2016年リクルートライフスタイルのインターン対策|倍率、選考方法など

リクルートライフスタイルとは、日常の消費領域に関わる情報を提供する企業で、リクルートホールディングスの中の一つです。今回はそんなリクルートライフスタイルと、その2016年度のインターンシップの情報を取り扱いたいと思います。就活生の皆さんの企業選びやインターンシップ先選びの参考になれば幸いです。

クルートライフスタイルとは、日常の消費領域に関わる情報を提供する企業で、リクルートホールディングスの中の一つです。「HOTPEPPER」や「じゃらん」など、目にしたことや耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなリクルートライフスタイルと、その2016年度のインターンシップの情報を取り扱いたいと思います。就活生の皆さんの企業選びやインターンシップ先選びの参考になれば幸いです。

リクルートライフスタイルのインターンシップ対策:企業研究

インターンシップ情報の前に、まずはリクルートライフスタイルという企業についてさらっておきましょう。

先に述べた通り、リクルートライフスタイルは私達の日常における消費領域での情報を提供する企業です。旅行や外食などの情報や予約、またはそこでのクーポンなど、私達が旅行や外食をするにあたって「こんなのがほしい」と思うことを幅広く網羅しています。

企業概要

以下に企業の概要をまとめておきました。皆さんの就職活動の参考にしていただければと思います。

この中で注目していただきたいのは、設立日の項目です。設立した年が2012年と、割と最近だというのが分かります。

・企業名:株式会社リクルートライフスタイル
・所在地:東京都千代田区丸の内1-9-2
・代表者:淺野 健
・設立日:2012年10月1日
・資本金:1億50百万円
・社員数:2,846名(2016年4月1日時点)
・事業内容:飲食領域、美容領域、旅行領域、学び領域、通販・割引チケット共同購入サービス、その他日常消費領域に関わる商品・サービスの提供

企業の特徴

本社の特徴として、やはり私達の日常における消費領域の情報を提供していることが挙げられます。
「HOTPEPPER」では飲食店や美容院など、町の情報やそこで使用可能なクーポンを掲載した情報誌です。また「じゃらん」では国内外の旅行における情報や予約もできる情報誌です。
どちらも、情報誌という紙媒体だけでなく、webサイトやスマートフォン向けアプリなども展開しています。
・サービス1:HOT PEPPER
・サービス2:じゃらん
・サービス3:お店のミカタ

リクルートライフスタイルのインターンシップ対策:実施内容を知る

それではインターンシップの情報を見ていきましょう。
本インターンシップは2016年度のもので、およそ2ヶ月の長期インターンシップになります。そして、そこで成果を残すことができると再契約、残すことができなければそこで終了という形を取っています。
実施期間、およびエントリー期間は第一から第五弾まであり、詳細が決まり次第公式サイトに情報が載るようです。

リクルートライフスタイルのインターン:実施内容

・応募対象:大学生・大学院生(学年学部不問)
・応募方法:公式サイトからエントリー

実施内容として、本インターンシップではSTEP1からSTEP3まであります。
STEP1では、情報収集や業務管理など、ビジネスに必要不可欠な基本的なことを自分の力で習得していくステップとなっております。
STEP2では、企画力やリーダーシップなど、他者を巻き込んでより大きなことを成し遂げようとしていくステップです。
STEP3では、構造化や分析力など、問題を特定して新しい価値を創造していくステップとなります。
いずれのステップでも、今の自分がどこまでできるのかをしっかりと測ることができるようになっています。
・インターン採用日程

以下に採用までの流れをまとめておきました。
インターンシップ実施期間やエントリー期間は幅広く取ってありますが、後ろの方になる程人が増えてくるのが常です。早めに行動しておくことをオススメします。
3つ目の事前説明会ですが、こちらはインターンシップ採用が決まった方が参加するものとなっております。そこで改めて雇用形態などの説明を行います。
1:SPI受験
2:面接
3:(事前説明会)
インターン勤務情報

こちらには勤務情報をまとめておきました。
この他に交通費の支給もあります。しかし長期インターンシップという性質上からか、宿泊費や特急料金の支給は残念ながらありません。遠方から参加しようと考えている方はお気を付け下さい。
・勤務期間:約2ヶ月
・勤務時間:原則、週3日、1日6時間程度
・給与情報:時給930円
・勤務地:本社 東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー

リクルートライフスタイルのインターンシップ対策:採用対策

さて、こちらでは本インターンシップの採用対策について見ておきたいと思います。
上の採用日程で少し触れましたように、本インターンシップ採用にはSPIと面接を行う必要があります。面接については以下で詳しく述べますが、SPIは純然たる学力です。学力に自信がある方もそうでない方も、書店や大学生協で販売しているSPI対策の問題集を1冊で良いので一通りやっておきましょう。

インターンの倍率を知る

募集人数は1回につきおよそ20人ですので、倍率は高くなることが予想されます。早め早めに行動し、常に余裕を持ってSPIや面接に臨めるよう、前もって準備を進めておくと良いでしょう。

ES対策

本インターンシップでの選考にエントリーシートはありません。つまりエントリーシート対策も不要ということになります。その分をSPI対策や以下の面接対策につぎ込んでおくことをオススメします。特に面接対策は長い時間をかけて行った方が良い結果に繋がりやすいです。入念にチェックしておきましょう。

面接/ディスカッション対策

SPIは先にも述べました通り、純然たる学力テストです。それも中学卒業レベルのものですので、ある程度覚えてさえいれば突破はそう難しいものではありません。むしろ問題形式に躓く可能性がありますが、こちらも問題集を一通りやっていれば、そう苦になるものではないでしょう。

ですが面接は覚えているだけでは突破は難しいでしょう。覚えているだけではなく、自身の隅々にまで浸透させておかなければなりません。そうでなければ、面接の際にすらすらと意見を述べることはできないでしょう。そのためには、確たる信念を持つのも重要ですが、何度も何度も練習することが効果的です。

大学の就職課などでは、そういった面接の練習などを一緒にやってもらえるサービスを行っています。そういった所でしっかりと練習しておくと、自分の意見を自分自身に浸透させるのもそうですが、自信や余裕にも繋がります。積極的に活用していきましょう。

リクルートライフスタイルのインターンシップ対策で重要なのは万全の準備

最後に、本記事のおさらいをしておきたいと思います。

リクルートライフスタイルは「HOTPEPPER」や「じゃらん」などを発行している、リクルートホールディングスの系列企業です。

主に私達の日常における消費領域の情報を提供していて、情報誌やwebサイト、スマートフォン向けアプリなどの展開も行っております。

2016年度の長期インターンシップではおよそ2ヶ月間行われます。そこではSTEP1からSTEP3までの段階があり、成果を残すことができれば再契約、残すことができなければそこで終了、という厳しくも実践的な内容となっています。

本インターンシップ採用選考では、SPIによる学力テストと面接の2つを行います。どちらも万全の準備なしには難しいものになることでしょう。

本インターンシップに参加しようという方も、まだ悩んでいるという方も、準備は万全にしておきましょう。