CSS言語の歴史とルーツを辿る|背景を知ってCSS言語を深く理解しよう

今回は、webサイトの制作に欠かせない、CSSについてご紹介していきます。特に、歴史にスポットを当ててまとめました。CSSの誕生から発展、普及までの歴史を振り返って、CSSに対する理解を深めていきましょう。

歴史から学ぶCSS

CSSの歴史をご紹介する前に、CSSがどのようなものなのか、簡単にご説明していきますね。

CSSは、正式には「Cascading StyleSheets(読み:カスケーディング・スタイル・シート)」と言います。webページなどの開発に使われるもので、webページのスタイルを指定する役割を果たしています。

CSSは、HTMLと組み合わせて使われることが多く、HTMLが定めたwebページ内の意味や情報構造を、どのように装飾していくかを指定するのです。例えば、webページの色やサイズ、レイアウトなども、CSSが定義を決定します。また、音声再生のスタイルや、プリンターでそのページを印刷する際の出力などにも、CSSが影響をもたらしています。

CSSの開発経緯

それでは、CSSがどのように開発・設計され、誕生したのか、歴史を見ていきましょう。

最も古いCSSが誕生したのは、1996年でした。「CSS1」という名称で、「W3C」から発表されました。

しかし、当時の主流は、InternetExplorerやNetscape。これらには、CSSへのサポートが備わっていなかった為、この時点ではCSSは普及するに至らず、マイナーな存在でした。

CSSの最初のバージョンである、CSS1が勧告された1996年は、Windows5が発売されて間もない時期です。その頃から、既にHTMLとCSSは役割を分けられ、HTMLはwebサイトの構造や骨組みを、CSSはwebサイトの装飾やレイアウトを指定するものと決まっていたということになります。

現在のCSSになるまで

上記では、CSSの開発の歴史やその当時の時代背景についてご紹介しましたが、開発された当初、CSSはマイナーな存在でした。それでは、CSSはどのようにして、現在のようにメジャーな存在へと成長を遂げたのでしょうか?発展の歴史を見ていきましょう。

1996年にCSS1が発表されてから2年後の1998年、「CSS2」が勧告されました。しかし、この時点でもまだ、当時のトレンドだったブラウザにはCSSに関するサポートがほとんどなく、CSSは再びマイナーな位置づけで、マニアックな存在となりました。

CSSに転機が訪れたのは、上記のCSS2発表から3年後の、2001年からになります。Firefox(当時はMozilla)やOperaといったブラウザが、徐々にCSSをサポートするようになったのです。この流れは、CSSの歴史の中でも、大きな分岐点と言えるでしょう。この頃からようやく、CSSが注目されるようになり、CSSを使ったwebサイトが作成されるようになりました。

その後、InternetExplorerでもCSSへのサポートが開始され、CSSは一気にメジャーな存在へと、成長を遂げます。しかし、この時点での各ブラウザのサポートは、完璧と言い難く、webサイト開発者はまだ、CSSの機能や性能を完全に使いこなせない状態でした。

上記のような状態が改善されたのは、2006年でした。InternetExplorerバージョン7から、CSSのより完璧に近いサポートが開始されるようになったのです。尚、日本語版は2008年だった為、世界に対して2年遅れの対応でした。

2006年にCSSへの完全なサポートがスタートしてからは、開発者はCSSの性能をフルに使いこなした、ハイクオリティなwebサイトを次々に開発していきました。そして、CSSはIT業界でメジャーな技術として、勢力を広めていったのです。

CSDの未来

CWWの歴史をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?今や在って当然の存在となっているCSSですが、サポートの関係で、世間から注目されず、マイナーな存在だった時期もあったんですね。

そんなCSSですが、これから先はどうなっていくのでしょうか?実は、CSSがなければwebサイトが作れないということは、ありません。CSSを習得していなくても、HTMLが分かれば、webページを作成すること自体は可能です。しかし、CSSを使わないでwebサイトを作成するとなると、CSSを使用した場合に比べて、膨大な時間が掛かってしまいます。クオリティーでも劣る可能性があり、このような利点から、CSSを使用してwebサイトなどを作成したり、ビジネスを展開したりしている企業がほとんどなのです。

このような背景から、CSSの将来性を考察していきます。CSSがIT業界で使われなくなる日は、しばらく訪れないでしょう。現時点で数えきれない程のwebページがCSSを使って作成されている為です。それらのwebページの管理や運用、更新などの際に、CSSは必須。そうなると、万が一CSSに代わる新たな技術が開発された場合でも、しばらくの間はCSSを使って管理や更新をしていく必要性があります。CSS及びCSSを扱えるwebデザイナーやエンジニアの需要が下がる可能性は、少ないと考えられそうです。