2016年BCGのインターン内容:「倍率」「選考方法」「採用の日程」など

世界最高の経営戦略コンサルティングファーム双峰のひとつ、ボストン・コンサルティング・グループがあなたの挑戦を待っていますよ。今回は。ボストン・コンサルティング・グループのインターンへ挑戦するための情報として、「倍率」「選考方法」などについてご紹介します。BCGへのインターンをお考えの就活生は是非御覧ください。

ボストン・コンサルティング・グループのインターン

春、夏、冬に行われるようです。公式には採用人数は発表されていませんが、各インターンシップから五人程度といわれています。

現役コンサルタントの指導のもと、経営コンサルティング業務に関わる調査・分析を行います。少人数のチームを編成、指定された課題に取り組み、最終日に成果を発表する内容です。

各インターンの詳細

インターンには次の3つの種類があります。

スプリングジョブ
サマーインターン
冬季インターン
スプリングジョブ(サクラジョブ)

期間は次の2つになります。いずれも3日間開催されます。

第1回/4月中旬
第2回/5月中旬
選考スケジュールは次のような流れです。

エントリーシート 受付2月上旬〜3月上旬
書類選考
試験
1次面接
2次面接  (2以降の日程は順次案内)
サマーインターン

期間は次の2つになります。いずれも3日間開催されます。

第1回/8月中旬
第2回/9月中旬
選考スケジュールの詳細は公表されていません。

冬季インターン

冬季については、現在発表されていません。

ボストン・コンサルティング・グループESシートの設問例

以下は、過去のエントリーシートに記載されていた実際の項目です。

ゼミ・研究室の研究内容、貴方の卒論テーマ等をお書き下さい。(50文字以内)
学業以外に力を入れていたことについてご記入下さい。(趣味、スポーツ、サークル活動等)(100文字以内)
今までの人生の中で成し遂げたことで、人に話したいことは何ですか?(200文字以内)

筆記試験

まんべんなく出題、特に構造的把握力の問題が独特なようです。

過去には言語・計数・構造的把握力・判断推理・数的推理・GMAT・国語1000字程度の文章の題名選択と文章の並び替え、日本語の資料読み取り問題などが出題されました。

面接

ボストン・コンサルティング・グループの面接では、ケース問題が出されます。例えば

日本にあるセグウェイの数はどれくらいか?
無人島に持って行くなら何を持っていく?
などです。また、エントリーシートを基にした質問もなされるので、面接官に話したいことを伝えられるように準備しておきましょう。

ボストン・コンサルティング・グループの倍率

国際的なコンサルティングファームのおおよその倍率は、1次面接25%、2次面接30%〜50%が目安です。ボストン・コンサルティング・グループはその中でも最も厳しい倍率になることは予想されます。

おわりに

いかがでしたか?BCGはコンサルティングファームであるため、倍率も高いですし、面接で聞かれることも論理思考力を問われます。

ぜひBCGのインターンへ興味のある方は、今回の記事を参考にして、インターンに挑みましょう!