空運業界で人気企業の「業績ランキング」「平均年収ランキング」

今回はキャリタス就活2017の特徴や評判、イベント情報をご紹介します。どの就活サービスを利用しようか考えている学生の方は、ぜひ利用する前に、サービスの魅力を知り尽くして、使いこなしましょう!

空運業界企業ランキング:業績ランキング

最初にご紹介するのは、空運業界企業の業績ランキングです。業績は、企業の現状や将来性を把握するのに重要な指標の1つ。空運業会企業の業績は、路線数や輸送取引先数の多さが影響しています。どのような企業の業績が高いのか、ここで学んでいきましょう。

以下は、平成26年7月~平成27年6月までの、空運業界企業の売上高を元にしたランキングです。

1位:ANAホールディングス
2位:日本国空
3位:スカイマーク
4位:パスコ
5位:AIRDO
6位:スカイネットアジア航空
7位:スターフライヤー
8位:アジア航測
引用元:「年収ラボ(※1)」

航空業界は、もともと大手企業で成り立っていた為、他の業界と比較すると企業の数は少なめです。

1位のANAホールディングス(1兆7134憶円)と2位の日本国空(1兆3447億円)の業績が、空運業界全体の市場をほぼ独占しているような状態です。3位~8位までの企業の売上高は、226憶円~809憶円と、比較的差は小さいです。

それでは、3位までの企業の詳しい業績をご紹介していきます。

業績ランキング1位:ANAホールディングス

空運業界の業績で首位は、ANAホールディングス。売上高は、1兆7134憶円です。前年度にあたる平成25年~平成26年のANAホールディングスの売上高は、1兆6010憶円でした(※2)。売上高が、1000憶円以上も増加したことになります。

ANAホールディングスの国内線は、特にアジアに強い点が特徴です。平成25年に、全日本空輸からANAホールディングスへと、商号を変更して現在の名称になりました。(※1)

業績ランキング2位:日本航空 1

1兆3447憶円で業績2位は日本航空。空運業界の市場は、ANAホールディングスと日本航空でほぼ独占しています。

しかし、ANAホールディングスの業績が増加傾向にあるのに対して、日本航空の近年の業績は、ほぼ横ばいとなっています。日本航空は、2011年に会社更生が終了して、民間企業として復帰しました。(※1)

業績ランキング3位:スカイマーク

業績3位は、売上高809憶円のスカイマーク。スカイマークは、羽田航空を拠点としている、新規参入の航空界会社です。国内幹線のみに集約することで、高い収益を上げており、現在は定額運賃路線に注力しています。(※1)

空運業界企業ランキング:平均年収ランキング

続いて見ていくのは、空運業界企業の平均年収ランキングです。

以下は、平成26年7月~平成27年6月までの、空運業界企業各社の平均年収を元にしたランキングです。業界研究をしている方は、業績ランキングの結果と比較して、業績が高い企業が年収も高いのか?それとも何か別の特徴があるのか?などに注目して見てみましょう。

1位:ANAホールディングス
2位:アジア航測
3位:日本航空
4位:パスコ
5位:AIRDO
6位:スターフライヤー
7位:スカイマーク
8位:スカイネットアジア航空
引用元:「年収ラボ(※1)」

1位は、業績ランキングと同じく、ANAホールディングスです。しかし、2位以下は、業績ランキングの結果とは異なり、順位に多少の違いが生まれています。

2015年の労働者の平均年収は、440万円なので(※2)、空運業界の場合は、ランキング8位のスカイネットアジア航空の平均年収459万円と比較すると、ランキングに登場した全ての企業が、上記の平均的な年収を上回っています。

それでは、上位3位までの、詳しい年収を見ていきましょう。

平均年収ランキング1位:ANAホールディングス

平均年収ランキング1位は、ANAホールディングスです。平均年収は789万円で、こちらは業績ランキングと合わせて1位となっています。ANAホールディングスの平成25年~平成26年の平均年収は、689万円(※2)。1年で約100万円もの大幅アップしています。

