面接で「最近読んだ本」を聞かれたときの答え方と例文

就活面接では最近読んだ本について聞かれる事があります。こうした自分の趣味に対する質問はどのように答えるべきか迷ってしまいますよね。人事担当者はなぜこのような質問をするのでしょう。そこで今回は最近読んだ本について聞かれたときに答え方と例をお話ししていきます。

面接で「最近読んだ本」を聞かれたときの注意点

それでは人事担当者が最近読んだ本について聞く理由と、そこから何を知りたいと思っているのかをお話ししていきます。後半部分では聞かれた時の答え方と例をお話ししていきますので参考にしてみてください。

最近読んだ本から読み解く人間性

大きな理由はあなたの人間性を知りたいからです。読む本にはその人の人間性が出ます。人は本を読む事で本の内容から何かを学びたいと思っていたり、興味を持っている事があるから本を読みます。面接では人間性を知る事から仕事への意欲や向上心がある人なのかも、この質問から読み解きたいと思っているのです。そのため最近読んだ本を聞くのですね。

マンガや雑誌の話はしない方がいい

まず注意してほしいのが、普段読んでるファッション雑誌や漫画の話をしてはいけません。人事担当者の中にはマンガや雑誌は読書と認識していない方もいるためです。こうした場合には、普段読んでいる小説の話にした方が良いでしょう。小説は特にジャンルで括る必要は無いです。大事なのは本の内容から何か大事な事を学べている事です。

どんな影響を受けどんな変化があったのか話す

本のタイトルを話すだけでは、本のタイトルしか分かりませんし、どんな内容の本なのか全く分かりませんよね。話すべき内容は読んだ本からどんな影響を受けたのか、それをどのように実践したのか、そうした実体験を話すと人事担当者も理解しやすくイメージがしやすいでしょう。最終的に人事担当者を納得させる事ができれば良いのです。

小難しい本の話をする必要は無い

面接では少しでも人事担当者に自分の印象を残しておきたい物です。そのため小難しい本の話をしようと考えてしまいがちですが、無理に小難しい本の話をする必要は無いでしょう。普段自分が読んでいる本は興味があって読んでいる本です。スラスラ読め、理解できるでしょう。しかし小難しい本は読むペースも普段以上に遅くなるはずです。理解するのに時間も掛かります。そのため普段読んでる本の話が話題にもし易いです。無理に背伸びはしなくても良いのです。

答え方の例文

最近読んだ本は「脳を鍛えるには運動しか無い」です。

脳のパフォーマンスを上げることは仕事のパフォーマンス向上にも繋がると感じ、最近は脳科学に関する本を読みあさっています。これはその中でも特に好きな一冊です。

この本は運動が脳に与えるプラスの影響を、様々な研究成果を元に解説している本です。これによれば、運動は認知能力や自制心を劇的に伸ばし、仕事のパフォーマンスを大きく向上させます。

たとえば、事前に運動をするだけで、その後行う株式トレードのシミュレーションの結果が、何もしない比較群よりも20%も良くなるのです。

この本を読み、運動が脳に与えるプラスの影響を知ってから、週3回のジョギングを欠かさず行うようにしています。

出典:http://kenjasyukatsu.com

①本のタイトル
②興味を持ったきっかけ
③理解した内容
④結果

上記の様な文章構成で話すと人事担当者に伝わりやすいでしょう。

終わりに

読んだ本の内容を人に話すのは意外と難しい事です。普段の会話の中にも本の話題を盛り込み面接のために練習しておくのも大事ですね。友達と話す時に練習に付き合ってもらい、話した内容を理解できたか、納得できたか採点してもらうと良い勉強になりますね。普段読書をしない人も1日10分でも良いので、本を読む習慣付けから始めていきましょう。頑張ってください。

関連するまとめ

このまとめに関するまとめ

このまとめに関するキーワード

キーワードからまとめを探す

アクセスランキング

最近アクセス数の多い人気のまとめ