなことが起こった」「それについてどう行動した」「その結果はどうだった」といったことが書かれていれば、振り返った時に当時のことをしっかりと反芻することができます。

サントリーホールディングスは長い歴史を持った超有名企業です。だからこそ皆さんが得られることもまた多くなることでしょう。皆さんが満足のいくインターンシップをできるよう、影ながら応援しています。

もっと気軽に企業の様子を知りたいなら「ニクリーチ」がおすすめ

今回ご紹介した「サントリーホールディングス」以外でもインターンシップに参加することで得られる経験はとても貴重です。しかし、なかなか時間を作れなかったり、そもそもインターンシップを募集していない企業があったりなど、様々な理由で希望企業のインターンシップに参加できない方も多いと思います。

そんな時に便利なのが、「ニクリーチ」。人事担当者や社員の方々と焼肉を食べながら、インターンに行けない企業の仕事の様子も知ることができますので、ぜひ活用してみましょう!