[PR]転職エージェント・転職媒体の問題点―エンジニアはどう転職すればいいのか

[PR]転職エージェント・転職媒体の問題点―エンジニアはどう転職すればいいのか

人材流動の激しいITエンジニア業界。もしあなたが今、転職を考えた際に「転職エージェント」「転職媒体」のどちらを使うほうが、理想の職場との出会いに繋がるのでしょうか?少し考えてみましょう。

転職が初めてという方や、どちらかを使って転職した結果失敗したという方にとっては「どっちがいいんだろう?」と思っているかもしれません。

今回は「転職媒体」「転職エージェント」それぞれの特徴、そして問題点を解説していきます。是非エンジニア転職活動の参考にしてみてください。

▼ITエンジニア転職の特徴

ITエンジニアが転職するというときに、他の業種での転職と比べると特徴となるのが「技術力」「時間」です。

もし「技術力」を表すプロフィールで、「Javaを3年やっていた」という記載だけだと、その3年をどの企業のどんなプロダクトで、どのような開発をしていたのかまでは分かりません。そのエンジニアにどこまでの技術力があるのか、うちの仕事を任せられるのか把握できないのです。

エンジニアと企業とのミスマッチを生む原因ともなるので、「技術力」を可視化することが、ITエンジニア転職で大切な1つの要素となっています。

また、ITエンジニアとして働く方が、いざ転職をしようとするとなかなか「時間」が取れないことがあります。仕事の納期に余裕が無く、転職活動ができないままだったり、なかなか面談さえする時間を確保できずにいたり。

限られた時間で効率よく理想の職場を探さなくてはいけないエンジニアの方が多いため、転職活動に割ける「時間効率」のバランスも重要な要素になってきます。

その隙間時間を有効に活用できるのが「エンジニア転職媒体」です。ハードルが低いため多くのエンジニアの方が転職活動の際、一番最初に使います。

▼転職媒体

building-business-busy

転職媒体は、企業が自社の説明とともに欲しい人材像・労働条件などを示し、媒体のユーザーは誰でも面談申請をすることができるサービスです。ユーザーが自分の好きな時間に次の職場を探すことができるため、限られた時間を有効に活用することができます。

しかし、この転職媒体には次の3つの問題点が存在しています。

①技術力の不透明さ

ユーザーの技術力の可視化というところで、スキル入力欄が詳細でないために面談時ですでにミスマッチが起きたり、入社した後に技術力のミスマッチが起こることがあります。

②ダミー求人・派遣求人

「ダミー求人」と呼ばれる、あたかもその企業で働くかと思わせ、実際に契約を結んでみると派遣させられていることがあります。転職媒体では、掲載に際しての審査が緩い場合があるために起こります。

③大量のオファーメール

全く希望条件に見合わない企業からのオファーメールが大量に届き、メール受信欄が埋め尽くされることもしばしばあります。その中で本当は良いオファーメールがあるのに埋もれてしまうことも。探しだすために興味のないメールを開くのも面倒ですね。

転職媒体では特に「技術力の不透明さ」が弱点だと考えられます。これらの問題を解決するものとして、「転職エージェント」があります。

▼転職エージェント

tie-necktie-adjust-adjusting-man-business

エンジニア業界での転職エージェントは、「エンジニアスキル」と「企業の求めている人材」の両方に理解のあるエージェントと呼ばれる人が、エンジニアと企業とを人力でマッチングするサービスです。

転職媒体と比較すると、技術力の可視化が期待でき、ダミー求人もなく、もちろんオファーメールも届きません。しかしながら、転職エージェントにも問題がいくつかあります。

①マッチングまでに時間がかかる

まずエージェントとのカウンセリングなどを通して、エンジニアのスキルから仕事・キャリアへの向き合い方などを把握します。それから企業の社風や労働条件などを加味して紹介していきます。企業と直接繋がるまでに、エージェントとのやりとりがあるため時間がかかるという問題があります。

②マッチング度より利益を優先させる

転職エージェントは、紹介したエンジニアが企業で正式に採用されたら報酬がもらえる、成果報酬型です。その金額はエンジニアの年収数十%。企業の求人によってその割合は上下します。もしエンジニアのよりよい「労働環境」ではなく、「自分の利益」を優先させるエージェントが仲介してしまうと、マッチング度が低下する可能性が生まれます。

③エージェントの企業フィルタを受ける

エージェントが持っている企業データベースと、エンジニアのスキルや希望条件を考慮してマッチングを行うため、エージェントによる企業の制限が生まれます。もしかしたら、あの大企業とのマッチングができていたかもしれないけれど、エージェントが請け負っていなかった場合に、その機会を逃すことになってしまうのです。

転職エージェントは特に時間がかかるという点が問題です。そして「転職媒体」「転職エージェント」の問題を解決する「TechStars」があります。

▼TechStars

TechStarsバナー

エンジニアの詳細なスキルをもとに企業がエンジニアを探し、オファーを送信。エンジニアは届いたオファーが気に入ったら、即面談調整に入れます。

TechStars」を利用することで、次のようにこれまでの問題点を解決することが可能です。

①マッチング精度が高い

あなたの詳細なスキル・プロフィールから企業が絞り込むため、企業が求めるエンジニアスキルと、実際のエンジニアのスキルとのマッチング精度が高くなっています。

②厳正な審査を通過した企業だけだから安心

TechStars」では、参加企業様には適切な書類をご提示していただき確認をとっているため、転職媒体で起こるような「ダミー求人(派遣求人)」がありません。安心してオファーを受け取り、面談を行えます。

③オファーは希望条件以上だけ

エンジニアの方に年収などの希望条件を設定していただいています。企業はその条件を超えるオファーだけでしか送れないため、あなたが”会いたくなる”オファーだけが届きます。それは、あなたの「理想の労働条件」で「正当な評価」をして雇いたいという企業からの誘いです。

また、企業が月に送れるオファー数に制限を設けているため、企業としても”会いたい”本気のオファーだけしか送らないのも特徴。無関係なオファーメールではなく、受け取って興味のわくオファーだけが受信ボックスに送られてきます。

④転職活動にかかる時間を短縮

もう忙しい時間を縫う必要はありません。登録して3分間スキルをすいすい選択していくだけで、あなたの技術力の可視化を実現します。その後は、あなたの設定した希望条件以上で、技術力のマッチした企業があなたにオファーを送ってくるのを待ちます。

TechStars」ではこのように、「技術力の可視化」「希望条件以上のオファー」「時間効率」に焦点を当てたサービスです。転職媒体・転職エージェントの問題を解決しつつ、高いマッチング精度を実現しています。

ではTechStarsだけを使えば良いのか?というと、そうではありません。

▼エンジニア転職で大切なこと:複数の転職ツールを上手く使いこなす

転職サービスには「転職媒体」「転職エージェント」「TechStars」と様々ありますが、1つだけ使うのではなく、それぞれ”ツール”だと思って上手に使いこなすことが大切です。強みや弱みが違うため、あなたと企業とのベストマッチングを実現するのがどれなのか、必ずの正解はありません。

しかしそのツールの中でも、TechStars」ではエンジニア側・企業側にとっての従来の問題/課題の解消を目指したサービスです。是非あなたの転職ツールの1つとして「TechStars」のご活用を検討されてみてください。