平均年収ランキング2位:アジア航測

アジア航測は、航空測量大手で、総合型GISなどの情報システム分野にも進出している企業です。(※1)

業績ランキングでは8位ですが、平均年収686万円で、平均年収ランキングでは2位となっています。労働者の平均年収440万円と比較すると、200万円以上も上回る高額年収です。平成25年~平成26年のアジア航測の平均年収は659万円(※2)なので、前年度と比較しても増加傾向にあります。

平均年収ランキング3位:日本航空

日本航空は2011年、ジェットスター・ジャパンを設立しました。格安航空と言われるLCC事業に注力しています。(※1)

空運業界の平均年収ランキング3位となっています。平均年収の金額は662万円。平成25年~平成26年の日本航空の平均年収は、689万円でした(※2)。前年度から比べると、やや減少傾向にあるようです。

空運業界の未来

今回は、空運業界企業にスポットを当てて、業績と平均年収、2種類のランキングをご紹介しました。

空運業界は、平成20年~平成22年にかけて、業界規模が大きく落ち込みました。しかし、平成23年以降は順調に回復しています(※2)。最近は、日本への海外旅行者が増加しており、そのような背景からも、空運業界は今後も、成長を遂げていくと考えられます。

一方で、近年、格安航空やLCCと呼ばれる新たな航空会社も登場しました。LCCの存在は、空運業界にどのような変化をもたらすのでしょうか?今後の動向から、目が離せません。ぜひ、これからも業界研究を続けて、人気や評判だけにとらわれずに正しい選択をし、自分に最も合った企業への就職を目指してくださいね。

[参考資料・引用元]

国内旅行のみならず、海外旅行も一般的になった現代社会。日本から海を越えてさまざまな国へ行く人もいれば、反対に遠い国から日本へ来る日とも、たくさんいます。そのような、人々の旅行や移動を支えているのが、空運業界です。空運業界の登場と発展により、世界は急速に繋がっていきました。

空運業界は、学生にも人気の高い業界の1つ。空運業界への就職を検討している方や、業界研究をしている方も多いのではないでしょうか。今回は、空運業界企業に注目して、2種類のランキングをご紹介していきます。大手企業から、最近登場したLCCと呼ばれる格安航空会社まで登場しているので、業界研究の一環としてぜひお役立て下さいね。

空運業界企業ランキング:業績ランキング

最初にご紹介するのは、空運業界企業の業績ランキングです。業績は、企業の現状や将来性を把握するのに重要な指標の1つ。空運業会企業の業績は、路線数や輸送取引先数の多さが影響しています。どのような企業の業績が高いのか、ここで学んでいきましょう。

以下は、平成26年7月~平成27年6月までの、空運業界企業の売上高を元にしたランキングです。

1位:ANAホールディングス
2位:日本国空
3位:スカイマーク
4位:パスコ
5位:AIRDO
6位:スカイネットアジア航空
7位:スターフライヤー
8位:アジア航測
引用元:「年収ラボ(※1)」

航空業界は、もともと大手企業で成り立っていた為、他の業界と比較すると企業の数は少なめです。

1位のANAホールディングス(1兆7134憶円)と2位の日本国空(1兆3447億円)の業績が、空運業界全体の市場をほぼ独占しているような状態です。3位~8位までの企業の売上高は、226憶円~809憶円と、比較的差は小さいです。

それでは、3位までの企業の詳しい業績をご紹介していきます。

業績ランキング1位:ANAホールディングス

空運業界の業績で首位は、ANAホールディングス。売上高は、1兆7134憶円です。前年度にあたる平成25年~平成26年のANAホールディングスの売上高は、1兆6010憶円でした(※2)。売上高が、1000憶円以上も増加したことになります。

ANAホールディングスの国内線は、特にアジアに強い点が特徴です。平成25年に、全日本空輸からANAホールディングスへと、商号を変更して現在の名称になりました。(※1)

