年代別ソフトウェアエンジニアの平均年収。周りのみんなはいくら稼いでる?

年代別ソフトウェアエンジニアの平均年収。周りのみんなはいくら稼いでる?

ソフトウェアエンジニアのみなさん、現在周りのソフトウェアエンジニアがどれほどの給与を受け取っているのか気になりませんか?今回はソフトウェアエンジニアの平均年収についてご紹介します。

ソフトウェアエンジニアの定義は企業によってまちまちですが、ここでは、「要件定義や全体設計を受けて、そこから具体的なソフトウェアやデータベースの設計・プログラミングを担当するエンジニア」とします。上級プログラマとして、SEを技術的にサポートするなど、上流工程と下流工程の橋渡し役とも言える職業です。しかしIT業界においては、SEがその職務を兼ねたり、また企業によってはSEと言われるべき人がソフトウェアエンジニアを名乗っていたりと、ソフトウェアエンジニアという名称の定義はあいまいなものになっています。

いわゆるソフト系(ソフトウェア・ネットワーク関連)に分けられる各職種から、ソフトウェアエンジニアの年収を考察してみます。現在ソフトウェアエンジニアとして働く皆さんには、自分の業務内容との比較や、これからの目標を考える上で、参考にしてもらえればと思います。

ソフト系職種と平均年収と一般的な労働者の平均年収

ソフト系エンジニアの平均年収は以下の通りとなります。※1

  • 20代後半:507万円
  • 30代前半:547万円
  • 30代後半:631万円
  • 40代前半:691万円

対して、民間企業の労働者の収入統計である国税庁『平成26年分民間給与実態統計調査』※2を年代別にみると以下のようになります。

  • 20代後半:344万円
  • 30代前半:392万円
  • 30代後半:425万円
  • 40代前半:457万円

こちらは役員や正規従業員、パートなどが合わさった統計なので単純比較はできませんが、IT業界は全般的に年収が高い傾向にあるようです。

ソフトウェアエンジニアの職種別に平均年収を比較してみる

次に、ソフト系職種の中でも、ソフトウェアエンジニアの活躍の場が特に多いであろうシステム開発やパッケージソフト・ミドルウェア系の年収に着目します。

Web・オープン系マイコン・ファームウェア・制御系汎用機系パッケージソフト・ミドルウェア開発
・20代後半481万円454万円508万円463万円
・30代前半521万円566万円545万円557万円
・30代後半605万円581万円587万円622万円
・40代前半688万円712万円628万円627万円

上記を見ると、20代後半においては決して高額とは言えなかったマイコン・ファームウェア・制御系の昇給率が高く、40代前半には逆転現象が起こっています。ソフト系職種全体の平均と比べてみても、同年代で超えているのはマイコン・ファームウェア・制御系のみとなっています。

もちろん、どの職種も1000万円を超える年収の人もいれば、300万円以下で働く人もいます。しかし、同じソフト系でも、平均値をとるとこのようにはっきりとした差が出ます。管理職やコンサルタントなどのマネジメント方面に進むことなく、ソフトウェアエンジニアとして現場主義で稼ぐことを目指すとなると、どの分野を専門とするかも重要な要素となるかもしれません。

[参考]
※1:Tech総研 給与相場シミュレーター
※2:平成26年分 民間給与実態統計調査