業績ランキング2位:日本航空 1

1兆3447憶円で業績2位は日本航空。空運業界の市場は、ANAホールディングスと日本航空でほぼ独占しています。

しかし、ANAホールディングスの業績が増加傾向にあるのに対して、日本航空の近年の業績は、ほぼ横ばいとなっています。日本航空は、2011年に会社更生が終了して、民間企業として復帰しました。(※1)

業績ランキング3位:スカイマーク

業績3位は、売上高809憶円のスカイマーク。スカイマークは、羽田航空を拠点としている、新規参入の航空界会社です。国内幹線のみに集約することで、高い収益を上げており、現在は定額運賃路線に注力しています。(※1)

空運業界企業ランキング:平均年収ランキング

続いて見ていくのは、空運業界企業の平均年収ランキングです。

以下は、平成26年7月~平成27年6月までの、空運業界企業各社の平均年収を元にしたランキングです。業界研究をしている方は、業績ランキングの結果と比較して、業績が高い企業が年収も高いのか?それとも何か別の特徴があるのか?などに注目して見てみましょう。

1位:ANAホールディングス
2位:アジア航測
3位:日本航空
4位:パスコ
5位:AIRDO
6位:スターフライヤー
7位:スカイマーク
8位:スカイネットアジア航空
引用元:「年収ラボ(※1)」

1位は、業績ランキングと同じく、ANAホールディングスです。しかし、2位以下は、業績ランキングの結果とは異なり、順位に多少の違いが生まれています。

2015年の労働者の平均年収は、440万円なので(※2)、空運業界の場合は、ランキング8位のスカイネットアジア航空の平均年収459万円と比較すると、ランキングに登場した全ての企業が、上記の平均的な年収を上回っています。

それでは、上位3位までの、詳しい年収を見ていきましょう。

平均年収ランキング1位:ANAホールディングス

平均年収ランキング1位は、ANAホールディングスです。平均年収は789万円で、こちらは業績ランキングと合わせて1位となっています。ANAホールディングスの平成25年~平成26年の平均年収は、689万円(※2)。1年で約100万円もの大幅アップしています。

平均年収ランキング2位:アジア航測

アジア航測は、航空測量大手で、総合型GISなどの情報システム分野にも進出している企業です。(※1)

業績ランキングでは8位ですが、平均年収686万円で、平均年収ランキングでは2位となっています。労働者の平均年収440万円と比較すると、200万円以上も上回る高額年収です。平成25年~平成26年のアジア航測の平均年収は659万円(※2)なので、前年度と比較しても増加傾向にあります。

平均年収ランキング3位:日本航空

日本航空は2011年、ジェットスター・ジャパンを設立しました。格安航空と言われるLCC事業に注力しています。(※1)

空運業界の平均年収ランキング3位となっています。平均年収の金額は662万円。平成25年~平成26年の日本航空の平均年収は、689万円でした(※2)。前年度から比べると、やや減少傾向にあるようです。

空運業界の未来

今回は、空運業界企業にスポットを当てて、業績と平均年収、2種類のランキングをご紹介しました。

空運業界は、平成20年~平成22年にかけて、業界規模が大きく落ち込みました。しかし、平成23年以降は順調に回復しています(※2)。最近は、日本への海外旅行者が増加しており、そのような背景からも、空運業界は今後も、成長を遂げていくと考えられます。

一方で、近年、格安航空やLCCと呼ばれる新たな航空会社も登場しました。LCCの存在は、空運業界にどのような変化をもたらすのでしょうか?今後の動向から、目が離せません。ぜひ、これからも業界研究を続けて、人気や評判だけにとらわれずに正しい選択をし、自分に最も合った企業への就職を目指してくださいね。

もっと航空業界について詳しくなりたい人には「図解入門業界研究最新航空業界の動向とカラクリがよ~くわかる本」がオススメです。

[参考資料・引用元]
※1「年収ラボ」
※2「業界動向.SEARCH.com」
※3「DODA 平均年収ランキング2015」